close
1.

図書

図書
鈴木正之 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2000.10  viii, 195p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクス教科書シリーズ / 安田仁彦 [ほか] 編集委員 ; 14
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.10  vi, 215p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1997.3  ix, 188p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクス教科書シリーズ / 安田仁彦 [ほか] 編集委員 ; 5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : オーム社, 1999.3  x, 186p ; 21cm
シリーズ名: 図解メカトロニクス入門シリーズ / 雨宮好文監修
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2005.4  ix, 231p ; 22cm
シリーズ名: 機械系大学講義シリーズ ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
機構学
1 緒論
   1.1機械 1
   1.2機構と機構学 3
   1.2.1機構と機構学 3
   1.2.2機構の解析と総合 4
   1.3対偶 5
   1.4対偶の自由度 7
   1.4.1面対偶の自由度 7
   1.4.2点対偶と線対偶の自由度 8
   1.5連鎖 9
   1.6連鎖の自由度 11
   1.6.1平面連鎖の自由度 11
   1.6.2立体連鎖の自由度 13
   1.6.3連鎖の自由度と適合条件 14
   演習問題 16
2 機構の運動
   2.1平面機構の運動と瞬間 17
   2.23瞬間中心の定理 22
   2.3瞬間中心の求め方 23
   2.4中心軌跡 27
   2.5球面機構の運動と瞬間回転軸 29
   2.6*一般の立体機構の運動と瞬間らせん軸 32
   演習問題 33
3 機構の変位の解析
   3.1平面機構の変位 34
   3.2立体機構の変位 37
   3.3局所座標系の利用 40
   3.4*多数の局所座標系の利用 43
   演習問題 47
4 機構の速度と加速度
   4.1平面機構の速度と加速度の基礎式 48
   4.1.1平面運動する点の速度と加速度 48
   4.1.2平面運動する剛体上の点の速度と加速度 50
   4.2平面機構の速度 55
   4.2.1写像法による機構の速度の導出 55
   4.2.2瞬間中心法による機構の速度の導出 57
   4.2.3異なった節上の2点の相対速度が関係する機構の速度 59
   4.3平面機構の加速度 61
   4.3.1写像法による機構の加速度の導出 61
   4.3.2異なった節上の2点の相対加速度が関係する機構の加速度 64
   4.4平面機構の速度と加速度の数式解法 66
   4.5*立体機構の速度と加速度の基礎式 69
   演習問題 71
5 機構の力学
   5.1機構の静力学 73
   5.1.1釣合いの条件による解析 74
   5.1.2仮想仕事の原理による解析 75
   5.2摩擦力 78
   5.3機構の動力学 80
   5.3.1質点の動力学 80
   5.3.2剛体の動力学 82
   演習問題 85
6リンク機構
   6.1平面リンク機構 86
   6.2四節回転連鎖から得られる機構 88
   6.2.1四節回転連鎖 88
   6.2.2てこクランク機構 90
   6.2.3てこクランク機構の応用 93
   6.2.4両クランク機構とその応用 94
   6.3スライダクランク連鎖から得られる機構 97
   6.3.1スライダクランク連鎖 97
   6.3.2ピストンクランク機構 97
   6.3.3回転スライダクランク機構 99
   6.4両スライダクランク連鎖とクロススライダ連鎖から得られる機構 101
   6.4.1両スライダクランク連鎖から得られる機構 101
   6.4.2クロススライダ連鎖から得られる機構 103
   6.5球面リンク機構 104
   6.5.1球面連鎖 104
   6.5.2フック継手 105
   演習問題 109
7 カム装置
   7.1カム 110
   7.2カムの種類 111
   7.3板カムの解析 114
   7.3.1板カム装置の速度と加速度 114
   7.3.2カム装置の伝動状態と圧力角 115
   7.4図式解法による板カムの輪郭曲線の求め方 117
   7.4.1ポイントフォロワに対する板カムの輪郭曲線 118
   7.4.2ローラフォロワに対する板カムの輪郭曲線 121
   7.4.3平面フォロワに対する板カムの輪郭曲線 121
   7.5*数式解法による板カムの輪郭曲線の求め方 122
   7.5.1ポイントフォロワに対する板カムの輪郭曲線 122
   7.5.2ローラフォロワに対する板カムの輪郭曲線 124
   7.5.3平面フォロワに対する板カムの輪郭曲線 125
   演習問題 127
8 転がり接触車
   8.1転がり接触の条件 128
   8.2転がり接触する輪郭曲線の条件 130
   8.3転がり接触する輪郭曲線の例 133
   8.3.1だ円 133
   8.3.2対数渦巻き線 134
   8.4転がり接触する輪郭曲線の求め方 136
   8.4.1図式解法 136
   8.4.2数式解法 137
   8.5円筒摩擦車 139
   8.6角速度比が変化する転がり接触車 140
   8.6.1だ円車 141
   8.6.2対数渦巻き線車 142
   8.7円すい車 143
   8.8回転双曲面車 146
   演習問題 149
9 歯車
   9.1歯車 150
   9.2歯車の種類 151
   9.2.1円筒歯車 152
   9.2.2傘歯車 153
   9.2.3食違い軸歯車 153
   9.3歯車各部の用語 154
   9.4歯形の定め方 156
   9.4.1滑り接触による角速度比 156
   9.4.2歯形の機構学的必要条件 158
   9.4.3歯形の求め方 159
   9.4.4歯形の実用的必要条件 160
   9.5平歯車の実用歯形 161
   9.5.1サイクロイド歯車 162
   9.5.2インポリュート歯形 165
   演習問題 167
10歯車装置
   10.1歯車列 168
   10.2中心固定の歯車装置 169
   10.3遊星歯車装置 172
   10.3.1公式法 173
   10.3.2作表法 174
   10.4差前歯車装置 176
   演習問題 180
11 巻掛け伝動装置
   11.1巻掛け伝動装置 181
   11.2ベルト 182
   11.3ベルト車の角速度比 185
   11.4ベルトの伝達動力 190
   11.5Vベルトとロープ 193
   演習問題 196
12 ロボット機構の運動学
   12.1ロボット機構の運動学 197
   12.2座標変換マトリックス 198
   12.2.1回転を表す座標変換マトリックス 198
   12.2.2回転と直動のある場合の座標変換マトリックス 202
   12.3順運動学 204
   12.3.12関節マニピュレータの順運動学 205
   12.3.23関節マニピュレータの順運動学 206
   12.4逆運動学 208
   12.4.12関節マニピュレータの逆運動学 209
   12.4.23関節マニピュレータの逆運動学 211
   12.5微分関係 212
   12.5.1ヤコビ行列 212
   12.5.2逆運動学への応用 214
   12.5.3特異姿勢 215
   12.6マニピュレータの静力学 217
   演習問題 220
   参考文献
   演習問題の解答
   索引
機構学
1 緒論
   1.1機械 1
6.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2012.5  viii, 219p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1983.3  viii, 210p ; 22cm
シリーズ名: 機械系大学講義シリーズ ; 12
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : オーム社, 1986.11  vii, 166p ; 21cm
シリーズ名: 図解メカトロニクス入門シリーズ / 雨宮好文監修
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2008.12  vii, 197p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 数値解析の基礎
   1.1 数値解析 1
   1.2 コンピュータ内の数値表現 3
   1.3 誤差 5
    1.3.1 誤差 5
    1.3.2 丸め誤差 6
    1.3.3 打切り誤差 7
    1.3.4 桁落ち 8
   1.4 ノルム 9
   演習問題 11
2. 非線形方程式
   2.1 非線形方程式 12
   2.2 反復法 13
    2.2.1 反復法 13
    2.2.2 例による反復法の検討 14
    2.2.3 縮小写像の原理 19
    2.2.4 反復法の定式化 21
   2.3 ニュートン法 22
    2.3.1 ニュートン法 22
    2.3.2 ニュートン法の収束性 25
    2.3.3 ニュートン法の利用 27
   2.4 連立非線形方程式 28
    2.4.1 反復法 28
    2.4.2 縮小写像の原理 30
    2.4.3 反復法の定式化 31
    2.4.4 ニュートン法 32
   演習問題 35
3. 補間多項式
   3.1 多項式補間 36
    3.1.1 補間多項式の一意性 37
    3.1.2 ラグランジュの補間多項式 39
    3.1.3 ニュートンの補間公式 40
   3.2 エルミート補間 43
   3.3 区間ごとの補間 48
   3.4 スプライン補間 49
    3.4.1 スプライン関数 49
    3.4.2 スプライン関数の性質 53
   演習問題 55
4. 数値積分
   4.1 数値積分 56
   4.2 ニュートン・コーツの公式 57
    4.2.1 閉型公式 58
    4.2.2 開型公式 61
   4.3 複合公式 63
   4.4 ロンバーグ積分法 65
    4.4.1 補外法 65
    4.4.2 ロンバーグ積分公式 69
   4.5 不等間隔分点の積分公式 71
   演習問題 76
5. 連立1次方程式
   5.1 連立1次方程式 77
   5.2 直接法 79
    5.2.1 ガウスの消去法 79
    5.2.2 ピボット選択 85
    5.2.3 LU分解法 87
   5.3 反復法 93
    5.3.1 ヤコビ法 94
    5.3.2 ガウス・ザイデル法 97
    5.3.3 反復法の収束 99
   演習問題 102
6. 行列の固有値問題
   6.1 固有値問題 103
    6.1.1 固有値問題 103
    6.1.2 固有値と固有ベクトルの求め方 107
   6.2 対称行列の固有値問題 109
    6.2.1 ベクトルと行列に関する定義 109
    6.2.2 対称行列の固有値 111
   6.3 ヤコビ法 117
    6.3.1 2行2列の行列の固有値問題 117
    6.3.2 ヤコビ法 119
    6.3.3 ヤコビ法の収束 124
   6.4 べき乗法 125
    6.4.1 べき乗法 125
    6.4.2 べき乗法の収束 127
    6.4.3 べき乗法の応用 128
   演習問題 130
7. 常微分方程式
   7.1 常微分方程式の初期値問題 131
   7.2 オイラー法と改良オイラー法 136
    7.2.1 オイラー法 136
    7.2.2 改良オイラー法 138
   7.3 ルンゲ・クッタ型公式 140
    7.3.1 2次のルンゲ・クッタ法 141
    7.3.2 3次のルンゲ・クッタ法 143
   7.4 連立と高階の常微分方程式 144
   7.5 積分公式解法 149
   7.6 常微分方程式の境界値問題 151
   7.7 差分法 153
   演習問題 158
8. 偏微分方程式
   8.1 偏微分方程式 159
    8.1.1 偏微分方程式 159
    8.1.2 偏微分方程式の例 160
   8.2 偏導関数の差分近似 164
   8.3 楕円型偏微分方程式 166
    8.3.1 問題設定 166
    8.3.2 差分方程式による解析 166
   8.4 放物型偏微分方程式 172
    8.4.1 問題設定 172
    8.4.2 陽解法 173
    8.4.3 陰解法 179
   8.5 双曲型偏微分方程式 182
    8.5.1 問題設定 182
    8.5.2 差分方程式による解析 183
演習問題 187
参考文献 188
演習問題解答 189
索引 196
1. 数値解析の基礎
   1.1 数値解析 1
   1.2 コンピュータ内の数値表現 3
10.

図書

図書
安田仁彦著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2000.10-2001.8  2冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼