close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小川束著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005.3  v, 151p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   環境のための数学
   小川束
1.関数とグラフ 1
   1.1式の計算 2
   1.2関数とグラフ 3
   1.3直線の式とグラフ 4
   1.4放物線の式とグラフ 5
   コラム1 : 数の分類 6
2.指数関数 7
   2.1指数 8
   2.2環境問題によく現れる単位ppm 10
   2.3モル濃度と水素イオン濃度 12
   2.4一般の指数 14
   2.5指数法則 16
   2.6指数関数(1) 18
   2.7指数関数(2) 20
   2.8ネーピアの数 22
   2.9生物化学的酸素要求量 24
   2.10放射性同位体の核壊変 26
   2.11少し複雑な式―光合成の早さ、正規分布、懸垂曲線 28
   コラム2 : 単位に付く接頭辞 30
   コラム3 : ギリシア文字 30
3.対数関数 31
   3.1常用対数 32
   3.2pH、マグニチュード 34
   3.3対数グラフ(1) 36
   3.4対数グラフ(2) 38
   3.5対数法則 40
   3.6対数の計算 42
   3.7騒音レベル 44
   3.8自然対数と一般の対数 46
   3.9生物の多様度 48
   3.10常用対数表 54
   コラム4 : 和を表す記号Σ 54
4.微分 55
   4.1ネーピアの数再論 56
   4.2微分係数と導関数 58
   4.3指数関数と対数関数の導関数、逆関数の導関数 60
   4.4微分の基本公式(1) 62
   4.5微分の基本公式(2) 64
   4.6微分の基本公式(3) 66
   4.7関数の増減とグラフ 68
   4.8第2次導関数とグラフの凹凸、変曲点 70
   4.9合成関数の微分法 72
   4.10炭素14による年代測定法 74
   4.11対数微分法 76
   4.12スティールの式のグラフ 78
   コラム5 : 公式のあてはめ方 80
5.積分 81
   5.1不定積分の定義 82
   5.2不定積分の基本公式 84
   5.3定積分の定義と基本公式 86
   5.4定積分の上下端 88
   5.5定積分と面積 90
   5.6一般の面積(1) 92
   5.7一般の面積(2) 94
   5.8部分積分法と置換積分法 96
   5.9テイラーの公式 98
   5.10マクローリンの公式 100
コラム6 : 絶対値とy=log|x|の導関数 102
   6.微分方程式 103
   6.1微分方程式と解 104
   6.3BOD 108
   6.4核の壊変現象 110
   6.5マルサスの成長モデル 112
   6.6ロジスティック方程式(1) 114
   6.7ロジスティック方程式(2) 116
   6.8MSYと資源の管理、とくに鯨の捕獲枠 118
   6.91階線形微分方程式 122
   コラム7 : 1階線形微分方程式の別解 124
7.問題の解答と説明 125
   索引 149
   環境のための数学
   小川束
1.関数とグラフ 1
2.

図書

図書
小川束著
出版情報: 東京 : 啓学出版, 1990.10  viii,157p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小川束, 平野葉一著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.10  vii, 276p ; 22cm
シリーズ名: 講座数学の考え方 / 飯高茂 [ほか] 編集 ; 24
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
植田栄二, 武本行正, 小川束編著
出版情報: 東京 : 同文舘出版, 2001.3  viii, 296p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
小川束, 佐藤健一, 竹之内脩, 森本光生著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2008.3  viii, 201p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小川束, 森本光生著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2014.8  223p ; 19cm
シリーズ名: 知の扉シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 行列式とは何か
第2章 : 連立1次方程式の話
第3章 : 東アジア数学における代数学
第4章 : 行列とその演算
第5章 : 行列と行列式
第6章 : 連立代数方程式の消去理論
第7章 : 巻末補遺
第1章 : 行列式とは何か
第2章 : 連立1次方程式の話
第3章 : 東アジア数学における代数学
概要: 和算において高等数学研究の先駆けとなった関孝和。彼は、高次の連立代数方程式を解く方法として行列式を編み出していた。西洋数学にどっぷりつかってしまっている今、和算における行列式の歴史を読み解く。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼