close
1.

図書

図書
小暮厚之編著 ; 神谷信一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2007.11  viii, 149p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ランカスター著 ; 小暮厚之, 梶田幸作監訳・訳 ; 黒島テレサ, 莵原義弘, 倉知善行訳
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2011.8  xi, 383p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小暮厚之著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1996.12  vi, 174p ; 21cm
シリーズ名: ファイナンス講座 / 森平爽一郎, 小暮厚之編集 ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
小暮厚之, 照井伸彦著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.11  ix, 248p ; 22cm
シリーズ名: ファイナンス・ライブラリー ; 4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
森平爽一郎, 小暮厚之編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
刈屋武昭, 小暮厚之著
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2002.4  xiii, 205p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
森平爽一郎, 小暮厚之編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1996.12-  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小暮厚之著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.9  viii, 165p ; 21cm
シリーズ名: シリーズ統計科学のプラクティス / 小暮厚之, 照井伸彦編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. データと度数分布 1
   1.1 変数と観測値 1
   1.2 度数分布 2
   1.3 連続データ 5
   1.4 位置の尺度 8
   1.5 散らばりの尺度 10
   1.6 偏差値 : 入試のデータ分析 13
2. 2変数のデータ 16
   2.1 官民格差 16
   2.2 相関係数 19
   2.3 2変数データの関係 21
    2.3.1 2変数データの差 : 給与格差 21
    2.3.2 2変数データの和 : 偏差値と相関係数 23
   2.4 相関係数に関する注意 24
    2.4.1 相関は線形性を測る 24
    2.4.2 見せかけの相関 25
   2.5 太陽系のデータ分析 : 対数変換 26
3. 確率 30
   3.1 確率のクイズ 30
   3.2 事象と確率 31
   3.3 事象の組み合わせ 32
    3.3.1 和事象と積事象 32
    3.3.2 条件付き事象 33
   3.4 ベイズの定理 : 事前確率と事後確率 34
   3.5 ベンチャービジネス 36
   3.6 メレ,シミュレーション,パスカル 37
    3.6.1 メレの逆説 37
    3.6.2 シミュレーション 37
    3.6.3 パスカル登場 39
    3.6.4 独立性 40
   3.7 例 : あなたが裁判員になる確率 40
   3.8 例 : 大学野球対抗試合で月曜日が休講になる確率 41
4. 確率変数と確率分布 44
   4.1 確率分布とは何か 44
   4.2 期待値 45
   4.3 例 : 宝くじ 45
   4.4 ぺテルスブルクの逆説 47
    4.4.1 期待賞金額が無限大の賭け 47
    4.4.2 効用 48
    4.4.3 「ぺテルスブルクの逆説」は本当に逆説か 48
   4.5 同時分布 49
    4.5.1 2つのベンチャー投資 49
    4.5.2 同時分布と周辺分布 49
    4.5.3 共同出資 50
    4.5.4 相関 51
    4.5.5 共同出資とリスク管理 52
    4.5.6 独立性 52
5. 離散確率分布のモデル : 2項分布とポアソン分布 55
   5.1 ベルヌーイ試行 55
   5.2 2項分布 56
   5.3 2項分布と地震 58
   5.4 ポアソン分布 61
   5.5 ポアソン分布と台風上陸件数 63
6. 連続確率分布のモデル : 正規分布 66
   6.1 連続型確率変数と分布関数 66
   6.2 正規分布 68
    6.2.1 標準正規分布 68
    6.2.2 正規分布 70
    6.2.3 正規確率の計算 71
   6.3 株式と正規分布 72
    6.3.1 株式収益率 72
    6.3.2 ヒストグラム 72
    6.3.3 歪度と尖度 72
7. ランダムサンプリング : 標本調査 76
   7.1 世論調査 : 失敗例 76
   7.2 視聴率調査 : ランダムサンプリング 77
   7.3 信頼区問 78
   7.4 紅白歌合戦の視聴率 79
   7.5 消費税の世論調査 80
   7.6 標本調査の注意点 83
    7.6.1 味噌汁の味見 : 被爆60年アンケート 83
    7.6.2 回収率 84
    7.6.3 インターネットと社会調査 85
8. ランダムサンプリング : 標本理論 86
   8.1 IID 86
   8.2 標本平均 86
   8.3 大数の法則 87
    8.3.1 保険と大数の法則 87
    8.3.2 大数の法則と標本分散 89
   8.4 中心極限定理 89
    8.4.1 中心極限定理と保険 90
   8.5 標本分散に対する中心極限定理 91
   8.6 信頼区間 92
9. 仮説検定 98
   9.1 消費税の世論調査 98
    9.1.1 p値 100
   9.2 z検定 : 気温上昇の検定 102
   9.3 t検定 103
   9.4 仮説検定 : レイキ(霊気)療法はペインマネジメントに有効か 106
    9.4.1 ノンパラメトリック検定 107
10. 回帰分析入門 109
   10.1 100m走の年間世界記録データ 109
   10.2 回帰モデル 110
    10.2.1 モデル 110
    10.2.2 誤差項の仮定 111
    10.2.3 最小2乗法 111
   10.3 回帰計算 114
    10.3.1 回帰係数 114
    10.3.2 残差と回帰予測値 115
    10.3.3 R2乗 115
    10.3.4 残差標準誤差 116
   10.4 回帰モデルの理論 117
    10.4.1 回帰係数の統計的性質 117
    10.4.2 t値とp値 118
   10.5 回帰モデルによる予測 118
   10.6 誤差項の仮定 120
11. 重回帰分析 124
   11.1 ワンルームマンションの価格データ 124
   11.2 データの整理 125
   11.3 回帰分析 127
    11.3.1 単回帰分析 127
    11.3.2 重回帰モデル 127
    11.3.3 推定 128
    11.3.4 偏回帰係数 130
   11.4 重回帰分析の推測 131
    11.4.1 回帰予測値と残差 131
    11.4.2 2乗和とR2乗 132
    11.4.3 自由度調整済みR2乗 132
    11.4.4 R2乗とF統計量 133
   11.5 外れ値 134
    11.5.1 重回帰分析の仮定 134
    11.5.2 外れ値 134
    11.5.3 ダミー変数 135
   11.6 変数選択 136
   11.7 対数線形モデル 138
12. ロジットモデル 141
   12.1 住宅ローンのデフォルトデータ 141
    12.1.1 データ 141
   12.2 ロジットモデル 143
   12.3 ロジットモデルの推定 145
    12.3.1 最尤法 145
    12.3.2 デビアンス 147
   12.4 モデル選択 148
    12.4.1 AIC規準 148
    12.4.2 対数変換 148
   12.5 タイタニック : 何が生死を分けたか 150
   12.6 タイタニック : ロジットモデルの推定 153
    12.6.1 年齢を追加したモデルの推定 154
A. 付録 : R事始め 156
   A.1 ベースシステムとパッケージ 156
   A.2 インストール 156
   A.3 Rの起動 157
   A.4 Rの入力 158
   A.5 R関数 159
   A.6 作業ディレクトリー 160
   A.7 データファイルの保存と読み込み 160
   A.8 パッケージのインストール 161
索引 163
1. データと度数分布 1
   1.1 変数と観測値 1
   1.2 度数分布 2
9.

図書

図書
小暮厚之, 照井伸彦編
出版情報: 東京 : 朝倉書店  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼