close
1.

図書

図書
小田隆治著
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2010.12  xi, 197p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小田隆治著
出版情報: 東京 : 培風館, 2000.3  vii, 193p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小田隆治著
出版情報: 東京 : 培風館, 2013.6  x, 226p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 科学的生命観の起源 : 科学とは
神と目的論の中世 ほか
第2章 生物のしくみ : 生物を構成する分子
機能分子としてのタンパク質 ほか
第3章 生物の歴史 : 生命の起源
原核細胞から真核細胞への進化 ほか
第4章 現代の生命観 : 現代の進化論
生物的世界像 ほか
第1章 科学的生命観の起源 : 科学とは
神と目的論の中世 ほか
第2章 生物のしくみ : 生物を構成する分子
概要: 大学の文科系、理科系を問わずすべての学生を対象にした、教養教育のための生物学のテキストである。本書の目的のひとつは、学習を通して「生命」という概念について主体的に問いかけ考えられるようになることである。生物学が発展してきた経緯と基本概念とな る科学的生命観について科学史や科学論から説き明かす。そしてDNAの構造と機能からみた生物のしくみ、進化のプロセス、ダーウィンの進化論からドーキンスの利己的遺伝子までを現代生物学の知見をもとに解説する。近年、注目を浴びているiPS細胞に至る研究の歴史と意義についての興味深い解説、さらに生物と環境のあり方について学際的視点にたって論じるなど、新しい時代の生物学を概観している。 続きを見る
4.

図書

図書
小田隆治編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2016.11  xi, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
生活環境科学入門—大学教員と企業を取材する初年次教育は大学時代を豊かにするか
第1部 主体的な学びとは何かを問い直す : 教養実践演習—初年次からの論文作成と「学生の主体的な学び」にかかる問題意識
あなたの中の大学:学生主体型授業への挑戦—学生主体型授業漂流記
臨床教育学入門—続・自らの生き方を問い直す大学教育:真の“主体性”を育てる教師のあり方
保育者養成課程における講義系科目の実践
「総合基礎演習」の歩み—学生が問題を発見し、調査し、共に考えていく授業
第2部 地域連携とプロジェクト・ベースト・ラーニング : 女子大生が選ぶファミリーファッション—自主参加型地域連携プロジェクトにおける生活デザイン学科の挑戦
学生映画コンテスト in 瀬底島—PBLと大学広報とを連携させる試み
住環境計画—空間の質を「言語化」する授業:雑司ヶ谷をフィールドにした「自発創成型教育活動」の展開の一歩として
東日本大震災からの復旧復興過程と学生の主体性—2事例からの経験則
第3部 理系科目における学生主体型授業 : 体感する科学—学生主体型・プロジェクト解決型授業
北大に風車を建てようプロジェクト—秘密工作員のミッションとは
サイエンスコミュニケーション—学生主体型授業の冒険は続く
ウェブサービスの授業活用は学生の主体的な学びの夢をみるか?!—ICTを活用した授業実践
第4部 さまざまな学生主体型授業 : ハイブリッド自主演習—学生が先生になる?
学術日本語1—留学生の発表活動における学生による評価項目の考案と自己評価・他者評価
「自己理解」と「社会理解」—「キャリアデザイン」科目における学生主体型授業
共通教育の英語教育—「必然性」のある授業内容を心がける
グローバル社会を生き抜く—遠隔地大学間連携によるICTを活用した学生主体型授業の冒険
生活環境科学入門—大学教員と企業を取材する初年次教育は大学時代を豊かにするか
第1部 主体的な学びとは何かを問い直す : 教養実践演習—初年次からの論文作成と「学生の主体的な学び」にかかる問題意識
あなたの中の大学:学生主体型授業への挑戦—学生主体型授業漂流記
概要: 本書は、日本の大学で行われているアクティブ・ラーニングの実践集である。ここにはこれこそがアクティブ・ラーニングだというものがあるわけではない。多様な授業の中で展開されているアクティブ・ラーニングの豊かな泉があるだけだ。読者には、この中から自 分流のメソッドを汲み取って、自分のアクティブ・ラーニングを作り出していって欲しい。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼