close
1.

図書

図書
島原万丈 [ほか] 著 ; 日経アーキテクチュア編
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.12  239p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 大学で建築を学んだけれど : 人口減少によって建築が余る時、どう働くか
仕事のつくり方を知るために、建築を一度あきらめる ほか
2 自分のシゴトは自分でつくる : 独立しているのであれ、組織の中にいるのであれ、楽しく、ごきげんに働くとはどういうことなのか
元手をかけず、ひとりでもできる「ナリワイ」を増やしながら無理しない生き方に ほか
3 未来の工務店のすがた : 日本の住宅の八割をつくっている工務店の未来はどうなるのか?
妄想から打ち上げまで。住まい手と一緒に楽しむライブのような家づくり ほか
4 家守という、古くて新しいシゴト : 建築という分野の仕事としての可能性は今まさに広がる機を得ている
賃貸住宅の大家のシゴトには大きな可能性があって、暮らしとまちを変える力がある ほか
1 大学で建築を学んだけれど : 人口減少によって建築が余る時、どう働くか
仕事のつくり方を知るために、建築を一度あきらめる ほか
2 自分のシゴトは自分でつくる : 独立しているのであれ、組織の中にいるのであれ、楽しく、ごきげんに働くとはどういうことなのか
概要: 時代を生き抜くための新たな職能とは?自らリスクを負い、小さな実践を重ねる「働き方と生き方の未来」がそこにある!
2.

図書

図書
島原万丈, HOME'S総研著
出版情報: 東京 : 光文社, 2016.11  221p ; 18cm
シリーズ名: 光文社新書 ; 852
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 フォーマットが先行する日本の都市計画 : 消え行くまちで
均質化していく都市 ほか
第2章 センシュアス・シティ・ランキング : センシュアス・シティ・ランキングの決め方
関係性の4指標 ほか
第3章 センシュアス度で全国のまちを測る : 東京都心は「匿名性」「ロマンス」「機会」に恵まれている
都内トップエリアはバランスがいい ほか
特別座談会 新しい評価軸としてのセンシュアス : 林厚見×木下斉×島原万丈)(B面的な都市開発と「夜の経済」
世界の「センシュアスな都市」とは ほか
第4章 センシュアスは幸せの実感値 : センシュアス度と居住満足度・幸福実感度は比例する
センシュアス度が低いと、人口流出を招きやすい ほか
第1章 フォーマットが先行する日本の都市計画 : 消え行くまちで
均質化していく都市 ほか
第2章 センシュアス・シティ・ランキング : センシュアス・シティ・ランキングの決め方
概要: 「住みたい街」や「住みやすい街」...住むことに関する多種多様なランキングは「住むこと」「暮らすこと」に関する私たちの「体験」そのものが反映されているとは言い難い。本当に豊かに楽しく生きられる、魅力的なまちとはなんなのか?そこで、本書では「 他者との関係性」「五感で感じる身体性」を基準にした「官能」“センシュアス”という言葉をキーワードに、まちを再評価する試みを行う。上からの再開発や、均質化された都市計画によって、まちの個性や多様性が失われつつある現在、本当に住んで幸せなまちとはどこにあるのか?中央/地方を問わず、そこに生きる人たちの、まちに対するリアルな評価を可視化し、近未来のまちのイメージを探っていく。 続きを見る
3.

図書

図書
松村秀一 [ほか] 著 ; 日経アーキテクチュア編
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.9  238p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第一の予言 : 世界の建築構法はISRUへと向かう
第二の予言 出職は公共交通でやってくる・第三の予言 : 部品はネコやカンガルーが持ってくる
第四の予言 小旦那は触覚を発達させる・第五の予言 : 自給自足の空間認識が領域を形づくる
第六の予言 人は伸びやかな空間で目を閉じる・第七の予言 : 勉強机だった製品はふかふかのソファになる
中央アジアで「耕す」ように建築し続ける覚悟
「生物の力」をそのまま取り入れる新しい建築構法
ISRUは日本で「地域が持続的に生きていく」ための方法
建築資材の「流通改革」を模索・苦闘する
住み手が自ら「空間を編集する」ための仕組みづくり
情報と流通の革命は工務店の形を変える
化学物質過敏症の小旦那の家をつくる
入居者=小旦那の触覚を発達させる賃貸マンション
DIYの最前線はどうなっているか
欲しい暮らしは手づくりで手に入れる
横浜・寿町から都市の未来が見えてくる
リノベーションのビジネスモデルをつくる
現代版家守による都市再生のプロデュース
みんなが関われる魅力的な場づくりこそが、これからの建築家の仕事
第一の予言 : 世界の建築構法はISRUへと向かう
第二の予言 出職は公共交通でやってくる・第三の予言 : 部品はネコやカンガルーが持ってくる
第四の予言 小旦那は触覚を発達させる・第五の予言 : 自給自足の空間認識が領域を形づくる
概要: リノベーション、まちづくりなどを担い新時代を告げる先駆者の取り組み。建築と、その仕事の未来は変わる!
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼