close
1.

図書

図書
マーク・ハーツガード著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 草思社, 2001.4  342p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
スティーヴ・J・ハイムズ著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 朝日新聞社, 2001.1  401, xxxvii, viip ; 20cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ヘンリー・ペトロスキー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1995.11  350p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
オットー・マイヤー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1997.6  324p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
ロルフ・トーマン編 ; アヒム・ベトノルツ写真 ; バルバラ・ボルンゲッサー文 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2017.5  399p ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 バーゼルからクサンテン—ライン川沿いの大聖堂と聖堂
2章 リューベックからグダニスク—バルト海地域のレンガ・ゴシック様式 / およびロマネスク様式
3章 ライプツィヒからクトナー・ホラ—ザクセンとボヘミアの祈りの場
4章 ザンクトガレンからウィーン—アルプス山脈の前山地帯のバロック様式とロココ様式
5章 コモ湖からラヴェンナ—キリスト教芸術の第1千年紀
6章 フィレンツェからヴェネツィア—ルネサンスを象徴する建築物
7章 ローマからペルージャ—教会史をひもとく鍵となる場所
8章 ヴェズレーからポワティエ—ブルゴーニュ、オーヴェルニュ、フランス南部と西部のロマネスク建築
9章 パリとその周辺—フランス中心部のゴシック大聖堂
10章 バルセロナとその周辺—カタルーニャの教会建築の今昔
11章 : ロンドンとその周辺—イギリスの中世の大聖堂
1章 バーゼルからクサンテン—ライン川沿いの大聖堂と聖堂
2章 リューベックからグダニスク—バルト海地域のレンガ・ゴシック様式 / およびロマネスク様式
3章 ライプツィヒからクトナー・ホラ—ザクセンとボヘミアの祈りの場
概要: 中世から近現代にわたって、ビザンツ、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココなどの各建築様式を体現しながら、建築家たちによる技術の粋を極めた壮大な大聖堂がヨーロッパの各都市に建設されてきた。外観だけでなく、内部の構造、身廊から祭壇 に至る眺め、天井画、装飾、彫刻、ステンドグラスなど、細部まで精密に撮影された美しい写真の数々に私たちは圧倒され、その静寂にひたり、沈黙する。静寂、癒し、至福—ヨーロッパ中を旅する構成で、主要11カ国125都市を網羅し、最も美しく最も重要な151聖堂・教会を収録した、かつてない規模の驚異的な写真図鑑。職人たちの技術と情熱、ヨーロッパ文化の極致ともいえる至宝をくまなく紹介する。 続きを見る
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ヘンリー・ペトロスキー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2010.1  467p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 693
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   まえがき 5
第一章 フォークの歯はなぜ四本になったか 13
第二章 形は失敗にしたがう 46
第三章 批評家としての発明家 68
第四章 ピンからペーパークリップへ 98
第五章 瑣末なモノもあなどれない 143
第六章 ファスナーが生まれるまで 167
第七章 道具が道具を作る 204
第八章 増殖のパターン 231
第九章 流行とインダストリアル・デザイン 271
第十章 先行するモノの力 300
第十一章 開けるより封じる 324
第十二章 ちょっと変えて大儲け 362
第十三章 良が最良よりも良いとき 381
第十四章 つねに改良の余地がある 407
   訳者あとがき 433
   解説 失敗の発明 棚橋弘季 439
   注 456
   参考文献 467
   まえがき 5
第一章 フォークの歯はなぜ四本になったか 13
第二章 形は失敗にしたがう 46
7.

図書

図書
ベン・ゴールドエイカー著 ; 忠平美幸, 増子久美訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2015.6  507, viip ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 行方不明のデータ
第2章 : 新薬はどこで生まれるのか?
第3章 : あくどい規制機関
第4章 : あくどい臨床試験
第5章 : 大規模化、簡素化した臨床試験
第6章 : マーケティング
結論 : より良いデータ
第1章 : 行方不明のデータ
第2章 : 新薬はどこで生まれるのか?
第3章 : あくどい規制機関
概要: 規制機関と業界の癒着、治験結果の改ざんと隠ぺい、研究論文の代筆とねつ造、臨床試験のアウトソーシング化、巧妙なマーケティング戦略...。知るのが恐ろしい、でも知らないほうがもっと恐ろしい製薬業界の闇。信じていた医療の裏切りの実態に、気鋭のジャ ーナリストが切り込む。 続きを見る
8.

図書

図書
ヘンリー・ペトロスキー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2010.9  338p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 709
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
レイ・オルデンバーグ [著] ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 2013.10  480, xxxvp, 図版 [8] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 : アメリカにおける場所の問題
サードプレイスの特徴
個人が受ける恩恵
もっと良いこと
第2部 : ドイツ系アメリカ人のラガービール園
メインストリート
イギリスのパブ
フランスのカフェ
アメリカの居酒屋
古典的なコーヒーハウス
第3部 : 厳しい環境
男女とサードプレイス
若者を締め出すということ
めざすは、よりよい時代...と場所
第1部 : アメリカにおける場所の問題
サードプレイスの特徴
個人が受ける恩恵
概要: 居酒屋、カフェ、本屋、図書館...情報・意見交換の場、地域活動の拠点として機能する“サードプレイス”の概念を社会学の知見から多角的に論じた書、待望の邦訳。
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ヘンリー・ペトロスキー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2008.6  306, 28p ; 19cm
シリーズ名: 朝日選書 ; 844
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 見た目、使い勝手、それとも機能? デザインの本質 3
2 ひとつのグラスから見えてくるもの デザインに目をこらす 22
3 きれいでおいしい水 デザイン、デザイン、どこもかしこも 36
4 電灯、ヘッドライト、懐中電灯 明るく照らすデザイン 58
5 車のカップホルダー進化論 デザインに駆りたてられて 72
6 かぎられた空間にたくさん詰めこむには 箱のなかのデザイン 86
7 夢のスーパーマーケット 迷路じみたデザイン 102
8 レジ袋の歴史をさかのぼる 紙袋から生まれたデザイン 125
9 もっと手早く、もっと楽しく 家事のデザイン 149
10 ダクトテープと<WD‐40> 庶民のデザイン 163
11 流し台の水栓とジャガイモの皮むき器 身につまされるデザイン 178
12 身体になじむ椅子をもとめて 既製のデザイン 196
13 扉ノブと電灯スイッチの高さ 慣れ親しんだデザイン 211
14 ケータイと電卓のキー配列はなぜ違うのか 数字でデザイン 225
15 レストランもデザインの現場になる 選んでデザイン 241
16 歯ブラシ立てに入らない歯ブラシ 作意との遭遇 258
17 わが家の増改築 デザイン、壁にぶちあたる 275
18 階段をめぐる考察 上りゆくデザイン 289
索引・謝辞と註・参考文献・図版出典 巻末
1 見た目、使い勝手、それとも機能? デザインの本質 3
2 ひとつのグラスから見えてくるもの デザインに目をこらす 22
3 きれいでおいしい水 デザイン、デザイン、どこもかしこも 36
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼