close
1.

図書

図書
文部省, 日本分光学会 [編]
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.7  6, 388p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 日本分光学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1986.11  8p, 図版122枚 ; 31cm
所蔵情報: loading…
3.

雑誌

雑誌
分光学研究會 [編] = Society of the Spectroscopical Research of Japan
出版情報: 東京 : 分光学研究会, 1951-
巻次年月次: [1巻]1号 (昭26.6)-1巻2号 (昭26.10) ; 3号 (昭27.6)-10号 (1954) ; V. 3, no. 3 (1955.8)-
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  x, 195p, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 電波とは? 1
   1.1 身近なところで使われる電波 1
   1.2 電波を利用した技術の発展の歴史 3
   1.3 電波の分類 5
   参考文献 7
2 電波を用いた分光で使われる機器と技術 9
   2.1 電波の発生 9
    2.1.1 Gunn発振器 9
    2.1.2 YIG発振器 10
    2.1.3 周波数逓倍器 10
    2.1.4 BWO 11
   2.2 電波の検出 11
    2.2.1 ダイオードによる検波 12
    2.2.2 ボロメータを用いた検出 13
   2.3 電波の取り回し方 14
    2.3.1 同軸ケーブル 14
    2.3.2 導波管 10
   2.4 PLLによる発振器の周波数安定化 19
   付録1 : 矩形導波管内のマイクロ波の伝播 23
   付録2 : アンテナの指向性を表す絶対利得と相対利得 25
   参考文献 26
3 実際の分光計測①―実験室における分光計測― 27
   3.1 観測対象となる分子とエネルギー準位 27
    3.1.1 永久電気双極子モーメントをもつ分子が観測対象 27
    3.1.2 分子の回転エネルギー準位と純回転遷移の選択則 28
    3.1.3 微細および超微細構造 34
    3.1.4 実験データの解析法 36
   3.2 超音速分子線と組み合わせたフーリエ変換マイクロ波分光法 37
    3.2.1 FTMW分光法の原理と特徴 38
    3.2.2 スーパーヘテロダイン検波によるFID信号の検出 40
    2.2.3 超音速ビームとの組み合わせ 40
    3.2.4 ファブリー‐ペロー共振器を用いたFTMW分光装置の実際 41
    3.2.5 短寿命分子の観測 48
    3.2.6 チャープパルスマイクロ波を用いたFTMW分光法 50
   3.3 ミリ波およびサブミリ波領域での分光 53
    3.3.1 フーリエ変換分光法を用いた2重共鳴分光法 53
    3.3.2 吸収分光装置の実際 58
    3.3.3 高速掃引によるスペクトル探査の高効率化の工夫 59
    3.3.4 2重変調法による高感度化の工夫 60
   付録1 : 2準位系のコヒーレント相互作用 63
   付録2 : quadrature mixerの原理 66
   参考文献 67
4 実際の分光計測②―電波を用いた大気観測― 69
   4.1 電波による大気観測の特色 74
    4.1.1 大気オゾンの観測手法概観 74
    4.1.2 電波を用いた大気観測の特色 78
   4.2 大気成分からの電波の放射 83
    4.2.1 放射伝達方程式 83
    4.2.2 輝度温度と物理温度 86
    4.2.3 大気の吸収係数と分子スペクトル 87
   4.3 大気観測に用いられる装置(ラジオメーター) 94
    4.3.1 へテロダイン受信の原理 95
    4.3.2 大気観測用ラジオメーターの構成 97
    4.3.3 観測スペクトルの較正 104
    4.3.4 実際の大気観測装置 106
   4.4 観測データの解析法 113
    4.4.1 umkehr効果を利用した反転法 113
    4.4.2 電波観測におけるリトリバル 116
   4.5 観測例 119
   参考文献 126
5 実際の分光計測③―宇宙からくる電波の分光―(分子・原子を用いた電波天文学) 127
   5.1 電波天文学とは?―歴史的経緯~現在の状況― 128
    5.1.1 電波天文学の歴史と意義 128
    5.1.2 電波による分子の観測 133
    5.1.3 「宇宙からくる電波の分光」の面白さ 136
   5.2 どのような天体を観測するのか? また何がわかるのか? 138
    5.2.1 観測対象となる天体 138
    5.2.2 電波観測でわかること 141
   5.3 観測で使われている装置(電波望遠鏡)と技術 151
    5.3.1 アンテナ 151
    5.3.2 電波の伝送系 153
    5.3.3 受信機 153
    5.3.4 電波分光計 157
    5.3.5 電波干渉計とは 159
    5.3.6 計算機とネットワーク 160
   5.4 観測方法とデータの解析法 162
    5.4.1 観測方法 162
    5.4.2 データの解析法 166
   5.5 観測結果の具体例 167
    5.5.1 ラインサーベイ観測 167
    5.5.2 分子の発見 170
    5.5.3 銀河系内のガスの観測 178
    5.5.4 銀河(系外銀河)の観測 178
   5.6 今後の電波天文学の発展 183
    5.6.1 ALMA―ミリ波からサブミリ波にかけての地上での究極の電波干渉計― 183
    5.6.2 SKA計画―低い周波数での巨大電波干渉計― 185
    5.6.3 Hersche1―サブミリ波などでの宇宙望遠鏡― 185
    5.6.4 VSOP2―次世代のスペースVLBI衛星― 186
   付録 : 宇宙電波の観測に必要な時間を見積もってみよう!! 188
   参考文献 189
索引 188
1 電波とは? 1
   1.1 身近なところで使われる電波 1
   1.2 電波を利用した技術の発展の歴史 3
5.

図書

図書
日本分光学会
出版情報: 東京 : 講談社, 2015.3-  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  ix, 156p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 3
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  ix, 195p, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 6
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  xii, 178p, 図版 [2] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 X線と物質の相互作用 1
   1.1 X線とは 1
    1.1.1 X線の発見 1
    1.1.2 X線の正体は電磁波―ガンマ線との区別は?― 2
    1.1.3 X線と物質の主な相互作用とx線分光の難しさ 2
   1.2 電磁波としてのX線 4
    1.2.1 軟X線と硬X線 4
    1.2.2 X線分光で何が見えるか 5
   1.3 放射線としてのX線 8
    1.3.1 放射線とは 8
    1.3.2 高エネルギー電磁波と物質の相互作用 8
    1.3.3 二次電子のはたらき 10
    1.3.4 振動子強度を用いた理解 11
    1.3.5 線エネルギー付与と阻止能を用いた理解 12
    1.3.6 吸収線量を用いた理解 12
   1.4 X線分光と他の分光との違い 13
    1.4.1 X線特有の原子・分子ダイナミクス 13
    1.4.2 X線を用いた分光学上重要な過程 15
   1.5 まとめ―X線で何が見えるか― 16
   参考文献 16
2 X線分光概論 17
   2.1 X線分光で何ができるか―化学結合状態と元素定量分析― 17
    2.1.1 x線分光とは―吸収と発光(蛍光)― 17
    2.1.2 スピン-軌道相互作用とスピン状態 19
    2.1.3 スペクトルに現れる電子状態密度 21
    2.1.4 表面におけるX線分光 22
    2.1.5 多元素系のX線スペクトル 23
    2.1.6 マトリックス効果 24
    2.1.7 X線分光の使い分けについて 25
   2.2 X線の発生装置 26
    2.2.1 電子の加速とX線発生 26
    2.2.2 X線管のターゲットとX線発生メカニズム 27
    2.2.3 X線管の電子源 29
    2.2.4 焦電結晶型X線発生装置 30
    2.2.5 大型X線発生装置 31
   2.3 X線分光特有の分光器 32
    2.3.1 X線の分光器について 32
    2.3.2 X線の光学系 34
    2.3.3 X線の検出系 35
   2.4 さまざまなX線分光の原理と実験例 35
    2.4.1 X線吸収分光 35
    2.4.2 蛍光・発光X線分光 37
   2.5 まとめ 38
   参考文献 39
3 放射光の発生と測定装置 41
   3.1 はじめに 41
   3.2 放射光の発生と設備 41
    3.2.1 放射光の発生原理―双極子放射と相対論的効果― 41
    3.2.2 設備の概要―加速器・挿入光源・ビームライン― 43
   3.3 放射光分光特有の機器 45
    3.3.1 波長を制御する 46
    3.3.2 サイズ,発散角を制御する 47
    3.3.3 時間構造を制御する 49
    3.3.4 偏光を制御する 50
   3.4 放射光分光の特徴ある測定例 51
    3.4.1 高輝度XAFS 51
    3.4.2 微量検出・蛍光X線分析 52
    3.4.3 平行ビームによるイメージング 53
    3.4.4 小角散乱引 53
    3.4.5 時間分解測定 53
   3.5 次世代放射光源と高輝度レーザーを使ったX線発生法 54
    3.5.1 XFEL : X線自由電子レーザー 54
    3.5.2 ERL : エネルギー回収型ライナック 55
    3.5.3 レーザー高次高調波発生法 56
    3.5.4 レーザープラズマX線源 57
    3.5.5 レーザーコンプトン光源 57
   3.6 まとめ 58
   参考文献 58
4 固体・表面のX線分光 59
   4.1 はじめに 59
   4.2 表面X線回折 60
    4.2.1 全反射X線回折法 60
    4.2.2 ロッドプロファイル法 61
    4.2.3 測定装置と測定例 62
    4.2.4 回折現象を利用したその他のX線構造解析手法 65
   4.3 固体・表面の光電子分光 66
    4.3.1 紫外光電子分光法 68
    4.3.2 X線光電子分光法 69
    4.3.3 光電子分光装置と実際のスペクトル 70
   4.4 オージェ電子分光 74
   4.5 XAFS 76
    4.5.1 表面敏感XAFS 77
    4.5.2 オージェ電子を検出する場合 81
    4.5.3 XAFSの実験装置 81
   4.6 まとめ 82
   参考文献 83
5 生体系,ソフトマターのX線分光 85
   5.1 はじめに 85
   5.2 複雑系における散乱と回折 85
    5.2.1 複雑系のつくる階層構造とX線の関わり 85
    5.2.2 X線散乱の原理と散乱ベクトル 87
    5.2.3 1次元散乱体による散乱振幅の導出と散乱像 88
    5.2.4 多次元散乱体への拡張 89
   5.3 タンパク質のX線結晶構造解析 90
    5.3.1 タンパク質結晶試料の作製と測定 90
    5.3.2 パターソン関数の導出 91
    5.3.3 位相決定 93
    5.3.4 原子位置の決定 93
   5.4 X線小角散乱 94
    5.4.1 ゆらぎを測定する小角散乱 94
    5.4.2 実験方法 94
    5.4.3 散乱強度の式(Debyeの式) 95
    5.4.4 小角散乱パラメータの導出 96
    5.4.5 動径分布関数の導出 97
    5.4.6 球充填モデルによる構造解析 98
   5.5 生体分子のXAFS解析 98
    5.5.1 XAFS解析と生体の金属原子 98
    5.5.2 XAFSの実験装置 99
    5.5.3 データの解析と実験例 100
   5.6 ソフトマター系の構造解析 101
    5.6.1 孤立した線形高分子溶液の構造解析 101
    5.6.2 その他の構造体のX線回折 104
    5.6.3 濃厚溶液と粒子間相互作用 104
    5.6.4 粒子の存在しない複雑系 105
    5.6.5 階層的な解析の具体例 106
   5.7 まとめ 107
   参考文献 107
6 原子・分子のX線分光 109
   6.1 はじめに 109
   6.2 高励起状態とイオン化 109
    6.2.1 リュードベリ遷移 109
    6.2.2 単位 110
    6.2.3 イオン化 111
    6.2.4 内殻励起 114
    6.2.5 二電子励起 116
   6.3 測定方法 120
   6.4 気相のオージェ電子分光 122
    6.4.1 オージェ遷移 123
    6.4.2 共鳴オージェ遷移とPCI 124
    6.4.3 測定方法 126
   6.5 質量分析法によるX線分光 126
    6.5.1 イオン生成 126
    6.5.2 測定方法 128
   6.6 同時計数法によるX線分光 130
    6.6.1 エネルギー分解しない電子とイオンの同時計数 130
    6.6.2 光イオン・光イオン同時計数 133
    6.6.3 エネルギー分解した同時計数 134
   6.7 まとめ 136
   参考文献 137
7 蛍光X線分光と微量分析 139
   7.1 はじめに 139
   7.2 X線分析装置 139
    7.2.1 EDXとWDX 139
    7.2.2 EPMAとSEM-EDX 141
    7.2.3 用途による装置の分類 142
   7.3 シンクロトロン放射光を用いた蛍光X線分析 143
    7.3.1 全反射蛍光X線分析 143
    7.3.2 2次元分析―マイクロビーム分析― 144
    7.3.3 高エネルギー蛍光X線分析 144
    7.3.4 軟X線分光 145
    7.3.5 3次元分析 145
    7.3.6 シンクロトロン放射光を用いたその他の蛍光X線分析 146
   7.4 超微量元素分析(シンクロトロン放射光を使わない) 147
    7.4.1 3次元配置偏光光学系による超微量分析 148
    7.4.2 二次ターゲット法 149
    7.4.3 フィルター法 149
    7.4.4 全反射蛍光X線分析 150
   7.5 蛍光X線分光の特殊な応用 150
    7.5.1 鑑識化学分析 : 異同識別 150
    7.5.2 土壌有害元素分析(JIS) 151
   7.6 ポータブル蛍光X線 151
   7.7 定性分析法と定量分析法 152
    7.7.1 元素定性分析 152
    7.7.2 元素定量分析 152
   7.8 まとめ 153
   参考文献 154
8 X線測定と関係の深い測定 155
   8.1 はじめに 155
   8.2 散乱と回折に用いる線源 155
    8.2.1 さまざまな線源のエネルギーと波長の関係 155
    8.2.2 さまざまな線源の特徴 156
   8.3 中性子散乱・中性子回折 157
    8.3.1 中性子を使った測定の特長 157
    8.3.2 中性子ビームの発生法 158
    8.3.3 中性子と物質の相互作用 159
    8.3.4 中性子の検出法 161
    8.3.5 中性子の非弾性散乱 163
   8.4 電子線回折と電子顕微鏡 164
    8.4.1 電子線回折 164
    8.4.2 電子顕微鏡 166
    8.4.3 時間分解電子線回折 167
   8.5 光散乱法 168
    8.5.1 粒径測定法としての光散乱法 168
    8.5.2 静的光散乱法 168
    8.5.3 動的光散乱法 169
   8.6 まとめ 172
   参考文献 172
索引 173
1 X線と物質の相互作用 1
   1.1 X線とは 1
    1.1.1 X線の発見 1
9.

図書

図書
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  ix, 187p, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 5
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  ix, 155p, 図版 [6] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 顕微分光法の基礎 1
   1.1 顕微分光法で何が見えるか 1
   1.2 光学顕微鏡の原理 2
    1.2.1 光の伝搬 2
    1.2.2 光の回折 7
    1.2.3 アッベの結像理論 15
    1.2.4 光学的伝達関数 17
    1.2.5 位相物体の結像 19
    1.2.6 位相差顕微鏡 20
    1.2.7 微分干渉顕微鏡 22
    1.2.8 ケラー照明系 23
   1.3 レーザー走査顕微鏡 23
   1.4 共焦点レーザー走査光学顕微鏡による3次元分解能 26
   1.5 3次元結像理論 28
    1.5.1 厚い試料の結像理論 28
    1.5.2 共焦点レーザー走査蛍光顕微鏡の3次元結像特性 30
   1.6 まとめ 31
   参考文献 31
2 蛍光顕微分光法 33
   2.1 蛍光顕微分光法で何が見えるか 33
    2.1.1 励起スペクトル 35
    2.1.2 蛍光スペクトル 35
    2.1.3 蛍光寿命 35
   2.2 蛍光顕微鏡の光学系 37
   2.3 対物レンズの種類と利用方法 40
    2.3.1 有限系および無限系 40
    2.3.2 開口数,倍率,作動距離 41
    2.3.3 乾燥対物レンズと油浸対物レンズ,水浸対物レンズ 41
    2.3.4 色収差 42
    2.3.5 ザイデルの5収差と試料の深い位置を観察することにより生じる球面収差 43
   2.4 蛍光顕微鏡の応用 47
    2.4.1 プラスチックシンチレーター用の蛍光体の観察 47
    2.4.2 全反射蛍光顕微鏡による単一分子計測 48
    2.4.3 蛍光寿命測定による温度分布の3次元測定 49
   2.5 まとめ 54
   参考文献 54
3 赤外・ラマン顕微分光法 55
   3.1 赤外・ラマン顕微分光法で何が見えるか 55
    3.1.1 赤外・ラマン分光法とは 55
    3.1.2 ラマン散乱分光法 57
    3.1.3 赤外吸収分光法 58
   3.2 赤外・ラマン顕微鏡の基礎と装置の構成 58
    3.2.1 ラマン顕微鏡 58
    3.2.2 赤外顕微鏡 65
   3.3 赤外・ラマン顕微鏡の応用 71
   3.4 まとめ 75
   参考文献 76
4 熱レンズ顕微分光法 77
   4.1 熱レンズ顕微分光法で何が見えるか 77
   4.2 熱レンズ顕微鏡の基礎と装置の構成 78
    4.2.1 熱レンズ顕微鏡の原理 78
    4.2.2 装置の構成と測定法 80
   4.3 熱レンズ顕微鏡の応用 84
    4.3.1 熱レンズ顕微鏡による非蛍光性分子の超微量分析 84
    4.3.2 走査型熱レンズ顕微鏡による高感度画像化 85
    4.3.3 非走査型光熱変換顕微鏡 87
   4.4 まとめ 90
   参考文献 90
5 非線形光学顕微分光法 93
   5.1 非線形光学顕微分光法で何が見えるか 93
   5.2 2光子励起蛍光顕微鏡 94
    5.2.1 2光子励起過程における光と物質との相互作用 95
    5.2.2 2光子励起蛍光顕微鏡の光学系と特徴 98
    5.2.3 2光子励起蛍光顕微鏡の応用 102
   5.3 SHG顕微鏡 107
    5.3.1 SHGの原理 107
    5.3.2 SHG顕微鏡の特徴と装置の構成 109
   5.4 CARS顕微鏡 110
    5.5.4 4π共焦点蛍光顕微鏡 112
   5.6 まとめ 114
   参考文献 114
6 近接場光学顕微分光法 117
   6.1 近接場光学の基礎 117
    6.1.1 エバネッセント光 117
    6.1.2 微小構造による光の散乱 120
   6.2 局在プラズモン 122
    6.2.1 プラズモン 122
    6.2.2 表面増強ラマン散乱 125
   6.3 近接場光学顕微鏡の原理と装置の構成 126
    6.3.1 近接場光学顕微鏡の原理 126
    6.3.2 近接場プローブ 127
    6.3.3 装置の構成 134
    6.3.4 近接場イメージング特性 135
   6.4 近接場光学顕微分光・イメージング 136
    6.4.1 フォトルミネッセンス 136
    6.4.2 ラマン分光・イメージング 137
    6.4.3 近接場赤外分光 147
   6.5 まとめと今後 151
   参考文献 151
索引 153
1 顕微分光法の基礎 1
   1.1 顕微分光法で何が見えるか 1
   1.2 光学顕微鏡の原理 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼