close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松井孝典, 伊藤晴夫著
出版情報: 東京 : 梨の木舎, 2005.9  178p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
前口上 伊藤晴夫 3
序章 「人間圏」とは何か 人類は後戻りのできない選択を行った 11
第1章 生命倫理と生殖医療 遺伝子は神の「領域」か、それとも人間の「選択」か 35
第2章 セックスと人間圏 分離される生殖とセックス 77
第3章 前立がんの話 待たれるPSA検査の普及 101
第4章 学生運動の季節に 自己形成にかかわる経験と風土 119
終章 「人間圏」の未来 「所有」と「所持」の選択 133
対談を終えて 松井孝典 168
前口上 伊藤晴夫 3
序章 「人間圏」とは何か 人類は後戻りのできない選択を行った 11
第1章 生命倫理と生殖医療 遺伝子は神の「領域」か、それとも人間の「選択」か 35
2.

図書

図書
鳥海光弘 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.6  x, 220p ; 21cm
シリーズ名: 地球惑星科学 ; 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
鳥海光弘 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.5  x, 262p ; 21cm
シリーズ名: 地球惑星科学 ; 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 人間圏とは何か : フレーム問題について
地球システムと人間圏
文明の地球システム論的考察
2 地球資源論 : 地球資源論とは
資源の分類と成因
地球資源問題
地球資源問題への取り組み—科学技術的対策
地球資源問題への取り組み—政治・経済・社会的対策
3 自然災害 : 気象災害
火山災害
地震災害
津波災害
巨大災害
4 予知・防災の地球科学 : 災害とは何か
地球科学と予測・予知
地球惑星科学から見た防災
都市防災のあり方
5 地球‐人間社会システムの将来設計 : 人間圏の安定性
太陽系システムのストック依存型文明
社会地球科学の展望
1 人間圏とは何か : フレーム問題について
地球システムと人間圏
文明の地球システム論的考察
概要: 地球システムの中に誕生した“人間圏”というサブシステムは、急速に高密度化・複雑化・巨大化した。今やそれは、地球システムそのものの構造を変化させ、不安定にしている。現代社会で人類が直面する環境、資源・エネルギー、食糧、人口問題などを人間圏とい う概念からとらえ直し、持続的な発展の可能性と方策を探る。 続きを見る
4.

図書

図書
松井孝典著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.8  vii, 117p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 68
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松井孝典著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.2  ix, 121p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 155
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 プロローグ―アルバレスの仮説 1
2 隕石衝突の証拠 13
3 地層の語ること 25
4 津波のシミュレーション 61
5 地球への影響 83
6 その後の進展 105
7 エピローグ 119
1 プロローグ―アルバレスの仮説 1
2 隕石衝突の証拠 13
3 地層の語ること 25
6.

図書

図書
ドゥーガル・ディクソン, ジョン・アダムス著 ; 土屋晶子訳
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2004.1  285p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
松井孝典著
出版情報: 東京 : 講談社, 1987.5  201p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-689
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
松井孝典 [ほか] 著
出版情報: 東京 : NHK出版, 2014.5  235p, 図版 [8] p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
二〇一四年の「スペースシップアース」とは
第1章 危機的状況を作り出した人間の姿 : 一二〇年後を見据えた長期的な決断で文明崩壊を防げ
止まらない「客室」の膨張
第2章 尽きる化石燃料と世界のエネルギー争奪戦 : 「原子力ルネサンス」から「原子力パッチワーク」へ
「燃料タンク」は枯渇する
第3章 加速する地球温暖化 : 「管理された衰退」が文明持続の唯一の方法
「客室維持装置」に異変あり
第4章 分散・自立型社会への転換の試み : エネルギーシフトが二〇五〇年の趨勢を決する
新たな「海図」を求めて
二〇一四年の「スペースシップアース」とは
第1章 危機的状況を作り出した人間の姿 : 一二〇年後を見据えた長期的な決断で文明崩壊を防げ
止まらない「客室」の膨張
概要: 文明の崩壊を食い止めるには?「客室」(人間)「客室維持装置」(自然環境)「燃料タンク」(エネルギー問題)。世界の賢者が、3つの観点から、わたしたちの地球が進むべき新しい海図を示す。NHK BS1「スペースシップアースの未来」の書籍化。
9.

図書

図書
松井孝典著
出版情報: 東京 : 講談社, 1982.12  217p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-520
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
松井孝典著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.1  vii, 259p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1643
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 “見える世界”の奥にあるもの : カルデアの知恵
宇宙の背後に数を見出す
原子論の萌芽
理性か感性か
運動論の登場
第2章 “見えない世界”の法則性は数字で記述できる? : ガリレオ革命
磁力という魔力
「新世界」がもたらした革命
科学的方法論の整備
万有引力の発見
第3章 新たに出現した“見えない世界” : 相対性理論の衝撃
「場」という概念の発見
量子の宇宙
超弦理論と一〇次元世界
第4章 宇宙論における人間原理と文明 : 宇宙原理か、人間原理か
超物質的宇宙と人間圏の未来
万物の変化とエントロピー
人間圏における“見えない世界”の拡大
第1章 “見える世界”の奥にあるもの : カルデアの知恵
宇宙の背後に数を見出す
原子論の萌芽
概要: 文明は、科学の目が明るみに出す“見えない世界”によってつくられる。“見える世界”の奥に潜む“見えない世界”。人間はその原理と法則をもとめて、思考と思索の長い旅を続けてきた。古代から現代までの文明史を俯瞰し、科学技術の発展とともに急速に広がる “見えない世界”の意味を問い、文明の未来とその新たなる可能性をさぐる。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼