close
1.

図書

図書
Hiroomi Umezawa ; editors A. Arimitsu...[et al.]
出版情報: Tokyo : Editorial Committee for Selected Papers of Hiroomi Umezawa, Hiroshi Ezawa, Department of Physics, Gakushuin University, 2001  xi, 557 p. ; 27 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
edited by Ferdinando Mancini
出版情報: Amsterdam : North-Holland , New York : Sole distributors for the U.S.A. and Canada, Elsevier Science Pub. Co., 1986  xii, 687 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
[edited by] H. Ezawa, S. Kamefuchi
出版情報: Amsterdam ; Tokyo : North-Holland , New York, N.Y. : Sole distributors for the U.S.A. and Canada, Elsevier Science Pub. Co., c1986  x, 428 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
by H. Umezawa
出版情報: Amsterdam : North-Holland Publishing Co , New York : sole agency for U.S.A., Interscience Pub., 1956  xiv, 364 p. ; 23 cm
シリーズ名: Series in physics
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
梅沢博臣, ジョセッピ・ヴィティエロ著 ; 保江邦夫, 治部眞里訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2005.6  ix, 268p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 古典力学における不変変換 1
   1.1 基本変数と不変変換 1
   1.2 正準変換と母関数 3
   1.3 ハミルトニアン 13
   1.4 不変変換と保存則 17
   1.5 作用変数と断熱定理 20
   1.6 古典量子論 27
   1.7 電磁放射に対する正準方程式 32
   第1章の課題 38
第2章 行列力学における不変変換 40
   2.1 行列 40
   2.2 行列力学 44
   2.3 不変変換と保存則 49
   第2章の課題 54
第3章 正準変数の表現 57
   3.1 ヒルベルト空間 57
   3.2 正準変数の振動子表現 61
   3.3 振動子表現における軌道角運動量 69
   3.4 正準作用素のシュレーディンガー表現 78
   3.5 シュレーディンガー表現における軌道角運動量 83
   3.6 ユニタリー同値と物理的等価性 88
   3.7 有界作用素と非有界作用素 92
   3.8 ユニタリー処方 94
   3.9 フォン・ノイマンの定理 99
   3.10 デルタ関数 100
   3.11 波動関数と状態ベクトル 104
   3.12 測定と不確定性原理 111
   3.13 シュレーディンガー方程式 116
   3.14 変分法 121
   3.15 電磁放射の量子論とラム・シフト 123
   第3章の課題 129
第4章 時間に依存した表現 134
   4.1 時間に依存した表現 134
   4.2 シュレーディンガー表示 135
   4.3 相互作用表示 142
   4.4 摂動計算 142
   4.5 波動関数の経路積分形式 156
   第4章の課題 159
第5章 スピン・磁気能率・パリティ・統計 161
   5.1 ガリレイ変換の生成元 161
   5.2 角運動量 164
   5.3 スピン角運動量 170
   5.4 磁気能率 179
   5.5 空間反転とパリティ 187
   5.6 同種粒子 192
   第5章の課題 195
第6章 散乱理論:予備的考察 199
   6.1 散乱 199
   6.2 運動学的関係 201
   6.3 流束 204
   6.4 断面積 206
   6.5 平均自由行程と断面積 208
第7章 弾性散乱 210
   7.1 波動方程式 210
   7.2 収束波と発散波 211
   7.3 S-行列とT-行列 214
   7.4 光学定理 218
   7.5 中心力場と位相のずれ 219
   7.6 衝突径数 222
   7.7 位相のずれと対数微分 222
   7.8 ヨスト関数・位相のずれ・束縛状態 225
   7.9 レビンソンの定理 231
   7.10 T-行列に対する基本方程式 233
   7.11 ボルン近似 235
   7.12 有効到達距離の方法 238
   7.13 クーロンポテンシャルによる散乱 241
   7.14 短距離位置エネルギー関数と共存するクーロンポテンシャル 244
   7.15 同種粒子の散乱 246
   第7章の課題 254
梅沢先生の「量子力学」と思い出(江沢洋) 257
索引 262
第1章 古典力学における不変変換 1
   1.1 基本変数と不変変換 1
   1.2 正準変換と母関数 3
6.

図書

図書
Hiroomi Umezawa
出版情報: New York : American Institute of Physics, 1995  xii, 238 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
梅沢博臣編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1963.4  2, 5, 328, 4p ; 22cm
シリーズ名: 核物理学講座 / 福田信之 [ほか] 編 ; 12
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
H. Umezawa著 ; 有光敏彦, 有光直子共訳
出版情報: 東京 : 培風館, 1995.7  vi, 278p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
小谷正雄, 梅沢博臣編
出版情報: 東京 : 裳華房, 1959.3  ix, 397p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼