close
1.

図書

図書
植松友彦
出版情報: 東京 : 東京工業大学, 2000.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
クロード・E.シャノン, ワレン・ウィーバー著 ; 植松友彦訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2009.8  231p ; 15cm
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [シ-25-1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 5
はしがき 11
通信の数学的理論への最近の貢献 13
   ワレン・ウィーバー
通信の数学的理論 59
   クロード・E.シャノン
   まえがき 61
Ⅰ 離散的無雑音システム 68
Ⅱ 雑音のある離散的通信路 115
Ⅲ 連続情報 140
Ⅳ 連続通信路 166
Ⅴ 連続情報源のレート 183
付録 196
訳者開設 213
序文 5
はしがき 11
通信の数学的理論への最近の貢献 13
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
植松友彦著
出版情報: 東京 : 培風館, 1998.7  iv, 201p ; 22cm
シリーズ名: 先端情報科学シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 典型並列とシャノン理論 1
   1.1 チェビシェフの不等式と大数の法則 1
   1.2 離散的無記憶情報源と典型系列 3
   1.3 情報源の可変長符号化 6
   1.4 情報源の固定長符号化 8
   1.5 離散的無記憶通信路と同時典型系列 11
   1.6 通信路符号化定理 16
   問題 22
2 タイプの理論 30
   2.1 タイプとその性質 30
   2.2 同時タイプとその性質 40
   2.3 タイプと典型系列 48
   問題 60
3 情報源のユニバーサル符号化 64
   3.1 可変長符号化定理 64
   3.2 可変長符号化逆定理 73
   3.3 固定長符号化定理 78
   3.4 定常情報源の可変長符号化 85
   3.5 一般の情報源の固定長符号化 88
   問題 95
4 通信路のユニバーサル符号化 105
   4.1 Packing Lemmaと信頼性関数 105
   4.2 信頼性関数Er(R,P、W)の性質 118
   4.3 通信路符号化逆定理 124
   4.4 ユニバーサル符号の生成確立 131
   問題 142
5 歪みを許容したユニバーサル符号化 153
   5.1 レート歪み関数とその性質 153
   5.2 Covering Lemma 160
   5.3 θ-忠実度規範に対する高レートの符号化定理 163
   5.4 θ-忠実度規範に対する低レートの符号化定理 168
   5.5 定常情報源の歪みを許容したユニバーサル符号化 173
   問題 180
付録 183
参考文献 188
索引 195
1 典型並列とシャノン理論 1
   1.1 チェビシェフの不等式と大数の法則 1
   1.2 離散的無記憶情報源と典型系列 3
4.

学位論文

学位
植松友彦
出版情報: 東京工業大学, 1988
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
植松友彦著
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.4  vii, 194p ; 21cm
シリーズ名: Tokyo tech be‐text
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき ⅲ
第1章 線形代数と線形符号 1
   1.1 符号理論とは 1
   1.2 線形代数の復習 4
   1.3 有限体上のベクトル空間 7
   1.4 ブロック符号と線形符号 9
第2章 線形符号の特徴 13
   2.1 生成行列と組織符号 13
   2.2 双対符号とパリティ検査行列 16
   2.3 符号の最小距離 21
第3章 線形符号の最小距離と誤り訂正能力 25
   3.1 通信路のモデル 25
   3.2 符号の最小距離と誤り訂正能力 28
   3.3 パリティ検査行列と最小距離との関係 31
   3.4 代表的な線形符号 34
   3.5 2元対称通信路と復号誤り確率の限界 36
第4章 シンドローム復号法と誤り訂正能力の限界式 41
   4.1 シンドローム 41
   4.2 シンドローム復号法 43
   4.3 誤り訂正能力の限界式 48
第5章 符号の重み分布とMacWilliamsの恒等式 53
   5.1 符号の重み分布 53
   5.2 MacWilliamsの恒等式 55
第6章 群 61
   6.1 群の定義 61
   6.2 巡回群 66
   6.3 部分群による類別 68
   6.4 同型写像と群の同型 71
第7章 環 75
   7.1 環の定義 75
   7.2 準同型写像とイデアル 79
   7.3 整数環の性質 82
   7.4 素因数分解の一意性 85
第8章 体と多項式環 89
   8.1 体の定義 89
   8.2 多項式環 91
   8.3 多項式環を基礎とした有限体 95
   8.4 元の位数の性質 97
   8.5 位数と原始元 99
第9章 有限体の性質 103
   9.1 有限体の構造 103
   9.2 有限体の表現 109
   9.3 有限体の構造のまとめ 112
第10章 リード・ソロモン符号 117
   10.1 リード・ソロモン(RS)符号 117
   10.2 RS符号の復号の原理 122
第11章 RS符号の生成行列とパリテイ検査行列 131
   11.1 Koetterのアルゴリズム 131
   11.2 Vandermonde行列とその性質 137
   11.3 RS符号の生成行列とパリティ検査行列 141
第12章 RS符号の復号法 145
   12.1 Petersonのアルゴリズムの導出 145
   12.2 Petersonのアルゴリズム 151
第13章 巡回符号 157
   13.1 巡回符号と生成多項式 157
   13.2 巡回符号の生成行列とパリティ検査行列 164
第14章 BCH符号 169
   14.1 巡回符号の双対符号 169
   14.2 最小多項式の性質 170
   14.3 巡回符号の最小距離 173
   14.4 巡回RS符号 175
   14.5 BCH符号 177
第15章 BCH符号とRS符号との関係 181
   15.1 BCH符号の構成例 181
   15.2 BCH符号とRS符号の関係 182
   15.3 BCH符号とRS符号の相違点 186
参考文献 189
索引 191
まえがき ⅲ
第1章 線形代数と線形符号 1
   1.1 符号理論とは 1
6.

図書

図書
酒井善則, 植松友彦共著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1999.10  ii, iv, 157p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
植松友彦著 ; 講談社サイエンティフィク編
出版情報: 東京 : 講談社, 2012.2  viii, 231p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 情報理論の概要
   1.1 情報源の符号化 2
   1.2 通信路の符号化 5
第2章 情報の表現
   2.1 集合 10
   2.2 2進数 14
   2.3 アルファベットと符号化 18
   2.4 ASCII符号 20
第3章 確率の基礎
   3.1 事象と確率 23
   3.2 条件付き確率と事象の独立性 26
   3.3 確率変数と確率分布 28
   3.4 平均と分散 30
第4章 情報量
   4.1 エントロピー 37
   4.2 同時エントロピーと条件付きエントロピー 41
   4.3 ダイバージェンスと相互情報量 45
第5章 情報量の性質
   5.1 エントロピーの加法性 50
   5.2 相互情報量の性質 51
   5.3 イェンゼンの不等式とその応用 54
   5.4 ファイバージェンスの性質とその応用 60
   5.5 対数和不等式とその応用 64
第6章 情報源のモデルとエントロピーレート
   6.1 情報源のモデル 69
   6.2 マルコフ情報源 71
   6.3 エントロピーレート 78
   6.4 定常情報源のエントロピーレート 82
第7章 典型系列とその性質
   7.1 大数の法則 85
   7.2 漸近等分割性と典型系列 90
   7.3 典型系列の応用 96
第8章 情報源の符号化
   8.1 符号の例 101
   8.2 クラフトの不等式 108
   8.3 平均符号語長の限界 112
第9章 ハフマン符号とLZ 符号
   9.1 ハフマン符号 122
   9.2 LZ符号 128
第10章 通信路のモデルと通信路容量
   10.1 情報通信のモデル 143
   10.2 通信路 144
   10.3 通信路容量 148
   10.4 対称通信路の通信路容量 153
第11章 通信路符号化定理
   11.1 通信路符号と通信路符号化定理 159
   11.2 同時典型系列とその性質 162
   11.3 通信路符号化定理の証明 166
   11.4 ファノの不等式と通信路符号化逆定理 173
第12章 誤り訂正符号
   12.1 2元体 181
   12.2 単一パリティ検査符号と線形符号 182
   12.3 ハミング符号 186
   12.4 最小距離と誤り訂正能力 192
   12.5 復号誤り率が零に収束する符号列の構成法 196
関連図書 205
演習問題の解答 206
索引 230
第1章 情報理論の概要
   1.1 情報源の符号化 2
   1.2 通信路の符号化 5
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
情報理論とその応用学会編
出版情報: 東京 : 培風館, 2003.7  vii, 328p ; 22cm
シリーズ名: 情報理論とその応用シリーズ / 情報理論とその応用学会編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 概論 1
   1.1 通信路符号化の歴史と展望 1
   1.1.1 はじめに 1
   1.1.2 Shannonの通信路符号化定理 2
   1.1.3 信頼度関数の精密化 4
   1.1.4 構成的符号化による定理の証明 12
   1.1.5 通信路符号化定理の一般化 17
   1.1.6 むすび 22
   参考文献 23
   1.2 誤り訂正符号化技術の基礎 26
   1.2.1 はじめに 26
   1.2.2 線形符号 27
   1.2.3 パリティ検査行列 29
   1.2.4 シンドローム 30
   1.2.5 ハミング符号 31
   参考文献 32
   1.3 符号理論の歴史と展望 32
   1.3.1 符号理論の歴史 32
   1.3.2 符号理論の展開 37
   参考文献 38
2 ブロック符号とその復号 41
   2.1 BCH符号とリードソロモン符号 41
   2.1.1 ハミング符号 41
   2.1.2 有限体 44
   2.1.3 BCH符号 46
   2.1.4 BCH符号の復号法 48
   2.1.5 ユークリッド復号法 50
   2.1.6 リードソロモン符号とその復号法 52
   2.1.7 剰余復号法 54
   2.1.8 Welch-Berlekampによる剰余基本方程式の解法 58
   2.2 ゴッパ符号とその復号法 60
   2.2.1 ゴッパ符号 60
   2.2.2 ゴッパ符号の復号法 61
   2.2.3 バーレカンプ-マッシィ復号法 63
   参考文献 67
   2.3 整数環上の誤り制御符号 67
   2.3.1 整数環上の誤り訂正/識別符号 68
   2.3.2 符号の一構成法 71
   2.3.3 組織化 73
   2.3.4 符号の具体例 74
   付録 77
   参考文献 78
3 たたみ込み符号とその復号 81
   3.1 たたみ込み符号の構造と構成 81
   3.1.1 はじめに 81
   3.1.2 たたみ込み符号とその表現 81
   3.1.3 たたみ込み符号化の定義 86
   3.1.4 たたみ込み符号の基本性質 89
   3.1.5 たたみ込み符号の評価基準 89
   3.1.6 不変因子分解 90
   付録 95
   参考文献 100
   3.2 たたみ込み符号とその復号 100
   3.2.1 たたみ込み符号のシンドローム復号法 100
   3.2.2 最尤復号を近似したアルゴリズム 111
   付録 116
   参考文献 117
   3.2.3 たたみ込み符号の復号 118
4 積符号,連接符号 127
   4.1 積符号,連接符号の構成 127
   4.1.1 積符号と繰り返し符号 128
   4.1.2 連接符号 133
   参考文献 137
   4.2 積符号・連接符号の復号 138
   4.2.1 積符号の復号 138
   4.2.2 連接符号の軟判定復号 139
   参考文献 142
5 符号化変調方式 143
   5.1 まえがき 143
   5.2 誤り訂正符号化技術と変調方式の統合 144
   5.2.1 ブロック符号を用いた符号化変調方式 144
   5.2.2 ブロック符号化4相PSK方式 146
   5.2.3 8相PSK信号と16QAM信号 149
   5.2.4 一括符号化と分割符号化 151
   5.3 トレリス符号化変調(TCM)方式 153
   5.3.1 セット分割法[10,11] 153
   5.3.2 ユークリッド距離の下界値 154
   5.3.3 最適TCM方式の例 158
   5.4 多次元符号化変調方式 多次元信号の考え方 160
   5.4.1 多次元TCM方式 160
   5.4.2 格子に基づく符号化変調方式 161
   5.4.3 超多次元符号化変調方式 165
   参考文献 166
6 通信系の応用 169
   6.1 符号理論の通信への応用 169
   6.1.1 移動通信における誤り制御の要求条件 169
   6.1.2 音声移動体通信における誤り制御 171
   6.1.3 マルチメディア移動体通信における誤り制御 172
   参考文献 188
   6.2 衛星通信への応用 190
   6.2.1 衛星通信伝送路の特徴 191
   6.2.2 衛星通信における誤り訂正技術 193
   6.2.3 衛星通信用誤り訂正復号装置の開発動向 199
   6.2.4 衛星通信への適用例 201
   参考文献 209
   6.3 移動通信への応用 211
   6.3.1 レイリーフェージング通信路における誤り訂正符号の特性 211
   6.3.2 移動通信におけるFECの適用事例 222
   参考文献 225
   6.4 地上マイクロ波通信への応用 226
   6.4.1 誤り訂正符号への要求条件 227
   6.4.2 ブロック符号の適用 230
   6.4.3 トレリス符号化変調の適用 234
   参考文献 239
   6.5 音声帯域モデムへの応用 240
   6.5.1 概要 240
   6.5.2 高速モデムにおける符号化変調技術 241
   6.5.3 誤り訂正(自動再送要求)/データ圧縮手順 250
   参考文献 252
   6.6 光通信への応用 253
   6.6.1 直接検出光通信路 253
   6.6.2 OOK通信方式とPPM通信方式 254
   6.6.3 誤り訂正符号を用いた光通信方式 257
   参考文献 262
7 計算機への応用 263
   7.1 計算機システムにおける応用 263
   7.2 論理回路への応用 265
   7.3 バスラインへの単方向誤り制御符号の応用 266
   7.4 半導体メモリへの応用[14] 268
   7.5 誤り位置指摘符号 278
   7.6 UEC符号 280
   参考文献 281
8 記録系への応用 285
   8.1 システムパフォーマンス計算 285
   8.1.1 ランダム誤り評価 286
   8.1.2 符号のランダム誤り評価計算式 289
   8.1.3 消失のある場合 292
   8.1.4 バースト誤りの評価 296
   8.1.5 3状態のGilbert Model 302
   8.2 光記憶系 305
   8.2.1 CDプレーヤーの誤り制御法 305
   8.2.2 CD-ROM,CD-Iの誤り制御法 307
   8.2.3 光ディスクの誤り制御法 307
   8.3 磁気記録系 311
   8.3.1 PCM録音機の誤り制御法 311
   8.3.2 DATの誤り制御法 316
   8.3.3 ディジタルVTR 318
   参考文献 322
索引 325
1 概論 1
   1.1 通信路符号化の歴史と展望 1
   1.1.1 はじめに 1
9.

図書

図書
植松友彦, 松本隆太郎著
出版情報: 東京 : オーム社, 2012.12  ix, 184p ; 21cm
シリーズ名: 基本を学ぶ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 通信システムの基本的構成
2章 : 信号波の解析
3章 : 振幅変調
4章 : 周波数変調
5章 : アナログ変調と雑音
6章 : パルス変調とパルス符号変調
7章 : ベースバンドディジタル変調
8章 : パスバンドディジタル変調
9章 : 多重通信方式
1章 : 通信システムの基本的構成
2章 : 信号波の解析
3章 : 振幅変調
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
植松友彦著
出版情報: 東京 : オーム社, 1995.10  ix, 164p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 通信システムの基本的構成
   1. 通信の目的と歩み 1
   2. 通信システムの構成 3
   3. 通信の品質 6
   4. 本書の構成 7
2章 信号波の解析
   1. 周期信号のフーリエ級数展開 9
   2. フーリエ変換 22
   3. フーリエ変換の性質 29
   4. 連続時間システム 32
   演習問題 38
3章 振幅変調
   1. 搬送波と変調 39
   2. 振幅変調 41
   3. AM信号の生成と復調 45
   4. 振幅変調の改良 52
   5. 直交振幅変調 59
   演習問題 61
4章 周波数変調
   1. 角度変調 63
   2. 狭帯域FM 66
   3. 広帯域FM 68
   4. FM信号の電力 71
   5. FM信号の生成 72
   6. FM信号の復調 74
   演習問題 78
5章 アナログ変調と雑音
   1. 確率過程の基礎 81
   2. AMの雑音特性 90
   3. FMの雑音特性 95
   演習問題 101
6章 パルス変調とパルス符号変調
   1. パルス振幅変調 103
   2. 標本化定理 106
   3. パルス符号変調(PCM) 108
   4. 復号化 115
   5. PCM通信における雑音 116
   6. 再生中継 117
   演習問題 119
7章 多重通信方式
   1. 周波数分割多重(FDM) 121
   2. 時分割多重(TDM) 125
   3. スペクトル拡散変調 128
   演習問題 130
8章 通信網
   1. 通信網の構成 131
   2. 交換機の機能と構成 133
   3. スイッチ回路網 134
   4. パケット交換とATM 139
   5. トラヒック理論の基礎 141
   演習問題 146
   演習問題解答 147
   参考文献 156
   索引 157
1章 通信システムの基本的構成
   1. 通信の目的と歩み 1
   2. 通信システムの構成 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼