close
1.

学位論文

学位
田中秀数
出版情報: 東京工業大学, 1986
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
永田一清編 ; 垣本史雄, 田中秀数執筆
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1987.1  v, 205p ; 21cm
シリーズ名: ライブラリ工学基礎物理学 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
永田一清編 ; 佐野元昭, 田中秀数, 山本郁夫執筆
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1991.9  viii, 367 p. ; 21cm
シリーズ名: ライブラリ工学基礎物理学 ; 別巻=1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
田中秀数
出版情報: 東京 : 東京工業大学, 2006.5
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
田中秀数
出版情報: 東京 : 東京工業大学, 2008.6
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
久保健, 田中秀数著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.10  vii, 235p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉物性物理シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : [3]Heの[3]は上つき文字
   注 : [S≧1]は、現物の表記と異なります
   
1. 磁性体の基礎 1
   1.1 原子の磁気モーメント 1
    1.1.1 電子のスピン磁気モーメント 1
    1.1.2 電子の軌道磁気モーメント 2
    1.1.3 原子核の磁気モーメント 5
   1.2 自由な磁性イオン 5
    1.2.1 磁性イオンと電子配置 6
    1.2.2 LS多重項とフントの規則 8
    1.2.3 スピン軌道相互作用 10
    1.2.4 自由な磁性イオンの常磁性 13
   1.3 結晶中の磁性イオン 15
    1.3.1 結晶場と電子状態 16
    1.3.2 低対称の結晶場 25
    1.3.3 ヤーン・テラー効果 31
    1.3.4 軌道角運動量の消失とスピンハミルトニアン 36
    1.3.5 強い結晶場と低スピン状態 39
2. スピン問の相互作用 42
   2.1 交換相互作用 42
    2.1.1 直接交換相互作用 43
    2.1.2 超交換相互作用 46
    2.1.3 超交換相互作用の統一的な説明 49
    2.1.4 [S≧1]の場合の交換相互作用 51
   2.2 異方的交換相互作用 52
    2.2.1 軌道縮退がない場合 53
    2.2.2 軌道縮退がある場合 57
3. 磁性体の相転移 64
   3.1 相転移とは 64
   3.2 磁性体における秩序相 66
    3.2.1 強磁性 66
    3.2.2 反強磁性 67
    3.2.3 フェリ磁`性 67
    3.2.4 らせん秩序 68
    3.2.5 ダイマー相 69
    3.2.6 ハルデイン相 70
    3.2.7 カイラル秩序 70
    3.2.8 スピン・ネマティック相 71
    3.2.9 軌道秩序 72
   3.3 磁場中相転移 73
    3.3.1 スピンフロップ転移 73
    3.3.2 磁化プラトー 74
   3.4 秩序変数の対称性 75
   3.5 マーミン・ワグナーの定理とコステルリッツ・サウレス転移 77
   3.6 正確に解ける模型 78
    3.6.1 1次元イジング模型 79
    3.6.2 1次元古典ハイゼンベルク模型 81
   3.7 相転移の現象論 83
    3.7.1 連続相転移 84
    3.7.2 不連続相転移 85
    3.7.3 多重臨界点 86
    3.7.4 相関関数 88
   3.8 長距離秩序 90
   3.9 臨界現象 90
    3.9.1 スケーリング関係式 91
    3.9.2 繰り込み群 93
    3.9.3 臨界指数の普遍性 96
   3.10 トポロジカル相転移 97
    3.10.1 2次元平面回転子模型 97
    3.10.2 トポロジカル欠陥 98
    3.10.3 トポロジカル相転移 100
4. 分子場理論 105
   4.1 分子場理論の導出 105
   4.2 古典的基底状態 107
    4.2.1 強磁性模型 108
    4.2.2 反強磁性模型 108
    4.2.3 らせん秩序 109
   4.3 有限温度の分子場理論 111
    4.3.1 強磁性状態 112
    4.3.2 反強磁性状態 114
    4.3.3 スピンフロップ転移 117
5. 磁性体の励起状態 120
   5.1 ホルシュタイン・プリマコフ変換 120
   5.2 強磁性スピン波 122
    5.2.1 スピン波の導出 122
    5.2.2 自発磁化の温度変化 124
   5.3 反強磁性スピン波 125
    5.3.1 ボゴリューボフ変換によるスピン波の導出 126
    5.3.2 副格子磁化 128
    5.3.3 相関関数 129
   5.4 ソリトン励起 130
   5.5 ゴールドストーン・モード 132
6. 1次元量子スピン系 135
   6.1 マーシャル・リープ・マティスの定理 135
   6.2 1次元S=1/2反強磁性体とヨルダン・ウィグナー変換 138
   6.3 S=1/2XXZ模型 141
    6.3.1 基底状態 141
    6.3.2 励起状態 142
    6.3.3 磁化率 143
   6.4 朝永・ラッティンジャー液体 144
   6.5 ハルデイン系 145
    6.5.1 非線形シグマ模型による議論 146
    6.5.2 有限系の数値的方法による研究 147
    6.5.3 バレンスボンド固体描像 149
    6.5.4 ストリング秩序 152
    6.5.5 開放端のS=1/2スピン 154
    6.5.6 S>1の場合 155
    6.5.7 異方性の効果 156
    6.5.8 ハルデイン磁性体 158
7. ダイマー状態 162
   7.1 マジャンダー・ゴーシュ模型 162
   7.2 1次元S=1/2XY結合交替鎖 163
   7.3 1次元XXZ結合交替鎖 165
   7.4 スピン・パイエルス転移 170
   7.5 [S≧1]の場合の1次元反強磁性交替鎖 173
   7.6 直交ダイマー系 175
8. フラストレーションの強いスピン系 181
   8.1 三角格子反強磁性体 182
    8.1.1 三角格子反強磁性イジング模型 182
    8.1.2 三角格子反強磁性XY模型 183
    8.1.3 三角格子反強磁性ハイゼンベルク模型 184
    8.1.4 外部磁場の効果 185
    8.1.5 量子効果 186
    8.1.6 実験的研究 188
   8.2 ライングラフ上の反強磁性 189
    8.2.1 ライングラフ 190
    8.2.2 ライングラフ上の反強磁性ハイゼンベルク模型 191
    8.2.3 量子効果 194
   8.3 リング交換相互作用系 198
    8.3.1 4スピン交換相互作用 199
    8.3.2 bcc3He固体の磁性 200
    8.3.3 2次元[3]He固体の磁性 202
    8.3.4 三角格子上のリング交換模型 204
A. ガウス分布における平均値 210
   A.1 古典的な確率変数の場合 210
   A.2 ボース演算子の場合 211
B. 自由エネルギーの変分原理 213
C. マーシャル・リープ・マティスの定理の証明 215
D. 非線形シグマ模型 218
   D.1 スピンのコヒーレント表示 218
   D.2 経路積分 219
   D.3 非線形シグマ模型 221
E. エネルギーギャップ存在の条件 225
索引 231
   注 : [3]Heの[3]は上つき文字
   注 : [S≧1]は、現物の表記と異なります
   
7.

図書

図書
田中秀数著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2014.5  vi, 143p ; 21cm
シリーズ名: フロー式物理演習シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 単振動と楕円振動
2 : 減衰振動と強制振動
3 : 波動と波動方程式
4 : 波動の速さ
5 : 波動のエネルギー
6 : 波動の性質
7 : 音波
8 : 定常波と固有振動
1 : 単振動と楕円振動
2 : 減衰振動と強制振動
3 : 波動と波動方程式
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田中秀数著
出版情報: 東京 : 培風館, 2000.12  iv, 192p ; 21cm
シリーズ名: 基礎物理学課程入門コース
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 電荷と電界 1
   1.1 電荷 2
   1.2 クーロンの法則 3
   1.3 電界 8
   1.4 電界に関するガウスの法則 17
   1.5 電位 26
   1.6 導体と電界 38
   1.7 電気容量 46
   1.8 静電エネルギー 52
   演習問題 1 58
2 電流と磁界 64
   2.1 電流 64
   2.2 電流に作用する力と磁束密度 70
   2.3 磁気モーメント 77
   2.4 ビオ・サバールの法則 81
   2.5 磁束密度に関するガウスの法則 87
   2.6 アンペールの法則 91
   演習問題 2 99
3 変動する電磁界 105
   3.1 電磁誘導 106
   3.2 誘導電界 112
   3.3 自己誘導と相互誘導 114
   3.4 コイルの磁気エネルギー 118
   3.5 変位電流 121
   3.6 マックスウェルの方程式 124
   3.7 電磁波 127
   3.8 電磁波のエネルギー 133
   演習問題 3 135
付録 139
   ベクトルの外積 139
   極座標 141
   ガウスの定理とストークスの定理 142
問題解答 147
索引 190
1 電荷と電界 1
   1.1 電荷 2
   1.2 クーロンの法則 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼