close
1.

図書

図書
竹内正雄 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 1999.5  xi, 112p ; 21cm
シリーズ名: 地球環境サイエンスシリーズ / 多賀光彦監修 ; 13
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 益永茂樹, 松田裕之編著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.12  xv, 230p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに
第0章リスク計算をはじめる前に 1
   0-1環境リスクとは 1
   0-2暴露解析 3
   0-3用量反応関係 4
   0-4閾値なしのモデル 12
   0-5生態リスク評価 17
第1章リスク計算の助走-基準値とリスク 23
   1-1演習の課題 23
   1-2水道水質基準地と発がんリスク 24
   1-3大気中のベンゼンのリスク 26
   1-4わが町のベンゼンの濃度を知る 28
   1-5ベンゼン濃度の全国分布 33
第2章PRTRデータから大気経由の暴露とリスクを計算する 37
   2-1演習の課題 37
   2-2排出量と濃度 38
   2-3PRTR制度 39
   2-4環境濃度予測モデル 43
   2-5まとめ 54
第3章絶対に安全な水はあるか? 57
   3-1演習の課題 57
   3-2背景と基礎知識 57
   3-3感染症のリスク 61
   3-4消毒副生成物の発がんリスク 64
   3-5二つのリスクの比較 66
第4章水俣病のリスク 69
   4-1演習の課題 69
   4-2背景と基礎知識 69
   4-3日本人のリスク 72
   4-410倍の安全率の意味 80
   4-5特殊なシナリオ 81
   4-6注意点 82
第5章メチル水銀の胎児へのリスク 87
   5-1演習の課題 87
   5-2背景と基礎知識 87
   5-3米国の標準値に照らした場合の日本人のリスク 89
   5-4モンテカルロ法のよる計算 97
   5-5アマゾンの水銀汚染 99
   5-6魚は危険か? 101
第6章土壌中のダイオキシン類の解析 105
   6-1演習の課題 105
   6-2ダイオキシン類の土壌中濃度と大気からの降下量 106
   6-3ダイオキシン類の排出量 107
   6-4暴露濃度と暴露量 115
第7章ダイオキシン類の発生源探索 119
   7-1演習の課題 119
   7-2現在のダイオキシン類の発生源 119
   7-3ダイオキシン類の種類 120
   7-4生成原因とダイオキシン類組成 121
   7-5主成分分析 122
   7-6東京湾のダイオキシン汚染源を推定する 126
   7-7農薬由来のダイオキシン類 128
   7-8発生源別の寄与率を推定する 130
   7-9発生源情報と環境対策 133
   7-10汚染源解析の限界と展開 136
第8章ダムの効用を計算する 139
   8-1演習の課題 139
   8-2ダムをつくるわけ 139
   8-3河川流量データの収集 141
   8-4雨量から流量を推定する 144
   8-5水不足をなくすにはどの程度の用量のダムが必要か 146
   8-6ダムより安定して利用できる水量はどの程度増えるか 152
   8-7洪水を防ぐ 153
   8-8ダムによる洪水量の減少を推定する 154
   8-9利水と洪水量の減少を推定する 154
   8-10やってみよう 158
第9章生物の環境リスク 159
   9-1生物が絶滅するリスクを計る 159
   9-2サケ・マス類の生命表から、個体数増加率を推定する 160
   9-3確率的な変動を考慮して、個体数変動を考えてみよう 164
第10章ダムは壊すべきか 169
   10-1背景と基礎知識 169
   10-2ダムを造ることにy彫る個体数変動と絶滅リスクへの影響 171
   10-3どうしたら絶滅を避けることができるか、考えてみよう 176
   10-4淡水魚絶滅の実態 177
   10-5前項で得た絶滅リスクの回帰式から、近未来を予測してみよう 180
第11章リサイクルとLCA 185
   11-1演習の課題 185
   11-2PETボトルのリサイクル 186
   11-3評価 200
   1-4さらに勉強するための課題 203
第12章リスクを比較しよう 205
   12-1いろいろなリスク 205
   12-2死の統計から 205
   12-3化学物質によるリスクのランキング 207
   12-4その他の色々なリスク 213
   12-5医療対策と環境対策の効率比較 218
   12-5異種の生態リスクの比較 220
   12-7エネルギー消費とリスクの比較 222
   12-8算出されたリスクの値の意味と不確実さ 222
   索引 227
   コラム
   これらの蔓延は、リスク算定の間違いが原因だった 68
   科学の醍醐味、勉強のおもしろさ 83
   アマゾンの水銀汚染 103
   世界最古のダム 140
   ついばまれた果実 224
   はじめに
第0章リスク計算をはじめる前に 1
   0-1環境リスクとは 1
3.

図書

図書
Bommanna G. Loganathan, editor ... [et al.] ; sponsored by the ACS Division of Environmental Chemistry
出版情報: Washington, DC : American Chemical Society , [Oxford] : Distributed in print by Oxford University Press, c2016  x, 245 p. ; 24 cm
シリーズ名: ACS symposium series ; 1243 . Persistent organic chemicals in the environment : status and trends in the Pacific Basin countries ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Bommanna G. Loganathan, editor ... [et al.] ; sponsored by the ACS Division of Environmental Chemistry
出版情報: Washington, DC : American Chemical Society , [Oxford] : Distributed in print by Oxford University Press, c2016  x, 264 p. ; 24 cm
シリーズ名: ACS symposium series ; 1244 . Persistent organic chemicals in the environment : status and trends in the Pacific Basin countries ; 2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
益永茂樹責任編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007.9  x, 168p ; 22cm
シリーズ名: リスク学入門 / 橘木俊詔 [ほか] 編集 ; 5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
坂田昌弘編著 ; 磯部友彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2015.10  viii, 263p ; 21cm
シリーズ名: エキスパート応用化学テキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
人間活動と環境問題
環境中の物質循環
大気の化学
海洋の化学
陸水の化学
土壌の化学
化学物質と生態系
化学物質による環境汚染
環境分析・モニタリング
化学物質のリスク評価
環境の保全
人間活動と環境問題
環境中の物質循環
大気の化学
7.

図書

図書
橘木俊詔 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007  5冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
橘木俊詔 [ほか] 責任編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007.7  ix, 189p ; 22cm
シリーズ名: リスク学入門 / 橘木俊詔 [ほか] 編集 ; 1
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼