close
1.

図書

図書
さがら邦夫著
出版情報: 東京 : 藤原書店, 1997.11  286p ; 21cm
シリーズ名: Save our planet series
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
さがら邦夫著
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2002.7  198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
相良邦夫著
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2015.6  229p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 福島第一原発事故の現状と問題点 : 福島県の被災地と、東日本八県九九市町村の除染の遅れ
クリアランス制度による放射性物質の全国拡散処理化
福島第一原発事故の健康と食品への影響
第2部 チェルノブイリ原発事故と福島原発事故の比較 : ウクライナとベラルーシの人口激減と健康被害
“国際原子力ムラ複合体”「チェルノブイリ・フォーラム」はIAEAの指揮か?—統計的な確証が無いと宣言し、重要な科学研究成果を無視し続けるIAEA
福島原発のほうが格段に高い、帰還居住区域の放射線被ばく線量
第3部 “国際原子力ムラ複合体”の実体—被ばく障害を「生活習慣病」でカムフラージュ : 「生活習慣病」と「内部被ばく」問題
世界の放射線防護基準を作った国際放射線防護委員会(ICRP)に対する疑問
欧州放射線リスク委員会(ECRR)の告発と日本
第4部 福島原発事故は虚構の上に成り立つ国の犯罪 : 原子力中心に組み立てられた日本社会—原発再稼働と賠償、廃炉などの巨費は国民のツケに
新たな「国際放射線防護基準」の創設を—人類の健康と福祉を守るために、「内部被ばく」を入れた基準を
第1部 福島第一原発事故の現状と問題点 : 福島県の被災地と、東日本八県九九市町村の除染の遅れ
クリアランス制度による放射性物質の全国拡散処理化
福島第一原発事故の健康と食品への影響
概要: われわれは原子力から逃れることが出来るのか!?戦後、世界は原子力(=核)を背景に平和を享受し続けてきた。だが、今や我々をとりまく環境は、原子力に包囲し尽くされてしまった。本書は、国連諸機関並びに原子力推進諸団体及び国家などが、原子力を管理・ 主導する構造(国際原子力ムラ複合体)を、現在入手しうる限りの資料を駆使して解明する告発の書である。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼