close
1.

図書

図書
David E.Johnson, John L.Hilburn著 ; 館暲,谷江和雄共訳
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1978  265p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
舘暲, 廣瀬通孝監修著
出版情報: 東京 : 工業調査会, 1992.6  310p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Susumu Tachi
出版情報: Singapore : World Scientific, c2015  xv, 277 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
About the Author
Preface
Virtual Reality and Telexistence / 1:
What is Telexistence and What is Virtual Reality / 1.1:
Telexistence in the Real World and in Virtual Worlds / 1.2:
Telexistence in the Real World / 1.2.1:
Telexistence in Virtual Worlds / 1.2.2:
Applications of Telexistence / 1.2.3:
Organization of Telexistence and/or Virtual Reality Systems / 1.3:
Virtual Reality as a Human Tool for 3Cs and 3Es / 1.4:
Control / 1.4.1:
Communication / 1.4.2:
Creation / 1.4.3:
Experience/Education / 1.4.4:
Elucidation / 1.4.5:
Entertainment / 1.4.6:
Virtual Reality Convergence / 1.5:
Generations and Design Philosophies of Robots / 2:
Generations of Robots / 2.1:
Design Philosophies in Robotics / 2.2:
Human Augmentation / 2.3:
Sensory Augmentation / 2.3.1:
Intellectual Augmentation / 2.3.2:
Motion Augmentation / 2.3.3:
Space/Time Augmentation / 2.3.4:
Telexistence / 3:
Short History of Telexistence / 3.1:
Augmented Telexistence / 3.2:
R-Cubed / 3.3:
Humanoid Robotics Project: HRP / 3.4:
Mutual Telexistence Communication System: TELESAR II & IV / 3.5:
Telexistence Avatar Robot System: TELESAR V / 3.6:
Fundamental Technologies for Telexistence / 4:
Telexistence Visual Display / 4.1:
Design Concept of Telexistence Visual Display / 4.1.1:
Design Method and Procedures of Telexistence Visual Display / 4.1.2:
Visual Display Prototypes / 4.1.3:
Visual Display Unit / 4.1.3.1:
Experimental Visual Display System / 4.1.3.2:
Evaluation of the Visual Display / 4.1.4:
Horopters and Their Expression / 4.1.4.1:
Experiment / 4.1.4.2:
Summary / 4.1.5:
Mobile Telexistence System / 4.2:
System Configuration / 4.2.1:
Experiments / 4.2.2:
Design and Quantitative Evaluation of Telexistence Manipulation System / 4.2.3:
Telexistence Manipulation System / 4.3.1:
Manipulation Experiments / 4.3.2:
Construction of Virtual Haptic Space / 4.3.3:
Construction Method for Encounter-Type Virtual Haptic Space / 4.4.1:
Active Environment Display / 4.4.1.1:
Shape Approximation Device / 4.4.1.2:
Test Hardware / 4.4.2:
Electrocutaneous Communication / 4.4.3:
Perceived Magnitude Sensation / 4.5.1:
Channel Capacity / 4.5.2:
Phantom Sensation / 4.5.3:
Retroreflective Projection Technology (RPT) / 5:
Principle of Retroreflective Projection Technology / 5.1:
RPT-Based Head Mounted Projector / 5.2:
RPT Applications / 5.3:
Mutual Telexistence Using RPT / 6:
Mutual Telexistence / 6.1:
Experimental Hardware System / 6.2:
Preliminary Mutual Telexistence Hardware System / 6.2.1:
Mutual Telexistence Master-Slave System, for Communication / 6.2.2:
Telexistence Surrogate Anthropomorphic Robot II / 6.3.1:
Slave Robot Arm / 6.3.1.1:
Slave Robot Hand / 6.3.1.2:
Telexistence Cockpit / 6.3.2:
Master Arm / 6.3.2.1:
Master Hand / 6.3.2.2:
3D Display System / 6.3.2.3:
RPT Viewer System / 6.3.3:
Feasibility Experiments / 6.3.4:
Telexistence Communication Using TWISTER: Telexistence Wide-angle Immersive STEReoscope / 6.3.5:
Face-to-Face Communication / 7.1:
Concept of Mutual Telexistence Using TWISTER / 7.2:
Development of TWISTER / 7.3:
Principles of TWISTER / 7.4:
Movable Parallax Barrier / 7.4.1:
Rendering / 7.4.2:
Image Capture / 7.4.3:
Capture and Display / 7.4.4:
Robotic Mutual Telexistence Using TWISTER / 7.4.5:
Omnistereo Camera System for TWISTER / 7.4.6:
Face-to-Face Telexistence Communication using TWISTER Booths / 7.5:
Omnidirectional-3D Audiovisual Presentation System / 7.5.1:
Virtual Environment and Avatars with Physicality / 7.5.2:
Three-Dimensional Facial Capture System / 7.5.3:
Motion Capture System / 7.5.4:
Integrated System / 7.5.5:
Verification of the Telecommunication System / 7.5.6:
Mutual Telexistence Surrogate Robot System: TELESAR IV / 7.6:
General Design of TELESAR IV System / 7.6.1:
TELESAR IV System Configuration / 7.6.2:
Functional Experiments on TELEXSAR IV / 7.6.3:
Total Demonstration and Summary on TELESAR IV / 7.6.4:
Haptic VR and Haptic Telexistence / 7.7:
Haptic Media / 8.1:
Haptic Primary Color Model / 8.2:
Haptic Information Display / 8.3:
Normal/Tangential Force Display: Gravity Grabber / 8.3.1:
Vibration Sensor and Display: TECHTILE Toolkit / 8.3.2:
Thermal Sensor and Display / 8.3.3:
Development of 53-DOF Human-Size Anthropomorphic Robot / 8.4:
Development of Wide-Angle HD Stereovision System / 8.4.2:
Development of Thermal and Haptic Transfer System / 8.4.3:
Editing and Creation of Haptic Information / 8.5:
Haptic Editor / 8.5.1:
Tangible Visuo-Haptic 3D Display / 8.5.2:
RePro3D: RPT-Based Full-Parallax Auto stereoscopic 3D / 8.6:
Future Perspective / 9:
Out-of-the-Body Experience / 9.1:
Impact of Telexistence on Daily Life / 9.2:
Open Problems of Telexistence / 9.3:
Telexistence in the Future / 9.4:
Telexistence and Society / 9.5:
Figures in Color / Appendix A:
Bibliography
Index
About the Author
Preface
Virtual Reality and Telexistence / 1:
4.

図書

図書
高橋清 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1991.5  xxvi, 642p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
舘暲著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1992.9  x, 186, 19p, 図版1枚 ; 20cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
有馬朗人監修
出版情報: 東京 : 東京図書, 2000.9  286p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
成功するための"研究力"と"独創力"を身につける方法 / 有馬朗人 [述]
良いテーマと良い装置の開発で人のやらないことをやれ! / 戸塚洋二 [述]
大型プロジェクトを生み出す原動力は何か? / 舘暲 [述]
ゲノム研究はあたらしいスタイルの研究者を求めている / 榊佳之 [述]
事実の発見より価値の発見こそが重要だ! / 野依良治 [述]
独自の研究を継続して"オンリーワン"をめざせ! / 本庶佑 [述]
研究対象に愛情をもてば、新しい局面がどんどん開ける! / 松本元 [述]
世界を相手に勝負するテーマと"武器"を持っているか / 外村彰 [述]
ブレークスルーを産み出すカギはどこにあるか? / 小林誠 [述]
君は、マスター二年までに"相転移"を起しているか? / 北澤宏一 [述]
成功に導く研究は、間違えてこそ進展する / 森重文 [述]
君は夢を語れるか?夢を実現する基礎体力があるか? / 土肥義治 [述]
幅広い教養・知識を積み、"問題発見型"の知性を磨け! / 小平桂一 [述]
成功するための"研究力"と"独創力"を身につける方法 / 有馬朗人 [述]
良いテーマと良い装置の開発で人のやらないことをやれ! / 戸塚洋二 [述]
大型プロジェクトを生み出す原動力は何か? / 舘暲 [述]
7.

図書

図書
館暲著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1984.11  ii, 182p ; 19cm
シリーズ名: Science and technology
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本バーチャルリアリティ学会編
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2010.1  xiv, 384p, 図版 [7] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
第1章 バーチャルリアリティとは
   1.1 バーチャルリアリティとは何か 5
    1.1.1 バーチャルの意味 2
    1.1.2 バーチャルリアリティとその三要素 5
    1.1.3 バーチャルリアリティと人間の認知機構 7
    1.1.4 バーチャルリアリティの概念と日本語訳 8
    1.1.5 道具としてのバーチャルリアリティ 10
   1.2 VRの要素と構成 10
    1.2.1 VRの基本構成要素 11
    1.2.1 VR世界のいろいろ 12
    1.2.3 VRをどうとらえるか 14
   1.3 VRの歴史 16
第2章 ヒトと感覚
   2.1 脳神経系と感覚・運動 24
    2.1.1 脳神経系の解剖的構造と神経生理学の基礎 24
    2.1.2 知覚・認知心理学の基礎 25
    2.1.3 感覚と運動 26
   2.2 視覚 27
    2.2.1 視覚の受容器と神経系 27
    2.2.2 視覚の基本特性 28
    2.2.3 空間の知覚 30
    2.2.4 自己運動の知覚 31
    2.2.5 高次視覚 32
   2.3 聴覚 33
    2.3.1 聴覚系の構造 33
    2.3.2 聴覚の問題と音脈分離(音源分離) 35
    2.3.3 聴覚による高さ,大きさ,音色,時間の知覚 36
    2.3.4 聴覚による空間知覚 38
   2.4 体性感覚・内臓感覚 40
    2.4.1 体性感覚・内臓感覚の分類と神経機構 40
    2.4.2 皮膚感覚 40
    2.4.3 深部感覚 44
    2.4.4 内臓感覚 45
   2.5 前庭感覚 46
    2.5.1 前庭感覚の受容器と神経系 46
    2.5.2 平衡機能の基本特性 47
    2.5.3 身体運動と傾斜の知覚特性 48
    2.5.4 動揺病 49
    2.5.5 前庭感覚と視覚の相互作用 51
   2.6 味覚・嗅覚 52
    2.6.1 味覚の受容器と神経系 52
    2.6.2 味覚の特性 54
    2.6.3 嗅覚の受容器と神経系 56
    2.6.4 嗅覚の特性 58
   2.7 モダリティ間相互作用と認知特性 59
    2.7.1 視覚と聴覚の相互作用 59
    2.7.2 体性感覚とその他のモダリティの相互作用 60
    2.7.3 思考、記憶と学習 61
    2.7.4 アフォーダンス 64
第3章 バーチャルリアリティ・インタフェース
   3.1 バーチャルリアリティ・インタフェースの体系 66
   3.2 入力インタフェース 69
    3.2.1 物理的特性の計測 69
    3.2.2 生理的特性の計測 75
    3.2.3 心理的特性の計測 78
   3.3 出力インタフェース 80
    3.3.1 視覚ディスプレイ 81
    3.3.2 聴覚ディスプレイ 86
    3.3.3 前庭感覚ディスプレイ 88
    3.3.4 味覚ディスプレイ 89
    3.3.5 嗅覚ディスプレイ 90
    3.3.6 体性感覚ディスプレイ 90
    3.3.7 他の感覚との複合 94
    3.3.8 神経系への直接刺激 95
   3.4 入力と出力のループ 96
第4章 バーチャル世界の構成手法
   4.1 総論 100
    4.1.1 バーチャルリアリティのためのモデリング 100
    4.1.2 レンダリング,シミュレーションとモデル 102
    4.2.3 処理量とデータ量のトレードオフ 103
   4.2 レンダリング 106
    4.2.1 レンダリングのためのモデル 106
    4.2.2 視覚レンダリングとモデル 107
    4.2.3 聴覚レンダリングとモデル 110
    4.2.4 力触覚レンダリングとモデル 114
   4.3 シミュレーション 118
    4.3.1 シミュレーションのためのモデル 118
    4.3.2 空間のシミュレーション 119
    4.3.3 物体のシミュレーション 124
     剛体のシミュレーション 124
     変形のシミュレーション 128
     流体のシミュレーション 129
    4.3.4 人物のシミュレーション 131
第5章 リアルとバーチャルの融合-複合現実感-
   5.1 複合現実感 138
    5.1.1 概念 138
    5.1.2 レジストレーション技術 139
    5.1.3 実世界情報提示技術 145
    5.1.4 実世界モデリング技術 152
   5.2 ウェアラブルコンピュータ 156
    5.2.1 概念 156
    5.2.2 情報提示技術 157
    5.2.3 入力インターフェース技術 161
    5.2.4 コンテキスト認識技術 166
   5.3 ユビキタスコンピューティング 171
    5.3.1 概念 171
    5.3.2 ユビキタス環境構築技術 172
第6章 テレイグジスタンスと臨場感コミュニケーション 178
   6.1 テレイグジスタンス 178
    6.1.1 テレイグジスタンスとは 178
    6.1.2 標準型テレイグジスタンス 188
    6.1.3 拡張型テレイグジスタンス 190
    6.1.4 相互テレイグジスタンス 196
    6.1.5 テレイグジスタンスシステムの構成 201
   6.2 臨場感コミュニケーション 215
    6.2.1 臨場感コミュニケーションと超臨場感コミュニケーション 215
    6.2.2 臨場感の構成要素 221
    6.2.3 臨場感コミュニケーションのインタフェース 226
    6.2.4 臨場感コミュニケーションシステムの実際 232
    6.2.5 時間を越えるコミュニケーション 238
第7章 VRコンテンツ
   7.1 VRコンテンツの要素 246
    7.1.1 VRコンテンツを構成する要素 246
    7.1.2 VRコンテンツの応用分野 249
    7.1.3 VRコンテンツの日常生活 249
   7.2 VRのアプリケーション 250
    7.2.1 サイバースペースとコミュニケーション 250
    7.2.2 医療 257
    7.2.3 教育・訓練(シミュレータとその要素技術) 264
    7.2.4 エンタテイメント 269
    7.2.5 製造業 274
    7.2.6 ロボティクス 278
    7.2.7 可視化 286
    7.2.8 デジタルアーカイブ,ミュージアム 292
    7.2.9 地理情報システム 297
第8章 VRと社会
   8.1 ヒト・社会の測定と評価 314
    8.1.1 実験の計画 314
    8.1.2 心理物理学的測定 315
    8.1.3 統計的検定 318
    8.1.4 調査的方法とその分析 319
    8.1.5 VR心理学 321
   8.2 システムの評価と設計 323
    8.2.1 VRの人体への影響 323
    8.2.2 福祉のためのVR 327
    8.2.3 感覚の補綴と拡張 330
    8.2.4 運動の補綴と拡張 332
   8.3 文化と芸術を生み出すVR 337
    8.3.1 メディアの進化 337
    8.3.2 高臨場感メディアと超臨場感メディア 338
    8.3.3 体感メディアと心感メディア 339
    8.3.4 かけがえのあるメディアと、ないメディア 340
   8.4 VR社会論 342
    8.4.1 VRの社会的受容 342
    8.4.2 VRの社会化 344
    8.4.3 VRの乱用,悪用 346
    8.4.4 VRにかかわる知的財産権 346
   8.5 VR産業論 348
    8.5.1 ゲームとVR 348
    8.5.2 アートへの展開 350
    8.5.3 省資源・省エネルギー・安心安全に貢献するVR 353
    8.5.4 「いきがい」を生み出す産業むむけて 358
索引 363
日本バーチャルリアリティ学会とは 384
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
舘, 暲(1946-)
出版情報: 東京 : 培風館, 2000.2  xiv, 221p, 図版4p ; 22cm
シリーズ名: バーチャルリアリティの基礎 / 舘暲監修・編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 人工現実感解明のパラダイム 1
1・1 臨場感・現実感・存在感の解明 1
1・2 VRを用いた人間の認知制御機能の解明 3
参考文献 4
2章 解明のための臨場感環境構成装置 5
2・1 クリスタルビジョンによる臨場視空間の構成 9
2・2 バーチャルハプティクスペースの構成 15
   2・2・1 システム構成 16
   2・2・2 能動型環境ディスプレイ 18
   2・2・3 形状表現デバイス 20
2・3 バーチャルハプティクスペース 22
   2・3・1 人工現実物体の特性 22
   2・3・2 机上面に存在する人工現実物体の運動 24
   2・3・3 その他の人工現実物体の運動 25
参考文献 27
3章 人間の臨場感の解明(工学・心理学的アプローチ) 29
3・1 視覚における臨場感 29
   3・1・1 臨場感と視覚の心理学 29
   3・1・2 視覚系と入力の処理メカニズム 30
   3・1・3 両眼立体視における過渡系と定常系の役割 36
   3・1・4 視差逆転させた人間の顔のステレオ写真からの立体視 45
3・2 視触覚融合と臨場感 54
   3・2・1 視触覚融合の弁別閾 54
   3・2・2 実験 56
   3・2・3 結果と考察 57
3・3 立体知覚と視聴覚情報統合の脳内過程 59
   3・3・1 人工現実感の基礎となる脳内過程とその計測手法 59
   3・3・2 仮視運動知覚 61
   3・3・3 知覚弁別作業と注意 65
   3・3・4 視覚イメージの内的操作 67
   3・3・5 視聴覚情報の統合 69
3・4 自己運動知覚 73
   3・4・1 人工現実感システムと自己運動感覚 73
   3・4・2 自己運動感覚のメカニズム 75
   3・4・3 視覚誘導自己運動感覚 76
3・5 作業における間隔・運動協応 87
   3・5・1 はじめに 87
   3・5・2 空間認識における視覚・運動協応に関する研究史 88
   3・5・3 運動視差による3次元構造の復元 88
   3・5・4 身体と視点の同調運動と作業効率の関係 90
   3・5・5 操作者の身体運動と映像物体の大きさの変化と作業効率の関係 92
   3・5・6 遠隔操縦のための映像装置に望まれる特性 95
参考文献 98
4章 人間の認知制御機能の解明(生理学的アプローチ) 107
4・1 視覚と「現実感」 107
   4・1・1 視覚の意義 107
   4・1・2 網膜から大脳皮質へ 108
   4・1・3 大脳皮質における視覚情報処理の脳地図 110
   4・1・4 結論 116
4・2 空間知覚と現実感 117
   4・2・1 はじめに 117
   4・2・2 動物と立体視 118
   4・2・3 どのように研究するか 120
   4・2・4 空間知覚の脳内メカニズム 123
   4・2・5 空間知覚と運動 139
   4・2・6 まとめ 143
4・3 形態視覚と「現実感」 144
   4・3・1 形態視覚の意義 144
   4・3・2 後頭葉における形態情報処理 144
   4・3・3 側頭葉における形態情報処理 151
   4・3・4 結論 159
4・4 空間情報と形態情報の統合 160
   4・4・1 情報統合の意義 160
   4・4・2 運動情報と形態情報の統合 161
4・5 触覚と現実感 165
   4・5・1 はじめに 165
   4・5・2 体性感覚中枢における体部位再現 166
   4・5・3 手指の使用と体部位再現地図の変化 167
   4・5・4 四肢切断後の体部位再現地図の変化と幻肢 167
   4・5・5 痛覚の中枢,かゆみの中枢 167
   4・5・6 体性感覚野における情報統合 168
   4・5・7 体性感覚野の損傷による手指の熟練運動の障害 170
   4・5・8 触覚認識と体性感覚野ニューロン 170
   4・5・9 中心後回における視覚と体性感覚の統合 171
   4・5・10 道具使用時の身体図式の変容に対応するニューロン活動の変化 171
   4・5・11 おわりに 173
4・6 自己定位と現実感 174
   4・6・1 自己定位と認知地図 174
   4・6・2 空間移動におけるヒト海馬体系の役割 177
   4・6・3 空間移動における海馬体の神経機構 180
   4・6・4 認知地図は存在するか 184
4・7 脳の中の「現実感」 188
   4・7・1 脳は外の世界を正確にとらえることができるか? 188
   4・7・2 能はその発達期に外界からの情報によって作られる 190
   4・7・3 脳は成人になってからも外界からの情報によって変わる 192
   4・7・4 システムができあがれば,外からの情報はなくてもよい 194
   4・7・5 不完全な情報で引き起こされる脳内の視覚イメージ 195
   4・7・6 結論 199
参考文献 200
あとがき 211
索引 215
1章 人工現実感解明のパラダイム 1
1・1 臨場感・現実感・存在感の解明 1
1・2 VRを用いた人間の認知制御機能の解明 3
10.

図書

図書
日本バーチャルリアリティ学会編
出版情報: 東京 : 日本バーチャルリアリティ学会, 2011.1  xiv, 384p, 図版 [7] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼