close
1.

図書

図書
荻野俊郎著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2015.10  vii, 197p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
原子を結び付ける力
固体の原子構造
格子振動と格子比熱
金属の伝導現象
固体のエネルギーバンド理論
半導体の導電現象
半導体の接合論
半導体デバイス
物質の誘電的性質と絶縁体の導電現象
物質の光学的性質
磁気物性と超伝導
ナノテクノロジー
原子を結び付ける力
固体の原子構造
格子振動と格子比熱
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本表面科学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2007.1  x, 206p, 図版[4]p ; 21cm
シリーズ名: ナノテクノロジー入門シリーズ ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
オーバービュー 1
■ 細 胞
Chapter 1 細胞の構造と機能:細胞内 7
   Ⅰ. 細胞について 8
   Ⅱ. 細胞を構成する分子 9
   Ⅲ. 原核細胞 16
   Ⅳ. 真核細胞と細胞内オルガネラ 18
   Ⅴ. 細胞内シグナル伝達 20
   Ⅵ. ナノテクノロジーと生体分子イメージング 21
Chapter 2 細胞の構造と機能:細胞外 25
   Ⅰ. からだの組成・大きさ・速さ 25
   Ⅱ. 細胞の取り扱い 28
   Ⅲ. 細胞膜の構造 33
   Ⅳ. 膜タンパク質の機能 36
   Ⅴ. ナノテクノロジーと細胞 40
■ 生体材料Ⅰ
Chapter 3 タンパク質とバイオチップ 43
   Ⅰ. タンパク質の構造と分子認識機能 44
   Ⅱ. センサーとしてのタンパク質 48
   Ⅲ. タンパク質チップ,バイオセンサー 57
Chapter 4 タンパク質超分子を用いたナノ構造作製 61
   Ⅰ. バイオナノテクノロジー 61
   Ⅱ. 高度な対称性をもつ天然タンパク質, ナノ構造体とナノバイオプロセスへの応用 63
   Ⅲ. 対称性を利用した人工タンパク質, ナノブロックの構築 71
   Ⅳ. バイオナノテクノロジーの未来 78
Chapter 5 モータータンパク質とその利用 80
   Ⅰ. モータータンパク質とは 80
   Ⅱ. 運動の形態によるモータータンパク質の分類 81
   Ⅲ. エネルギー源によるモータータンパク質の分類 84
   Ⅳ. モータータンパク質の1分子可視化技術 86
   Ⅴ. モータータンパク質の1分子操作 88
   Ⅵ. 1 分子ナノバイオ研究のためのマイクロマシンニング技術の利用 90
   Ⅶ. マイクロデバイス開発のためのモータータンパク質の利用 92
■ 生体材料Ⅱ
Chapter 6 DNA の構造と機能 95
   Ⅰ. DNA の基本構造 95
   Ⅱ. DNA の増幅法 97
   Ⅲ. DNA の分析法 99
   Ⅳ. DNA のハンドリング 101
   Ⅴ. 1 分子反応の観察 106
   Ⅵ. DNA の分子加工 110
Chapter 7 DNA チップ,遺伝子診断技術 114
   Ⅰ. DNA チップ:DNA の基板への固定化法 115
   Ⅱ. DNA チップ:高感度化のための固-液界面の設計 118
   Ⅲ. 1 塩基多型検出技術 125
Chapter 8 人工生体膜 130
   Ⅰ. 生体膜の構造と特性 130
   Ⅱ. 脂質の構造 131
   Ⅲ. 脂質膜やベシクルの構造と形成機構 133
   Ⅳ. 液晶相とゲル相の構造と物性 134
   Ⅴ. 種々のベシクルの作製法とその特性解析 136
   Ⅵ. 人工生体膜:黒膜から基板支持脂質二重層へ 138
   Ⅶ. 脂質二重層の基板表面への支持法 138
   Ⅷ. 基板支持脂質二重層の観察手法と基礎物性 142
   Ⅸ. 基板支持脂質二重層の微細パターン化 144
   Ⅹ. 基板支持脂質二重層中での分子輸送 146
   ⅩⅠ. 基板支持脂質二重層への膜タンパク質・ペプチドの組込み 147
   ⅩⅡ. 基板支持脂質二重層のセンサー・スクリーニング応用 149
■ 計測・解析技術
Chapter 9 神経細胞ネットワーク 152
   Ⅰ. 神経細胞の構造と機能 153
   Ⅱ. 神経細胞における信号伝達 156
   Ⅲ. 受容体の構造と機能 158
   Ⅳ. AFMによる受容体の構造計測 160
   Ⅴ. 受容体タンパク質の動的観察 164
   Ⅵ. 神経ネットワークの機能計測 166
Chapter 10 原子間力顕微鏡による生体材料計測 171
   Ⅰ. 原子間力顕微鏡について 171
   Ⅱ. どのような測定が必要か 178
   Ⅲ. どのような測定ができるか 180
   Ⅳ. タンパク質の硬さ,柔らかさ 182
   Ⅴ. DNA の弾性 183
   Ⅵ. 細胞の硬さと柔らかさ 184
   Ⅶ. 細胞膜の力学的性質 185
Chapter 11 タンパク質分子の力学特性:計算機シミュレーションによる理解 190
   Ⅰ. 蛋白質のイメージシミュレーション 190
   Ⅱ. 力曲線における溶媒効果・ 193
   Ⅲ. 蛋白質の力学実験シミュレーション 194
   Ⅳ. 探針を用いた GFP の圧縮と蛍光の消失 197
索 引 201
オーバービュー 1
■ 細 胞
Chapter 1 細胞の構造と機能:細胞内 7
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼