close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
菅原潔, 副島正美著
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1990.9  xiii, 222p ; 21cm
シリーズ名: 生物化学実験法 / 瓜谷郁三 [ほか] 編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「生物化学実験法」編集の趣旨
第3版へのまえがき
第2版へのまえがき
はじめに
I. 序説 1
II. 蛋白質の定量法の分類と方法の選択 9
   II-1 Kjeldahl法 10
   II-2 フェノール試薬法(Lowryらによる改良法) 11
   II-3 ビウレット法 12
   II-4 紫外線吸収スペクトル法 13
    (i) 280nmで測定する方法 13
    (ii) 215-225nmで測定する方法 13
   II-5 色素結合法 14
    (i) Amido Black 10B 14
    (ii) Coomassie Brilliant Blue G-250 15
   II-6 各定量法の比較 15
   II-7 各種微量定量法の特徴と方法の選択 19
   II-8 蛋白質微量定量法の問題点 26
    (i) 標準蛋白質 26
    (ii) 水分含量 26
    (iii) 精製酵素など貴重な試料の場合 26
    (iv) 共存物質の影響 27
    (v) 各定量法の総合的比較 28
III. Kjeldahl法 29
   III-1 Kjeldahl分解 29
    (i) 方法の原理 29
    (ii) 蛋白質成分の分離 30
    (iii) 試料の分解条件 31
    (iv) 分解時間 35
    (v) 分解フラスコ,その他 35
   III-2 アンモニアの定量法 37
    (i) 蒸留滴定法 38
    (ii) Conwayの微量拡散分析法 41
    (iii) Nessler法 48
    (iv) インドフェノール法 50
    (v) サリチル酸を用いるインドフェノール法の応用 54
   III-3 直接比色定量する方法 55
    (i) ヨードメトリーを応用する方法 58
    (ii) Nessler法の応用 59
   III-4 蛋白質量の算出 61
   III-5 自動分析装置 62
   III-6 共存する硝酸塩のアンモニウム化 65
IV. ビウレット法 69
   IV-1 可視領域で測定するビウレット法 73
    (i) Gornallらの方法 74
    (ii) 食品その他,固体試料に使用できる方法 76
   IV-2 紫外領域で測定するミクロビウレット法 80
   IV-3 金属イオン関与の定量法 85
    (i) Ag⁺イオンとジチゾンを用いる微量定量法 85
    (ii) ビシコニン酸法 87
V. フェノール試薬法 93
   V-1 原理 93
   V-2 Lowryらの方法 96
   V-3 Lowry法の妨害物質 99
   V-4 妨害物質存在下でのLowry法 105
    (i) トリクロロ酢酸沈澱法 113
    (ii) 濾紙を用いたトリクロロ酢酸沈澱法 115
    (iii) SH化合物存在下でのLowry法 116
    (iv) Triton X-100存在下でのLowry法 117
   V-5 その他の改良法 123
    (i) 直線性の検量線を描く改良法 123
    (ii) 多数の試料の測定の迅速化のための改良法 123
    (iii) プロテアーゼ活性測定への応用 125
    (iv) リン酸濃度の高い試料のための改良法 126
    (v) 迅速化と感度上昇のための改良法 126
    (vi) マラカイトグリーンにより感度を50倍増幅する方法 127
VI. 紫外線吸収スペクトル法 131
   VI-1 280nmで測定する方法 131
   VI-2 215-225nmで測定する方法 135
   VI-3 191~194nmで測定する方法 137
   VI-4 224-233.3nmで測定する方法 141
   VI-5 235-280nmで測定する方法 143
   VI-6 各種蛋白質のεMおよびE1cm^1% 144
VII. 色素結合法 145
   VII-1 Amido Black 10B法 150
    (i) 色素-蛋白質の沈殿の上澄み色素濃度を測定する方法 150
    (ii) メンブランフィルターと色素を用いる微量定量法 150
    (iii) 中尾らの方法 154
   VII-2 Coomassie Brilliant Blue 155
    (i) Bradford法 158
    (ii) ReadとNorthcoteの改良法 160
   VII-3 濾紙に蛋白質を固定後色素を用いる微量定量法 162
   VII-4 Eosin Y法 164
   VII-5 トリニトロベンゼンスルホン酸塩法 165
   VII-6 Erythrosin B法 165
VIII. 物理的方法,その他 167
   VIII-1 屈折率法 167
   VIII-2 ラジオアイソトープ法 169
   VIII-3 比濁法 171
   VIII-4 ニトロ化による簡便法 175
IX. 加水分解法 177
   IX-1 ニンヒドリン法 177
   IX-2 トリニトロベンゼンスルホン酸法 182
X. 螢光法 185
   X-1 フルオレサミン法 187
    (i) Böhlen らのフルオレサミン法 188
    (ii) メンブランフィルターを用いるフルオレサミン法 191
   X-2 OPA法 192
   X-3 チアミンによる微量定量法 197
    (i) 薄層を使用する方法 198
    (ii) 水溶液中での定量法 200
   X-4 DNS法 201
   X-5 FITC法 201
XI. 結び 203
文献 207
索引 217
「生物化学実験法」編集の趣旨
第3版へのまえがき
第2版へのまえがき
2.

図書

図書
菅原潔, 副島正美著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1977.7  xi, 203p ; 21cm
シリーズ名: 生物化学実験法 / 瓜谷郁三 [ほか] 編 ; 7
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼