close
1.

図書

図書
Carol M.Lalli, Timothy R.Parsons [著] ; 關文威監訳 ; 長沼毅訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1996.11  x, 220p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 東京 : ウェッジ, 2014.1  197p ; 19cm
シリーズ名: ウェッジ選書 ; 50
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 生命と鉄
第2章 : アナザーワールドの辺境生物
第3章 : 生命を育てる舞台の条件
第4章 : 鉄は生命のサプリ
第5章 : 「風土サイエンス」で地球を見る
終章 : 連鎖する生命
第1章 : 生命と鉄
第2章 : アナザーワールドの辺境生物
第3章 : 生命を育てる舞台の条件
3.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2010.11  232p ; 19cm
シリーズ名: DOJIN選書 ; 36
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2009.7  191p ; 18cm
シリーズ名: ちくまプリマー新書 ; 112
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
デヴィッド・クリスチャン, シンシア・ストークス・ブラウン, クレイグ・ベンジャミン著 ; 石井克弥, 竹田純子, 中川泉訳
出版情報: 東京 : 明石書店, 2016.11  xix, 400p ; 28cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ビッグヒストリーの概要と学び方
第1スレッショルド : 宇宙
第2スレッショルド : 恒星
第3スレッショルド : 新たな化学元素
第4スレッショルド : 太陽、太陽系、地球の誕生
第5スレッショルド : 生命の誕生
第6スレッショルド : ホミニン、人間、旧石器時代
第7スレッショルド : 農業の起源と初期農耕時代
小スレッショルドを経て : 都市、国家、農耕文明の出現
パート1 : 農耕文明時代のアフロユーラシア〔ほか〕
ビッグヒストリーの概要と学び方
第1スレッショルド : 宇宙
第2スレッショルド : 恒星
概要: 138億年前のビッグバンから未来にわたる長大な時間の中に「人間」の歴史を位置づける。その視点として、複雑さが増大する「8つのスレッショルド(大跳躍)」を軸に読み解いていく。単に歴史的事実を羅列・紹介するのではなく、138億年の時間軸に従って 人間の歴史を鳥瞰することで、従来型の歴史の思考と一線を画す。最新の科学の成果を反映しつつ、自然科学以外の歴史学、地理学、社会学、政治学、経済学、哲学、宗教、未来学などが一体となった文理融合の新しい学問的視点から記述。「歴史を学ぶ」ことにとどまらず、「歴史から学び、未来を考える」ための道筋を提示。日本語版監修・長沼毅氏による本書のための書き下ろし「ビッグヒストリーを味わい尽くす」を収録! 続きを見る
6.

図書

図書
長沼毅, 藤崎慎吾著
出版情報: 東京 : 光文社, 2010.7  406p ; 18cm
シリーズ名: 光文社新書 ; 472
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
長沼毅ほか著
出版情報: 東京 : NTT出版, 2009.7  236p ; 19cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 東京 : 朝日出版社, 2011.7  298p ; 19cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 東京 : 青土社, 2017.6  225p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 生物圏からメタ生物圏へ
第2章 : 「生命とは何か?」を宇宙に問う
第3章 : 火星に生きものはいるか?
第4章 : 水の世紀の“戦争と平和”
第5章 : 世界をやりなおしても「考えるヒト」は生まれるか?
第6章 : プレ・ヒューマンの形而上学
第7章 : 南極の微生物—モノ湖とエウロパをつなぐ旅
第8章 : 富士山—コスモポリタンの漂泊地
第9章 : 微生物はなぜ小さいのか?
第10章 : どんなものでも、どこにでも
第1章 : 生物圏からメタ生物圏へ
第2章 : 「生命とは何か?」を宇宙に問う
第3章 : 火星に生きものはいるか?
概要: 宇宙はなぜ“果てない”のか、ヒトはなぜ“考える”のか、微生物はなぜ“小さい”のか—分野を横断し、時制を越境して、生きものの可能性をラディカルに照らす、生物学界の「風雲児」長沼毅の集大成。
10.

図書

図書
長沼毅著
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.12  237p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1844
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 「生命とは何か」とは何か : 辞書ではわからない「生命とは何か」
「Why?」を問うメタバイオロジー ほか
第2章 極限生物からみた生命 : 物理学者と生物学者の違い
「極限生物」にみる地球生命の「エッジ」 ほか
第3章 進化とは何か : 「わけがわからない」極限生物の進化
「進化」は生命であることの条件 ほか
第4章 遺伝子からみた生命 : ドーキンスにまつわる誤解
遺伝子が知っている「情けは人のためならず」 ほか
第5章 宇宙にとって生命とは何か : 「物質としての生命」の謎
10年前の借金を返す義務はあるか? ほか
第1章 「生命とは何か」とは何か : 辞書ではわからない「生命とは何か」
「Why?」を問うメタバイオロジー ほか
第2章 極限生物からみた生命 : 物理学者と生物学者の違い
概要: 超高温、超高圧、高塩分、強放射線、強重力...過酷な環境をものともしない極限生物たちの驚異の能力と、不可解きわまる進化。シュレーディンガーの生命観、エントロピー増大の原理を超えて40億年も地球にはびこる「不安定な炭素化合物」の本質に迫る。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼