close
1.

図書

図書
Dan Sanderson著 ; 玉川竜司訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2011.1  xix, 370p ; 24cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Kyle Loudon著 ; 木下哲也訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2011.3  xix, 297p ; 24cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Jenifer Tidwell著 ; 浅野紀予訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2011.12  xxviii, 560p ; 24cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Jon Reid著 ; 牧野聡訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2011.12  xvi, 174p ; 24cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
宮本信二著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2010.9  xviii, 485p ; 24cm
シリーズ名: プログラマの種シリーズ : SE必修!
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Steven Douglas Olson著 ; 安藤慶一訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2007.8  xvi, 221p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
訳者まえがき v
はじめに vii
1章 セットアップ 1
   1.1 必要なもの 1
   1.2 Tomcatのインストール 2
    1.2.1 Tomcatの簡単セットアップ 2
    1.2.2 TOMCAT_HOMEを設定する 2
   1.3 Antのインストール 3
2章 AjaxとJavaScript 5
   2.1 はじめてのAjaxアプリケーション 5
    2.1.1 JavaScript関数が呼び出される仕組み 10
    2.1.2 押されたキーの値を取得するには 11
    2.1.3 ページの整形 11
   2.2 試してみよう 12
3章 はじめてのAjaxサーブレット 15
   3.1 アプリケーションのビルドとデプロイ 18
    3.1.1 ディレクトリ構造 19
   3.2 サンプルアプリケーションの実行 19
    3.2.1 XMLはどこへ? 20
4章 AjaxにおけるXMLとJSON 23
   4.1 XMLバージョンのキー変換アプリケーション 23
   4.2 XMLデータのセットアップ 24
    4.2.1 XMLデータをサーブレットで構築する 25
    4.2.2 XMLデータを構築するその他の方法 26
   4.3 クライアント側でのXMLの処理 32
    4.3.1 JavaScriptでのXMLパース処理 35
    4.3.2 IEのフォームにデータを設定する 36
    4.3.3 IE以外のフォームにデータを設定する 37
   4.4 アプリケーションのビルド 38
   4.5 Tomcatマネージャからアプリケーションにアクセスする 40
   4.6 データをJSONで渡す 40
    4.6.1 JavaScriptをJSON対応にする 43
   4.7 まとめ 44
5章 データベースとの連携 45
   5.1 Ajaxなフォーム入力 45
    5.1.1 ユーザ名をチェックする 46
    5.1.2 データベースを作る 48
    5.1.3 Ajaxリクエストをサーブレットで処理する 49
    5.1.4 郵便番号から市と州を求める 51
   5.2 サジェスチョンフィールドを作る 54
    5.2.1 ユーザ名を取得する 59
    5.2.2 divを作る 60
    5.2.3 イベントを処理する 61
    5.2.4 サーブレットを構成する 64
6章 Ajaxなライブラリとツールキット 67
   6.1 Dojoツールキット 68
   6.2 Ricoツールキット 72
    6.2.1 Ricoのオブジェクトレスポンス型 77
   6.3 DWR 79
   6.4 ScriptaculousとPrototypeによるドラッグアンドドロップ 83
    6.4.1 サインアップ機能 87
    6.4.2 Prototypeを使ってXMLHttpRequestをラップする 90
    6.4.3 ログイン機能 92
    6.4.4 ショッピング機能 94
7章 Ajaxなタグ 103
   7.1 タグライブラリの作成 103
    7.1.1 TLDを書く 103
    7.1.2 JSPページでタグを使う 105
    7.1.3 TagSupportクラスを作る 106
    7.1.4 サポートサーブレットを作る 110
    7.1.5 Antを使ってデプロイする 112
   7.2 サードパーティのタグライブラリ 114
    7.2.1 AjaxTags 114
    7.2.2 JavaWebParts 124
    7.2.3 AjaxAnywhere 129
    7.2.4 どのタグライブラリを使うべきか? 137
8章 StrutsとAjax 139
   8.1 Struts-Layout 139
    8.1.1 Struts-Layoutのインストール 140
    8.1.2 Struts-Layoutを使ったJSPページ 140
    8.1.3 Strutsアクションフォーム 144
    8.1.4 アクションとサーブレット 145
    8.1.5 Strutsの設定 146
    8.1.6 データの道程 148
    8.1.7 サジェスチョンフィールドを表示する 149
    8.1.8 Struts-Layoutがクールな理由 150
   8.2 DWRでStrutsにAjaxを追加する 151
    8.2.1 ファイルのアップロード 153
    8.2.2 JSPページを作る 155
    8.2.3 DWR設定ファイルを作る 156
    8.2.4 製品一覧を表示する 156
    8.2.5 DWRが生成するJavaScript 158
    8.2.6 クラスProductManager 160
    8.2.7 DWRがクールなわけ 164
   8.3 StrutsとAjax : この章で学んだこと 165
9章 JSFとAjax 167
   9.1 JSFのライフサイクル 168
   9.2 カスタムJSFコンポーネントの作成 169
    9.2.1 JSPページを作る 170
    9.2.2 web.xmlとfaces-config.xml 171
   9.3 カスタムJSFタグの作成 174
    9.3.1 TLDファイルを作る 175
    9.3.2 タグハンドラを作る 175
    9.3.3 レンダラとレンダーキットを作る 177
    9.3.4 JavaScriptサポートファイルを作る 180
   9.4 HtmlInputTextを拡張してJSF入力を処理する 181
   9.5 JSFによるAjaxのサポート 182
   9.6 まとめ 186
10章 Google Web Toolkit 187
   10.1 はじめの一歩 187
    10.1.1 HostedモードとWebモード 191
   10.2 アプリケーションのデバッグ 192
   10.3 アプリケーションを肉付けする : クライアント側 195
    10.3.1 クライアント側をカスタマイズする 197
   10.4 クライアントにサービスを提供する 199
    10.4.1 クライアントをサービスと接続する 201
    10.4.2 サービスをサーブレットURLと関連付ける 203
   10.5 サービスを実装してテストする 204
   10.6 GWTウィジェット 209
索引 212
訳者まえがき v
はじめに vii
1章 セットアップ 1
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Brad Ediger著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2008.10  xvi, 357p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
1章 基本的な手法 1
   1.1 メタプログラミングとは何か 1
    1.1.1 DRY 2
    1.1.2 注意 3
    1.1.3 ボトムアッププログラミング 3
   1.2 Rubyの基礎 4
    1.2.1 クラスとモジュール 4
    1.2.2 メソッド参照 5
    1.2.3 Metaid 18
    1.2.4 変数の参照 19
    1.2.5 ブロック、メソッド、Proc 21
   1.3 メタプログラミング手法 24
    1.3.1 メソッド参照の先送り 24
    1.3.2 ジェネレーティブプログラミング : リアルタイムでのコードの記述 25
    1.3.3 継続 27
    1.3.4 バインディング 28
    1.3.5 内省とObjectSpace : データとメソッドの実行時の調査 29
    1.3.6 プロキシクラスによる委譲 31
    1.3.7 モンキーパッチ 33
    1.3.8 既存のメソッドへの機能の追加 33
    1.3.9 モジュール化 36
   1.4 関数型プログラミング 37
    1.4.1 高階関数 38
    1.4.2 Enumerable 38
    1.4.3 Enumerator 41
   1.5 例 43
    1.5.1 実行時の機能の変更 43
    1.5.2 Railsのルーティングコード 45
   1.6 参考文献 47
2章 ActiveSupportとRailTies 49
   2.1 Rubyで見逃しているもの 49
   2.2 コードの読み方 52
    2.2.1 コードを特定する方法 53
    2.2.2 コールスタックを読む 54
    2.2.3 RubyとRailsのデバッグ 56
    2.2.4 出発点 60
    2.2.5 テストを読む 60
    2.2.6 最新情報の取得 61
   2.3 ActiveSupport 61
   2.4 コア拡張 65
   2.5 RailTies 82
    2.5.1 Railsのコンフィグレーション 82
    2.5.2 アプリケーションを初期化するための20の手順 82
    2.5.3 リクエストのディスパッチ 85
   2.6 参考文献 85
3章 Railsプラグイン 87
   3.1 プラグインの概要 87
    3.1.1 プラグインのロード 87
    3.1.2 Railsプラグインのインストール 88
   3.2 プラグインの作成 91
   3.3 プラグインの例 94
    3.3.1 account_locationプラグイン 94
    3.3.2 ssl_requirementプラグイン 96
    3.3.3 http_authenticationプラグイン 97
   3.4 プラグインのテスト 99
    3.4.1 プラグインデータベースの依存関係のテスト 103
   3.5 参考文献 104
4章 データベース 105
   4.1 データベース管理システム 105
    4.1.1 PostgreSQL 106
    4.1.2 MySQL 106
    4.1.3 SQLite 108
    4.1.4 Microsoft SQL Server 109
    4.1.5 Oracle 109
   4.2 LOB 110
    4.2.1 データベースストレージ 110
    4.2.2 ファイルシステムストレージ 112
    4.2.3 X-Sendfileによるデータ送信 114
    4.2.4 静的ファイルの処理 116
    4.2.5 Railsでのアップロードの管理 116
   4.3 高度なデータベース機能 118
    4.3.1 アプリケーションデータベースと統合データベース 119
    4.3.2 制約 119
    4.3.3 複合キー 121
    4.3.4 トリガ、ルール、ストアドプロシージャ 123
    4.3.5 例 124
   4.4 複数のデータベースへの接続 125
    4.4.1 Magic Multi-Connections 127
   4.5 キャッシュ 128
   4.6 負荷分散と高可用性 129
    4.6.1 MySQL 130
    4.6.2 PostgreSQL 132
    4.6.3 Oracle 133
    4.6.4 Microsoft SQL Server 133
   4.7 LDAP 134
    4.7.1 ActiveLDAP 134
    4.7.2 LDAPによる認証 134
   4.8 参考文献 135
5章 セキュリティ 137
   5.1 アプリケーションの問題 137
    5.1.1 認証 137
    5.1.2 クライアントを信用しない 140
    5.1.3 安全なフォールバック 145
    5.1.4 隠すことによるセキュリティ 146
    5.1.5 エラーメッセージの保護 146
    5.1.6 ブラックリストではなくホワイトリスト 147
   5.2 Webの問題 148
    5.2.1 Railsセッション 148
    5.2.2 クロスサイトスクリプティング 150
    5.2.3 クロスサイトリクエストフォージェリ 152
    5.2.4 正規化 154
   5.3 SQLインジェクション 155
   5.4 Rubyの環境 156
    5.4.1 シェルの使用 156
    5.4.2 オブジェクトの汚染 157
   5.5 参考文献 157
6章 パフォーマンス 159
   6.1 計測ツール 160
    6.1.1 ブラックボックス解析 160
    6.1.2 コードの計測 163
    6.1.3 Rails Analyzer Tools 164
   6.2 Railsの最適化の例 167
    6.2.1 アクションのプロファイリング 167
    6.2.2 最適化と再プロファイリング 169
    6.2.3 ベンチマーク 173
   6.3 ActiveRecordのパフォーマンス 178
    6.3.1 SQLへの急降下 178
    6.3.2 1+N問題 178
    6.3.3 インデックス 180
    6.3.4 データベースのパフォーマンスの計測 184
   6.4 アーキテクチャのスケーラビリティ 186
    6.4.1 セッション 187
    6.4.2 キャッシュ 189
   6.5 その他のシステム 195
    6.5.1 正しいツールの選択 195
    6.5.2 ActionMailer 196
   6.6 参考文献 197
7章 REST、リソース、Webサービス 199
   7.1 RESTとは何か 199
    7.1.1 動詞 201
    7.1.2 リソース 204
    7.1.3 表現とコンテンツタイプ 207
    7.1.4 ステートレス性 209
   7.2 RESTfulアーキテクチャの利点 220
    7.2.1 概念的な単純さ 220
    7.2.2 キャッシュとスケーラビリティ 221
    7.2.3 変更への堅牢性 223
    7.2.4 統一性 223
   7.3 RESTful Rails 224
    7.3.1 RESTfulルーティング 224
    7.3.2 リソースベースの名前付きルート 225
    7.3.3 ActionViewサポート 231
    7.3.4 コンテンツタイプ 232
    7.3.5 HTTPキャッシュ 234
    7.3.6 HTTPレスポンスステータスコード 237
    7.3.7 ActiveResource : RESTfulサービスの利用 238
    7.3.8 Action Web Service 246
   7.4 ケーススタディ : Amazon S3 247
    7.4.1 概念と用語 247
    7.4.2 認証 248
    7.4.3 アーキテクチャと操作 249
    7.4.4 S3クライアントとS3サーバー 250
   7.5 参考文献 251
8章 i18nとL10n 253
   8.1 ロケール 253
   8.2 文字エンコーディング 254
    8.2.1 ASCII 254
   8.3 Unicode 255
    8.3.1 UTF 256
   8.4 RailsとUnicode 257
    8.4.1 Ruby 1.9の多言語化 258
    8.4.2 ActiveSupport::Multibyte 258
    8.4.3 Unicodeの正規化 259
    8.4.4 UTF-8入力のフィルタリング 261
    8.4.5 UTF-8の格納 262
    8.4.6 UTF-8の処理 264
    8.4.7 文字セットの変換 265
   8.5 RailsのL10n 267
    8.5.1 インターフェイスとリソースの翻訳 267
    8.5.2 ロケール固有の設定 273
    8.5.3 モデル翻訳 274
    8.5.4 Globalizeの例 : アドレス帳 276
   8.6 参考文献 286
9章 Railsの統合と拡張 289
   9.1 Railsコンポーネントの置換 289
    9.1.1 ActiveRecordの置換 289
    9.1.2 他のテンプレートエンジン 300
   9.2 Railsコンポーネントの統合 303
    9.2.1 ActiveRecord 303
    9.2.2 ActionMailer 306
   9.3 Railsへの貢献 309
    9.3.1 パッチの提供 310
    9.3.2 Railsの単体テスト 312
   9.4 参考文献 314
10章 大規模なプロジェクト 315
   10.1 バージョン管理 315
    10.1.1 一元型バージョン管理 315
    10.1.2 分散型バージョン管理 318
    10.1.3 ブランチとマージ 320
    10.1.4 データベースのマイグレーション 325
   10.2 Issue Tracking 327
   10.3 プロジェクトの構造 328
    10.3.1 Subversionのコンフィグレーション 328
    10.3.2 Subversionの外部定義とPiston 329
    10.3.3 Railsバージョン 330
    10.3.4 環境の初期化 331
    10.3.5 gemのインクルード 331
    10.3.6 マルチアプリケーションプロジェクト 332
   10.4 Railsの導入 334
    10.4.1 何も共有しないことによるスケーラビリティ 335
    10.4.2 フロントエンドWebサーバー 336
    10.4.3 アプリケーションサーバー 338
    10.4.4 Capistrano 340
    10.4.5 Vlad the Deployer 340
    10.4.6 継続的な統合 341
   10.5 参考文献 342
付録A Rails 2.1におけるプラグイン環境の変化 343
   A.1 Gitリポジトリからのプラグインのインストール 343
    A.1.1 script/pluginコマンドによるインストール 343
    A.1.2 gitコマンドによるインストール 344
    A.1.3 アーカイブファイルからのインストール 344
   A.2 RubyGemsによるプラグインのインストール 344
   A.3 本書で紹介されているプラグインのGitリポジトリ一覧 345
索引 347
はじめに v
1章 基本的な手法 1
   1.1 メタプログラミングとは何か 1
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ビル・スコット, テレサ・ニール著 ; 高橋信夫訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2009.12  xviii, 310p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 v
はじめに vii
第1原則 直接的なインターフェースを作ろう 2
 1章 ページ内編集 5
   単一フィールドのインライン編集 6
   複数フィールドのインライン編集 10
   オーバーレイ編集 13
   テーブル編集 17
   グループ編集 19
   モジュール設定変更 22
   適切な編集パターンを選ぶためのガイドライン 23
 2章 ドラッグアンドドロップ 25
   気になる瞬間 25
   ドラッグアンドドロップの目的 29
   モジュールのドラッグアンドドロップ 30
   リストのドラッグアンドドロップ 41
   オブジェクトのドラッグアンドドロップ 47
   アクションのドラッグアンドドロップ 53
   コレクションのドラッグアンドドロップ 57
   ドラッグアンドドロップの課題 59
3章 直接的な選択 61
   トグル型選択 62
   コレクション型選択 67
   オブジェクト型選択 70
   ハイブリッド型選択 72
第2原則 軽快さを心がけよう 76
 4章 コンテキスト連動型ツール 79
   コンテキストに応じたインタラクション 79
   フィッツの法則 80
   コンテキスト連動型ツール 81
   常時表示型ツール 81
   ロールオーバー表示型ツール 85
   トグル表示型ツール 91
   段階的表示型ツール 93
   サブメニュー 98
第3原則 1ページで完結させよう 102
 5章 オーバーレイ 105
   ダイアログ用オーバーレイ 106
   詳細表示用オーバーレイ 112
   入力用オーバーレイ 119
 6章 インレイ 123
   ダイアログ用インレイ 123
   リスト用インレイ 127
   詳細表示用インレイ 132
   タブ 134
   インレイとオーバーレイ、どちらにすべきか? 136
 7章 バーチャルページ 137
   バーチャルスクロール 137
   インラインページング 142
   スクロール型ページング : カルーセル 147
   バーチャルパンニング 150
   ズーム型ユーザーインターフェース 151
   ページングとスクロールの使い分け方 155
 8章 プロセスフロー 157
   Google Bloggerの事例 157
   魔法の定理 158
   インタラクティブページ型プロセス 160
   インラインアシスタント型プロセス 164
   ダイアログオーバーレイ型プロセス 168
   コンフィギュレータ型プロセス 171
   非インタラクティブページ型プロセス 174
第4原則 インビテーションを仕掛けよう 178
 9章 静的インビテーション 181
   アクション喚起型インビテーション 181
   ツアー型インビテーション 186
 10章 動的インビテーション 191
   ロールオーバー型インビテーション 191
   アフォーダンス型インビテーション 196
   ドラッグアンドドロップ型インビテーション 199
   推定型インビテーション208
   「もっと見る」型インビテーション 210
   インビテーションの利点 213
第5原則 トランジションを利用しよう 214
 11章 トランジションのパターン 217
   明度/濃度の増減 217
   展開/折りたたみ 222
   回復型フェード 227
   アニメーション 228
   スポットライト 231
 12章 トランジションの目的 235
   エンゲージメント 235
   コミュニケーション 235
第6原則 すばやく反応しよう 254
 13章 情報探索のパターン 257
   オートコンプリート 257
   ライブサジェスト 260
   ライブサーチ265
   紋り込み検索 272
 14章 フィードバックのパターン 279
   ライブプレビュー 279
   段階的開示 288
   進行状況表示 290
   自動リロード 296
エピローグ リッチなインタラクションを実現する原則とパターン 299
   原則 299
   最新情報をチェックするには 300
監訳者あとがき 301
訳者あとがき 303
索引 305
序文 v
はじめに vii
第1原則 直接的なインターフェースを作ろう 2
9.

図書

図書
Manoj Hans著 ; 児島修訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2016.11  xvi, 185p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : Appiumの概念と背景
2章 : Appiumを始めよう
3章 Appium : GUI
4章 : さまざまなロケータで要素を見つける
5章 : Appiumの操作
6章 : 実機でのAppiumの操作
7章 : 高度なユーザーインターフェース
1章 : Appiumの概念と背景
2章 : Appiumを始めよう
3章 Appium : GUI
概要: Seleniumをベースにした、マルチプラットフォームかつネイティブ、ハイブリッド、モバイルWebをまとめて一つのツールで対応できるモバイル向けGUIテストツール、Appium。本書はAppiumについて、基礎から応用までをまとめた包括的な 解説書です 続きを見る
10.

図書

図書
金城俊哉著
出版情報: 東京 : 秀和システム, 2015.10  763p ; 24cm
シリーズ名: Perfect master ; 161
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : PHPの概論、まずはここから始めましょう
2 : 開発環境を用意しましょうか、Windows、それからMacにも
3 : PHP言語仕様
4 : PHPでのアルゴリズムの制御と関数
5 : 大規模開発のためのオブジェクト指向プログラミング
6 : Webブラウザーからのリクエスト、PHPで処理
7 : MySQL、とことん利用してデータアプリを開発するぞ
8 : Webアプリのベース、MVCフレームワークを作成!
9 : MVCフレームワークによるアプリケーション開発
10 : 開発者必携!PHP‐Webアプリケーションのセキュリティ対策
1 : PHPの概論、まずはここから始めましょう
2 : 開発環境を用意しましょうか、Windows、それからMacにも
3 : PHP言語仕様
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼