close
1.

図書

図書
T.C.Hu著 ; 伊理正夫監訳 ; 今野浩,棚橋次彦共訳
出版情報: 東京 : 培風館, 1975  xiii, 476p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報:
OR:Integer programming and network flows
OR:Integer programming and network flows
2.

図書

図書
日本建築学会
出版情報: 東京 : 日本建築学会, 1968  193p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
R.L.マルチノ著 ; ビーコン・システム訳
出版情報: 東京 : 技報堂, 1971  235p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
スティーブン・ジョンソン著 ; 田沢恭子訳
出版情報: 東京 : インターシフト , 東京 : 合同出版 (発売), 2014.7  237p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 解決策はピア・ネットワークから
第2部 社会の仕組みを変える方法 : コミュニティ—コミュニティの問題は、コミュニティで解決する
ジャーナリズム—多様性を高めれば、社会はもっと賢くなる
テクノロジー—情報をコントロールする力を広げる
インセンティブ—グッドアイデアは、ネットワークの縁から生まれる
デモクラシー—リキッド・デモクラシーが政治を動かす
企業—次の成長は、ピア・ネットワークな企業が実現する
結論 : 別の社会を想像すること
第1部 解決策はピア・ネットワークから
第2部 社会の仕組みを変える方法 : コミュニティ—コミュニティの問題は、コミュニティで解決する
ジャーナリズム—多様性を高めれば、社会はもっと賢くなる
概要: ピア(PEER)は、対等な仲間のような関係。そのネットワークが劇的に社会を変えていく。この大変動は、従来の社会の中心ではなく、縁(エッジ)から生まれ、あなたも主役になる。身近なコミュニティ・情報メディアからテクノロジー・企業・政治まで。
5.

図書

図書
クリストファー・G.ブリントン, ムン・チャン共著 ; 臼井翔平 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 森北出版, 2018.7  viii, 366p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 : 共有は難しい
第2部 : ランキングは難しい
第3部 : 群衆は賢い
第4部 : 群衆はそんなに賢くない
第5部 : 分割統治
第6部 : エンド・ツー・エンド
第1部 : 共有は難しい
第2部 : ランキングは難しい
第3部 : 群衆は賢い
概要: 世界中の人々をつなぎ、社会を動かす「ネットワークの威力」とは。インターネット/ビッグデータ時代の教養としての「ネットワークの仕組み」を、簡単な数理モデル、アナロジー、イラストを通じて楽しく学ぶ。グーグル元CEOなど、現代の技術インフラを創り 上げてきたパイオニアたちとの対談も収録。 続きを見る
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
マーク・ブキャナン著 ; 阪本芳久訳
出版情報: 東京 : 草思社, 2005.3  357p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 複雑な世界を読み解く新しい方法
   意思あるものは法則にしたがうか 9
   なぜ世間はこんなにも狭いのか 12
   オットセイが減れば魚が増えるというのはほんとうか 17
   歴史上初めて科学者が手に入れた「方法」 21
第1章 「奇妙な縁」はそれほど奇妙ではない
   知り合いの知り合いに出会う頻度 29
   世間の狭さを示すミルグラムの実験 32
   ケヴィン・ベーコンまでの距離を測る 36
   世界の秘密をネットワークから読み取れるか 41
第2章 ただの知り合いが世間を狭くする
   スモールワールドとエルデシュ数 47
   二四人の知り合いがいれば世界は一つになる? 50
   友だちの友だちはたいてい直接の友だちだという問題 53
   世間を狭くしているのは「たんなる知り合い」の関係 58
   修飾のつてはだれから得られるのか 64
   科学革命までの長い道のり 68
第3章 スモールワールドはいたるところにある
   なぜホタルたちは同時に光を放つことができるのか 71
   スモールワールドとホタルの関連 76
   わずかな不規則性がネットワークの性質を変える 79
   俳優のネットワークと電力系統のネットワークでの検証 84
   スモールワールドで情報処理するホタルと神経細胞 87
第4章 脳がうまく働く理由
   モジュールの集合としての脳 93
   脳もスモールワールド構造になっている 97
   ニューロンの同期発火と意識 101
   脳はなぜ素早く大量の情報をあつかえるのか 106
   「隠れた設計図」を読み解く手がかり 109
第5章 インターネットがしたがう法則
   スプートニク・ショックが生んだ研究機関ARPA 113
   冷戦下の恐怖がインターネットを作った 115
   急成長するインターネットがもたらすもの 118
   無計画に拡大したインターネットの地図を作る 122
   サイバースペースは「べき乗則」にしたがう 127
   スモールワールドの作り方は一つではない 133
第6章 偶然性が規則性を生み出す
   歴史の中に法則は見いだせるか 139
   鍋のなかに突然パターンが出現する 144
   突然のパターン出現は実験室の外でも起きている 147
   あらゆる河川に見られる「べき乗則」のパターン 152
   河川の規則性はごく単純な理由から生じていた 156
   金持ちはより豊かに、長い腕はより長くなる法則 161
第7章 金持ちほどますます豊かに
   群集の行動予測が難しいことの単純な理由 165
   人気のあるサイトほどますます知名度を得る 169
   人気者に人気が集まるとスモールワールドができる 173
   人々の行動を法則にしたがわせる原動力は何か 178
   企業や研究者のネットワークもスモールワールド 183
   平等主義的ネットワークと貴族主義的ネットワーク 187
第8章 ネットワーク科学の実用的側面
   空港の混雑からネットワーク科学が学べること 191
   平等主義的ネットワークが自然に出現する理由 195
   スモールワールド研究の実用的側面 199
   サイバーテロの脅威はどれほど大きいか 202
   インターネットを効率よく破壊する方法 207
   薬剤耐性菌との戦いにネットワーク科学を応用する 212
   スモールワールド的思考法で世界を見る 219
第9章 生態系をネットワークとして考える
   クジラが減れば魚はほんとうに増えるのか 221
   乱獲はどのくらい深刻な問題なのか 224
   ほんとうに複雑で多様な生態系ほど安定しているのか 229
   弱い結びつきが生態系の安全弁となっている 234
   あらゆる生物が「二次の隔たり」でつながる? 239
   生態系を支える要石となっている種を探せ 244
第10章 物理学で「流行」の謎を解く
   ソ連の秘密警察と理論物理学者ランダウ 251
   ティッピング・ポイントという考え方 255
   ほんの些細なことから感染症は蔓延する 259
   問題は感染者が新たに何人に感染させるかだけ 262
   氷ができる過程の物理とティッピング・ポイント 265
   流行には必ずティッピング・ポイントが存在する 269
第11章 エイズの流行とスモールワールド
   スモールワールドでは感染症の脅威が増大する 273
   HIVはどこからやってきたか 276
   感染の拡大をシミュレーションする方法 281
   長距離リンクが加わることでエイズは広がった? 285
   多数のセックスパートナーをもつ人を免疫にすべし 290
   新しいエイズ対策のあり方とはどのようなものか 294
第12章 経済活動の避けられない法則性
   還元主義では説明できない社会的現象 297
   「神の見えざる手」はどこから現れるのか 301
   富の八割を二割の人々が所有するという法則 304
   金儲けの才覚に関係なく貧富の差は生じる 307
   貧富の差は投資により増大し税や売買により減少する 310
   市場や政情の不安定が「悪徳資本家」を生む 315
第13章 偶然の一致を越えて
   ネットワークの科学から得られる教訓とは? 319
   協力や服従を促す社会的絆のネットワーク 322
   競争力のある強い集団は「強い絆」で結ばれている 327
   「弱い絆」を欠く集団は潜在的能力を発揮できない 331
   複雑さのなかに単純な法則を見出す知恵 337
訳者あとがき 339
図版出典 343
原注 357
序章 複雑な世界を読み解く新しい方法
   意思あるものは法則にしたがうか 9
   なぜ世間はこんなにも狭いのか 12
7.

図書

図書
リントン・C・フリーマン著 ; 辻竜平訳
出版情報: 東京 : NTT出版, 2007.5  xiii, 254p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
張長平著
出版情報: 東京 : 古今書院, 2013.11  vi, 219p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 観光ネットワーク分析 : 観光ネットワーク分析の基本
ネットワークの基礎
中心性と観光中心地
ネットワークモデル
第2部 観光データ分析 : 観光データの収集
データの仮説検定
データの構造分析
第3部 観光モデリング : 線形回帰モデル
ロジスティックモデル
構造方程式モデリング
第1部 観光ネットワーク分析 : 観光ネットワーク分析の基本
ネットワークの基礎
中心性と観光中心地
概要: 観光産業はそもそもネットワークビジネスであり、ネットワーク分析は、複数の観光地を回る様々な観光ルートの可視化と計測により各観光地における観光施設やサービスの再編成・再開発を手助けし、観光地管理の改善を図るための有力な分析ツールになっており、 観光政策の策定によく利用されている。ネットワーク分析とデータ分析に統一したR言語を利用してさまざまな分析結果を得た。本書は観光分析の三つの主要分野の理論と実践を解説し、日本国内外の観光の適用事例を示すことによってこれらの分析法をいかに応用するかについて詳述している 続きを見る
9.

図書

図書
片野浩一, 石田実著
出版情報: 東京 : 千倉書房, 2017.12  x, 267p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 「初音ミク」概論
第2章 : 理論研究
第3章 : ビジネス創発事例
第4章 : 創作投稿コミュニティのネットワーク構造と集合的共創価値
第5章 : ニコニコ動画コミュニティにおける集合知形成のダイナミクス
第6章 : ユーザー生成型と企業主導型コンテンツのチャンネル・ネットワーク構造と視聴成果—YouTubeにおける音楽コンテンツの普及プロセス
第7章 : クリエイティブ・ユーザーの創作投稿行動とコラボレーション
第8章 : コラボレーション・コミュニティの質的研究
終章 : コミュニティ・ジェネレーションと民主化の時代
第1章 : 「初音ミク」概論
第2章 : 理論研究
第3章 : ビジネス創発事例
10.

図書

図書
中山明, 穴沢務共著
出版情報: 東京 : アイ・ケイコーポレーション, 2014.2  vi, 249p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
グラフの諸定義
グラフに関するアルゴリズムとその計算量
最短路問題
最大フロー問題
線形計画法
フロー問題の一般化に向けた準備
一般化最大フロー問題
ネットワーク双対単体法 / 原型版
多項式版
グラフの諸定義
グラフに関するアルゴリズムとその計算量
最短路問題
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼