close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2005.2  x, 184, 図版8p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 vii
要約
   1. はじめに 1
   2. 排出量 2
   3. 環境動態 3
    3.1 分解 3
    3.2 生物濃縮 4
    3.3 分配 4
   4. 環境媒体中濃度モニタリング結果 4
   5. 暴露評価 6
   6. 有害性評価 7
    6.1 非発がん影響について 7
    6.2 発がん影響について 8
    6.3 定量的有害性評価の考え方 9
   7. リスク評価 9
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 11
   2. 物性 13
   3. 生産方法,生産量,輸出/輸入 14
    3.1 生産方法 14
    3.2 生産量 14
    3.3 輸出/輸入 15
   4. 主たる用途 15
   5. 既往リスク評価のレビュー 15
    5.1 既往リスク評価のまとめ 16
    5.2 各リスク評価のレビュー 19
     5.2.1 ECB 19
     5.2.2 NICNAS 22
     5.2.3 化学物質評価研究機構 23
     5.2.4 環境省 24
   6. 関連法規など 25
第Ⅱ章 排出量
   1. はじめに 27
   2. PRTR集計結果による排出 27
    2.1 対象業種届出事業所からの排出量 27
     2.1.1 業種別排出量・移動量 31
     2.1.2 地域別排出量・移動量 32
    2.2 対象業種届出外事業所からの排出量 33
   3. 界面活性剤排出に付随する1,4-ジオキサンの排出 33
    3.1 界面活性剤生産における1,4-ジオキサンの副生成機構 34
    3.2 既存文献における副生成の評価 34
    3.3 1,4-ジオキサン副生成量の試算 35
   4. 廃棄物埋立処分場からの排出 37
   5. 本章の要約 38
第Ⅲ章 環境動態
   1. はじめに 39
   2. 水中での分解 39
    2.1 加水分解 39
    2.2 微生物分解 39
    2.3 オゾンによる分解 40
   3. 大気中での分解 40
    3.1 光分解 40
    3.2 光酸化 41
   4. 生物濃縮性 41
   5. 環境中での分配 42
    5.1 へンリー則定数42
    5.2 オクタノール/水分配係数 42
    5.3 土壌吸着係数 42
    5.4 フガシティモデルによる定常状態での環境中分配の予測 43
   6. 本章の要約 43
第Ⅳ章 環境媒体中濃度モニタリング結果
   1. はじめに 45
   2. 大気環境中濃度 45
   3. 水環境中濃度 46
    3.1 河川 47
    3.2 地下水 50
    3.3 事業所排水 51
    3.4 下水処理場および事業所における水処理施設 54
     3.4.1 下水処理場 54
     3.4.2 事業所における水処理施設 58
    3.5 水道原水と浄水 59
    3.6 海外の飲料水中濃度 60
    3.7 廃棄物最終処分場からの浸出水 61
   4. 食品中濃度 62
   5. 消費者製品中濃度 62
    5.1 国内既存測定データ 63
    5.2 海外既存測定データ 63
    5.3 現在わが国で市販されている消費者製品中1,4-ジオキサン濃度の測定結果 65
   6. 暴露評価への含意 68
   7. 本章の要約 69
第Ⅴ章 暴露評価
   1. はじめに 71
   2. 大気中濃度の推定 72
    2.1 AIST-ADMERによる濃度予測 72
    2.2 METI-LISによる濃度予測 82
   3. 一般の集団に対する暴露量の推定 90
   4. 本章の要約 96
第Ⅵ章 有害性評価
   1. はじめに 97
   2. 有害性プロファイル(概要) 98
    2.1 非発がん影響 98
     2.1.1 急性毒性 98
     2.1.2 刺激性および感作性 98
     2.1.3 反復投与毒性 98
    2.2 発がん性 99
     2.2.1 ヒトデータ 99
     2.2.2 動物試験データ 99
    2.3 発がん性メカニズム 100
     2.3.1 遺伝毒性 100
     2.3.2 イニシエーション活性/プロモーション活性 100
     2.3.3 細胞障害性/細胞増殖性 100
    2.4 体内動態および代謝 101
   3. 有害性評価の状況 102
    3.1 WHO飲料水中基準値(案)(WHO,2003) 102
     3.1.1 非発がん影響評価 102
     3.1.2 発がん性評価 103
     3.1.3 発がん性に関する定量的評価 103
    3.2 環境省 104
     3.2.1 非発がん影響評価(環境省,2003b) 104
     3.2.2 発がん性評価(中央環境審議会水環境部会環境基準健康項目専門委員会,2004) 104
    3.3 厚生科学審議会生活環境水道部会水質管理専門委員会(2003) 104
     3.3.1 非発がん影響評価 104
     3.3.2 発がん性評価 104
    3.4 欧州連合(ECB,2002) 105
     3.4.1 非発がん影響評価 105
     3.4.2 発がん性評価 105
     3.4.3 発がんメカニズムに関する見解 105
    3.5 オーストラリア(NICNAS,1998) 106
     3.5.1 非発がん影響評価 106
     3.5.2 発がん性評価 107
     3.5.3 発がんメカニズムに関する見解 107
    3.6 アメリカ(ATSDR,1996) 109
     3.6.1 非発がん影響評価 109
     3.6.2 発がん性評価 109
     3.6.3 発がんメカニズムに関する見解 109
     3.6.4 発がん性に関する定量的評価 110
    3.7 ドイツ化学会(BUA,1991) 110
     3.7.1 非発がん影響評価 110
     3.7.2 発がん性評価 110
     3.7.3 発がんメカニズムに関する見解 111
    3.8 その他の機関による発がん性評価 112
     3.8.1 アメリカNIH/NIEHS/EHP(NIH/NIEHS/EHP,2002) 112
     3.8.2 アメリカEPA(IRIS,1997) 112
     3.8.3 ドイツ連邦労働衛生研究所(BAA,2001) 113
     3.8.4 WHO/IARC(1999) 114
    3.9 定量的発がん性評価に関する公表論文 115
     3.9.1 Stickney,et al.(2003)による評価 115
     3.9.2 Leung&Paustenbach(1990)による評価 115
     3.9.3 Reitz,et al.(1990)による評価 115
   4. 発がん性評価における論点 116
    4.1 発がん性子 116
    4.2 代謝 116
    4.3 遺伝毒性 117
    4.4 発がんメカニズム 117
    4.5 定量的発がん性評価の比較 118
   5. CRMの見解 121
    5.1 非発がん影響について 121
    5.2 発がん影響について 121
    5.3 定量的発がん性評価の考え方 123
第Ⅶ章 リスク評価
   1. はじめに 125
   2. 一般の集団 126
   3. 高暴露群 126
    3.1 事業所A近傍 126
    3.2 事業所B近傍 127
第Ⅷ章 レビューアーの意見書と筆者らの対応
   森澤眞輔レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 全文) 130
   浅見真理レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 全文) 137
   松尾昌季レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 143
   三森国敏レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 147
   今井田克巳レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 150
付録A 1,4-ジオキサンの有害性プロファイル
   1. 体内動態および代謝 153
   2. 非発がん影響 155
    2.1 ヒトデータ 155
    2.2 動物試験データ 156
     2.2.1 急性毒性 156
     2.2.2 刺激性,感作性 156
     2.2.3 反復投与毒性/長期毒性 157
     2.2.4 生殖発生毒性 158
     2.2.5 免疫毒性 159
     2.2.6 神経毒性 159
   3. 発がん性 160
    3.1 ヒトデータ 160
    3.2 動物試験データ 160
    3.3 遺伝毒性 161
   4. 発がんメカニズム 162
    4.1 イニシエーション活性/プロモーション活性 162
    4.2 細胞障害性/細胞増殖性 163
    4.3 その他 165
付録B 1,4-ジオキサンの下水処理場における除去率について
   1. はじめに 167
   2. 調査内容 167
    2.1 調査対象処理場の概要 167
    2.2 サンプリング 168
    2.3 分析方法 169
     2.3.1 水試料 169
     2.3.2 大気試料 169
     2.3.3 汚泥試料 169
    2.4 物質収支および除去率の推定 169
   3. 結果 170
    3.1 測定結果 170
    3.2 物質収支の評価 171
     3.2.1 流入量(図B.1のI) 172
     3.2.2 大気への揮散量(V,V) 171
     3.2.3 放流量(Ef) 171
     3.2.4 汚泥の引抜きに伴う移動量(Ex,R)および脱水ケーキに伴う系外への移動量(Dc) 171
     3.2.5 濃縮槽・脱水機からエアレーション沈砂池への還流水に伴う負荷量(R)および返送汚泥に伴う負荷量(R) 172
    3.3 物質収支および除去率 172
   4. 考察 173
    4.1 物質収支および除去率について 173
    4.2 流入下水中濃度の変化と除去率 173
参考文献 175
あとがき 183
略語集 vii
要約
   1. はじめに 1
2.

図書

図書
ナノファイバー学会-「ナノ材料の安全性」編集委員会編集
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2010.11  iii, 319p ; 27cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 林彬勒共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.11  xvii, 279p, 図版7p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
詳細リスク評価書「アルコールエトキシレート」の特色 xiii
略語集 xv
要約
   第Ⅰ章 序章 1
   第Ⅱ章 物質の特性および生産・用途 3
   第Ⅲ章 発生源の特定と環境排出量の推計 3
   第Ⅳ章 環境動態解析 4
   第Ⅴ章 環境モニタリング調査および実測値の解析 5
   第Ⅵ章 モデルによる水系暴露濃度推定 6
   第Ⅶ章 生態毒性評価とニューラルネットワークモデルの開発 8
   第Ⅷ章 リスクの推算と判定 10
   第Ⅸ章 リスク管理対策 12
   第Ⅹ章 総まとめ 14
第Ⅰ章 序章
   1. AEはどんな物質か 17
    1.1 物質の概要 17
    1.2 国内外における使用・消費の動向 18
    1.3 関連する法規制 19
   2. 詳細リスク評価の背景 20
   3. 国内外における既存のリスク評価 20
    3.1 初期リスク評価書 21
    3.2 日本石洗剤工業会評価書 22
    3.3 オランダ評価書 23
    3.4 デンマーク評価書 25
    3.5 米国石洗剤工業会評価書 25
     3.5.1 第一期報告書 25
     3.5.2 第二期報告書 26
    3.6 最新の研究論文 28
   4. 既存評価のまとめ 29
   5. 詳細リスク評価の目的 29
   6. 詳細リスク評価の方針 31
    6.1 評価の対象生物 31
    6.2 評価の枠組み設定 32
   7. 本評価書の構成と各章での検討内容 33
   8. 特記事項 35
    8.1 情報サーベイの範囲 35
    8.2 AEの別名およびAEの表記 35
    8.3 濃度単位について 36
第Ⅱ章 物質の特性および生産・用途
   1. はじめに 37
   2. 物質の同定および物理化学的特性 37
    2.1 AEの合成 37
    2.2 構造式について 39
    2.3 CAS登録番号について 41
    2.4 物理化学的特性 41
   3. 生産に関する情報 42
    3.1 生産量について 42
     3.1.1 日本国内の生産量 42
     3.1.2 西ヨーロッパの生産量 44
    3.2 日本国内の流通量について 45
   4. 用途に関する情報 47
    4.1 AEの主な機能とその用途 47
    4.2 AEの用途と化学構造の関係 49
   5. 市販洗浄剤製品に含まれるAE同族体組成 51
   6. 本章のまとめ 53
第Ⅲ章 発生源の特定と環境排出量の推計
   1. はじめに 55
   2. PRTR制度の集計・推計データ 56
    2.1 届出対象事業所からの排出・移動量の集計結果 56
     2.1.1 業種別の公共用水域への排出量 57
     2.1.2 地方別の公共用水域への排出量 57
     2.1.3 業種別の廃棄物としての移動量 58
    2.2 届出外排出量の推計結果 58
     2.2.1 すそ切り以下事業者からの排出量 59
     2.2.2 農薬の補助剤 59
     2.2.3 殺虫剤 60
     2.2.4 界面活性剤(洗浄剤・化粧品等) 60
     2.2.5 届出外排出量の推計値に関するまとめ 61
    2.3 PRTRデータのまとめ 61
   3. AEの流通量データからの環境排出量推定 62
    3.1 流通量データおよび排出先の環境媒体の特定 63
    3.2 使用レベルの需要分野からの排出量推定 64
    3.3 消費レベルの需要分野からの排出量推定 67
    3.4 推定対象範囲外の排出量について 68
    3.5 流通量データベースの排出量推定のまとめ 69
   4. 本章のまとめ 69
第Ⅳ章 環境動態解析
   1. はじめに 71
   2. 環境運命に関連した各種環境動態プロセス 71
    2.1 揮発 71
    2.2 吸着 72
     2.2.1 底質(土壌)吸着係数(Kd),有機炭素吸着係数(Koc) 72
     2.2.2 同族体ごとの吸着性 74
    2.3 生物濃縮 74
     2.3.1 生物濃縮係数(BCF) 74
     2.3.2 オクタノール/水分配係数(Kow) 75
     2.3.3 リポソーム/水分配係数(Klipw) 75
     2.3.4 同族体ごとの生物濃縮性 76
    2.4 分解 77
     2.4.1 分解経路 77
     2.4.2 生分解におけるAE分子構造の影響 79
     2.4.3 生分解性 80
     2.4.4 日本における生分解性試験および半減期 83
     2.4.5 同族体ごとの生分解性 85
   3. 各種環境媒体中での環境運命 86
    3.1 大気 86
    3.2 土壌 86
    3.3 水環境 86
     3.3.1 モデルの概要 87
     3.3.2 パラメータの概要 87
     3.3.3 モデルによる解析結果 88
    3.4 下水処理施設における動態 90
     3.4.1 実測値を用いた解析 90
     3.4.2 既存の下水処理モデルによる解析 91
   4. 本章のまとめ 96
第Ⅴ章 環境モニタリング調査および実測値の解析
   1. はじめに 97
   2. 定量分析手法の変遷 97
   3. リスク評価に必要な同族体ごとの実測値 99
    3.1 日本国内における利用可能な実測値 100
    3.2 最新の定量分析法を用いた環境モニタリング調査 101
     3.2.1 調査目的と調査内容 101
     3.2.2 潜在的な高暴露水域の調査 101
     3.2.3 下水処理場の調査 102
     3.2.4 定量分析の手順 103
   4. 環境モニタリングデータのまとめ 103
    4.1 河川水中濃度 104
     4.1.1 多摩川水系 104
     4.1.2 利根川水系 113
     4.1.3 その他の水系 116
     4.1.4 湖沼 118
    4.2 底質中の濃度 119
    4.3 土壌中の濃度 119
    4.4 下水処理場の流入水と放流水中の濃度 119
   5. 環境水中のAEの同族体組成の検討 120
    5.1 同族体組成の比較 121
     5.1.1 下水処理場の放流水の同族体組成の国別比較 121
     5.1.2 製品から環境排出までの各過程における同族体組成比較 121
    5.2 同族体組成の比較から得た知見 122
   6. 本章のまとめ 122
第Ⅵ章 モデルによる水系暴露濃度推定
   1. はじめに 125
    1.1 SHANELを用いた解析の目的 125
    1.2 モデルの解析における対象河川の選択 126
    1.3 SHANELについて 129
    1.4 暴露解析の内容および流れ 129
    1.5 モデルの解析条件設定 130
     1.5.1 計算期間 130
     1.5.2 AEの物性パラメータ 130
   2. 現状の暴露解析 131
    2.1 現状の暴露解析における排出量データの設定 131
    2.2 条件設定の違いによるSHANEL推定結果の変動(感度解析) 133
     2.2.1 感度解析におけるSHANELの条件設定 133
     2.2.2 感度解析結果 134
    2.3 現状の暴露における推定結果 135
     2.3.1 最下流地点におけるAEの平均濃度 135
     2.3.2 最下流地点における年間濃度の時系列変化 135
     2.3.3 解析対象流域の濃度分布 136
    2.4 業種別排出量に関する解析結果 137
    2.5 実測値との比較 138
     2.5.1 最下流地点(田園調布堰) 139
     2.5.2 浅川調査地点 139
     2.5.3 その他の地点 139
    2.6 本評価に用いる現状の暴露濃度の推定結果 141
   3. 将来の暴露解析 142
    3.1 代替シナリオの設定 142
    3.2 代替排出量の推定 143
    3.3 各代替シナリオの推定結果 144
    3.4 本評価に用いる将来の暴露濃度の推定結果 146
   4. 本章のまとめ 146
第Ⅶ章 生態毒性評価とニューラルネットワークモデルの開発
   1. はじめに 149
   2. 毒性試験からの生態毒性評価 150
    2.1 水生生物 150
     2.1.1 魚類 150
     2.1.2 無脊椎動物 152
     2.1.3 藻類および水生植物 153
     2.1.4 その他の水生生物 154
     2.1.5 水生生物への生態毒性に関するまとめ 154
    2.2 陸生生物 156
     2.2.1 維管束植物 156
     2.2.2 脊椎動物 157
    2.3 土壌微生物と原生動物 157
    2.4 生分解中間生成物の毒性 158
    2.5 毒性作用機序 160
    2.6 毒性試験データから得られた知見 161
   3. モデルによる各同族体の生態毒性データの推定 161
    3.1 既存の生態毒性推定モデル 162
     3.1.1 ECOSAR 162
     3.1.2 他のQSARモデル 162
    3.2 ニューラルネットワークモデルの開発 164
     3.2.1 モデル開発の目的 164
     3.2.2 モデルの構造とモデルのアルゴリズム 164
     3.2.3 モデル開発に用いる既存毒性試験データの整備 166
     3.2.4 モデル構造についての検討 167
     3.2.5 モデルの最尤化についての検討 168
     3.2.6 モデルの推定精度についての検討 169
    3.3 モデルを用いた推定結果 171
    3.4 推定結果についての検証 171
     3.4.1 実測値との比較 171
     3.4.2 AEの化学構造と推定毒性値との関係の再現性 172
     3.4.3 既存のQSARモデルの推定結果との比較 173
   4. リスク評価に用いる各同族体の生態毒性データ 176
   5. 本章のまとめ 176
第Ⅷ章 リスクの推算と判定
   1. はじめに 177
   2. リスクの推算と判定に関する考え方 178
    2.1 評価エンドポイントの設定 178
    2.2 環境暴露濃度情報の使い分け 179
    2.3 混合物のリスク推算手法 179
    2.4 リスクの推算と判定のためのHC,mixとCλ,mixの推定方法 179
    2.5 リスクの推算と判定に関する手順 181
   3. スクリーニング評価のための種の感受性分布解析 182
    3.1 各同族体による5%生物種影響濃度(HC,i,j)の推定 182
    3.2 スクリーニング評価のためのHC,mixの推定 183
   4. リスク判定のための魚類個体群存続に対する影響解析 185
    4.1 解析における仮定 185
    4.2 各同族体による魚類個体群存続影響闘値濃度(Cλ=,i,j)の推定手順 186
    4.3 各同族体による魚類個体群存続影響闘値濃度(Cλ=,i,j)の推定結果 187
    4.4 リスク判定のためのCλ=,mixの推定 189
   5. 水系におけるAEのリスク 191
    5.1 現状の暴露におけるAEのリスク 191
     5.1.1 モニタリング調査水系 191
     5.1.2 下水処理場の放流水 194
     5.1.3 モデル水系 195
     5.1.4 AEの現状リスクに関するまとめ 196
    5.2 将来の暴露シナリオに基づく水系のリスク予測 196
   6. 化管法指定範囲のAEのリスクの実態 198
   7. 不確実性の考察と今後の課題 198
   8. 本章のまとめ 200
第Ⅸ章 リスク管理対策
   1. はじめに 201
   2. リスクの推算と判定の結果 201
    2.1 現状のAEリスク 202
    2.2 将来のAEリスク 202
   3. リスク管理および低減対策に関する提案 202
    3.1 化管法における指定同族体範囲の拡大 203
    3.2 モニタリング調査の実施 204
    3.3 AEの同族体特性に配慮した生産消費活動 205
    3.4 排出量の削減 206
    3.5 情報の共有 207
    3.6 行政,生産者および消費者のできるリスク管理対策 208
   4. NPEやLASからAEへの代替に関する社会的受容性評価 209
    4.1 リスクトレードオフの定量化 209
     4.1.1 定量化アプローチ 209
     4.1.2 リスクトレードオフの推算結果 211
    4.2 代替に関する費用対効果の評価 211
    4.3 NPEやLAS,AEに関する環境影響比較 212
     4.3.1 製造・流通・消費・廃棄の全ライフサイクルの視点から 212
     4.3.2 環境への配慮の視点から 214
    4.4 社会的受容性に関するまとめ 216
   5. 本章のまとめ 216
第Ⅹ章 総まとめ
   1. 暴露評価のまとめ 219
   2. 生態毒性評価のまとめ 221
   3. リスクの推算と判定のまとめ 221
   4. リスク管理対策のまとめ 222
   5. NPEやLASからAEへの代替におけるリスクトレードオフ評価のまとめ 223
   6. 今後の課題 223
   7. 本評価で得られた知見の活用に際しての注意事項 224
第章 外部レビュアーからのコメントと著者らの対応
   浅見真理レビュアーからのコメントと著者らの対応 228
   神田豊輝レビュアーからのコメントと著者らの対応 237
   菊地幹夫レビュアーからのコメントと著者らの対応 244
   高橋由雅レビュアーからのコメントと著者らの対応 251
   花里孝幸レビュアーからのコメントと著者らの対応 256
参考文献 263
索引 277
詳細リスク評価書「アルコールエトキシレート」の特色 xiii
略語集 xv
要約
4.

図書

図書
中西準子 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.7  vii, 322p, 図版7p ; 27cm
シリーズ名: リスク評価の知恵袋シリーズ / 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 産業技術総合研究所化学物質リスク管理研究センター共編 ; 1
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
浦野紘平, 松田裕之共編
出版情報: 東京 : オーム社, 2007.3  x, 209p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 梶原秀夫, 川崎一共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.6  xii, 266p, 図版7p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 22
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 xi
要約
   1. はじめに 1
   2. 媒体別濃度と摂取経路 1
   3. 発生源と排出量 2
   4. 大気濃度分布の推定 2
   5. ヒト健康に対する有害性評価 3
   6. ヒト健康リスク評価 5
   7. 生態リスク評価 6
   8. 排出量削減の経済性評価 9
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 11
   2. トリクロロエチレンの基本的情報 11
    2.1 トリクロロエチレンの物性等 11
    2.2 環境中運命 12
    2.3 生産量・用途等 14
    2.4 日本における法規制の現状 15
   3. 既存のリスク評価結果の概要 17
    3.1 ヒト健康影響に対するリスク評価結果 18
    3.2 生態に対するリスク評価結果 22
   4. 本評価書の対象範囲と目的 27
    4.1 対象範囲 27
    4.2 目的 28
   5. 本評価書の構成 29
   6. 本章のまとめ 29
第Ⅱ章 媒体別濃度と摂取経路
   1. はじめに 31
   2. 媒体別実測濃度 31
    2.1 空気中濃度 31
    2.2 水中濃度 38
    2.3 土壌 44
    2.4 底質 45
    2.5 食品 45
   3. 日本人の主要摂取経路の特定 46
    3.1 摂取量推計に用いる各媒体中濃度の決定 46
    3.2 日本人の媒体別摂取量の推計 46
    3.3 地下水からの暴露 47
   4. 本章のまとめ 48
第Ⅲ章 発生源と排出量
   1. はじめに 49
   2. トリクロロエチレンの製造工程と使用工程 49
    2.1 トリクロロエチレンの代表的な製造工程と排出形態 49
    2.2 トリクロロエチレンの代表的な使用工程と排出形態 52
   3. PRTRデータを用いた排出量推計 55
    3.1 本評価書における発生源分類 55
    3.2 PRTRデータに記載された排出量・移動量 57
    3.3 届出事業所からの排出 59
    3.4 すそ切り以下事業所からの排出 60
   4. PRTRすそ切り以下排出量データの検証 70
    4.1 「業種別推計」と「排出源別推計」の比較 71
    4.2 全国使用量データについて 71
    4.3 平均排出係数について 72
    4.4 すそ切り以下の排出量割合(p値,q値)について 72
   5. 本評価書における排出量推計 74
    5.1 届出排出量 74
    5.2 すそ切り以下排出量 75
    5.3 排出量推計のまとめと考察 78
   6. PRTR対象業種以外からの排出 83
    6.1 廃棄物となった後の排出 83
    6.2 焼却等の2次生成による排出 83
    6.3 自然界での発生 84
    6.4 室内発生源について 85
   7. 排出量分布の推定 85
    7.1 排出量のメッシュヘの割り振り指標 86
    7.2 排出量分布の推定結果 86
   8. 本章のまとめ 90
第Ⅳ章 大気濃度分布の推定
   1. はじめに 91
   2. AIST-ADMERによる大気中濃度計算 91
    2.1 AIST-ADMERの概要と計算条件 91
    2.2 実測値と推定値の比較 92
    2.3 全国の推定濃度分布 96
   3. 高リスク懸念地域の解析 100
    3.1 高リスク懸念地域の選定 100
    3.2 METI-LISモデルの計算条件と人口の仮定 102
    3.3 燕(新潟県) 103
    3.4 諫早(長崎県) 106
    3.5 岡谷(長野県) 108
    3.6 葛飾(東京都) 110
    3.7 周南(山口県) 111
    3.8 邑楽(群馬県) 112
    3.9 高リスク懸念地域のまとめ 113
   4. 本章のまとめ 115
第Ⅴ章 ヒト健康に対する有害性評価
   1. はじめに 117
   2. 非発がん影響の概要 117
    2.1 ヒト 117
    2.2 実験動物 121
   3. 発がん影響 125
    3.1 ヒト 125
    3.2 実験動物 128
    3.3 変異原性 132
   4. 体内動態および代謝 133
    4.1 吸収・排泄 133
    4.2 分布 134
    4.3 代謝 134
    4.4 ヒトにおける代謝 136
    4.5 PBPKモデル 137
   5. 毒性メカニズムに関する研究の状況 138
    5.1 中枢神経系への影響に関わるメカニズム 138
    5.2 マウスにおける肺毒性および肺腫瘍誘発メカニズム 139
    5.3 実験動物における肝毒性および肝腫瘍誘発メカニズム 140
    5.4 ラットにおける腎腫瘍誘発メカニズム 141
    5.5 ラットにおける精巣腫瘍誘発メカニズム 143
   6. 既往の有害性およびリスク評価の状況 143
    6.1 環境庁中央環境審議会大気部会環境基準専門委員会 143
    6.2 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/財団法人 化学物質評価研究機構(CERI) 144
    6.3 欧州 144
    6.4 米国 145
    6.5 オーストラリア 147
    6.6 力ナダ 148
    6.7 ドイツ 149
    6.8 その他の機関による発がん性評価 150
    6.9 既往有害性およびリスク評価のまとめ 150
   7. 本評価書の見解 153
    7.1 非発がん影響 153
    7.2 発がん影響 156
   8 本章のまとめ 160
第Ⅵ章 ヒト健康リスク評価
   1. はじめに 161
   2. 空気経由によるリスク 161
    2.1 発がんリスク評価 161
    2.2 非発がん影響についてのリスク評価 164
   3. 地下水を飲用する場合のリスク 165
   4. 空気経由と地下水経由の比較 166
   5. 本章のまとめ 167
第Ⅶ章 生態リスク評価
   1. 問題設定 171
    1.1 評価エンドポイント 171
    1.2 影響指標と暴露指標 172
   2. 影響評価 173
    2.1 はじめに 173
    2.2 藻類に対する毒性 173
    2.3 甲殻類(動物プランクトン)に対する毒性 174
    2.4 魚類に対する毒性 176
    2.5 水生大型無脊椎動物に対する毒性 178
   3. 暴露評価 178
    3.1 情報源 178
    3.2 全体の概況 179
    3.3 汚染地域における実測水中濃度の平均値と最大値 179
   4. リスクの推算と説明 184
    4.1 評価方法 184
    4.2 解析結果 185
   5. 本章のまとめ 186
第Ⅷ章 排出量削減の経済性評価
   1. はじめに 187
   2. 自主管理計画について 187
   3. 自主管理計画における排出量削減費用の分析 188
    3.1 化学工業関連団体における「1トン削減費用」 189
    3.2 他団体における「1トン削減費用」 191
    3.3 全団体における「1トン削減費用」 193
   4. 排出量削減の費用効果分析 193
    4.1 発がんリスクについての費用効果分析 194
   5. 本章のまとめ 196
第Ⅸ章 結論
   1. はじめに 199
   2. 日本人に対する暴露評価のまとめ 199
    2.1 暴露経路 199
    2.2 発生源と排出量 199
    2.3 大気中濃度 200
   3. ヒトに対する有害性評価のまとめ 200
   4. 日本人の健康リスクについてのまとめ 201
   5. 生態リスク評価のまとめ 202
    5.1 問題設定 202
    5.2 影響評価 202
    5.3 暴露評価 202
    5.4 リスクの推算と説明 202
   6. 事業所における排出量削減の費用対効果のまとめ 203
   7. 今後の課題 203
第Ⅹ章 レビュアーの意見と筆者らの対応
   今井田克己レビュアーからのコメントと筆者らの対応 206
   片谷教孝レビュアーからのコメントと筆者らの対応 208
   小林剛レビュアーからのコメントと筆者らの対応 217
   平尾雅彦レビュアーからのコメントと筆者らの対応 224
   三森国敏レビュアーからのコメントと筆者らの対応 229
   山下俊一レビュアーからのコメントと筆者らの対応 234
参考文献 241
索引 263
略語集 xi
要約
   1. はじめに 1
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
谷口武俊著 ; 「環境リスク管理のための人材養成」プログラム編
出版情報: 吹田 : 大阪大学出版会, 2008.10  xix, 151p ; 19cm
シリーズ名: シリーズ環境リスクマネジメント ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
リスク管理シリーズ巻頭言 iii
環境リスクと意思決定 v
目次 xiii
はしがき xvii
第1講 高度技術社会におけるリスク問題 1
   1 リスクとは何か 1
   2 高度科学技術社会に顕在化しつつあるリスク 3
   3 環境・技術リスク問題の様相 5
    人々の意識・行動 6
    社会的ジレンマ現象 8
    リスク情報の社会的増幅・減衰現象 9
    多発する組織事故 11
   4 リスク問題顕在化の主要因 11
    利害関係者の関与の不完全性 12
    危機感・警戒感の欠如・麻痺・希薄化 13
    組織的リスク対応の不備 14
    法制度上の欠陥 14
    バーチャルリスク,創られたリスク 14
    NIMTO(Not in my trem of office)現象 15
   5 巨大技術システムの事故を考える 15
   6 リスク問題へのアプローチ-リスクマネージャーがもつべきリスクマインド 18
第2講 個人レベルの意思決定と判断バイアス 21
   1 不確実で複雑な状況下での意思決定 21
   2 意思決定のアプローチ 23
    意思決定とは何か 23
    演繹合理主義的(規範的)な意思決定 25
    経験合理主義的な意思決定 27
   3 ヒューリスティクスによるバイアス 29
    ヒューリスティクスによるさまざまな判断バイアス 31
    情報データの解釈に伴うバイアス 34
   4 確率的判断におけるバイアス 35
    確率的判断におけるバイアスを回避するために 42
   5 帰納的推論による判断バイアス 42
    危機的状況に至るシナリオ 43
   6 フレーミングによるバイアスとプロスペクト理論 44
    フレーミング効果による判断バイアス 46
   7 非合理的なコミットメントのエスカレーション 50
    なぜエスカレーションは起こるのか 51
   8 動機付けされたバイアス 52
   9 交渉で陥るバイアス 54
   10 意思決定における公正性・倫理性 55
第3講 集団・組織レベルでのリスク意思決定 59
   1 集団レベルでの意思決定 59
    集団で意思決定する利点と落とし穴 59
    集団浅慮 : ケネディ政権におけるキューバ侵攻 61
   2 組織レベルでの意思決定 62
    組織の意思決定とは 62
    意思決定に影響を及ぼす組織文化 63
    組織の安全文化 64
    安全文化の計測,評価 65
    JCOウラン加工工場臨界事故の事例 69
   3 集団・組織レベルで優れた意思決定をするために 72
    探求型プロセスを効果的に進めるために 73
第4講 社会レベルでのリスク意思決定論 75
   1 HSEリスク問題対処におけるパラダイムシフト 75
   2 環境・技術リスクマネジメントの枠組みと原則 77
    リスクマネジメントの枠組み 78
    リスクマネジメントにおける意思決定の原則 79
   3 環境・技術リスクマネジメントのプロセス 80
    第1段階 : 問題背景の構造化と問題の明確化 80
    第2段階 : リスク評価 87
    第3段階 : 選択肢の検討 90
    第4段階 : 意思決定 94
    第5段階 : 決定事項の実施 95
    第6段階 : 実施結果の評価 96
   4 リスクトレードオフ 97
    オゾン層破壊問題にみるリスクトレードオフの事例 100
   5 社会的なリスク受容レベルとは 102
    英国の全産業を対象としたリスク管理目標の事例 104
    日本の原子力施設の定量的安全目標案の事例 105
第5講 リスク社会への対応を考える 107
   1 リスクガバナンスとは 107
    ガバナンス論議にみられる問題意識 107
    リスクガバナンスへのグローバルな関心の高まり 109
    リスクガバナンスの考え方 110
    リスクガバナンスのアプローチ 110
   2 予防原則を考える 112
    予防原則とは 112
    予防原則の歴史 113
    事例 : 欧州委員会の予防原則適用指針(CEC,2000) 114
    事例分析からの教訓 116
   3 グローバルな環境・技術リスクの類型化とリスク対応基本戦略 118
    リスクプロファイリングの尺度 118
    ギリシャ神話にちなんだ六つのリスク類型 120
    リスクマネジメントの基本戦略 126
   4 Riskword 2020 : リスク社会の将来像 130
    シナリオプランニング 131
    Riskword 2020 プロジェクト 135
参考文献 145
索引 149
リスク管理シリーズ巻頭言 iii
環境リスクと意思決定 v
目次 xiii
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 内藤航, 加茂将史共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.5  xii, 260p, 図版4p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 20
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 xi
要約
   1. はじめに 1
   2. 基本情報 3
    2.1 亜鉛のマテリアルフローと用途 3
    2.2 亜鉛の消費量の経年変化 3
    2.3 亜鉛の法規制等 4
    2.4 公的機関の評価文書の概要 4
   3. 発生源の同定と環境排出量の推定 5
   4. 環境中濃度の把握 7
   5. 生態リスクの定量化 9
    5.1 亜鉛のリスク評価の考え方 9
    5.2 リスク判定値の導出 9
    5.3 リスク判定 10
   6. 高濃度地点の暴露濃度解析 11
   7. リスク削減対策の費用効果分析 12
   8. 亜鉛の生態リスク管理・対策のあり方 13
   9. 今後の課題 17
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 19
   2. 本評価書の目的と特徴 20
   3. 本評価書の構成 21
第Ⅱ章 基本情報
   1. はじめに 25
   2. 亜鉛の歴史 25
   3. 亜鉛鉱山 26
   4. 亜鉛の物理化学的特性 26
   5. 亜鉛の生産と用途 28
    5.1 亜鉛のマテリアルフロー 28
    5.2 亜鉛の用途 29
    5.3 亜鉛消費量の経年変化 30
   6. 亜鉛の法規制 31
    6.1 日本における亜鉛の法規制 31
    6.2 水生生物の保全に係る亜鉛の水質環境基準と排水規制 32
    6.3 諸外国における水生生物保全に係る亜鉛の水質目標値等 36
   7. 公的機関の評価文書の概要 37
    7.1 US EPA 37
    7.2 WHO/IPCS 38
    7.3 EU 39
   8. まとめ 40
第Ⅲ章 発生源の同定と環境排出量の推定
   1. はじめに 43
   2. 対象とした亜鉛の発生源・排出経路 44
   3. PRTRによる排出・移動量の概観 46
   4. 亜鉛の各ライフステージからの環境排出量 : 点源からの排出 47
    4.1 鉱山および生産段階からの排出 48
     4.1.1 亜鉛の採鉱・選鉱と排出 48
     4.1.2 亜鉛の製錬と排出 49
     4.1.3 亜鉛の生産段階からの排出量の把握 49
    4.2 体廃止鉱山からの排出量の推算 50
    4.3 各種製造業および化学工業からの排出量 52
    4.4 廃棄物処理業からの排出量 54
    4.5 下水処理場からの排出量 54
    4.6 その他の業種からの排出量 54
    4.7 PRTRにおける排出量と排出量総合調査による推定排出量との比較 55
   5. 亜鉛含有製品の使用等非特定汚染源からの排出 56
    5.1 自動車等のタイヤの摩耗に伴う亜鉛排出量の推計 56
     5.1.1 推計方法 56
     5.1.2 入力データとパラメータ 57
     5.1.3 タイヤ摩耗由来の亜鉛排出量推計結果 58
     5.1.4 タイヤ摩耗由来の亜鉛の河川への到達量 59
    5.2 亜鉛めっき製品の腐食・流出に伴う亜鉛排出量の推計 61
     5.2.1 推計方法 62
     5.2.2 亜鉛めっき製品の蓄積暴露表面積の算出 62
     5.2.3 腐食・流出速度係数 65
     5.2.4 亜鉛めっき製品由来の亜鉛排出量推計結果 68
     5.2.5 亜鉛めっき製品由来の亜鉛の河川への到達量 68
    5.3 生活系からの排出 70
    5.4 家畜由来 72
    5.5 大気からの沈着 72
    5.6 農薬由来 74
   6. 自然由来等その他の発生源について 76
   7. 排出量推定に関連する不確実性の考察 77
   8. 亜鉛の発生源と排出量のまとめ 78
第Ⅳ章 環境中濃度の把握
   1. はじめに 81
   2. モニタリングデータの把握 82
    2.1 水質 82
     2.1.1 水質モニタリングデータとその整備 82
     2.1.2 水質モニタリングデータの特徴 82
    2.2 堆積物(底質) 85
    2.3 土壌 85
    2.4 生物蓄積 88
   3. 公共用水域の亜鉛濃度分布 88
    3.1 淡水域のモニタリングデータの分布 88
    3.2 海域のモニタリングデータの分布 90
   4. 亜鉛高濃度地点の類型化分析 90
    4.1 亜鉛高濃度地点の定義 90
    4.2 亜鉛高濃度地点の分類 90
     4.2.1 分類に用いた資料 91
     4.2.2 亜鉛高濃度地点の主たる亜鉛負荷源 92
     4.2.3 高濃度地点の分類 92
    4.3 各分類の特徴 93
     4.3.1 鉱山 93
     4.3.2 工場・事業場 94
     4.3.3 下水処理場 95
     4.3.4 工場・事業場と下水処理場 95
     4.3.5 負荷源が不明な地点 96
     4.3.6 類型化した各亜鉛高濃度地点の特徴 97
   5. まとめ 97
   付録 環境中亜鉛濃度の推定に用いたモニタリングデータの処理法 98
第Ⅴ章 水生生物に対するリスクの定量化
   1. はじめに 101
   2. 問題設定 102
   3. 影響評価 104
    3.1 急性毒性 105
     3.1.1 淡水域の生物 105
     3.1.2 海域の生物 106
     3.1.3 急性毒性まとめ 107
    3.2 慢性毒性 107
     3.2.1 淡水域の生物 107
     3.2.2 海域の生物 112
   4. 個体レベルの種の感受性分布作成とリスク判定値の決定 113
    4.1 種の感受性分布のデータ選択 113
    4.2 毒性と硬度 114
    4.3 個体レベルの種の感受性分布 116
   5. 個体群レベルの種の感受性分布作成とリスク判定値の決定 118
    5.1 各種での闘値濃度の算出 119
     5.1.1 藻類 119
     5.1.2 微生物 120
     5.1.3 タマミジンコ 121
     5.1.4 魚類 121
    5.2 個体群レベルの種の感受性分布の作成 124
   6. リスク判定 124
    6.1 リスク判定結果 124
    6.2 HC超過地点の特徴 125
    6.3 PHC超過地点の特徴 126
    6.4 有機物の影響 133
   7. まとめ 134
   付録 実環境における亜鉛の水生生物への影響 135
   付録1 野外において観察される亜鉛の影響 135
   付録2 抵抗性 139
   付録3 Biotic Ligand Model 143
第Ⅵ章 高濃度水域の詳細暴露解析
   1. はじめに 145
   2. 高濃度水域の暴露解析 145
    2.1 石津川 146
     2.1.1 石津川の概要 146
     2.1.2 流量と亜鉛負荷量の変化と負荷源別寄与率 149
     2.1.3 排水基準の強化による河川中亜鉛濃度および生態リスクの変化 151
    2.2 粕川 152
     2.2.1 粕川の概要 152
     2.2.2 流量と亜鉛負荷量の変化と負荷源別寄与率 152
     2.2.3 排水基準の強化による河川中亜鉛濃度および生態リスクの変化 157
    2.3 碓氷川 157
     2.3.1 碓水川の概要 157
     2.3.2 流量と亜鉛負荷量の変化と負荷源別寄与率 161
     2.3.3 排水基準の強化による河川中亜鉛濃度および生態リスクの変化 163
    2.4 境川 163
     2.4.1 境川の概要 163
     2.4.2 晴天時における亜鉛負荷の評価 164
     2.4.3 雨天時における亜鉛負荷の評価 169
   3. まとめ 173
第Ⅶ章 リスク削減対策の費用効果分析
   1. はじめに 177
   2. 事業場における対策 177
    2.1 工程内対策 177
    2.2 エンドオブパイブ対策 178
     2.2.1 凝集沈殿法 178
     2.2.2 吸着法(イオン交換法・キレート樹脂吸着) 180
     2.2.3 磁気分離法(フェライト法) 181
    2.3 事業場における亜鉛含有排水の処理の実態 181
     2.3.1 電気めっき事業場 181
     2.3.2 溶融亜鉛めっき事業場 182
     2.3.3 非鉄金属鉱業 183
     2.3.4 日本鉄鋼連盟 183
     2.3.5 日本化学工業協会(日本無機薬品協会) 184
    2.4 事業場における排水中亜鉛濃度削減対策の費用対効果 184
     2.4.1 事業場当たりの費用 184
     2.4.2 業種別の費用対効果 185
     2.4.3 既往報告にみる業界における亜鉛削減対策の効果 186
    2.5 高濃度地点の亜鉛濃度削減に対する費用対効果 189
    2.6 河川中濃度削減対策効率の指標化 192
   3. 事業場以外の主たる負荷源における対策の可能性 194
    3.1 体廃止鉱山 194
    3.2 非点源 196
    3.3 下水処理場 198
    3.4 未処理生活排水対策 198
   4. まとめ 199
第Ⅷ章 結論
   1. はじめに 201
   2. 本評価書のまとめ 201
   3. 総括 : 亜鉛の生態リスク管理・対策のあり方について 203
   4. 今後の課題 208
第Ⅸ章 外部レビュアーからのコメントと筆者らの対応
   菊地幹夫レビュアーからのコメントと筆者らの対応 212
   田中宏明レビュアーからのコメントと筆者らの対応 215
   長谷川眞理子レビュアーからのコメントと筆者らの対応 223
   福島武彦レビュアーからのコメントと筆者らの対応 227
   山本光修レビュアーからのコメントと筆者らの対応 233
参考文献 241
索引 257
略語集 xi
要約
   1. はじめに 1
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 石川百合子, 川崎一共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.2  xiv, 219p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 xiii
要約
   第Ⅰ章 序論 1
   第Ⅱ章 クロロホルムに関する基本的情報 2
   第Ⅲ章 発生源および環境排出量の推定 2
   第Ⅳ章 環境中濃度 5
   第Ⅴ章 ヒト健康の有害性評価 6
   第Ⅵ章 ヒト健康のリスク評価 7
   第Ⅶ章 生態リスク評価 10
   第Ⅷ章 排出削減対策の現状 10
   第Ⅸ章 結論 11
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 13
   2. 本評価書の目的および対象範囲 14
   3. 本評価書の構成 14
第Ⅱ章 クロロホルムに関する基本的情報
   1. はじめに 17
   2. 物性情報 17
    2.1 化学物質の同定情報 17
    2.2 物理化学的性状 17
    2.3 製造方法 18
   3. 環境動態 19
    3.1 大気中における反応 19
    3.2 水中における反応 20
    3.3 土壌中における反応 21
    3.4 生物濃縮 21
   4. 生産量と用途 22
   5. 日本における法規制 22
   6. 既存のリスク評価書の概要 23
第Ⅲ章 発生源および環境排出量の推定
   1. はじめに 27
   2. 発生源 27
    2.1 自然発生源 27
    2.2 人為発生源 28
   3. PRTRデータ 29
    3.1 PRTRデータの経年変化 29
    3.2 PRTR届出排出量 30
    3.3 PRTR届出外排出量 33
   4. 環境排出量の推定 33
    4.1 PRTRデータに基づく環境排出量 33
    4.2 未把握の発生源に関する考察 35
    4.3 未把握の発生源からの排出量の推定 36
     4.3.1 浄水場 36
     4.3.2 下水処理場 37
     4.3.3 浄化槽 37
     4.3.4 工場排水処理施設 38
     4.3.5 未把握発生源からの推定排出量のまとめ 39
第Ⅳ章 環境中濃度
   1. はじめに 41
   2. 分析方法 41
    2.1 大気 41
    2.2 公共用水域 41
   3. モニタリング結果の概要 42
    3.1 大気 42
     3.1.1 全国の暴露濃度分布 42
     3.1.2 高濃度地点の考察 43
    3.2 公共用水域 47
     3.2.1 全国の暴露濃度分布 47
     3.2.2 高濃度地点の考察 49
    3.3 底質および土壌 50
    3.4 食物 50
    3.5 水道水 51
    3.6 下水処理水 52
    3.7 室内空気 53
     3.7.1 全国の室内空気中濃度 53
     3.7.2 一般家庭の室内空気中濃度 53
     3.7.3 屋内プールの室内空気中濃度 54
   4. 環境媒体別濃度のまとめ 55
第Ⅴ章 ヒト健康の有害性評価
   1. はじめに 57
   2. 有害性プロファイル 58
    2.1 非発がん影響 58
     2.1.1 ヒト 58
     2.1.2 実験動物 58
    2.2 発がん影響 63
     2.2.1 ヒト 63
     2.2.2 実験動物 65
     2.2.3 遺伝毒性 68
     2.2.4 発がんイニシエーション作用およびプロモーション作用 69
     2.2.5 国際機関での発がん性評価 70
    2.3 吸収,代謝,体内分布,排泄 71
     2.3.1 吸収 71
     2.3.2 分布 72
     2.3.3 代謝 72
     2.3.4 排泄 74
     2.3.5 クロロホルムに関する生理学的薬物動態(PBPK)モデル 74
    2.4 毒性発現メカニズム 75
     2.4.1 クロロホルムの代謝と毒性 75
     2.4.2 グルタチオンレベルと活性 76
     2.4.3 投与溶媒による毒性発現の違い 76
     2.4.4 鼻腔における非腫瘍性変化 77
     2.4.5 吸入暴露による発がんと細胞増殖 77
     2.4.6 飲水暴露による発がんと細胞増殖 78
     2.4.7 強制経口投与による発がんと細胞増殖 78
     2.4.8 細胞障害性と暴露指標 79
   3. 有害性評価およびリスク評価の状況 79
    3.1 World Health Organization(2006) 80
    3.2 中央環境審議会大気環境部会 健康リスク総合専門委員会(2006) 80
    3.3 化学物質評価研究機構・製品評価技術基盤機構(化評研・製評機構)(2005) 81
    3.4 日本産業衛生学会(2005) 82
    3.5 環境省環境管理局(2004) 82
    3.6 WHO-IPCS(2004) 82
    3.7 環境省環境保健部環境リスク評価室(2003) 83
    3.8 厚生労働省(2003) 84
    3.9 U.S.EPA(2001) 84
    3.10 オランダRIVM(Baars et al.,2001) 86
    3.11 Environment Canada and Health Canada(2000) 86
    3.12 ATSDR(1997) 87
    3.13 用量-反応評価に関する公表論文 88
    3.14 まとめ 90
   4. 定量的有害性評価における論点と本評価書の見解 95
    4.1 非発がん性 95
     4.1.1 毒性および毒性発現機序 95
     4.1.2 定量的な評価 95
    4.2 発がん性 98
     4.2.1 発がん性および発がん機序 98
     4.2.2 発がん性の定量的なリスク評価 98
    4.3 まとめ 99
第Ⅵ章 ヒト健康のリスク評価
   1. はじめに 101
   2. 暴露評価 101
    2.1 吸入暴露による年平均暴露濃度の推定 101
    2.2 経口暴露による平均1日摂取量の推定 103
    2.3 経皮暴露による平均1日体内吸収量の推定 104
   3 リスクの判定 106
    3.1 リスクの判定方法 106
    3.2 吸入暴露のリスク判定 107
    3.3 経口暴露のリスク判定 108
    3.4 経皮暴露のリスク判定 108
   4. ヒト健康リスクのまとめ 109
   第Ⅶ章 生態リスク評価
   1. はじめに 111
    1.1 本章の構成 111
    1.2 日本における生物保全に係るクロロホルムの管理の現状 112
   2. 既往のクロロホルムの生態リスク評価のレビュー 113
    2.1 既往の公的リスク評価文書の概要 113
    2.2 既往の生態リスク評価における結果の違いについての考察 115
     2.2.1 基準毒性値およびPNECにおける違いとその原因 115
     2.2.2 予測環境中濃度(PEC)の違いとその原因 118
     2.2.3 リスク判定結果の違いとその原因 118
    2.3 既往の評価文書の比較から示唆される生態リスク評価におけるキーポイント 118
   3. 問題設定 118
    3.1 評価エンドポイント 119
     3.1.1 対象とする生物 119
    3.2 影響指標 119
    3.3 暴露指標 120
    3.4 リスク判定法 120
     3.4.1 リスク判定の流れ 120
     3.4.2 リスク評価手法の概要 121
     3.4.3 手法1 : 最も小さい慢性毒性値の値を用いた解析 122
     3.4.4 手法2 : 種の5%影響濃度(HC)を用いた解析 122
     3.4.5 手法3 : 種の期待影響割合(EPAF)を用いた解析 122
     3.4.6 上記の3手法の特徴 123
    3.5 信頼性評価の扱い 124
   4. 暴露評価 125
    4.1 暴露指標 125
    4.2 公共用水域測定データ 125
    4.3 環境中濃度分布の推定 126
    4.4 リスク評価において使用する暴露指標 126
   5. 影響評価 127
    5.1 毒性試験データの収集と分類 127
     5.1.1 毒性試験データの収集 127
     5.1.2 急性毒性試験と慢性毒性試験の区別について 127
     5.1.3 急性毒性試験と慢性毒性試験のリスク評価における扱いについて 128
     5.1.4 慢性毒性試験において毒性データとして採用するエンドポイントについて 128
    5.2 慢性毒性試験データのまとめ 128
     5.2.1 藻類・水生植物・原生動物に対する慢性毒性 128
     5.2.2 甲殻類に対する慢性毒性 129
     5.2.3 魚類に対する慢性毒性 129
     5.2.4 両生類に対する慢性毒性 129
     5.2.5 (補足)魚類・両生類のデータからのNOECの算出法 129
    5.3 慢性毒性試験データの信頼性評価 133
     5.3.1 信頼性評価の方針と基準 133
     5.3.2 Birgeらのグループが行った一連の毒性試験の信頼性評価 136
     5.3.3 その他の慢性毒性試験の信頼性評価 138
     5.3.4 信頼性評価のまとめ 139
    5.4 毒性評価のまとめ 139
     5.4.1 分類群による感受性の違い 139
     5.4.2 最も小さい慢性毒性値のまとめ 140
     5.4.3 種の感受性分布 141
   6. 生態リスク判定 142
    6.1 データの信頼性の違いに基づいた2つのシナリオ設定 142
    6.2 手法1(最も小さいNOECを用いた解析)によるリスク判定 144
    6.3 手法2(種の5%影響濃度(HC)を用いた解析)によるリスク判定 144
    6.4 手法3(種の期待影響割合(EPAF)を用いた解析)によるリスク判定 144
    6.5 リスク判定の結論 146
   7. 考察 146
    7.1 高濃度地点に対する評価および対策 146
     7.1.1 高濃度地点データの解析 147
     7.1.2 高濃度地点における潜在的なリスクの評価 147
     7.1.3 リスク管理対策 149
    7.2 水生生物以外の生物へのリスク 149
     7.2.1 陸生動物へのリスク 149
     7.2.2 土壌中生物および陸生植物へのリスク 150
    7.3 リスク評価における不確実性 150
     7.3.1 毒性評価における不確実性 150
     7.3.2 暴露評価における地域間外挿に伴う不確実性 153
     7.3.3 種の期待影響割合(EPAF)を用いたリスク比較に伴う不確実性 153
     7.3.4 不確実性係数の妥当性 154
   8. まとめ 155
    8.1 生態リスク評価結果 155
    8.2 今後の課題 155
   補遺A : リスク評価法の概念と手法についての解説 156
    A.1 ハザード比法 156
    A.2 暴露マージン法 157
    A.3 種の5%影響濃度(HC)を用いた解析 158
    A.4 手法3 : 種の期待影響割合(EPAF)を用いた解析 160
   補遺B : 急性毒性について l61
    B.1 急性毒性試験のまとめ 161
    B.2 急性毒性試験において最も感受性が高い種によるリスク評価 161
第Ⅷ章 排出削減対策の現状
   1. はじめに 165
   2. 有害大気汚染物質の自主管理計画 165
   3. 紙パルブ産業の無塩素漂白の取り組み 167
   4. 水道事業におけるトリハロメタン低減化対策 167
   5. 代替物質の導入 168
   6. まとめ 169
第Ⅸ章 結論
   1. はじめに 171
   2. 本評価書で得られた結果 171
    2.1 発生源および環境排出量 171
    2.2 ヒト健康の有害性評価およびリスク評価 172
    2.3 生態リスク評価 174
   3. 今後の課題 175
第Ⅹ章 外部レビュアーのコメントと著者らの対応
   今井田克己レビュアーのコメントと著者らの対応 178
   金見拓レビュアーのコメントと著者らの対応 180
   五箇公一レビュアーのコメントと著者らの対応 185
   神野透人レビュアーのコメントと著者らの対応 190
   三森国敏レビュアーのコメントと著者らの対応 194
参考文献 199
索引 217
略語集 xiii
要約
   第Ⅰ章 序論 1
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 牧野良次共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.6  xii, 237p, 図版4p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 25
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 xi
要約
   第Ⅰ章 序論 1
   第Ⅱ章 環境媒体中濃度モニタリング結果 3
   第Ⅲ章 排出量推計 3
   第Ⅳ章 有害性評価 5
   第Ⅴ章 暴露評価 6
   第Ⅵ章 リスクの判定 8
   付録 QOLによるリスク定量化と対策の経済分析 9
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 13
   2. 基礎的情報 14
    2.1 キシレンの物性等 14
    2.2 環境動態 14
     2.2.1 大気中での分解 15
     2.2.2 水中での分解 16
     2.2.3 生物濃縮性 17
     2.2.4 環境中での分配 17
    2.3 製造方法,製造量,輸出/輸入量 18
     2.3.1 製造方法 18
     2.3.2 製造量 18
     2.3.3 輸出/輸入量 19
    2.4 主たる用途 19
    2.5 わが国における法規制等 20
   3. 既往リスク評価結果のまとめ 20
    3.1 カナダ(Environment Canada, Health Canada,1993) 21
    3.2 米国(ATSDR,1995) 22
    3.3 世界保健機関(WHO,1997) 23
    3.4 厚生省(2000) 24
    3.5 オランダ(RIVM,2001) 24
    3.6 環境省(2002) 25
    3.7 米国(U.S. EPA,2003) 27
    3.8 CERI & NITE(2005) 27
    3.9 IARC(1999) 29
   4. 本評価書の対象 29
   5. 本評価書の目的 30
   6. 本評価書の構成 30
   7. 本章のまとめ 31
第Ⅱ章 環境媒体中濃度モニタリング結果
   1. はじめに 33
   2. 大気環境中キシレン濃度 33
    2.1 一般環境大気(屋外大気)中キシレン濃度 33
     2.1.1 環境庁(1999) 33
     2.1.2 厚生省(1999) 35
     2.1.3 東京都(2004) 36
     2.1.4 奈良県(1999~2006) 38
    2.2 沿道における大気中キシレン濃度について 39
    2.3 室内空気中キシレン濃度 40
     2.3.1 厚生省(1999) 40
     2.3.2 国土交通省(2006a) 44
     2.3.3 文部科学省(2001) 44
    2.4 大気環境中キシレン濃度のまとめ 45
   3. 水環境中キシレン濃度 46
    3.1 公共用水域 46
    3.2 水道水 47
   4. その他の媒体中キシレン濃度 47
   5. 本章のまとめ 48
第Ⅲ章 排出量推計
   1. はじめに 49
   2. 2005(平成17)年度PRTR集計結果 50
    2.1 集計結果の概要 50
    2.2 対象業種届出事業所および裾切り以下事業所 51
    2.3 非対象業種 53
    2.4 家庭 55
    2.5 移動体 56
   3. PRTR集計結果以外の情報 57
    3.1 フロアーポリッシュ(フロアーワックス) 57
    3.2 油性筆記具 58
    3.3 塗料 59
   4. PRTR集計結果の妥当性チェック 60
   5. 排出量の5km×5kmグリッドへの配分 62
   6. 本章のまとめ 65
第Ⅳ章 有害性評価
   1. はじめに 67
   2. 体内動態 67
    2.1 吸収・分布 67
    2.2 代謝 68
    2.3 排泄 68
   3. 有害性情報 70
    3.1 ヒトへの健康影響 70
     3.1.1 全身毒性 70
     3.1.2 刺激性および皮膚感作性 71
     3.1.3 神経影響 72
     3.1.4 生殖発生毒性 73
     3.1.5 遺伝毒性 74
     3.1.6 発がん影響 74
    3.2 実験動物への影響 75
     3.2.1 全身毒性 76
     3.2.2 神経影響 81
     3.2.3 生殖発生毒性 86
     3.2.4 遺伝毒性 88
     3.2.5 発がん影響 91
   4. 毒性発現メカニズム 91
    4.1 神経影響 91
    4.2 生殖発生毒性 91
   5. 既往有害性評価の状況 91
    5.1 Environmental Canada, Health Canada(1993) 93
    5.2 ATSDR(1995) 93
    5.3 WHO(1997) 94
    5.4 厚生省(2000) 95
    5.5 RIVM(2001) 96
    5.6 環境省(2002) 96
    5.7 U.S.EPA(2003) 97
    5.8 CERI & NITE(2005) 97
    5.9 発がん性評価 98
    5.10 既往有害性評価の変遷 98
     5.10.1 ATSDR(1995) : 中期 Hass & Jakobsen(1993),長期 Uchida, et al.(1993) 99
     5.10.2 WHO(1997) : Hass & Jakobsen(1993) 99
     5.10.3 厚生省(2000) : Hass & Jakobsen(1993) 100
     5.10.4 RIVM(2001) : Hass & Jakobsen(1993) 100
     5.10.5 環境省(2002) : Uchida, et al.(1993) 100
     5.10.6 U.S.EPA(2003) : Korsak, et al.(1994) 100
     5.10.7 CERI & NITE(2005) : Korsak, et al.(1994) 100
   6. リスク評価に向けた考察 101
    6.1 評価の枠組 101
    6.2 キシレンの各異性体間の毒性比較 102
    6.3 エンドポイントおよびNOAELの選択 103
第Ⅴ章 暴露評価
   1. はじめに 109
   2. 本章で分析対象とする暴露経路の特定 109
   3. 吸入経路の個人暴露濃度分布の推定方法 111
   4. 広域大気中濃度分布を用いた暴露濃度人口分布の推計 112
   5. AIST-ADMERによる推定値の現況再現性に関する検証 114
   6. 高排出高人口密度事業所周辺の大気中濃度分布の推計 117
    6.1 高排出高人口密度事業所の選定 117
    6.2 計算条件 118
    6.3 推定結果 119
   7. 室内発生源寄与濃度の長期平均値の家庭間分布推定 121
    7.1 室内発生源寄与濃度の推定の枠組 121
    7.2 住宅新築寄与濃度と日常生活寄与濃度 122
     7.2.1 矢部&波多野(2005)に基づく検討 123
     7.2.2 日本塗料工業会(2004)に基づく検討 125
     7.2.3 斎藤ら(1999)に基づく検討 126
    7.3 モニタリング濃度に基づく日常生活寄与濃度の長期平均値の家庭間分布推定 127
    7.4 ワンボックスモデルに基づく日常生活寄与濃度の長期平均値の家庭間分布推定 131
     7.4.1 ワンボックスモデル 131
     7.4.2 パラメータの分布の設定 132
     7.4.3 シミュレーション結果 138
    7.5 モニタリング濃度に基づく日常生活寄与濃度を最もよく再現するケースの選択 139
   8. 屋外濃度分布と室内発生源寄与濃度分布の結合 141
   9. 本章のまとめ 143
第Ⅵ章 リスクの判定
   1. はじめに 145
   2. 参照濃度の導出 146
   3. 全国レベルの評価 147
   4. 高排出高人口密度事業所周辺の評価 148
   5. リスク判定結果に関する考察 149
   6. 本章のまとめ 150
第Ⅶ章 外部レビュアーからのコメントと筆者らの対応
   三森国敏レビュアーからのコメントと筆者らの対応 154
   今井田克己レビュアーからのコメントと筆者らの対応 159
   中井里史レビュアーからのコメントと筆者らの対応 162
   久米政文レビュアーからのコメントと筆者らの対応 180
付録 QOLによるリスク定量化と対策の経済分析
   1. はじめに 183
   2. QOLに基づくリスク評価 184
    2.1 QOL,QALYsおよび損失QALYs 184
    2.2 総年間損失QALYs 185
    2.3 評価方法 186
    2.4 有害影響の閾値に関する考え方について 187
   3. リスク評価結果 190
    3.1 キシレン暴露に関するヒト疫学研究(Uchida, et al.,1993)に基づく評価 190
     3.1.1 評価エンドポイントおよび用量反応関数 191
     3.1.2 QOLの推定 193
     3.1.3 総年間損失QALYsの推定 194
    3.2 トルエン暴露に関するヒト疫学研究(Ukai, et al.,1993)に基づく評価 196
     3.2.1 トルエンに関する疫学研究結果の利用妥当性の検討 196
     3.2.2 評価エンドポイント,用量反応関数,およびQOL 200
     3.2.3 総年間損失QALYsの推計 201
   4. 総年間損失QALYsに基づくリスク評価についての考察 202
    4.1 Uchida, et al.,(1993)に基づく評価結果とUkai, et al.,(1993)に基づく評価結果の比較 202
    4.2 総年間損失QALYsの寄与分解 203
    4.3 トルエンのヒト健康リスク評価結果との比較 204
   5. 総年間損失QALYsを用いた評価の問題点および今後の課題 205
   6. リスク削減対策の内容および分析方法の概要 207
   7. 屋外対策に関する費用効果分析 208
    7.1 対策の内容 208
    7.2 費用 208
    7.3 リスク削減効果 210
    7.4 費用対効果 212
   8. 室内対策に関する費用効果分析 212
    8.1 対策の内容 212
    8.2 費用 212
    8.3 キシレン濃度低下によるリスク削減効果 213
    8.4 トルエン濃度低下によるリスク削減効果 215
    8.5 費用対効果 216
   9. 屋外対策と室内対策の効率性の比較 217
   10. 他物質を対象としたリスク削減対策の効率性との比較 218
   11. 本付録のまとめ 218
参考文献 221
索引 233
略語集 xi
要約
   第Ⅰ章 序論 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼