close
1.

図書

図書
玄侑宗久著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2008.11  217p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
宮坂宥勝校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1964.8  478p, 図版[1]枚 ; 22cm
シリーズ名: 日本古典文學大系 ; 83
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
横川法語 / 源信
一枚起請文 / 法然
覺海法橋法語 / 覺海
栂尾明惠上人遺訓 / 明恵
道範消息 / 道範
一遍上人語録 / 一遍
妻鏡 / 無住
一言芳談
佛法夢物語 / 知道
眞言内證義 / 北畠親房
盲安杖 / 鈴木正三
萬民徳用 / 鈴木正三
反故集 / 鈴木正三
玉かがみ / 以空
祕密安心又略 / 法住
人となる道 / 慈雲
慈雲短篇法語 / 慈雲
横川法語 / 源信
一枚起請文 / 法然
覺海法橋法語 / 覺海
3.

図書

図書
小池龍之介著
出版情報: 東京 : 小学館, 2010.2  222p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
酒井雄哉, 茂木健一郎著
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2010.2  209p ; 18cm
シリーズ名: 朝日新書 ; 219
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
枡野俊明著
出版情報: 東京 : 幻冬舎, 2012.6  209p ; 19cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小池龍之介著
出版情報: 東京 : サンガ, 2012.6  253p ; 18cm
シリーズ名: サンガ新書 ; 054
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
南直哉著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2011.10  243p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 9279, み-46-2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
小池龍之介著
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2011.10  228p ; 18cm
シリーズ名: 朝日新書 ; 318
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
枡野俊明著
出版情報: 東京 : 三笠書房, [2013.9]  222p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 さっさと減らそう、手放そう、忘れよう—禅的、不安と悩みの遠ざけ方 : “妄想”しない—禅が教える、「比べない生き方」
「いま」に集中する—「自分を大切にする」とは、こういうこと ほか
2章 「いま」できることだけに集中する—すると、「余計なこと」は考えなくなる : 「あたりまえ」を見直す—いま、ここにある幸せに気づく
あせらない、あわてない—毎日一回、必ず「立ち止まる」 ほか
3章 「競争」から一歩離れると、うまくいく—人は人、私は私、という考え方 : 「勝負」にこだわらない—勝っても負けても同じ、ということ
コツコツ続ける—人の才能をうらやむ前にやるべきこと ほか
4章 人間関係が驚くほどラクになるヒント—いい縁の結び方、悪い縁の切り方 : 「縁」を大切にする—その人に出会えたのは“偶然”じゃない
「いい縁」を結ぶ—“良縁スパイラル”のつくり方 ほか
5章 「悩み方」を変えると、人生は好転する—お金、老い、病気、死...について : 「お金」について—「もっと欲しい」と思うから苦しくなる
「年をとる」ことについて—「許せること」が増えていくのは、幸せなこと ほか
1章 さっさと減らそう、手放そう、忘れよう—禅的、不安と悩みの遠ざけ方 : “妄想”しない—禅が教える、「比べない生き方」
「いま」に集中する—「自分を大切にする」とは、こういうこと ほか
2章 「いま」できることだけに集中する—すると、「余計なこと」は考えなくなる : 「あたりまえ」を見直す—いま、ここにある幸せに気づく
概要: 余計な悩みを抱えないように、他人の価値観に振り回されないように、無駄なものをそぎ落として、限りなくシンプルに生きる。禅僧にして、大学教授、庭園デザイナーとしても活躍する著者がやさしく語りかける「人生のコツ」。
10.

図書

図書
小池龍之介著
出版情報: 東京 : 幻冬舎, 2014.3  241p ; 18cm
シリーズ名: 幻冬舎新書 ; 339
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 つながりすぎない : 入ってくる情報が増えれば増えるほど心は乱れる
相手を屈服させて自分の価値を実感するという愚かしさ ほか
第2章 イライラしない : 自分は何に怒りっぽいのかをチェックしてみる
悪意のない愚かさに怒っても疲れるだけ ほか
第3章 言い訳しない : 知人が高く評価されるとなぜ反射的に否定したくなるのか
妬みはごく自然な感情、恥ずべきことではない ほか
第4章 せかさない : 坐禅瞑想で、鈍感になった脳をリセットする
ものごとに集中するには、頑張りすぎず、だらけすぎず ほか
第5章 比べない : 健康に執着し、自分が老いて死ぬことを忘れている愚かさ
どんな環境でも、今ここを「心が静かになる場所」にする ほか
第1章 つながりすぎない : 入ってくる情報が増えれば増えるほど心は乱れる
相手を屈服させて自分の価値を実感するという愚かしさ ほか
第2章 イライラしない : 自分は何に怒りっぽいのかをチェックしてみる
概要: メールの返信が遅いだけで「嫌われているのでは」と不安になる。友達が誉められただけで「自分が低く評価されたのでは」と不愉快になる。人はこのように目の前の現実に勝手に「妄想」をつけくわえ、自分で自分を苦しめるもの。煩悩に苛まれるとき役に立つのは 、立ち止まって自分の内面を丁寧に見つめること。辛さから逃れようとして何か「する」のでなく、ただ内省により心を静める「しない」生活を、ブッダの言葉をひもときながら稽古。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼