close
1.

図書

図書
ロウエル W.フォスター著 ; 五十嵐正人, 松下光祥訳
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1972  286p ; 31cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
中村哲夫著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2013.12  vi, 197p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 幾何公差方式の基本
2章 : 寸法公差と幾何公差の関係
3章 : 形状公差の解釈と測定評価
4章 : 姿勢公差の解釈と測定評価
5章 : 位置公差の解釈と測定評価
6章 : 輪郭度公差の解釈と測定評価
7章 : 振れ公差の解釈と測定評価
1章 : 幾何公差方式の基本
2章 : 寸法公差と幾何公差の関係
3章 : 形状公差の解釈と測定評価
概要: 幾何公差方式は、設計技術者ばかりでなく加工・生産技術・品質保証に関わる技術者にとっても必須のツールです。各種の幾何公差の解釈とそれを測定評価する手法を実務的に解説します。
3.

図書

図書
小池忠男著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2019.4  vii, 197p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 幾何公差の基本事項
第2章 : 形状公差の使い方・表し方
第3章 : 姿勢公差の使い方・表し方
第4章 : 位置公差の使い方・表し方
第5章 : 輪郭度公差の使い方・表し方
第6章 : 振れ公差の使い方・表し方
第7章 : 特別な公差方式の使い方・表し方
第8章 : 普通幾何公差の使い方・表し方
第1章 : 幾何公差の基本事項
第2章 : 形状公差の使い方・表し方
第3章 : 姿勢公差の使い方・表し方
概要: 世界に通用する図面づくり。
4.

図書

図書
プラーナー編 ; 高戸雄二, 名取久仁春, 木下悟志共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2015.4  vii, 175p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第0章 : 公差設計と幾何公差
第1章 : 幾何公差に対する誤解と必要性
第2章 : 幾何公差の特徴
第3章 : データム
第4章 : データム、幾何公差の図示方法、公差域
第5章 : 形状公差
第6章 : 姿勢公差と振れ公差
第7章 : 位置公差
第8章 : 普通公差、最大実体公差方式
第9章 : 新しい計測技術と幾何公差の今後
第0章 : 公差設計と幾何公差
第1章 : 幾何公差に対する誤解と必要性
第2章 : 幾何公差の特徴
概要: 図面の品質向上、工数削減、コストダウン、「ものづくり」に携わる、すべてのエンジニア必読の一冊。
5.

図書

図書
公差便覧編集委員会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1964  710,268p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小池忠男著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2018.1  v, 213p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 「サイズ形体」を理解する
第2章 : 「データム系」を理解する
第3章 : 「幾何公差」を整理する
第4章 : 「位置度」の使い方を究める
第5章 : 「輪郭度」の使い方を究める
第6章 : 「機械図面」をリニューアルする
第1章 : 「サイズ形体」を理解する
第2章 : 「データム系」を理解する
第3章 : 「幾何公差」を整理する
概要: 本当に世界に通用する「図面」をつくる製図ノウハウ。
7.

図書

図書
山田学著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2017.1  vii, 226p ; 21cm
シリーズ名: 図面って、どない描くねん! : わかりやすくやさしくやくにたつ / 山田学著 ; LEVEL2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : サイズと幾何特性って、なにがちゃうねん!
第2章 : なんで加工と計測の知識が要るねん!
第3章 : 基準を意味するデータムって、なんやねん!
第4章 : 幾何特性って、なんやねん!
第5章 : サイズでは表現でけへん形状偏差って、なんやねん!
第6章 : 角度の代わりに使える姿勢偏差って、どない使うねん!
第7章 : 位置は寸法の公差を使わず位置偏差で表すねん!
第8章 : 回転部品に使う振れ偏差って、どこに使うねん!
第9章 : 幾何公差を効果的に使うテクニックって、なんやねん!
第1章 : サイズと幾何特性って、なにがちゃうねん!
第2章 : なんで加工と計測の知識が要るねん!
第3章 : 基準を意味するデータムって、なんやねん!
8.

図書

図書
プラーナー編 ; 栗山晃治, 木下悟志著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2016.8  vii, 190p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 設計者は設計意図を図面に込めろ : 公差設計とは—設計者の意図と製造上の要求をバランスさせる
公差設計ができない設計者が増えている ほか
第2章 公差計算の基礎知識 : 互換性の方法と不完全互換性の方法
公差計算のための予備知識1—正規分布の性質 ほか
第3章 ケーススタディでわかる公差設計の勘どころ : ケーススタディの概要—機械装置の公差設計の流れ
機械装置の公差設計の準備1—部品構成と公差要因 ほか
第4章 幾何公差で設計意図を正しく図面に盛り込む : 幾何公差は何を目的としているか—寸法公差と幾何公差の違い
幾何公差の基本用語を知ろう ほか
第5章 パーツを正しく計測し、計測結果を設計にフィードバックする : パーツを測定して、加工の正しさをチェックする
幾何公差の普及の切り札となる非接触3次元測定機器の進化 ほか
第1章 設計者は設計意図を図面に込めろ : 公差設計とは—設計者の意図と製造上の要求をバランスさせる
公差設計ができない設計者が増えている ほか
第2章 公差計算の基礎知識 : 互換性の方法と不完全互換性の方法
概要: 公差設計+幾何公差。設計の「要所」をきちんと把握し、図面に「表現」。設計意図を図面に込めるためのノウハウを満載。世界に通用する図面を描くための設計者必読の書!
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼