close
1.

図書

図書
フィリップ・ボール著 ; 赤木昭夫訳
出版情報: 東京 : 産業図書, 2002.4  vii, 194p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
高塚和夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 2001.6  viii, 182p ; 21cm
シリーズ名: 非平衡系の科学 ; 4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
板倉聖宣著
出版情報: 東京 : 仮説社, 2001.7  126p, 図版[8]p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスシアターシリーズ ; . 原子・分子編||ゲンシ ブンシヘン ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
田隅三生, 濱田嘉昭編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2005.3  276p, 図版 [2] p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学大学院教材 ; 8920141-1-0511 . 総合文化プログラム : 環境システム科学群||ソウゴウ ブンカ プログラム : カンキョウ システム カガクグン . 物質環境科学||ブッシツ カンキョウ カガク ; 1
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
川井正雄著
出版情報: 京都 : さんえい出版, 2010.4  xi, 156p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
西尾元宏著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.4  vii, 142p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
本間善夫, 川端潤著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.9  365p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1562
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
1 分子のかたち、分子の見方
   1.1 どうして“分子”で考えるのだろう 14
   1.2 身の回りの分子―商品のラベルから 26
2 分子事典
   基本分子 32
   アミノ酸・糖 47
   脂質関連 62
   ビタミン・その他 74
   天然成分 85
   薬剤 116
   においと味の分子 127
   色彩と分子 144
   機能性分子 162
   高分子 180
   環境問題関連 201
   話題のくすり 215
   健康食品・サプリ 226
   生体高分子 246
3 多彩なおもしろ分子の世界 炭化水素を中心として
   3.1 ダイヤモンドの仲間たち 264
   3.2 亀の甲の仲間たち 273
4 分子をよりよく知るために 有機化学の基礎
   4.1 有機化合物の成り立ち 284
   4.2 有機化合物の分類とあらわし方 293
   4.3 分子計算の概要 301
DVD-ROM版分子事典の利用方法 311
カスタマイズ版Jmolの制作会社について 330
参考文献 332
おわりに 334
さくいん 336
コラム目次
   1. 炭素には3種類ある 36
   2. 亀の甲が安定なわけ 40
   3. 鏡像異性体と不斉(キラル)炭素 45
   4. キラル中心の表示法(DL表示とRS表示) 54
   5. 六員環の正しい形は? 60
   6. 微量で効く活性物質(1) 100
   7. カバ汗酸 105
   8. 最大の低分子化合物!? 108
   9. エンジイン抗生物質の精緻なしかけ 112
   10. 微量で効く活性物質(2) 115
   11. ビールの泡とイソフムロン 143
   12. 変身する色素 : フォトクロミズム/フルギド類 161
   13. ドライクリーニング溶剤 176
   14. 衣類の防虫剤 178
   15. アミロースとセルロース【天然高分子】 197
   16. キチンとキトサン【天然高分子】 198
   17. ヒアルロン酸 199
   18. 毛と絹【天然高分子】 200
   19. 機能性食品成分1(アミノ酸) 228
   20. 機能性食品成分2(ペプチド) 232
   21. 機能性食品成分3(糖質) 236
   22. 機能性食品成分4(脂質) 240
   23. 機能性食品成分5(ポリフェノール) 244
   24. タンパク質の質量分析(2002年ノーベル化学賞) 252
   25. 定量的構造活性相関―分子の性質を計算する手法 307
はじめに 5
1 分子のかたち、分子の見方
   1.1 どうして“分子”で考えるのだろう 14
8.

図書

図書
本間善夫, 川端潤著
出版情報: 東京 : 講談社, 1999.9  363p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1266
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鈴木聡編著
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2009.4  xii, 252p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵 ⅴ
はじめに ⅸ
第Ⅰ部 地球環境の化学汚染 1
第1章 アジア-太平洋地域の化学汚染 磯部友彦・国末達也・田辺信介 2
   1. 生態系にとって厄介なPOPs関連物質 2
   2. 地球規模の化学汚染 4
   3. アジア途上国のPOPs汚染 13
   4. POPs候補物質(臭素系難燃剤)によるアジア-太平洋地域の汚染 23
   5. まとめと今後の展望 34
   参考文献 35
第2章 環境汚染を分子で診る 熊田英峰・高田秀重 38
   1. モニタリングの実例と必要性 38
   2. モニタリングに何を使う? 41
   3. 何を測る?マーカー物資の重要性 49
   4. まとめ 66
   参考文献 67
第3章 分子のなかにある汚染情報 熊田英峰 70
   1. 大気を調べる 70
   2. 燃焼過程で生成される有機化合物および炭素系物質 70
   3. 化合物同士の存在比で起源情報を知る 74
   4. 分子内に起源情報を求める 79
   5. 地球環境問題とのかかわり 95
   参考文献 96
第Ⅱ部 環境汚染と生物 101
第4章 環境化学物質と魚介類の生殖 三浦 猛 102
   1. 環境ホルモン問題 102
   2. 生殖とホルモン 103
   3. 化学物質の水圏動物の生殖への影響 113
   4. 最後に 119
   参考文献 120
第5章 生物反応を利用して化学物質汚染の危険性を検知する 岩田久人・金 恩英 122
   1. 生物はどのように化学物質の侵入に応答するのか 122
   2. バイオアッセイによる化学物質の検出 135
   3. 化学物質に対する感受性の種差とリスク 144
   参考文献 153
第Ⅲ部 環境汚染への微生物応答 159
第6章 微生物による分子変換 鈴木 聡 160
   1. 生態系での微生物の役割 160
   2. 汚染物質の分解 167
   3. 化学物質による耐性発現 175
   4. これからの化学汚染と耐性微生物の研究 184
   参考文献 184
第7章 化石燃料による環境汚染と微生物生態系の応答 福井 学 188
   1. 化学物質としての化学燃料と汚染 188
   2. 石油の海洋汚染と微生物分解 191
   3. 今後の課題 198
   参考文献 198
第Ⅳ部 汚染と分子テクノロジー 201
第8章 水質汚濁とあらたな制御テクノロジー 岡部 聡 202
   1. 水質汚濁の歴史 202
   2. 水環境保全の目標 204
   3. 現在の水環境は? 204
   4. 水環境を保全するために 206
   5. あらたな化学物質による汚染 207
   6. これからの排水処理テクノロジー 208
   7. あらたな水の安全性評価テクノロジー 218
   参考文献 228
読者へ 233
索引 241
口絵 ⅴ
はじめに ⅸ
第Ⅰ部 地球環境の化学汚染 1
10.

図書

図書
志田正二編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1966.7  2, 7, 348p ; 22cm
シリーズ名: 分子科学講座 / 大鹿譲 [ほか] 編 ; 12
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼