close
1.

図書

図書
森炎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.1  xii, 251p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 市民が有罪・無罪を決めるただ一つの方法
第1章 : 刑事裁判における証明とは何か
第2章 : 冤罪ライン1—犯人と第一発見者はどうやって区別するか
第3章 : 冤罪ライン2—被害者家族が犯人とされる悲劇はなぜ起きる
第4章 : 市民裁判の真実性の確保のために—冤罪の認識論と存在論
第5章 : 冤罪ライン3—毒殺のアポリア
第6章 : 冤罪ライン4—DNA鑑定は信頼できるか
第7章 : 冤罪を招く捜査の特徴とは何か—冤罪の権力論
第8章 : 冤罪ライン5—自白したから犯人と言えるか
第9章 : 冤罪ライン6—犯人の知人・友人が共犯者とされるとき
第10章 : 冤罪ライン7—第三者の証言の虚実をどう見抜くか
終章 : 市民の最終決断はいかになされるか—冤罪の正義論
序章 : 市民が有罪・無罪を決めるただ一つの方法
第1章 : 刑事裁判における証明とは何か
第2章 : 冤罪ライン1—犯人と第一発見者はどうやって区別するか
概要: 裁判員制度の導入によって市民が刑事裁判をする世の中になった。いかにしたら市民は誤判を避けることができるのか?元裁判官が冤罪を日常的感覚で認識することができる新たな方法論を開示。戦後の冤罪事件を通覧し、その特徴と発生メカニズムをイメージとして わかりやすく提示する。 続きを見る
2.

図書

図書
原田國男著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.2  v, 187p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1646
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 裁判は小説よりも奇なり—忘れがたい法廷での出会い : 「法廷闘争時代」の幕開けに
右手を挙げて宣誓? ほか
第2章 判事の仕事—その常識・非常識 : 紅茶を出されたら...
刑事裁判官vs.民事裁判官 ほか
第3章 無罪判決雑感 : 「合理的な疑い」とは何か?
裁判官vs.新聞記者 ほか
第4章 法廷から離れて—裁判所の舞台裏 : 最高裁調査官の「魔術」と「錬金術」
人生の達人 ほか
第5章 裁判員と裁判官—公平な判断のために求められるもの : 国民の目線と少年事件
裁判官vs.弁護士 ほか
第1章 裁判は小説よりも奇なり—忘れがたい法廷での出会い : 「法廷闘争時代」の幕開けに
右手を挙げて宣誓? ほか
第2章 判事の仕事—その常識・非常識 : 紅茶を出されたら...
概要: 裁かれるのも「人」なら、裁くのも「人」のはず。しかし、私たちにとって裁判と裁判官は、いまだ遠い存在だ。有罪率99%といわれる日本の刑事裁判で、二〇件以上の無罪判決を言い渡した元東京高裁判事が、思わず笑いを誘う法廷での一コマから、裁判員制度、 冤罪、死刑にいたるまで、その知られざる仕事と胸のうちを綴る。 続きを見る
3.

図書

図書
北尾トロ著
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2017.8  279p ; 15cm
シリーズ名: 朝日文庫 ; [き19-4]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
基本問題 : 女ゴコロと脅迫状
大人の女性ですから
法廷で結婚を誓う
「爆女」、幸せのつかみ方
カッター男 ほか
応用問題 : いたわり合う夫婦の復讐劇
彼女はセックスフレンドでした
電車に乗るとスイッチが入る人
傍聴席の恋人たち
女が本気になったとき ほか
基本問題 : 女ゴコロと脅迫状
大人の女性ですから
法廷で結婚を誓う
概要: 前科2犯の女に法廷で求婚する元夫。出会い系で会った男たちから、次々と金を騙し取る超地味な女。ひと目惚れすると、スカートに手が伸びる痴漢男。フラれた相手に定期的に脅迫状を送り続ける派遣社員の女。愛のカタチは十人十色。恋愛裁判だけを集めた異色の 裁判傍聴記。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼