close
1.

図書

図書
佐藤寿邦, 佐藤洋子共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.7  vi, 227p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
佐藤寛子著
出版情報: 東京 : 国立情報学研究所, 2003.3  viii, 193p ; 21cm
シリーズ名: 情報学シリーズ / 国立情報学研究所監修 ; 7
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
有田正博著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.3  154p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
榊原和久著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2005.9  x, 97p ; 21cm
シリーズ名: 化学サポートシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 コンピュータで分子の形をみるために
    ―その基本的考え方―
    1.1 分子力場とは 2
    1.2 分子のコンピュータシミュレーション 10
    1.3 分子力学計算の長所と欠点 15
第2章 分子力学計算
    2.1 分子力学計算のなりたち 22
    2.2 分子力学計算で使用される分子力場の基本理論
    ―アリンジャーの分子力場を中心として― 26
    2.2.1 分子力学計算の一般理論 26
    2.2.2 アリンジャーMM3分子力場の理論 30
    2.3 分子力場からコンピュータを使って理論的に計算できること 42
第3章 分子力場の応用例
    3.1 分子力学計算の応用例 50
    3.1.1 有機分子の配座解析 50
    3.1.2 生成熱 56
    3.1.3 基準振動解析 58
    3.1.4 自由エネルギー・エンタルピー・エントロピーの推定 64
    3.1.5 有機分子の結晶構造の予測 66
    3.2 分子動力学計算の応用例 70
    3.2.1 シクロペンタン分子の安定配座の動的挙動 71
    3.2.2 p-ベンゾキノン分子の水溶液中での赤外線吸収
    スペクトルの予測 75
    3.3 分子力場計算の現状と今後の展望 85
   さらに勉強したい人たちのために 91
   索引 95
   実験化学者が日常使用可能なコンピュータの性能はどのくらいか? 16
   ニ面角(ニ面体角)dihedral angle 24
   ウェストハイマー博士の講義 25
   カの定数 29
   物理量の単位 34
   分子の初期構造は普通どうやって作るか? 52
   溶液中での安定配座を分子力学計算で行う際に役に立つこと 56
   振動数計算を行うことの重要性 66
第1章 コンピュータで分子の形をみるために
    ―その基本的考え方―
    1.1 分子力場とは 2
5.

図書

図書
寺坂宏一著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2017.10  viii, 196p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Windowsの設定とExcelの予備知識
セル操作の基本
入力支援ツール
グラフ作成の基本
グラフ作成の応用
計算ツールの利用
マクロ
VBAによるプログラミング
繰り返し処理
配列
配列の応用
Wordによる報告書・論文要旨作成
PowerPointによる研究発表会用スライド
プレゼンテーション
Windowsの設定とExcelの予備知識
セル操作の基本
入力支援ツール
6.

図書

図書
寺坂宏一著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.10  v, 178p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
寺坂宏一著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.10  v, 181p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼