close
1.

図書

図書
中嶋士元也, 町野朔, 野村豊弘著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2006.9  viii, 241p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学大学院教材 ; 8930287-1-0611 . 政策経営プログラム||セイサク ケイエイ プログラム . 法システム||ホウ システム ; 1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
植木哲, 丸山英二編
出版情報: 東京 : 信山社出版 , [東京] : 大学図書 (発売), 1992.2  vi, 484p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
米村滋人編集
出版情報: 東京 : 信山社, 2018.3  xiii, 230p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 研究に関する法制度の基礎理論 : 医学・生命科学研究の法制度設計—包括的制度構築に向けた立法提言
研究を活性化させる規制の在り方—医学研究規制の近未来像
医学研究・先端医療の規制の法理学的検討
研究倫理は誰のものか—胎児組織の研究利用をめぐって ほか
第2部 研究の国際化と法的規律 : 海外での研究者主導臨床試験に対する法規制
生命科学研究に対する国際経済法の役割・機能—医薬品特許の議論を中心に
第3部 生命科学研究・先端医療の実際的課題 : 生命科学研究における利益相反マネジメント
生命科学研究・先端医療の実際的課題—ゲノム研究規制の今日的課題
大規模ゲノム解析・バンク事業に関する課題—近年、勃興している新規課題を中心に
個体死としての心臓死—NHBドナー(Non‐Heart‐Beating Donor)について ほか
第1部 研究に関する法制度の基礎理論 : 医学・生命科学研究の法制度設計—包括的制度構築に向けた立法提言
研究を活性化させる規制の在り方—医学研究規制の近未来像
医学研究・先端医療の規制の法理学的検討
概要: 生命科学の営みを、如何なる法制度として確立すべきか。生命科学の課題と「近未来」への方向性。
4.

図書

図書
日本学術協力財団編集 ; 櫻田嘉章 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 日本学術協力財団, 2012.10  285p ; 21cm
シリーズ名: 学術会議叢書 ; 19
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本学術会議における検討 : 審議経緯と報告書の立場をめぐって / 西希代子著
日本学術会議報告書の意義 / 町野朔著
生殖医療の倫理と法規制の国際的現況 / 石原理著
生殖補助医療をめぐる生命倫理の懸案問題の倫理・価値次元 : 報告書「代理懐胎を中心とする生殖補助医療の課題」の検討 / 島薗進著
リプロダクティヴ・ライツと生殖補助医療 / 辻村みよ子著
代理出産システムを成り立たせる論理と社会 / 柘植あづみ著
わが国の生殖補助医療の現況とその規制 / 吉村泰典著
医療現場からみた問題点 / 久具宏司著
未来への責任 : 代理懐胎を中心とした生殖補助医療への生物学的考察 / 室伏きみ子著
生殖補助医療規制と民法の親子関係 / 水野紀子著
子の出自を知る権利 / 二宮周平著
生殖補助医療ツアーがもたらす渉外的法律問題 : 「代理懐胎」利用により出生した子の母子関係ならびに国籍 / 佐藤やよひ著
日本学術会議における検討 : 審議経緯と報告書の立場をめぐって / 西希代子著
日本学術会議報告書の意義 / 町野朔著
生殖医療の倫理と法規制の国際的現況 / 石原理著
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼