close
1.

図書

図書
メラフ・ダータン [ほか] 著 ; 浦田賢治編訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2008.7  xiv, 335p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
魏栢良著
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2009.3  x, 300p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Rudolf Avenhaus, Morton John Canty著 ; 今野廣一訳
出版情報: 東京 : 丸善プラネット , 東京 : 丸善出版 (発売), 2014.11  xxvi, 319p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 検証理論
第2章 : 計数抜取
第3章 : 計量抜取
第4章 : 層別計量抜取
第5章 : 中間査察
第6章 : グローバル抜取
第7章 : 物質会計
第8章 : 会計の検証
第9章 : 査察員リーダーシップ
第1章 : 検証理論
第2章 : 計数抜取
第3章 : 計量抜取
4.

図書

図書
杉田弘毅著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2005.12  viii, 250p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
スコット・セーガン, ケネス・ウォルツ著 ; 斎藤剛訳
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2017.5  vi, 262p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 核保有国が増えるのはおそらく好都合
第2章 : 核保有国が増えるのは不都合
第3章 : ウォルツからセーガンへの反論
第4章 : セーガンからウォルツへの反論
第5章 : インドとパキスタンの核兵器—好都合か不都合か?
第6章 : イラク、北朝鮮、イラン
第7章 : 核廃絶は最良の選択肢か
第1章 : 核保有国が増えるのはおそらく好都合
第2章 : 核保有国が増えるのは不都合
第3章 : ウォルツからセーガンへの反論
概要: 核保有国が増えるのはなぜ望ましいと言えるのか?それに対する反論とは?本書は、核兵器の拡散に主に勢力均衡論から肯定的立場をとるウォルツと、組織論の観点から否定的立場をとるセーガンによる、それぞれの主張と反論をまとめた論争の書。理論から最近の核 拡散の事例、そしてオバマの「核なき世界」演説に至るまで、核兵器の真髄に迫る白熱の論争を余すことなく伝える。 続きを見る
6.

図書

図書
吉羽和夫著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2012.2  ii, 357, 50p ; 20cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼