close
1.

図書

図書
本村凌二著
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2011.10  263, 34p ; 20cm
シリーズ名: 歴史のフロンティア
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ロナルド・サイム著 ; 逸身喜一郎 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.9-2013.10  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序説—アウグストゥスと歴史
ローマ寡頭支配層
ポンペイユスの支配
独裁官カエサル
カエサル党
カエサル選任の新参元老院議員たち
執政官アントーニウス
カエサルの相続人
第一次ローマ進軍
長老政治家〔ほか〕
将帥
第一人者
党と体制の危機
アウグストゥスの党派
パトロネジの仕組み
政府
内閣
後継者
国家像の提示
輿論の組織化
反抗
ノービレースの最期
平和と第一人者
序説—アウグストゥスと歴史
ローマ寡頭支配層
ポンペイユスの支配
概要: カエサル暗殺(前四四年)後の約二〇年におよぶ激しい権力闘争のなか、「カエサルの相続人」オクターウィアーヌスは、いかにして自身の野望を追求し、支配を確立したのか。共和政が滅び、旧来の寡頭支配層が失墜してローマの政体と社会が一大変化を遂げる過程 を「革命」として描き出した本書は、古典的名著として今に読み継がれている。待望の邦訳。<br />「統治の形態や名称が何であろうと、その背後には寡頭支配層が潜んでいる」。アウグストゥスの新体制を実現し支えたのはいかなる人々であったのか。また、新体制はローマとローマ人にどのような変化をもたらしたのか。モムゼン以来の、法制度に偏重したアウグストゥス体制観を否定し去り、彼の支配の実像を露わにした名著。 続きを見る
3.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2014.9  vi, 493, 17p, 図版 [10] p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
修業時代
公的活動のはじまり
財務官職—元老院議員としての第一歩
ウェッレス弾劾
按察官職から法務官職に
執政官職を目指しての戦い
執政官職
執政官在任中の政策を護って
亡命と帰還
「このような政治状態には喜ばしいことはひとかけらもない」
執政官代理職
内乱
カエサルの独裁官職のもとで
四四年三月一五日以降
レス・プブリカのための最後の戦い
修業時代
公的活動のはじまり
財務官職—元老院議員としての第一歩
概要: 政治の知とは何か。哲学と弁論を武器に戦った政治家キケロ。共和主義の原点とも目されるその思想は、いかなる政治を目指し、なぜ敗北したのか—。『カエサル』『ポンペイウス』に続くシリーズ最終巻、本邦初訳。
4.

図書

図書
ルーカーヌス作 ; 大西英文訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2012  2冊 ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 赤(32)-126-1-2
所蔵情報: loading…
概要: ローマ帝政初期“白銀時代”の詩人ルーカーヌス(39‐65)は、皇帝ネロの不興を買い、若くして自決を命じられた。『内乱(パルサリア)』は、前1世紀半ばのローマの内乱に取材した歴史叙事詩の雄編である。アイロニーとパラドックスに満ちた、燃えるよう に激しいパトスあふれる筆致で、ローマの内乱を描く。本邦初訳。<br />詩的劇作もまじえた主観的叙述で、ポンペイウスとカエサルの戦いを描く。カエサルの勝利によって帝政への道を開いた内乱を、理想と現実、自由と力の相克と捉え、理想と自由の挫折と敗北の歴史、ローマ亡国の悲劇的過程として叙した。ポンペイウスや小カトー等、滅びゆくものへの共感と哀惜の念に満ちた“亡国の叙事詩”。 続きを見る
5.

図書

図書
フランソワ・イナール著 ; 石川勝二訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2013.12  167, iiip ; 18cm
シリーズ名: 文庫クセジュ ; 986
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章
第1章 ローマ共和政の始まり : 共和政はどのように誕生するか?
自由の見習期間
民主政の見習期間 ほか
第2章 活力のある時代 : ローマ市
行動するローマ共和政
イタリアの征服 ほか
第3章 栄光と悲惨 : これは別の国民か?
理想の共和政
不安定な均衡 ほか
終章 : 共和政はどのように死んだか
序章
第1章 ローマ共和政の始まり : 共和政はどのように誕生するか?
自由の見習期間
概要: 五〇〇年の長い歴史を三期にわけて解説。ローマは王政を倒し「自由な」新体制に移行する。また、覇権を賭けて多くの国と争い、揺るぎない地位を確立した。その戦争から得た莫大な富が建築ブームをもたらしたが、最後の一世紀は内乱の時代となり「自由な共和政 」は終焉を迎える。 続きを見る
6.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2013.8  vi, 271, 8p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 序説
第2章 : 権力の座に
第3章 : レピドゥスの蜂起とセルトリウス戦争
第4章 : 第一次執政官職
第5章 : 海賊戦争
第6章 : ミトラダテス戦争と東方の新秩序
第7章 : 帰還
第8章 : 三頭同盟
第9章 : 三頭同盟の更新と第二次執政官職
第10章 : 第三次執政官職
第11章 : 内乱の勃発
第12章 : デュッラキオン、ファルサロス、最期
第1章 : 序説
第2章 : 権力の座に
第3章 : レピドゥスの蜂起とセルトリウス戦争
概要: 偉大(マグヌス)と呼ばれた男。ローマ帝国の拡大に身を投じた「政治家」ポンペイウスの栄光と挫折の生涯を、史料の徹底的な読み込みから鮮やかに描き出す。世界史の転換点を活写した傑作、本邦初訳。
7.

図書

図書
中川良隆著
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 2012.2  206p ; 19cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2013.8  vi, 404, 11p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 政治的背景
第2章 : 政治世界への登場と栄達
第3章 : 執政官職
第4章 : 執政官代理職
第5章 : 内乱
第6章 : 勝利と破局
第1章 : 政治的背景
第2章 : 政治世界への登場と栄達
第3章 : 執政官職
概要: 大政治家とは何か。徹底した史料の精査とローマ社会全体を見据えた叙述により、悲劇の英雄にとどまらない新しいカエサル像を描き出した古典的名著。いかにしてカエサルは世界帝国を創造したのか—。
9.

図書

図書
アントニー・エヴァリット著 ; 伊藤茂訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2013.8  477, 37p, 図版 [8] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
紀元一四年
地方の少年時代の出来事—前六三年‐四八年
大伯父—前四八年‐四七年
政治家たち—前四八年‐四六年
未完の事業—前四六年‐四四年
名前をもった少年—前四四年
勝利から敗北へ—前四四年‐四三年
キリング・フィールド—前四三年‐四二年
分割された世界—前四二年‐四〇年
黄金の時代—前四〇年‐三八年〔ほか〕
紀元一四年
地方の少年時代の出来事—前六三年‐四八年
大伯父—前四八年‐四七年
概要: ユリウス・カエサルの後継者として、18歳で政治の表舞台に登場。血塗られた抗争を勝ち抜き、綿密な知性と忍耐力を武器に帝国の統治システムをつくり上げた、激動の生涯を描く。
10.

図書

図書
サルスティウス著 ; 栗田伸子訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2019.7  422p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-499-1
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼