close
1.

電子ブック

EB
紺野登著
出版情報: [東京] : Maruzen eBook Library, [202-]  1オンラインリソース (325p)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 : ビュリダンのロバ
第1章 : この世界のイノベーション
第2章 : 野生の視点を回復しよう
第3章 : 人間のイノベーションのレシピ
第4章 : 目的を生み出す
第5章 : 共感を生み出す
第6章 : 場を生み出す
第7章 : 世界を創る
序 : ビュリダンのロバ
第1章 : この世界のイノベーション
第2章 : 野生の視点を回復しよう
概要: どのように古いマンドセットを変えるのか?古代ギリシャからSDGs、アートからサイエンスまで歴史、哲学、心理学、デザイン、経営学など、学問を超えた叡智を結集し、多彩なアプローチと方法論を紹介。デザイン思考のパイオニアによる実践フィールドガイド 続きを見る
2.

電子ブック

EB
西條美紀著
出版情報: [東京] : KinoDen, [20--]  1オンラインリソース (vi, 216p)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論 : コミュニケーションデザインとは
第1章 : 意味はともに作り出すもの—コミュニケーションの共同構築モデル
第2章 : 神話から対話へ—原子力のコミュニケーションデザイン
第3章 : ゼロレベルのコミュニケーションデザイン—市民による太陽光発電を目指して
第4章 : 目的のデザイン—多職種連携の疑心暗鬼を解消したい
第5章 : 計画のデザイン—裁判員裁判における理想の評議
第6章 : 実践のデザイン(1)—十全参加を促す評議デザイン
第7章 : 実践のデザイン(2)—ハラスメントとジレンマからの脱却
第8章 : 実践のデザイン(3)—言語トラップから身を守るためのメタコミュニケーション
第9章 : 考察のデザイン—疑心暗鬼の後で
第10章 : わたしのコミュニケーションデザイン—問題解決のためのデザインタスク
序論 : コミュニケーションデザインとは
第1章 : 意味はともに作り出すもの—コミュニケーションの共同構築モデル
第2章 : 神話から対話へ—原子力のコミュニケーションデザイン
概要: 漠然とした、あるいは複雑に絡み合った、場合によっては顕在化しない問題を整理し、人々が問題の解決に向けて協働することが可能になるコミュニケーションを、どのように設計したらよいのかについて考える。原子力発電や太陽光発電、裁判員制度の運用などの公 共的な問題や、ハラスメント、ジレンマなど日常生活で起こりうる問題のケース分析を通じて、どのように現代の問題をコミュニケーションデザインという観点から整理できるかについての考察を展開する。 続きを見る
3.

図書

図書
川井秀一, 藤田正勝, 池田裕一編
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2015.7  viii, 418p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 総合生存学の基礎 : 人間の本質への問い—「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」
「宇宙船地球号」—地球の歴史という視点
生命の歴史が教えるもの
「歴史」から何を学ぶか
第2部 総合生存学の方法 : 社会科学の視点に立って
自然科学の視点に立って
情報学の視点に立って
第3部 現代社会が直面する諸問題と総合生存学 : 地球環境の変遷とその将来を見すえて—環境破壊・災害・気候変動
民族間・文化間・宗教間・国家間の対立—「多元主義」をめざして
現代の人類的課題としての貧困と教育格差
人類の脅威としての感染症
人口問題・食糧問題—個別科学の限界の枠を超えて
資源・エネルギーの問題—“On the Same Boat”という視点
第4部 実践の学としての総合生存学 : 国際協力—援助と自立
国際機関の役割—地球全体の複合的な問題解決
リスクとマネジメントの問題
第5部 総合生存学と未来開拓 : 自然との共存
対立の克服と平和の実現
グリーン成長/グリーン経済の概念—経済開発の新しい枠組みになりうるのか?
サイエンスとトランス・サイエンス
第1部 総合生存学の基礎 : 人間の本質への問い—「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」
「宇宙船地球号」—地球の歴史という視点
生命の歴史が教えるもの
概要: 例えば開発と環境保護が対立する現場、国際紛争の現場に飛び込んだ若者が、その場で最も適当な解を見つけるには何が必要か?個人レベルの生命、自由、財産などの安全保障から、市民社会や国家、地域の秩序に関わる戦術・戦略まで、複合的・構造的課題を見通す には、人文学や基礎科学の素養の上に、工学、農学、医学分野から地域社会、国際法・政治に至る事柄まで、深くかつ広い学識と、それらに裏打ちされた実践力が必要になってくる。文字通り学問と国境の垣根を越えた人材を育成する知の挑戦。 続きを見る
4.

図書

図書
堀公俊著
出版情報: 東京 : 日本経済新聞出版社, 2015.8  221p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ギャップ・アプローチ—真の原因を見つけ出す
第2章 : 創造的アプローチ—斬新なアイデアを生み出す
第3章 : 合理的決定アプローチ—最適な解決策を選び取る
第4章 : ポジティブ・アプローチ—目標の達成に歩を進める
第5章 : 対立解消アプローチ—ジレンマから抜け出す
第6章 : 認知転換アプローチ—問題のとらえ方を換える
第7章 : ホールシステム・アプローチ—智恵の創発を生み出す
第8章 : 実践!7つのアプローチ—問題解決を実践してみよう!
第1章 : ギャップ・アプローチ—真の原因を見つけ出す
第2章 : 創造的アプローチ—斬新なアイデアを生み出す
第3章 : 合理的決定アプローチ—最適な解決策を選び取る
概要: ビジネスの難問も、人生の悩みも、この1冊で。ロジックツリーから行動分析学まで、経営学・社会学・心理学・教育学とジャンルの垣根を超えた問題解決のオールスターキャスト。使える道具は多いほうがいい。
5.

図書

図書
前野隆司編著
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.3  143p ; 21×21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 イノベーションとは何か? : システム思考×デザイン思考=イノベーション!
イノベーションが必要な背景
イノベーションを起こすには
システム思考とデザイン思考
多様な人たちがいっしょに考えることの重要性
システム×デザイン思考の最前線—慶應SDMの挑戦
2 システム×デザイン思考の技法と活用事例 : SDMのツールボックス—協創(Co‐Creation)のための16の技法
イノベーション・プロセスの現場—デザインプロジェクトと企業での活用事例
3 「武器」としてのシステム×デザイン思考活用術 : ビジネスパーソンにとってのシステム×デザイン思考
今日から始めるシステム×デザイン思考
チームでイノベーティブに発想するためのシステム×デザイン思考活用術
システム×デザイン思考をめぐる33のQ &
A
1 イノベーションとは何か? : システム思考×デザイン思考=イノベーション!
イノベーションが必要な背景
イノベーションを起こすには
6.

図書

図書
村田智明著
出版情報: 東京 : 生産性出版, 2014.5  245p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 ソーシャルデザインとは何か?—ソーシャルデザインとは何か?‐人生設計も、企業経営も、国づくりも、全部デザインだ : デザインとは計画を記号に置き換え、多くの人に伝えること
「社会課題を可視化する」のがデザイナーの仕事
「デザインの概念」を取り違えた日本のツケ ほか
2 「ソーシャルデザイン」で日本は変わる—日本人にとってのデザインとは?‐世界を魅了する文化を持ちながら発信が下手な日本 : デザイン教育で子どもの「こうしたい!」気持ちを育てる
「デザインマインド」を持つ人材が地域経済を救う
観光資源となる「資産価値」をグランドデザインする ほか
3 32のソーシャルデザイン : 頑張りたい気持ちをファイナンスに変える
本気で「持続可能な社会を目指す」企業や投資家を支援したい
「戦略的デザイン」が企業経営の「カタチ」を変える ほか
1 ソーシャルデザインとは何か?—ソーシャルデザインとは何か?‐人生設計も、企業経営も、国づくりも、全部デザインだ : デザインとは計画を記号に置き換え、多くの人に伝えること
「社会課題を可視化する」のがデザイナーの仕事
「デザインの概念」を取り違えた日本のツケ ほか
概要: 1300年間、連綿と続く式年遷宮こそ、日本初のソーシャルデザインだ。サステナブル(持続可能)な社会をつくるために、今わたしたちは何をすべきなのか。さまざまなフィールドから、デザインマインドを持つ実践者の事例を読み解き、展望を描く。
7.

図書

図書
林浩一著
出版情報: 東京 : 日経BP社 , [東京] : 日経BPマーケティング (発売), 2014.3  160p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 構造化の基本 : 論理構造を作る
適切な根拠を与える ほか
第2章 課題解決のための構造 : 原因探索型
目的展開型 ほか
第3章 コンテキストの断裂 : 断裂の存在を知る
ストーリーで断裂を越える ほか
第4章 ドキュメントの構成 : ドキュメントの3形態
起承転結より構造化 ほか
第1章 構造化の基本 : 論理構造を作る
適切な根拠を与える ほか
第2章 課題解決のための構造 : 原因探索型
概要: ロジカルシンキングを使って、相手に納得してもらうことのできる報告や提案を組み立てるための手法を紹介。『ITエンジニアのロジカル・シンキング・テクニック』の内容を、多くのITエンジニアに導入した結果をフィードバックし、より分かりやすく、よりコ ンパクトにまとめたエッセンス。 続きを見る
8.

図書

図書
スティーヴン・レヴィット, スティーヴン・ダブナー著 ; 櫻井祐子訳
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2015.2  277p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 何でもゼロベースで考える—バイアスをゼロにしてアプローチする思考法
第2章 : 世界でいちばん言いづらい言葉—「知らない」を言えれば、合理的に考えられる
第3章 : あなたが解決したい問題は何?—問題設定を変えて、すごい答えを見つける
第4章 : 真実はいつもルーツにある—ここまでさかのぼって根本原因を考える
第5章 : 子どものように考える—「わかりきったこと」にゼロベースで向き合う
第6章 : 赤ちゃんにお菓子を与えるように—地球はインセンティブで回っている
第7章 : ソロモン王とデイビッド・リー・ロスの共通点は何か?—庭に雑草を引っこ抜かせる方法
第8章 : 聞く耳をもたない人を説得するには?—その話し方では100年かけても人は動かない
第9章 : やめる—人生を「コイン投げ」で決める正確なやり方
第1章 : 何でもゼロベースで考える—バイアスをゼロにしてアプローチする思考法
第2章 : 世界でいちばん言いづらい言葉—「知らない」を言えれば、合理的に考えられる
第3章 : あなたが解決したい問題は何?—問題設定を変えて、すごい答えを見つける
概要: PKを蹴る方向も、人生の選択も、国の政策も、すべてバイアスをゼロにして考えろ—。あらゆるバイアスから自由になり、一発で本質に切り込む思考法。
9.

図書

図書
鷲田祐一編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2016.5  x, 255p ; 22cm
シリーズ名: KDDI総研叢書 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 未来を洞察するための思考法の選択
第2章 : スキャニング手法とインパクトダイナミクス手法の概説
第3章 : 10年先の社会技術問題シナリオ作成の試みと実際に10年が経過した時点でのシナリオ検証
第4章 : シナリオ作成とその評価
第5章 : 未来に関するアイデア生成のエキスパートとノンエキスパートは何が違うのか?:認知プロセスの分析
第6章 : ユーザー視点の導入による事業アイデアの質の向上
第7章 : 情報の多様性がアイデア生成に及ぼす影響の検討
第8章 : 未来洞察による新商品開発とイノベーション
第1章 : 未来を洞察するための思考法の選択
第2章 : スキャニング手法とインパクトダイナミクス手法の概説
第3章 : 10年先の社会技術問題シナリオ作成の試みと実際に10年が経過した時点でのシナリオ検証
概要: 未来の不確実性をマネジメントする方法とは。企業戦略やマーケティング実務の現場で注目が集まる意思決定やアイデア創造の手法を詳説。経営学・マーケティング学を出発点に、認知科学やデザイン学などの視点も融合させた学際的なアプローチ。
10.

図書

図書
福原正大著
出版情報: 東京 : 大和書房, 2013.11  263p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 「認識」を磨く : 「自分は何者なのか」を考える
「確実に知っていること」を突き詰める ほか
第2章 「国家」を理解する : 国家を「空気」のように考えることをやめる
「平等」ほど危険なものはない ほか
第3章 「自由」をつかむ : 「自由」という曖昧な概念をつかまえる
「自分の意思」で考えていないことに気づく ほか
第4章 「経済」を知る : 「資本主義はすばらしい」を疑う
資本主義の「根本の原理」をつかむ ほか
第5章 「科学技術」「自然」観を持つ : 科学技術は進歩すればするほどいいのか?
自然との「関係」を捉え直す ほか
第1章 「認識」を磨く : 「自分は何者なのか」を考える
「確実に知っていること」を突き詰める ほか
第2章 「国家」を理解する : 国家を「空気」のように考えることをやめる
概要: INSEADにてMBAを取得し、グランゼコールHECで修士号(国際金融)を最優秀で取得、世界のエリート教育を知り尽くし、海外のトップスクールを目指す学生を対象にグローバルリーダーを育成している著者が明かす、世界で求められる「本物の知力」の身 につけ方。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼