close
1.

図書

図書
日本道路協会編集
出版情報: 東京 : 日本道路協会 , 東京 : 丸善出版事業部(発売), 2002.7  冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山下亨編著
出版情報: 東京 : 近代消防社, 2005.8  ix, 396p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ章阪神・淡路大震災でのトイレ大混乱 1
   1神戸でトイレ混乱がはじまった 3
   2原始的な排泄行為とトイレ権 11
   3神戸へのバキューム・トイレの緊急支援-岐環協の支援活動- 20
   4仮設トイレ業者の緊急支援-仮設トイレの無償搬入- 25
   5神戸市環境局の緊急トイレ対応 30
   6神戸市内の学校避難所でのトイレ混乱 36
   7神戸市内の避難所トイレ消毒作戦 43
   8家庭でのトイレと水騒動 47
   9神戸市内でのトイレ騒動の終焉 51
   10阪神地域(神戸市以外)でのトイレ対応 53
   11阪神・淡路大震災のもう一つの教訓 62
   震災のときの生活の智恵 77
第Ⅱ章オストメイトたちの阪神・淡路大震災-災害時のトイレ困窮とその対応策の提言- 85
   1見えない障害者 87
   2阪神・淡路大震災、そのときオストメイトたちはどうしたか 92
   3そのときのためのオストメイト対策とは 103
   4オストメイトのトイレ権を保障するために 105
第Ⅲ章新潟県中越大震災と避難所のトイレ事情-阪神・淡路大震災の教訓は生きたか- 111
   1新潟県中越大震災での震害 113
   2住民の避難と避難生活 120
   3そのとき中越の首長(トップ)はどう動いたか-激震遭遇と初動- 134
   4トイレ権は保障されたか-避難所のトイレ事情の実際- 147
   5十日町市では消防団員が仮設トイレを清掃した 187
   6仮設トイレの夜間照明に新兵器が登場 191
   7学校避難所(川口町)に快適な仮設トイレが提供された 196
第Ⅳ章災害用トイレは進化したか-震災一〇年と災害時のトイレ対策- 203
   1阪神・淡路大震災でのトイレ・トラブルとその後の取組み 205
   2新潟県中越大震災における避難所トイレの実情 209
   3指定避難所校の防災対策とトイレ 211
   4神戸市におけるトイレ対策 213
   5仮設トイレの現実 216
   6阪神・淡路大震災や新潟県中越大震災を教訓にした仮設トイレのあり方 219
   7今後の災害時トイレ対策 222
第Ⅴ章トイレ生活危機管理のポイント-そのときのトイレ権をどのようにして保障するか- 225
   平素の公共トイレの危機管理-災害トイレ主管課の対策- 234
   被災地のトイレ応急復旧対応-災害対策本部(司令塔)の緊急トイレ対応- 242
   避難所でのトイレ生活対応-避難所管理者の安全衛生管理- 253
   トイレ対策監 276
第Ⅵ章保育園トイレ・シュミレーション-乳幼児たちのそのときー 281
   トイレは避難生活の有り様の中で 283
   そのとき保育園では 285
   トイレ行動弱者 287
   子どもは社会や国の宝-しかし、保育園は弱者の家 289
   保育園の施設・職員と生活物資等の備蓄 292
   幼児たちは一時飢餓状態に 294
   幼児たちのトイレは大丈夫か 296
   乳幼児お迎えルール 298
   乳幼児たちの避難は容易か 299
   最悪のシナリオ 301
   実践的なトイレ訓練や避難訓練等はできているか 303
   保育園が一時避難所になったら 304
   「保育園防災の手引き」でのトイレ不安 305
第Ⅶ章災害トイレ元年のマンホールトイレ-マンホールトイレの効用と課題- 309
   災害トイレ元年 311
   本格的マンホールトイレの登場 312
   大阪市のマンホールトイレ第一号 315
   都と千代田区のマンホールトイレ 318
   マンホールトイレは本当に使われるか 320
   マンホール鉄蓋の開閉不自由とトイレ不安 121
   中山間地でも都市でも下水道施設は脆弱だ 323
   マンホールは便槽と化す 324
   マンホールトイレは補完的なものとして 326
   今後必須となるマンホール対策 327
   災害用トイレの一長一短性と適時適材適所の原則 329
第Ⅷ章阪神・淡路大震災以前の災害トイレ事情 333
   1関東大震災でのし尿処理問題 335
   2戦後の自然災害とトイレ事情 346
   3海外の災害トイレ事情 364
   あとがき 375
   参考文献 387
   索引(巻末からご覧ください。) 396
第Ⅰ章阪神・淡路大震災でのトイレ大混乱 1
   1神戸でトイレ混乱がはじまった 3
   2原始的な排泄行為とトイレ権 11
3.

図書

図書
中林一樹著
出版情報: 東京 : 徳間書店, 2005.8  158p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
木股文昭, 林能成, 木村玲欧著
出版情報: 名古屋 : 中日新聞社, 2005.11  218p ; 19cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
大塚久哲編著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 2011.3  ii, 120p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
山根一眞著
出版情報: 東京 : 小学館, 2006.11  567p ; 20cm
シリーズ名: メタルカラー烈伝
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高田純著
出版情報: 東京 : 医療科学社, 2008.6  ix, 124p, 図版[4]p ; 21cm
シリーズ名: 高田純の放射線防護学入門シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵
はじめに
第1章 調査の結論 1
   1-1 平和的核エネルギー技術の安全性 3
   1-2 原子炉は核爆発しない 4
   1-3 核燃料サイクル開発に期待 5
   1-4 地震列島の宿命に挑戦する技術陣 7
   1-5 中越沖地震が証明した原子炉の高度な耐震性 8
   1-6 中越沖地震に見る危機管理の弱点と課題 9
第2章 核エネルギー技術と地震 11
   2-1 20世紀に誕生した核エネルギー技術 13
   2-2 21世紀の核燃料サイクル計画 14
   2-3 地震列島日本の地球物理的構造 18
   2-4 地震が放出する莫大なエネルギー 21
   2-5 日本最強のハイテク施設 23
   2-6 核エネルギー施設は核爆発しない 25
   2-7 地震波の伝播とP波感知による原子炉の自動停止 28
   2-8 制御棒による核分裂連鎖反応の緊急停止機構 29
   2-9 原子炉火災を誘発した黒鉛炉 31
   2-10 軽水炉原子力発電技術の多重防護 32
   2-11 ナトリウム冷却高速増殖炉技術は危険か? 33
   2-12 ループ型もんじゅの耐震性能 36
   2-13 六ヶ所核燃料サイクル関係施設 39
    ウラン濃縮工場 40
    再処理工場 42
    MOX燃料工場 42
    低レベル放射性廃棄物埋設センター 43
    高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター 43
   2-14 地層処分施設 44
第3章 中越沖地震が証明した原子炉の高度な耐震性能 49
   3-1 震度6強に襲われた原子力発電所 51
   3-2 周辺環境に放射線影響なし 54
   3-3 最大加速度を受ける6~7秒前に核反応は自動停止 55
   3-4 損傷を受けなかった原子炉建屋 59
   3-5 冷却操作に成功 61
   3-6 放射性物質は閉じ込められた 64
   3-7 顕著な故障がなかった原子炉容器の内部 65
第4章 中越沖地震に学ぶ危機管理の課題 69
   4-1 機能しなかった現地原子力防災センター 71
   4-2 原子力安全委員会の取り組み 75
   4-3 IAEAの調査と報告 77
   4-4 地震直後の報道 79
   4-5 事故とそれ以外の異常事象 82
   4-6 国際核事象評価尺度(INES)でレベル0 83
   4-7 原子力災害対策特別措置法とその欠陥 86
    原災法の目的 87
    事業者からの通報 87
   4-8 危機管理の基本力を有する体制づくり 90
   4-9 放射線防護情報センターからの迅速な情報発信 93
文献 95
付録資料 97
1 東京電力柏崎刈羽原子力発電所プレスリリース一覧表(発表日付2007.7.16~2008.2.28) 98
2 第49回原子力安全委員会臨時会議速記録(2007.7.17) 105
3 原子力安全委員会委員長声明(2007.7.19) 113
4 新潟県中越沖地震による影響に関する原子力安全委員会の見解と今後の対応(2007.7.30) 115
5 新耐震指針の概要(原子力安全委員会) 119
索引 121
コラム
   中越地震での新幹線の脱線 58
   そのときの中央制御室では 63
   スリーマイル島原子力発電所事故 67
   オフサイトセンター 73
   原子力安全委員会 75
   微量放射性物質の環境漏洩と風評経済被害 81
   日本原子力学会での公開報告会 92
口絵
はじめに
第1章 調査の結論 1
8.

図書

図書
武村雅之著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2008.8  iii, 236p ; 18cm
シリーズ名: 中公新書 ; 1961
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新潟日報社特別取材班著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.1  278p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 8
第1章 止まった原子炉 12
   「緊迫」 12
   「力不足」 16
   「想定外」 19
   「責任の応酬」 22
   「長期化必至」 26
第2章 過信の代償「7・16」の警告 30
   「海底データ」 30
   「断層論議」 33
   「論争に拍車」 37
   「隠れた損傷」 40
   「先行投資」 43
   「市長の停止命令」 46
   「産官学の責任」 49
第3章 封印された活断層 54
   「再評価」 55
   「突然の寄付金」 58
第4章 なぜ未開の砂丘地に 62
   「東電の悲願」 62
   「市長奔走」 66
   「金脈疑惑」 69
   「電源三法」 73
   「地盤論争再燃」 76
第5章 はがれたベール 検証・設置審査 80
   「突然の辞意」 80
   「地質学と工学」 84
   「低い問題意識」 87
   「初歩的ミス」 91
   「出来レース」 95
   「けじめ欠落」 98
   「消えた議事録」 101
   「続く密室体質」 104
第6章 絡み合う思惑 「検証・東電30億円寄付」 108
   「苦境下の決断」 108
   「交付金3倍増」 112
   「電力マネー特需」 115
   「観光被害500億円」 118
   「風評被害増幅」 121
   「知事の廃炉答弁」 124
   「活断層情報」 127
   「1100億円喪失」 131
第7章 断層からの異議 1号機訴訟30年 136
   「法廷の限界」 136
   「原告の胸中」 143
   「“国策”の影」 147
   「二つの文書」 151
   「裁判官の苦悩」 156
   「上告を決断」 161
   「最高裁の関心」 166
第8章 閉ざされた扉 原子力産業の実相 174
   「ミス発覚」 174
   「二重構造」 179
   「二つの神話」 185
   「ムラ社会」 190
   「決断の時」 195
特集「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」Ⅰ 204
作家・高村薫さんと考える 205
   海底地質調査ルポ 212
   被災状況と点検の行方 215
   被災住民の思い 218
   地元代表と識者に聞く 220
特集「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」Ⅱ 227
   民意の見極め不可欠 227
   真価問われる自治体 232
   解き明かされた事実 236
   首都圏の思い、柏崎刈羽の思い 239
   取材班からのメッセージ 251
特集「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」Ⅲ 254
   三氏に聞く 254
   班目春樹東京大学大学院教授/石原慎太郎東京都知事/泉田裕彦新潟県知事
あとがき 266
原発の謎を解き明かしたスクープ記事 272
主な参考文献 278
まえがき 8
第1章 止まった原子炉 12
   「緊迫」 12
10.

図書

図書
日経アーキテクチュア編集
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 1995.3  199p ; 28cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼