close
1.

図書

図書
木原諄二著
出版情報: 東京 : 丸善, 1986.12  v, 149p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
冨田佳宏著
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1990.5  vi, 227p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
野田直剛, 中村保共著
出版情報: 東京 : 日新出版, 1991.10  ix, 168p ; 21cm
シリーズ名: 実用理工学入門講座
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
吉村慶丸著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1957.5  2, 3, 174, 3p ; 22cm
シリーズ名: 応用力学講座 / 鵜戸口英善 [ほか] 編 ; 11, 4-A
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
国尾武著
出版情報: 東京 : 培風館, 1977.5  vi, 310p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岩下恒雄〔ほか〕著
出版情報: 東京 : 実教出版, 1982.2  221p ; 22cm
シリーズ名: 構造物の理論
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 弾性学および塑性学の基礎理論
   1.1 弾性体の力学 1
   1.1.1 応力(1)
   1.1.2 ひずみ(15)
   1.1.3 弾性基礎方程式(24)
   1.1.4 平面応力と平面ひずみ(32)
   1.1.5 曲線座標による関係式(44)
   1.1.6 三次元問題の例題(59)
   1.1.7 エネルギ原理(65)
   1.1.8 近似解法(81)
   1.1.9 有限要素法(84)
   1.2 降伏条件 98
   1.2.1 Trescaの条件(99)
   1.2.2 von Misesの条件(99)
   1.2.3 Mohrの条件(101)
   1.2.4 各種の条件の特徴(102)
   1.2.5 平面応力での各種の条件の特徴(105)
   1.3 応力増分とひずみ増分の関係および硬化法則 108
   1.3.1 等方弾性体の応力増分とひずみ増分の関係(108)
   1.3.2 Prandtl-Reussの式(108)
   1.3.3 塑性ポテンシャルの理論(111)
   1.3.4 硬化法則(116)
2章 材料の力学的性質
   2.1 鋼 119
   2.1.1 1軸単調引張りにおける鋼の性質(119)
   2.1.2 ひずみ履歴を受ける鋼の性質(121)
   2.1.3 鋼の降伏条件(121)
   2.2 コンクリート 122
   2.2.1 1軸圧縮応力下のコンクリートの性質(122)
   2.2.2 コンクリートの引張強度(125)
   2.2.3 多軸応力下のコンクリートの強度(126)
   2.3 土 128
   2.3.1 圧密特性(129)
   2.3.2 せん断特性(132)
   2.3.3 有効応力(136)
   2.3.4 降伏条件(143)
3章 部材の挙動とその解析例
   3.1 円孔縁に環状荷重が作用する場合の有孔無限板の応力と変形 156
   3.1.1 理論解析(157)
   3.1.2 積分計算(167)
   3.1.3 数値計算(172)
   3.1.4 結果の検討と考察(179)
   3.1.5 厳密解の近似化(182)
   3.1.6 実験による検証(186)
   3.2 曲げおよびせん断を受ける鉄筋コンクリート部材の解析 187
   3.2.1 鉄筋コンクリート部材の有限要素へのモデル化(187)
   3.2.2 コンクリートの解析(187)
   3.2.3 鉄筋の解析(190)
   3.2.4 鉄筋とコンクリートの相互作用の解析(190)
   3.2.5 剛性行列(191)
   3.2.6 解析結果(201)
   3.3 密な砂中の浅基礎の支持力解析 204
   3.3.1 拡張されたKotter式(205)
   3.3.2 数値解析法(211)
   3.3.3 砂中の浅基礎の支持力(215)
   索引 220
1章 弾性学および塑性学の基礎理論
   1.1 弾性体の力学 1
   1.1.1 応力(1)
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
益田森治, 室田忠雄共著
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1980.4  iv, 267p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
緒論 1
   1.塑性の定義 1
   2.塑性力学 2
第1章 引張りと圧縮 6
   1.1 丸棒の引張り 6
   1.1.1 実応力と公称ひずみ 6
   1.1.2 対数ひずみ 9
   1.2 引張りの実応力・ひずみ図 10
   1.2.1 降伏応力および耐力の定義 10
   1.2.2 加工硬化 10
   1.2.3 最高荷重とくびれの開始 11
   1.2.4 応力・ひずみ曲線の近似式 11
   1.3 円柱の圧縮 13
   1.4 引張りと圧縮の塑性曲線の比較 14
   1.5 変形仕事と塑性ヒステリシス 15
   1.5.1 変形仕事 15
   1.5.2 塑性ヒステリシス 16
   1.5.3 残留応力 17
   1.6 軟鋼の降伏の特殊性 17
   1.6.1 軟鋼の降伏機構 17
   1.6.2 ひずみ模様 18
   第1章問題 20
第2章 簡単な不静定問題 22
   2.1 弾完全塑性体 22
   2.2 例題1 22
   2.2.1 基礎式 23
   2.2.2 負荷過程 23
   (a) 弾性負荷経路 23
   (b) 弾塑性負荷経路 25
   (c) 極限荷重 25
   2.2.3 除荷過程 26
   (a) 除荷経路 26
   (b) 残留応力 27
   (c) 応力法と変位法 28
   2.3 例題2 28
   2.3.1 基礎式 29
   2.3.2 負荷過程 29
   2.3.3 除荷過程 30
   2.3.4 補足 32
   第2章問題 35
第3章 曲げ 37
   3.1 均等曲げ 37
   3.1.1 初等理論の基礎仮定 37
   3.1.2 長方形断面(中立軸が移動しない場合) 39
   (a) 例題1 40
   (b) 例題2 41
   3.1.3 中立軸が移動する場合 43
   (a) 第1期弾塑性曲げ 43
   (b) 第2期弾塑性曲げ 44
   (c) 全塑性曲げモーメント 45
   3.2 単純支持ばり 46
   3.2.1 塑性域の進展 46
   3.2.2 はりのたわみ 49
   3.3 残留応力とスプリング・バック 51
   3.3.1 残留応力 51
   3.3.2 残留曲率とスプリング・バック 52
   第3章問題 54
第4章 ねじり 57
   4.1 せん断変形 57
   4.1.1 純粋せん断と単純せん断 57
   4.1.2 薄肉円管のねじり 58
   4.2 中実丸棒のねじり 60
   4.2.1 基礎式 60
   4.2.2 例題 61
   4.2.3 プラントルおよびヒルの公式 63
   4.3 任意中実断面の棒の全塑性ねじりモーメント 65
   4.4 ねじりにおける変形仕事 67
   4.5 バウシンガー効果 68
   4.6 軟鋼のねじりによる降伏現象 68
   4.6.1 薄肉円管のねじり降伏 69
   4.6.2 丸棒のねじり降伏に関する中西博士の説 69
   4.6.3 丸棒のねじり降伏に関する西原・平両博士の説 72
   第4章問題 74
第5章 塑性変形開始の条件(降伏条件) 77
   5.1 応力成分とひずみ成分 77
   5.1.1 応力成分 77
   (a) 応力状態 77
   (b) 座標変換と応力成分 78
   (c) 主応力 80
   (d) 主応力で表わされた任意の面の応力 81
   (e) 八面体垂直応力および八面体せん断応力 82
   (f) 最大せん断応力 82
   (g) 偏差応力 83
   5.1.2 ひずみ成分 84
   (a) 微小ひずみの成分 85
   (b) 座標変換とひずみ成分 87
   (c) 主ひずみ 88
   (d) 主ひずみで表わされた任意方向のひずみ 89
   (e) 偏差ひずみ 89
   5.1.3 フックの法則 91
   第5章問題I 92
   5.2 降伏条件 94
   5.2.1 最大せん断応力説(トレスカの条件) 94
   5.2.2 八面体せん断応力説(ミーゼスの条件) 95
   5.2.3 二軸応力下の降伏曲線 97
   5.2.4 三軸応力下の降伏曲面 98
   5.2.5 その他の降伏条件 102
   (a) 内部摩擦説 102
   (b) せん断ひずみエネルギ説 103
   5.2.6 相当応力 105
   第5章問題II 106
第6章 塑性変形に関する理論 108
   6.1 理論の基礎 108
   6.1.1 材料の理想化 108
   6.1.2 全ひずみ理論とひずみ増分理論 109
   6.2 全ひずみ理論 109
   6.2.1 弾塑性体に関する全ひずみ理論 109
   6.2.2 剛塑性体に関する全ひずみ理論 115
   第6章問題I 118
   6.3 ひずみ増分理論 120
   6.3.1 弾硬化塑性体に関するひずみ増分理論(ヒルの方程式) 120
   6.3.2 弾完全塑性体に関するひずみ増分理論(ロイスの方程式) 128
   6.3.3 剛完全塑性体に関するひずみ増分理論(ミーゼスの方程式) 130
   6.3.4 剛完全塑性体に関するひずみ増分理論(サンブナンの方程式) 132
   6.4 補遺 133
   6.4.1 基礎仮定の実験的検証 133
   6.4.2 全ひずみ理論とひずみ増分理論の比較 134
   第6章問題II 135
第7章 球対称および軸対称の問題 138
   7.1 外圧を受ける厚肉中空球の塑性変形 138
   7.1.1 基礎式 138
   7.1.2 弾性解 139
   (a) 応力分布 139
   (b) ひずみ分布 141
   (c) 塑性変形(降伏)開始の条件 141
   7.1.3 弾塑性解 141
   (a) 応力分布 142
   (b) ひずみ分布 144
   (c) 全塑性状態 145
   7.1.4 除荷後の残留応力 146
   7.2 丸棒の引張りによるくびれ部の応力 147
   第7章問題 149
第8章 深絞りにおける応力とひずみ 153
   8.1 深絞りに関する基礎 153
   8.1.1 深絞りの変形 153
   8.1.2 つりあい方程式 154
   8.2 二軸ひずみ解 156
   8.2.1 幾何学的関係 156
   8.2.2 完全塑性(非硬化)・完全潤滑の解 157
   8.2.3 しわ押え力の影響 158
   8.2.4 ダイス肩における摩擦の影響 159
   8.2.5 ダイス肩における曲げの影響 161
   8.2.6 材料の加工硬化の影響 162
   8.2.7 諸因子の影響の総括 164
   8.3 三軸ひずみ解 164
   8.3.1 全ひずみ理論による解 164
   8.3.2 ひずみ増分理論による近似解 167
   第8章問題 170
第9章 曲げにおける応力とひずみ 173
   9.1 曲り棒の均等曲げ 173
   9.1.1 基礎式 173
   9.1.2 応力分布(全塑性状態) 174
   9.2 幅の広い円筒面状の板の均等曲げ 176
   9.2.1 基礎式 176
   9.2.2 応力分布 176
   9.3 幅の広い平板の均等曲げ 178
   9.3.1 基礎仮定 178
   9.3.2 応力およびひずみの分布 179
   9.3.3 個々の縦繊維のひずみ復歴 181
   第9章問題 183
第10章 引抜き,押出しおよび圧延 186
   10.1 丸棒の引抜き 186
   10.1.1 完全塑性・完全潤滑の場合 186
   10.1.2 摩擦の影響 187
   10.1.3 後方張力の影響 190
   10.1.4 せん断変形の影響 190
   10.1.5 材料の加工硬化の影響 191
   10.2 丸棒の押出し 194
   10.2.1 完全塑性・完全潤滑の場合 194
   10.2.2 引抜きと押出しの比較 195
   10.3 帯板の冷間圧延 197
   10.3.1 冷間圧延に関する基礎式 197
   10.3.2 圧力分布 199
   10.3.3 圧下力および圧延トルク 202
   第10章問題 204
第11章 平面ひずみ問題とすべり線場の理論 208
   11.1 平面ひずみ問題の基礎方程式 208
   11.1.1 直角座標で表わされた基礎式 208
   11.1.2 応力成分とモールの応力円 210
   11.2 すべり線場の理論 213
   11.2.1 すべり線を座標系とする基礎式 213
   11.2.2 境界条件 216
   11.2.3 すべり線の性質と簡単なすべり線場 218
   11.2.4 例題(平滑なポンチの押込み) 220
   11.2.5 不連続線 223
   (a) 変位速度の不連続線 223
   (b) 応力の不連続線 223
   11.3 平面ひずみ問題の極限解析 224
   11.3.1 塑性仕事速度 224
   11.3.2 上界法(エネルギ法) 227
   11.3.3 下界法 230
   第11章問題 233
第12章 塑性設計の基礎 237
   12.1 トラスの極限解析 237
   12.1.1 トラスの塑性崩壊 237
   12.1.2 極限解析の基礎 239
   12.1.3 極限解析の例題 240
   (a) 上界法 240
   (b) 下界法 242
   12.2 はりの極限解析 243
   12.2.1 はりの塑性崩壊 243
   12.2.2 極限解析の基礎 244
   12.2.3 上下界法 245
   12.3 ラーメンの極限解析 247
   12.3.1 極限解析の基礎 247
   12.3.2 基本機構 248
   12.3.3 機構の組合わせ 250
   12.3.4 シモンズ・ニールの方法 250
   12.4 平板の極限解析 251
   12.4.1 極限解析の基礎 251
   12.4.2 多角形板の崩壊荷重(上界法) 254
   12.4.3 円板の崩壊荷重 255
   12.4.4 運動学的許容たわみ速度場の一般化 257
   第12章問題 258
   外国人名のつづり 262
   索引 263
緒論 1
   1.塑性の定義 1
   2.塑性力学 2
8.

図書

図書
大塚久哲著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1985.3  8, 206p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
角谷典彦著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1969.10  2, 3, 206, 8p ; 22cm
シリーズ名: 共立物理学講座 ; 7
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
平修二監修 ; 村上裕則 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : オーム社 , 東京 : オーム社書店 (発売), 1976.11  iv, 188p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼