close
1.

図書

図書
岩川直樹, 汐見稔幸編
出版情報: 東京 : 草土文化, 2001.7  223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
志水宏吉著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2005.11  xi, 224p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 978
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ドミニク・S・ライチェン, ローラ・H・サルガニク編著 ; 今西幸蔵 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 明石書店, 2006.5  248p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
神永正博著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2008.6  v, 144p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
原清治, 山内乾史著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2009.5  vi, 226, 19p ; 19cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
齋藤孝著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.11  ix, 213, 2p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1628
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 「新しい学力」とは何か : 「新しい学力」登場の流れ
「PISA型」「問題解決型」の学力とは
「新しい学力」を伸ばす授業
アクティブ・ラーニングとは何か
いかに評価する/されるのか
第2章 新しい学力の「落とし穴」 : 「ゆとり」という経験
いくつもの難点
ICTの活用と学習の質
伝統的な学習教育は「ダメ」だったのか?
第3章 本当に求められているものは? : 「両手」で対処する
「人材」を考える
ビジネスで求められる力
エジソンというモデル
第4章 「源流」に学ぶ : ルソーが提示した民主社会の主権者教育
デューイの理想に学ぶ
吉田松陰・松下村塾の「新しい学力」
福沢諭吉を育てたのは
第5章 真の「問題解決能力」を鍛えよう : 真のアクティブ・ラーニングの実践
古典力を養成する
「知情意」、そして「体」
第1章 「新しい学力」とは何か : 「新しい学力」登場の流れ
「PISA型」「問題解決型」の学力とは
「新しい学力」を伸ばす授業
概要: 二〇二〇年に予定されている学習指導要領の大改訂。“新しい学力観”に沿った教育現場の改革はすでに始まっている。教科の再編、アクティブ・ラーニングの導入、評価基準の変化—。大きな変化の中で、本当に求められる“真の学力”とは何だろうか?教師も親も 学生も必読、“人”を育てる教育への、熱意あふれる提言の書! 続きを見る
7.

図書

図書
21世紀COEプログラム東京大学大学院教育学研究科基礎学力研究開発センター編
出版情報: 東京 : 明石書店, 2006.2  224p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
志水宏吉編
出版情報: 吹田 : 大阪大学出版会, 2009.5  309p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
戸瀬信之, 西村和雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.11  xi, 182p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 756
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
中室牧子著
出版情報: 東京 : ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2015.6  199p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 他人の“成功体験”はわが子にも活かせるのか?—データは個人の経験に勝る : 教育は「一億層評論家」
東大生の親の平均年収は約「1000万円」 ほか
第2章 子どもを“ご褒美”で釣ってはいけないのか?—科学的根拠に基づく子育て : 目の前ににんじん」作戦を経済学的にひもとく
「テストでよい点を取ればご褒美」と「本を読んだらご褒美」—どちらが効果的? ほか
第3章 “勉強”は本当にそんなに大切なのか?—人生の成功に重要な非認知能力 : 幼児教育プログラムは子どもの何を変えたのか
「非認知能力」とは ほか
第4章 “少人数学級”には効果があるのか?—科学的根拠なき日本の教育政策 : 35人か、40人か?
少人数学級は費用効果が低い ほか
第5章 “いい先生”とはどんな先生なのか?—日本の教育に欠けている教員の「質」という概念 : 「いい先生」に出会うと人生が変わる
教員を「ご褒美」で釣ることに効果はあるのか ほか
補論 なぜ、教育に実験が必要なのか : リンゴとオレンジ:比較できない2つのもの
「反実仮想」を再現する ほか
第1章 他人の“成功体験”はわが子にも活かせるのか?—データは個人の経験に勝る : 教育は「一億層評論家」
東大生の親の平均年収は約「1000万円」 ほか
第2章 子どもを“ご褒美”で釣ってはいけないのか?—科学的根拠に基づく子育て : 目の前ににんじん」作戦を経済学的にひもとく
概要: ゲームは子どもに悪影響?教育にはいつ投資すべき?ご褒美で釣るのっていけない?思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼