close
1.

図書

図書
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2002.10  191p ; 28cm
シリーズ名: ニュートン別冊
NEWTONムック
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ニール・カミンズ著 ; 加藤賢一, 吉本敬子訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.8  258p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1492
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
野本陽代著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2004.10  vii, 212p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 918
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
水谷, 仁(1942-)
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2012.1  175p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
ニュートン別冊
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
藤井旭著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 2010.6  127p ; 26cm
シリーズ名: ビジュアルサイエンス = Visual Science
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
牟田淳著
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.4  xvi, 230p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Lesson1 名作『銀河鉄道の夜』に学ぶ星空 1
   1.1 『銀河鉄道の夜』は星空のどこを旅するの? 2
   1.2 『銀河鉄道の夜』で学ぶ夏の星空 6
   1.3 『銀河鉄道の夜』で学ぶ南十字星 11
    Column オーストラリアで見られる銀河鉄道の夜の舞台 14
   1.4 天の川の上に浮かぶ星座たち 15
    Column 南の島で南十字星を見てみよう 18
Lesson2 世界の果てまで旅をする 21
   2.1 昔の人が考えた「宇宙の果て」と「小さな世界の彼方」とは? 22
   2.2 宇宙鉄道に乗って宇宙の果てまで旅すると? 23
   2.3 魔法で体を小さくすると見えるミクロの世界 30
   2.4 原子よりも小さな究極の世界に見えるもの 33
   2.5 宇宙を知るためには素粒子を知らなければならない? 36
    Column 「パワーズ・オブ・テン」と「火の鳥」 38
Lesson3 月の空は何色か? 39
   3.1 地球の芸術、虹、青空と夕焼け 40
   3.2 アポロ宇宙船クルーが見た月の空 45
   3.3 地球の空が青いわけ 52
   3.4 地球の夕焼けが赤いわけ 54
   3.5 海のなかが青いわけ 56
    Column 色の三原色 57
Lesson4 アインシュタイン「生涯最大の過ち」 59
   4.1 宇宙に永遠不変を探し求めた人間、アインシュタイン 60
   4.2 宇宙を支配する方程式-アインシュタイン方程式- 61
   4.3 「アインシュタイン人生最大の過ち」とは? 64
   4.4 ビッグバンではじまる宇宙創世記 68
   4.5 ビッグバンの前には何があったのか? 70
    Column ゴーギャンの名作が語る宇宙 75
Lesson5 私たちは星屑の子供たち 77
   5.1 「黄金を作り億万長者になろうとした」錬金術師たち 78
   5.2 私たちは元素からできている 79
   5.3 黄金の作り方、教えます 84
    Column 中性子で元素を作る 85
   5.4 元素はビッグバンで作られた? 87
   5.5 星の死とともに作られる元素 89
   5.6 私たちは星屑の子供たち 95
Lesson6 オーロラは太陽からの手紙 97
   6.1 北の国の芸術、オーロラ 98
   6.2 オーロラや花火の色彩が鮮やかなわけ 100
   6.3 原子が出す炎がオーロラのヒント? 102
   6.4 光は「光子」でできている? 104
   6.5 原子で生まれる光 106
   6.6 オーロラは太陽からの手紙 110
   6.7 太陽の活動とオーロラ 113
    Column オーロラの写真を撮ろう! 114
Lesson7 星の色は温度で決まる 117
   7.1 星にも色がある 118
   7.2 星の色でわかる星の温度-絶対温度- 120
   7.3 色温度の正体 125
   7.4 宇宙の温度は何度? 132
    Column アナログテレビで見るビッグバンの名残 134
Lesson8 時間は人によって違うの? 135
   8.1 SFでひっぱりだこの相対論 136
   8.2 私たちはいつも「過去」を見ている 137
   8.3 光速は変わらない 140
   8.4 私たちは同じ時を共有できない 142
   8.5 時の流れを変える方法 145
   (参考) 時間の遅れを計算しよう 149
Lesson9 不本意なエネルギーと質量 153
   9.1 原爆に利用された相対論とアインシュタインの苦悩 154
   9.2 変わらないものと変わる長さ 159
   9.3 相対論の代名詞、E =mc2 163
   (参考) 時空図はSFチック 167
Lesson10 もしも別の世界があったら 171
   10.1 もしも別の世界があったら 172
   10.2 波は広がり、粒子は進む 174
   10.3 電子の本当の姿 176
   10.4 神はサイコロをふる? ふらない? 179
   10.5 原子の世界と私たちの世界 180
   10.6 シュレーディンガーの猫のエピソード 182
   10.7 パラレルワールドの説 185
Lesson11 「陽電子」「反陽子」の作り方、教えます 189
   11.1 アニメ、映画などに出てくる陽電子や反陽子や反物質とは? 190
   11.2 反物質は実際にCERNで作られている 194
   11.3 反物質の作り方、教えます 195
   11.4 実は身近にも反物質がある? 199
    Column 20 世紀の巨匠ダリの作品に大きな影響を与えた不確定性原理 202
Lesson12 世界に終わりがあるの? 203
   12.1 黙示録 204
   12.2 科学の世界の黙示録 205
   12.3 宇宙はどんどん加速膨張している 212
   12.4 真空は空っぽではない? 215
参考文献 219
索引 223
Lesson1 名作『銀河鉄道の夜』に学ぶ星空 1
   1.1 『銀河鉄道の夜』は星空のどこを旅するの? 2
   1.2 『銀河鉄道の夜』で学ぶ夏の星空 6
7.

図書

図書
谷口義明著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2006.7  iv, 179p ; 18cm
シリーズ名: 中公新書 ; 1856
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
伊藤俊治 [ほか] 執筆 ; 石原剛一郎編集
出版情報: 東京 : 工作舎, 2008.10  253p ; 19cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岩波書店編集部編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2008.11  iii, 112p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 152
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
母なる宇宙へ 小久保英一郎 1
コスモグラフィアファンタスティカへの旅 秋山豊寛 15
地球の生命・宇宙の生命 奥野誠 27
宇宙のなぎさで想うこと 佐治晴夫 41
歴史的視点から見た宇宙 野本陽代 53
いのちのトライアングル 的川泰宣 65
地球外生命論争-19世紀まで、そして21世紀から 井田茂 77
宇宙への夢を抱いて 栗野諭美 89
夜空のムコウに思いをはせる 須藤靖 101
母なる宇宙へ 小久保英一郎 1
コスモグラフィアファンタスティカへの旅 秋山豊寛 15
地球の生命・宇宙の生命 奥野誠 27
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ニール・ドグラース・タイソン著 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2008.10  474p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 5
謝辞 7
プロローグ-科学の始まり 15
第1部 知識とは何か 宇宙について何を知ることができるのかを見極めることの難しさ
   第1章 冷静になって、われわれの感覚というものを考える 27
   第2章 地上でも宇宙でも同じ 35
   第3章 百聞は一見にしかずか? 45
   第4章 情報の罠 58
   第5章 地面に棒を突き立ててできる科学 73
第2部 自然についての知識 宇宙の構成要素を見出す試み
   第6章 太陽の中心からの旅 85
   第7章 惑星のパレード 92
   第8章 太陽系の放浪者 105
   第9章 五つのラグランジュ点 118
   第10章 反物質の問題(アンチマター・マター) 126
第3部 自然のあり方とやり口 問いかける精神に対して自然はどのように自らの姿を現すか
   第11章 揺るぎなく(コンスタントで)あることの重要性 137
   第12章 速度の上限 147
   第13章 弾道飛行をする 157
   第14章 密度が高いとはどういうことか 167
   第15章 虹の向こう側 178
   第16章 宇宙に開いた窓 188
   第17章 宇宙の色 199
   第18章 宇宙プラズマ 208
   第19章 炎と氷 216
第4部 生命の意味 どうして今われわれが存在するのかを理解する-その試みと成果
   第20章 塵から生まれ塵に還る 227
   第21章 恒星のなかで生まれる 235
   第22章 雲に乗せて送る 243
   第23章 ゴルディロックスと三つの惑星 253
   第24章 水、水 261
   第25章 生きられるところ 272
   第26章 宇宙に存在する生物 282
   第27章 人間が発した電波のざわめき 294
第5部 宇宙がよからぬ状態になると 宇宙がわれわれを殺そうとするさまざまな方法
   第28章 太陽系のカオス 307
   第29章 次回の隕石接近 314
   第30章 世界の終焉 326
   第31章 銀河のエンジン 333
   第32章 一気にやっつけろ 343
   第33章 ブラックホールで死んでみる 353
第6部 科学と文化 宇宙に関する発見と、それに対する人々の反応の齟齬
   第34章 世問で言われていること 363
   第35章 数恐怖症 372
   第36章 困惑する科学者 379
   第37章 科学という砂地に残した足跡 387
   第38章 闇よ、あれ 400
   第39章 ハリウッドの夜 409
第7部 科学と神 知識の体系どうしが衝突するとき
   第40章 宇宙の始まり 423
   第41章 聖戦 436
   第42章 無知と知のあわい 446
訳者あとがき 459
参考文献 474
まえがき 5
謝辞 7
プロローグ-科学の始まり 15
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼