close
1.

図書

図書
渡辺昭一著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2002.8  137p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
危機マネジメント研究会編集
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2002.4  7, 581p ; 27cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小松原明哲著
出版情報: 東京 : 丸善, 2003.3  vii, 117p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
長岡技術科学大学編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2005.4  viii, 254p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
組込みシステム技術協会安全性向上委員会製品安全ワーキンググループ編・著
出版情報: 東京 : 電波新聞社, 2010.7  207p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
長崎大学工学部安全安心工学入門編集委員会編
出版情報: 東京 : 古今書院, 2010.3  v, 187p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
原子力安全システム研究所編
出版情報: 東京 : 日本電気協会新聞部, 2010.10  113p ; 26cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
化学物質評価研究機構編
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2007.8  204p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 1
編者,執筆者紹介 8
第1章 「REACH」とは何か 9
   1. 「REACH」とは何か 10
   2. 世界の化学物質管理の流れ 11
    2.1 環境と開発に関する国連会議 11
    2.2 持続可能な開発に関する世界首脳会議 12
    2.3 国際化学物質管理会議 13
   3. 各国の化学物質管理 15
    3.1 日本の化学物質管理 16
    3.2 そのほかの国の化学物質管理 17
    3.3 既存化学物質の安全性点検 18
   4. EUの現在における化学物質規制 19
    4.1 新規化学物質および調剤の規制 19
    4.2 安全性データシートに関する規制 20
    4.3 使用と制限に関する規制 21
    4.4 既存化学物質の規制 21
    4.5 このほかの規制 21
   5. REACHの法制化,その位置付け,条文の構成 22
    5.1 欧州憲法条約 22
    5.2 REACH法制化の流れ 23
    5.3 EUの法制定制度 23
    5.4 REACHの法律的な位置づけ 24
    5.5 REACH条文の構成 25
   6. REACHの目的 27
   7. REACHの概要 29
    7.1 REACHの概要 29
    7.2 登録 30
    7.3 登録対象物質 30
    7.4 予備登録と登録期間 31
    7.5 登録方法 32
    7.6 届出 33
    7.7 評価 33
    7.8 認可 34
    7.9 制限 34
    7.10 代理人 34
    7.11 物質情報交換フォーラムとコンソーシアム 35
   8. REACHの対象外物質 36
   9. 欧州化学品庁 36
   10. REACHとRoHS指令の違い 37
   11. 日本に与える影響 38
第2章 登録・評価 41
   1. 登録 42
    1.1 登録対象者 42
    1.2 登録対象物質 45
     物質(Substance) 46
     調剤(Preparation) 50
     成形品(Ariticle) 50
     ポリマー(Polymer) 61
     中間体(Intermediate) 64
    1.3 登録免除・除外物質 65
   2. 登録に必要な情報と提出書類 68
    2.1 登録に必要な情報の概要 68
    2.2 製造/輸入量に応じた物理化学的性状,ヒト健康への有害性および環境影響情報 69
     要求される情報の一覧 69
     SIEFでの情報の入手 72
     情報が不要な場合 73
    2.3 テクニカル・ドシエ 74
    2.4 化学品安全性報告書 76
   3. 登録におけるその他関連事項 80
    3.1 登録期限 80
    3.2 予備登録,SIEFとIUCLID5 82
    3.3 登録の流れ 86
    3.4 費用 87
   4. 評価 89
第3章 登録の実際 93
   1. データの収集の手順 95
    既存データの収集,信頼性評価とデータギャップ調査 96
    試験によらない方法の活用 97
    試験の実施 98
   2. 要求される試験項目 98
    2.1 物理化学的性状 98
     試験項目 98
     物理化学的性状の試験手順 100
    2.2 ヒト健康への有害性試験 101
     試験項目 101
     要求される試験項目についての解説 103
    2.3 環境影響評価に関する試験 115
     試験項目 115
     試験項目の解説 117
   3. 分類と表示 125
    3.1 分類と表示の概要およびすでにEUにより分類されている物質のリスト 125
    3.2 REACHにおける分類と表示の位置づけ 127
   4. 危険性/有害性評価 128
    4.1 物理化学的性状評価の概要(CSR Part.B6) 128
    4.2 ヒト健康への有害性評価の概要(CSR Part.B5) 130
    4.3 環境中生物への有害性評価の概要(CSR Part.B7) 132
   5. PBT,vPvB評価 135
   6. 暴露評価 137
    6.1 暴露評価の概要 137
    6.2 暴露シナリオの作成 139
     REACHにおける暴露シナリオの位置付け 139
     暴露シナリオ作成手順 140
    6.3 環境暴露(環境経由のヒト,環境中生物,下水処理場の微生物)の暴露量計算手順 143
    6.4 職業暴露の暴露量計算手順 145
    6.5 消費者暴露 146
     消費者製品とは 146
     消費者暴露の推定方法 146
    6.6 REACHにおける暴露量計算方法のまとめ 149
   7. リスク評価 149
    7.1 DNELとPNECの算出 150
     AF(アセスメント係数) 150
     DNELの算出 151
     PNECの算出 152
    7.2 リスク評価の方法―RCRsの算出― 153
    7.3 リスク評価の例 155
第4章 認可・制限 163
   1. 認可 164
    1.1 認可の目的 164
    1.2 認可の制度・仕組み 165
    1.3 認可の対象物質 165
    1.4 認可の適用除外 166
    1.5 認可の流れ 166
    1.6 認可申請の時期 168
    1.7 認可保有者・川下ユーザーの義務 169
     認可保有者の義務 169
     川下ユーザーの義務 169
   2. 制限 169
    2.1 制限の目的 169
    2.2 制限の制度・仕組み 169
    2.3 制限対象物質 170
    2.4 制限の例 170
第5章 サプライチェーンにおける情報共有 171
   1. 安全性データシート 173
    1.1 安全性データシート作成の対象物質 173
    1.2 安全性データシートの内容 174
    1.3 安全性データシートが要求されない物質・調剤における情報伝達 174
    1.4 成形品中の物質に関する情報伝達 175
     川下の受領者に対して 175
     消費者に対して 175
    1.5 川上への情報伝達 175
    1.6 作業者への情報伝達 176
    1.7 情報の保存 176
   2. 川下ユーザー 176
    2.1 川下ユーザーから川上への情報伝達 176
    2.2 川下ユーザーが化学品安全性報告書を作成する場合 177
参考資料 REACH関連情報,条文・付属書の構成 179
おわりに 197
略語一覧 199
索引 201
はじめに 1
編者,執筆者紹介 8
第1章 「REACH」とは何か 9
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
畑村洋太郎著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.7  279p, 図版[2]p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 10
第1章 「失敗学」から「危険学」へ 13
   方法論が間違っていた
   マニュアル頼みの落とし穴
   そしてドアプロジェクトがはじまった
第2章 「プロジェクト」発足 27
   幼い命を奪った回転ドア事故
   「勝手連」事故調
   「自律分散型」の組織運営
第3章 ドアプロジェクトの手法 37
   実験対象は「すべてのドア」
   「失敗学」の集大成
   個人プロジェクトの強み
   プロジェクトを支えてくれた人々
   参加希望が殺到!
   ダミー人形
   多額の出費をどうするか
   思わぬプレゼント
   プロジェクトの進め方
   対象としたドア
   三段階の実験
第4章 実験でわかった真相Ⅰ 73
   「大型自動回転ドア」-恐怖の「殺人機械」
   「手動回転ドア」-無視された「安全思想」
   「エレベーターのドア」-危険を回避する技術の蓄積
   「スライドドア」-エレベーターと同じ安全設計
   「シャッター」-「センサー頼み」の危うさ
第5章 技術の系譜 111
   移入されたときにちがう目的に
   要求を入れながら仕様を変更
   新会社に残されたのは「実物のみ」
   「技術の来歴」と「付加設計」
第6章 実験でわかった真相Ⅱ 131
   「電車のドア」-起こり得るベビーカー挟まれ事故
   「新幹線のドア」-緩衝用ゴムの効果
   「自動車のドア」-思い切り閉めると危険
   「学校のシャッター」-放置されていた不適格品
   「事務所や家庭のドア」-引き裂かれた肉片
第7章 「勝手連事故調」の勝利 187
   小さな事故は大事故の予兆
   あり得ることは必ず起こる
   「制御安全」と「本質安全」
   「本質安全」をどう確保するか
   設計者の努力と限界
   国交省、経産省がつくった事故調
   事故調の問題点
   「原因究明」と「責任追及」を混同してはいけない
   「制度」が原因究明を阻む
   社内調査の限界
   「第三者による科学的調査」が必要
   ガイドラインを過信してはいけない
第8章 その後のドアプロジェクト 219
   「自律分散型」プロジェクトの成功
   プロジェクトの蒔いた種
   「子どものための危険学」
   事故を起こした大型回転ドアの保存
   企業の責任と遺族の思い
第9章 「危険学」をどう生かすか 239
   子どもたちの危機回避能力を養え
   「人工物」とどう付き合うか
あとがき 246
付章 実験の詳しい解説 249
はじめに 10
第1章 「失敗学」から「危険学」へ 13
   方法論が間違っていた
10.

図書

図書
有冨正憲, 内野克彦, 志村重孝著
出版情報: 東京 : ERC出版, 2007.2  iv, 151p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼