close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山本尚利, 山本達也編著
出版情報: 東京 : 新技術開発センター, 2002.5  257p ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第一部 : 総論編
◎話題 3
1. 米国ベンチャー動向
   1-1. 米国ベンチャー投資動向 4
   1-2. 米国ベンチャー投資動向 5
2. 世界の有望新技術マップ 6
3. ナノテクノロジーの有望性 7
4. ナノテクノロジーの市場性 8
5. ナノテクのIT産業へのインパクト 9
6. ナノテクは分子エレクトロニクスを実用化させる 10
7. カーボンナノチューブの構造図 11
8. 分子エレクトロニクス事例 12
9. DNAを応用するナノ回路形成事例 13
10. 力一ボンナノチューブのディスプレイ応用事例
   10-1. カーボンナノチューブの電界放出表示(FED) 14
   10-2. カーボンナノチューブFED画像 15
11. コンビナートリアル・ケミストリー事例(創薬システム)
   11-1. コンビナートリアル・ケミストリー技術事例 16
   11-2. コンビナートリアル・ケミストリー技術事例 17
第二部 : 各論編
第1章 カーボンナノチューブ 21
   §1-1 カーボンナノチューブの基礎 22
   §1-1-1 カーボンナノチューブとは 23
   §1-1-2 カーボンの種類 24
   §1-1-3 ナノチューブの種類 25
   §1-1-4 ナノチューブの構造1 26
   §1-1-4 ナノチューブの構造2 27
   §1-1-4 ナノチューブの構造3 28
   §1-1-4 ナノチューブの構造4 29
   §1-1-5 顕微鏡像(電顕) 30
   §1-1-5 顕微鏡像(STM) 31
   §1-1-6 フラーレンの構造 32
   §1-1-7 ナノチューブのバンド構造1 33
   §1-1-7 ナノチューブのバンド構造2 34
   §1-1-8 まとめ 35
   §1-2 エレクトロニクスヘの応用 37
   §1-2-1 N型半導体の作成(Kのドーピング) 38
   §1-2-1 N型半導体の作成(真空中でのアニーリング) 39
   §1-2-2 FETへの応用(デルフト大学) 40
   §1-2-2 電流一電圧特性 41
   §1-2-3 NOT gateへの応用1(lBM) 42
   §1-2-3 NOT gateへの応用2 43
   §1-2-3 NOT gateへの応用3 44
   §1-2-3 NOT gateへの応用4 45
   §1-2-3 NOT gateへの応用5 46
   §1-2-4 Y-junction 1 47
   §1-2-4 Y-junction 2(電顕像) 48
   §1-2-4 Y-junction 3(金との接合部) 49
   §1-2-4 Y-junction 4(電流一電圧特性) 50
   §1-2-4 Y-junction 5 電流一電圧特性 51
   §1-2-5 RAMへの応用 1(ハーバード大学) 52
   §1-2-5 RAMへの応用 2 53
   §1-2-5 RAMへの応用 3 54
   §1-2-5 RAMのOn-Off特性 1 55
   §1-2-5 RAMのOn-Off特性 2 56
   §1-2-6 Bucky Shuttleメモリーへの応用 1 57
   §1-2-6 Bucky Shuttleメモリーへの応用 2 58
   §1-2-6 ポテンシャル曲線 59
   §1-2-6 メモリーボード 60
   §1-2-7 Boron-Nitride nanotube 1 61
   §1-2-7 Boron-Nitride nanotube 2 62
   §1-2-7 バンド構造 63
   §1-2-7 圧縮による電子密度の変化 64
   §1-3 実用例 65
   §1-3-1 Field Emission Display 66
   §1-3-1 FEDの原理 67
   §1-3-1 陰極の構造 1 68
   §1-3-1 陰極の構造 2 69
   §1-3-1 実例 1(伊勢電子工業) 70
   §1-3-1 実例 2(Samsung) 71
   §1-3-1 実例 3(Samsung) 72
   §1-3-2 水素貯蔵 73
   §1-3-2 水素貯蔵 電顕像(Covalent) 74
   §1-3-2 水素貯蔵 電顕像(拡大図) 75
   §1-3-2 水素貯蔵 重量%と表面積の関係 76
   §1-3-2 水素貯蔵 圧力と温度の関係 77
   §1-3-3 カーボンナノホーン 78
   §1-3-3 カーボンナノホーン 電顕像 79
   §1-3-3 カーボンナノホーン 先端部の構造 80
   §1-3-3カーボンナノホーン 電顕像(拡大図) 81
   §1-3-3カーボンナノホーン 燃料電池への応用(NEC) 82
第2章 分子エレクトロニクス 83
   §2-1 セルフアセンブリー 1 84
   §2-1 セルフアセンブリー 2 85
   §2-2 分子スイッチ 1(ライス大学) 86
   §2-2 分子スイッチ 2 87
   §2-2 分子スイッチ 3 88
   §2-2 分子スイッチ 4 電流一電圧特性 89
   §2-3 分子スイッチロタキサン(UCLA/HP) 90
   §2-3 電流一電圧特性(ロタキサン) 91
   §2-3 分子スイッチカテナン(UCLA) 92
   §2-3 分子スイッチカテナン 93
   §2-3 電流-電圧特性(カテナン) 94
   §2-4 分子メモリー(ライス大学) 95
   §2-4 メモリーセル 96
   §2-4 メモリー特性 97
   §2-5 分子メモリー 1(CALMEC) 98
   §2-5 分子メモリー 2 99
   §2-5 分子メモリー 3 100
   §2-5 データスポット 4 101
   §2-5 分子メモリー 5 102
   §2-6 カーボンナノチューブヘの応用 1 Wrapping-nanotube(ライス大学) 103
   §2-6 カーボンナノチューブヘの応用 2 Functionalization of CNT(ライス大学) 104
   §2-6 カーボンナノチューブヘの応用 3 Functionalization of CNT(ライス大学) 105
   §2-6 カーボンナノチューブヘの応用 4 Molecular-Memory 106
第3章 論理回路の実現 107
   §3-1 分子メモリーの実現 1 108
   §3-1 分子メモリーの実現 2 109
   §3-1 ワイヤー分子の配置 1(ハーバード大学) 110
   §3-1 ワイヤー分子の配置 2 111
   §3-1 ナノワイヤーのSEM像 112
   §3-1 ワイヤー分子の配置 3 113
   §3-1 ナノワイヤーSEM像 114
   §3-1 格子状に配置(SEM像) 115
   §3-2 論理回路の実現(ハーバード大学) 116
   §3-2 P-Nダイオード 117
   §3-2 FET 118
   §3-2 OR gate 119
   §3-2 0R gate入出力関係 120
   §3-2 AND gate 121
   §3-2 AND gate入出力関係 122
   §3-2 NOR gate 123
   §3-2 NOR gate入出力関係 124
   §3-2 XOR,Half adder 125
   §3-3 カーボンナノチューブによる論理回路(デルフト大学) 126
   §3-3 論理回路AFM像 127
   §3-3 論理回路模式図 128
   §3-3 Inverterの実現 129
   §3-3 NOR gateの実現 130
   §3-3 SRAMの実現 131
   §3-3 Ring oscillatorの実現 132
   §3-4 論理回路の実現(UCLA/HP) 133
   §3-4 論理回路の実現 134
   §3-4 AND gateの実現 135
   §3-4 OR gateの実現 136
第4章 バイオナノテクノロジー 137
   §4-1 DNAの基礎、バイオテクノロジー 138
   §4-1-1 DNAの構造 1 139
   §4-1-1 DNAの構造 2 140
   §4-1-2 塩基の構造 141
   §4-1-3-1 バイオテクノロジー制限酵素 142
   §4-1-3-2 PCR 1 (Polymerase Chain Reaction) 143
   §4-1-3-2 PCR 2 144
   §4-1-3-3 電気泳動 1 145
   §4-1-3-3 電気泳動 2 146
   §4-1-3-4 DNA-hybridization 147
   §4-1-3-4 DNA-ligation 148
   §4-1-3-4 Hybridizationとligation 149
   §4-2 DNAナノテクノロジー 150
   §4-2-1-1 DNAセルフアセンブリー 1 151
   §4-2-1-1 DNAプローブ 152
   §4-2-1-1 DNAセルフアセンブリー 2 153
   §4-2-1-1 吸光度の変化 154
   §4-2-1-2 遺伝子検出への応用 155
   §4-2-1-2 炭疽菌遺伝子検出 1 156
   §4-2-1-2 炭疽菌遺伝子検出 2 157
   §4-2-2 DNAタイルの応用(double-crossover molecule) 158
   §4-2-2 DNAタイル(double-crossover)1 159
   §4-2-2 DNAタイル(double-crossover)2 160
   §4-2-2 DNAタイル(double-crossover)AFM像 161
   §4-2-2 DNAタイル(triple crossover) 162
   §4-2-2 DNAタイル(triple crossover)の構造 1 163
   §4-2-2 DNAタイル(triple crossover)の構造 2 164
   §4-2-2 DNAタイルセルフアセンブリー 1 165
   §4-2-2 DNAタイルセルフアセンブリー 2 166
   §4-2-2 DNAタイルセルフアセンブリー 3 167
   §4-2-2 DNAタイルTEM像 168
   §4-2-2 DNAタイル回路への応用 1 169
   §4-2-2 DNAタイル回路への応用 2 170
   §4-2-2 DNA metallization(AFM像) 171
   §4-2-2 DNAタイルtemplateとしての応用 172
   §4-2-3 DNAナノテクノロジー今後 1 173
   §4-2-3 DNAナノテクノロジー今後 2 174
   §4-2-3 分子エレクトロニクスヘの応用 175
   §4-2-3 X線結晶学への応用 176
   §4-3 DNAコンピューティング 177
   §4-3-1 DNAコンピューティングとは 178
   §4-3-2 ハミルトニアン経路問題 南カリフォルニア大学 Leonald M.Adleman教授 179
   4-3-2 ハミルトニアン経路問題の定義 180
   §4-3-2 Adlemanの解法 181
   §4-3-2 セールスマン巡回問題 182
   §4-3-2 Adlemanの 解法ステップ 1 183
   §4-3-2 Adlemanの 解法ステップ 1 184
   §4-3-2 Adlemanの 解法ステップ 1 185
   §4-3-2 Adlemanの解法 ステップ 2 186
   §4-3-2 Adlemanの解法 ステップ 3 187
   §4-3-2 Adlemanの解法 ステップ 4 188
   §4-3-2 Adlemanの解法 まとめ 189
   §4-3-3 DNAタイルを用いた例 デューク大学John H.Reif教授 190
   §4-3-3 DNAコンピューター 191
   §4-3-3 DNA計算模式図 192
   §4-3-3 DNA計算の例 193
   §4-3-3 0,1の決め方 194
   §4-3-3 入力、出力タイル 195
   §4-3-3 DNA計算の例 1 196
   §4-3-3 DNA計算の例 2 197
   §4-3-3 解の読み込み 1 198
   §4-3-3 解の読み込み 2 199
   §4-3-4 命題式に対する充足可能性問題(SAT問題)への応用 200
   §4-3-3 固相表面でのDNAコンピューティング 201
   §4-3-3 解の候補 202
   §4-3-3 SAT計算のサイクル 203
   §4-3-4 遺伝子解析への応用 204
   §4-3-4 遺伝子の発現頻度解析 205
   §4-3-4 遺伝子解析用DNAコンピューターの構成 206
   §4-3-5 寄生虫によるDNA計算 207
   §4-3-5 寄生虫によるDNA計算 1 208
   §4-3-5 寄生虫によるDNA計算 2 209
   §4-4 分子モーター 211
   §4-4-1 F0-F1 ATPase 212
   §4-4-1 F0-F1 ATPaseの生体内での役割 1 213
   §4-4-1 F0-F1 ATPaseの生体内での役割 2 214
   §4-4-1 F0-F1 ATPaseの構造 1 215
   §4-4-1 F0-F1 ATPaseの構造 2 216
   §4-4-1 F0-F1 ATPase応用例 1 217
   §4-4-1 F0-F1 ATPase応用例 2 218
   §4-4-1 F0-F1 ATPase応用例 3 219
   §4-4-1 F0-F1 ATPase応用例 4 220
   §4-4-1 F0-F1 ATPase応用例 5 221
   §4-4-2 DNA nanomechanical device 1(ニューヨーク大学) 222
   §4-4-2 DNA nanomechanical device 2 223
   §4-4-2 DNA nanomechanical device 3 224
   §4-4-2 DNA nanomechanical device 4 225
   §4-5 カーボンナノチューブのAFMtipへの応用 227
   §4-5-1 カーボンナノチューブのAFMtipへの応用 228
   §4-5-1 AFM tip TEM像 229
   §4-5-1 AFM tip 拡大図 230
   §4-5-1 AFM像 231
   §4-5-2 生体高分子の観察 DNA 232
   §4-5-2 AFMを用いたSNP検出 1 233
   §4-5-2 AFMを用いたSNP検出 2 234
   §4-6 医・薬学への応用 235
   §4-6-1 フラーレンの癌治療への応用 236
   §4-6-1 癌治療のコンセプト 237
   §4-6-1 フラーレンの利用 238
   §4-6-1 腫瘍細胞と正常細胞の解剖学的な違い 239
   §4-6-1 C60-PEG conjugateを用いた光線力学療法の腫瘍への効果 240
   §4-6-2 Lab-on-a-chip 241
   §4-6-2 Lab-on-a-chip virtual-valve 1 242
   §4-6-2 Lab-on-a-chip virtual-valve 2 243
   §4-6-2 Lab-on-a-chip virtual-valve 3 244
   §4-6-2 A MICRO LAB 245
   §4-6-2 DNA解析への応用 sample preparation 246
   §4-6-2 DNA解析への応用 reaction module 247
第5章 スピントロニクス 249
   §5-1 GMR(Giant Magneto Resistance) 250
   §5-2 ハードディスクヘッドヘの応用 1 251
   §5-2 ハードディスクヘッドヘの応用 2 252
   §5-3 MRAM 1 253
   §5-3 MRAM 2 254
   §5-4 量子コンピューティング 255
   §5-4 NMRを利用した量子コンピューティング 256
   §5-4 NMRを利用した量子コンピューティング(IBM) 257
第一部 : 総論編
◎話題 3
1. 米国ベンチャー動向
2.

図書

図書
塚田捷, 河津璋共編
出版情報: 東京 : 東京教育情報センター, 2002.3  10, 300p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
[池邊洋論文集刊行会]
出版情報: [横浜] : 東京工業大学 精密工学研究所 横田研究室, 2001.10  413p
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
永雄節郎著
出版情報: 東京 : 書物展望社, 1943  313p ; 19cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
volume editors, David L. Andrews ... [et al.]
出版情報: London ; Tokyo : Academic Press, 2011  xxiii, 635 p. ; 27 cm
シリーズ名: Comprehensive nanoscience and technology / editor-in-chief, David L. Andrews, Gregory D. Scholes, Gary P. Wiederrecht ; v. 1
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
volume editors, Gregory D. Scholes ... [et al.]
出版情報: London ; Tokyo : Academic Press, 2011  xix, 359 p. ; 27 cm
シリーズ名: Comprehensive nanoscience and technology / editor-in-chief, David L. Andrews, Gregory D. Scholes, Gary P. Wiederrecht ; v. 2
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
volume editors, Gary P. Wiederrecht ... [et al.]
出版情報: London ; Tokyo : Academic Press, 2011  xxi, 490 p. ; 27 cm
シリーズ名: Comprehensive nanoscience and technology / editor-in-chief, David L. Andrews, Gregory D. Scholes, Gary P. Wiederrecht ; v. 3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
volume editors, Gary P. Wiederrecht ... [et al.]
出版情報: London ; Tokyo : Academic Press, 2011  xxi, 630 p. ; 27 cm
シリーズ名: Comprehensive nanoscience and technology / editor-in-chief, David L. Andrews, Gregory D. Scholes, Gary P. Wiederrecht ; v. 4
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
volume editors, Gregory D. Scholes, Frank Caruso
出版情報: London ; Tokyo : Academic Press, 2011  xxi, 547 p. ; 27 cm
シリーズ名: Comprehensive nanoscience and technology / editor-in-chief, David L. Andrews, Gregory D. Scholes, Gary P. Wiederrecht ; v. 5
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
日立評論社[編]
出版情報: 東京 : 日立評論社, 1938.3  554p ; 19cm
シリーズ名: 日立パンフレツト ; 第17輯
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼