close
1.

図書

図書
柏原士郎編著 ; 田中直人 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005.5  v, 193p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
倉渕隆著
出版情報: 東京 : 市ケ谷出版社, 2011.10  vi, 198p ; 26cm
シリーズ名: 初学者の建築講座
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
日本建築家協会環境行動委員会編
出版情報: 東京 : 建築ジャーナル, 2007.11  375p ; 23cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
三浦昌生著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2006.5  viii, 132p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
伊藤眞人著
出版情報: 東京 : オーム社, 2007.4  xi, 211p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 建築環境デザインの理念
   1・1 基本的な考え方 1
   1・2 地球環境 2
    1・2・1 現在の地球環境 2
    1・2・2 地球温暖化とエネルギーとの関係 4
    1・2・3 エネルギー消費量の経年推移 5
   1・3 地震災害 6
    1・3・1 基本的な考え方 6
    1・3・2 地震の基礎知識 7
    1・3・3 建築設備の耐震設計・施工計画 8
    1・3・4 耐震対策の進め方 9
    1・3・5 建築設備の耐震実施例 10
    1・3・6 地下空間開発の現状と今後の動向予測 11
   1・4 快適な持続社会 12
    1・4・1 人口 12
    1・4・2 水・食糧 14
    1・4・3 居住・執務環境 18
第2章 建築環境デザインの考え方
   2・1 基本的な考え方 19
   2・2 効率的・科学的な手法 20
    2・2・1 概算機器容量計算(業務施設) 20
    2・2・2 建築設備システム 20
   2・3 経済的な手法 21
   2・4 プレゼンテーション手法 22
    2・4・1 企画・構想 22
    2・4・2 建築設備計画 22
    2・4・3 建築・構造・設備間の調整 23
    2・4・4 結果 23
   2・5 建築環境デザイン計画 24
    2・5・1 留意点 24
    2・5・2 建築と設備との融合化計画 25
    2・5・3 建築設備の種類 32
    2・5・4 建築設備の基礎 35
    2・5・5 建築規模別建築設備システム 36
    2・5・6 環境・エネルギー計画 37
    2・5・7 電気設備計画 49
    2・5・8 衛生設備計画 60
    2・5・9 空調設備計画 69
    2・5・10 昇降機設備計画 110
    2・5・11 ビル管理設備計画 118
    2・5・12 建築物における総合建築設備計画 121
第3章 建築用別環境デザインの進め方
   3・1 基本的な考え方と建築用途別の特性 123
   3・2 共同住宅の建築設備計画 126
    3・2・1 基本的な考え方 126
    3・2・2 建築計画 127
    3・2・3 室内環境 128
    3・2・4 我が国と諸外国との住環境状態 130
    3・2・5 建築設備計画 131
    3・2・6 衛生設備計画 133
    3・2・7 換気設備計画 136
    3・2・8 共同住宅のシックハウス対策 137
    3・2・9 換気設備の安全対策 143
    3・2・10 共同住宅の建築設備の施工例 144
    3・2・11 共同住宅の燃料電池適用システム計画 145
   3・3 業務施設の建築設備計画 150
    3・3・1 基本的な考え方 150
    3・3・2 建築計画 151
   3・4 情報施設の建築設備計画 174
    3・4・1 基本的な考え方 174
    3・4・2 建築計画 176
    3・4・3 設備計画 177
    3・4・4 室用別途床面積および諸設備室(原単位) 178
    3・4・5 建築設備計画 179
    3・4・6 バックアップシステム計画 180
    3・4・7 安全防災計画 181
   3・5 医療・福祉施設の建築設備計画 182
    3・5・1 基本的な考え方 182
    3・5・2 動線計画 183
    3・5・3 建築設備計画 184
    3・5・4 受変電設備計画 185
    3・5・5 衛生設備計画 186
    3・5・6 空調設備計画 187
    3・5・7 病室の建築設備計画 189
    3・5・8 BCR計画 190
   3・6 スポーツ施設の建築設備計画 192
    3・6・1 基本的な考え方 192
    3・6・2 建築計画 192
    3・6・3 競技場計画 192
    3・6・4 プール計画 194
    3・6・5 災害時の避難施設適用計画 195
    3・6・6 環境・エネルギー計画 196
   3・7 美術館施設の建築設備計画 197
    3・7・1 基本的な考え方 197
    3・7・2 展示室の照明計画 198
    3・7・3 展示室・収蔵庫の空調設備計画 203
    3・7・4 実施例 204
第4章 建設業界
   4・1 現状と今後の動向 205
   4・2 建設業界の仕組み 206
   4・3 建築物を新築する場合の手順 207
参考文献 208
索引 209
第1章 建築環境デザインの理念
   1・1 基本的な考え方 1
   1・2 地球環境 2
6.

図書

図書
市川憲良, 柿沼整三, 倉渕隆共編
出版情報: 東京 : オーム社, 2009.10  ix, 567p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2002.11  vi, 222p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 音環境と心理・生理研究 1
1.1 音環境の心理評価 3
   1.1.1 研究の背後にあるもの 5
   1.1.2 環境騒音評価研究 5
   1.1.3 音環境評価研究における心理学的背景 8
   1.1.4 人間-環境系に関する認知心理学的モデル 9
   1.1.5 感情のシステム 10
   1.1.6 試論的な記述 12
   1.1.7 おわりに 15
1.2 情報伝達の音のデザイン17
   1.2.1 はじめに 19
   1.2.2 情報伝達のための音とは 19
   1.2.3 情報伝達の音の規格 21
   1.2.4 音の印象の影響 音の立上り・立下りによる印象変化 23
   1.2.5 高齢者にとっての聞き取りやすさ 24
   1.2.6 家庭内背景音下での報知音の聴取閾値 26
   1.2.7 今後の展望 29
1.3 脳波を用いた音環境評価 31
   1.3.1 はじめに 33
   1.3.2 脳波と聴覚誘発電位 33
   1.3.3 心理・生理科学における大脳と聴覚に関する研究 34
   1.3.4 建築環境学における脳波を用いた音環境評価に関する研究 35
   1.3.5 作業者の大脳における聴覚情報処理 37
   1.3.6 問題点と展望 41
第2章 熱環境と心理・生理研究 45
2.1 上下気温分布の心理・生理影響 47
   2.1.1 はじめに 49
   2.1.2 上下気温分布と人体の心理・生理反応の関係 49
   2.1.3 居住空間における上下気温分布の性状 50
   2.1.4 上下気温分布が居住者の心理・生理反応に与える影響に関する研究の事例紹介 51
   2.1.5 おわりに 54
2.2 人体からの蒸汗量の測定 57
   2.2.1 はじめに 59
   2.2.2 全身からの蒸汗量の測定 59
   2.2.3 局所蒸汗量の測定 60
   2.2.4 局所蒸汗量測定に関する研究事例紹介 63
   2.2.5 おわりに 64
2.3 変動風環境の評価 67
   2.3.1 はじめに 69
   2.3.2 気流に関する基準 69
   2.3.3 変動風環境に関する評価要素 気流の影響に関する既往の研究 70
   2.3.4 暑熱環境から変動風環境への移動時における生理・心理反応 72
   2.3.5 おわりに 76
2.4 放射環境の評価と人体形状モデル 81
   2.4.1 はじめに 81
   2.4.2 放射に関する人体形状モデル 81
   2.4.3 放射環境の生理・心理反応 83
   2.4.4 放射環境指標 84
   2.4.5 研究事例・人工気候室内における立位人体に及ぼす熱放射の影響に関する実験的研究 85
   2.4.6 おわりに 86
第3章 空気環境と心理・生理研究 89
3.1 建物における必要換気量 91
   3.1.1 はじめに 93
   3.1.2 換気哲学の変遷 93
   3.1.3 人間の体臭と換気 94
   3.1.4 体臭に関する研究の事例紹介 97
   3.1.5 必要換気量の算出 99
   3.1.6 今後の研究課題 99
3.2 臭気の評価と制御方法 103
   3.2.1 はじめに 105
   3.2.2 臭気の評価指標 105
   3.2.3 臭気評価の考え方と各指標の有用性 106
   3.2.4 臭気の制御方法の考え方 106
   3.2.5 室内の臭気の評価と制御方法に関する研究 107
   3.2.6 臭気濃度を指標として臭気の許容レベルを検討した研究紹介 110
   3.2.7 おわりに 113
第4章 視環境と心理・生理研究 115
4.1 加齢を考慮した視覚特性と視環境 117
   4.1.1 はじめに 119
   4.1.2 眼球光学特性の加齢変化 119
   4.1.3 視力の加齢変化 119
   4.1.4 色覚の加齢変化 122
   4.1.5 コントラスト感度の加齢変化 122
   4.1.6 住宅の適正照度に関する研究事例紹介 123
   4.1.7 おわりに 127
4.2 視覚特性を考慮した明視環境の評価 129
   4.2.1 はじめに 131
   4.2.2 明視性の評価構造 131
   4.2.3 明視環境の要件 131
   4.2.4 視認能力 132
   4.2.5 視認能力の個人差の取扱い方法 134
   4.2.6 明視性の検討方法 138
   4.2.7 明視性に関する実験事例 141
   4.2.8 おわりに 144
4.3 室内の色彩計画とその評価 147
   4.3.1 はじめに 149
   4.3.2 室内色彩の実態 149
   4.3.3 室内色彩の心理的評価 149
   4.3.4 光源の演色性 151
   4.3.5 光源の種類と室内色彩の心理的影響についての研究事例 152
   4.3.6 高齢社会における室内色彩計画 155
   4.3.7 おわりに 156
4.4 建築の外部色彩と街並みの色彩評価 157
   4.4.1 はじめに 159
   4.4.2 都市における色彩の実態 159
   4.4.3 色彩規制の提案 164
   4.4.4 最近の景観色彩評価の研究 166
   4.4.5 おわりに 170
第5章 心理・生理研究の総合的アプローチ 173
5.1 景観評価における異文化間比較研究 175
   5.1.1 はじめに 177
   5.1.2 異文化間比較研究の意義 177
   5.1.3 異文化間の相違性を強調する研究 179
   5.1.4 異文化間の共通性を強調する研究 179
   5.1.5 相違性と共通性をともに認める研究 180
   5.1.6 西洋文化圏と東洋文化圏の比較 183
   5.1.7 ほかの個人属性による影響との比較 184
   5.1.8 異文化間の比較を用いた理論的検討 186
   5.1.9 国内における異文化間比較研究 188
   5.1.10 河川景観評価における異文化間の比較 188
   5.1.11 おわりに 193
5.2 複合環境の評価研究とそのフィロソフィ 197
   5.2.1 はじめに 199
   5.2.2 複合環境評価の考え方 199
   5.2.3 光環境と温熱環境 200
   5.2.4 騒音と温熱環境,光環境などの複合 202
   5.2.5 視覚環境と音環境の複合 203
   5.2.6 非特異的尺度を用いた研究の事例紹介 204
   5.2.7 おわりに 207
5.3 統計的手法の留意点 209
   5.3.1 再考の背景 211
   5.3.2 研究の性格と手法 211
   5.3.3 平均―なにが代表なのか― 212
   5.3.4 分散と高次モーメント―偏りを表すもの 212
   5.3.5 母集団と標本―全体のとらえ方 213
   5.3.6 まず分布ありき―モーメントとパラメータと母数 213
   5.3.7 標本―分布の分布 213
   5.3.8 検定―集団を弁別する 214
   5.3.9 標本数―数の信仰 214
   5.3.10 あらためて統計的アプローチを考える―参考書とともに 215
第1章 音環境と心理・生理研究 1
1.1 音環境の心理評価 3
   1.1.1 研究の背後にあるもの 5
8.

図書

図書
倉渕隆著
出版情報: 東京 : 市ケ谷出版社, 2016.2  viii, 198p ; 26cm
シリーズ名: 初学者の建築講座
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 建築環境工学の役割
第1章 : 日照・日射環境
第2章 : 光環境
第3章 : 色彩環境
第4章 : 空気環境
第5章 : 熱環境
第6章 : 湿気環境
第7章 : 温熱環境
第8章 : 都市・地球環境
第9章 : 音環境
序章 : 建築環境工学の役割
第1章 : 日照・日射環境
第2章 : 光環境
概要: 初めて建築を学ぶ人のための教科書!図・表を豊富に用い、ていねいに説明!建築士試験の出題範囲を網羅!
9.

図書

図書
槙究, 古賀誉章著
出版情報: 東京 : 彰国社, 2014.5  189p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 光環境のデザイン : 目が感じる光
均一な照明環境を目指して ほか
2章 音環境のデザイン : 音の響きのデザイン
音の強さ・大きさ ほか
3章 熱環境・空気環境のデザイン : 温熱感と空気調和
断熱と伝熱 ほか
4章 環境のサステナビリティ : 水環境
都市の空気・温熱環境 ほか
演習問題
1章 光環境のデザイン : 目が感じる光
均一な照明環境を目指して ほか
2章 音環境のデザイン : 音の響きのデザイン
概要: 身の回りの建築環境から法則を理解し、快適に過ごすためのデザインをイメージする。
10.

図書

図書
浦野良美, 中村洋編著
出版情報: 東京 : 森北出版, 1996.6  ix, 342p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼