close
1.

図書

図書
廣瀬幸男[ほか]共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2002.8  viii,174p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本建築学会編集
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善(発売), 2002.1  238p ; 30cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
建築材料教科書研究会編著
出版情報: 東京 : 彰国社, 2006.2  195p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
腐食防食協会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2004.10  x, 288p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
樋口芳朗, 辻幸和, 辻正哲著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2005.3  xii, 225p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
<概論>
1. 建設材料概論 3
   1.1 建設材料の役割 3
   1.2 建設材料の分類 4
    用途
    機能
   1.3 建設材料の性質 4
    1.3.1 作業性 4
    1.3.2 強度(強さ) 4
     応力
     強度(強さ)
     許容応力度
     静的強度
     降伏点(降伏強度・耐力・保証応力)
     衝撃強度
     衝撃値
     クリープ強度
     クリープ限
     疲労(疲れ)強度
     疲労(疲れ)限(度)
     N回疲労強度
    1.3.3 変形に関する性質 7
     ひずみ
     残留ひずみ
     クリープひずみ
     弾性係数
     ポアソン比
     伸び能力(伸び性)
     剛性
    1.3.4 耐久性 9
    1.3.5 その他の性質 9
     質量
     比重
     単位(容積)質量
     吸水性
     透水性
     親水性
     含水率
     吸水率
     比熱
     熱伝導率
     熱膨張係数
     音の強さ
     デシベル
     反射率
     透過率
     吸音率
     遮音率
     硬さ
   1.4 規格・法律・示方書(仕様書)類 12
    日本工業規格(JIS)
   1.5 情報 12
2. 新技術の創造 15
   重要発明
3. 事故防止 17
<各論>
4. 木材 21
   4.1 概要 21
    長所
    短所
    木材加工品
    針葉樹
    広葉樹
    軟材
    硬材
    日本農林規格(JAS)
    素材
    丸太
    そま角
    製材
    木口
    板目
    まさ目
    乾燥法
    特殊処理法
    合板
    フローリング
    集成木
    繊維板
    パーティクルボード
   4.2 性質 26
    密度
    気乾密度
    繊維飽和点
    気乾含水率
    強度
    弾性係数
    釘の保持力
    疲れ限度
    着火点
    自然発火点
5. 土石 29
   5.1 概要 29
    石材
    粘土製品
    岩石
    土
   5.2 各論 30
    コンクリート用骨材
    天然骨材
    人工骨材
    死石
    骨材の粒度
    細骨材
    粗骨材
    粗骨材の最大寸法
    粒度
    粒度曲線
    粗粒率
    有害物含有量
    骨材の耐久性
    絶(対)乾(燥)状態
    (空)気(中)乾(燥)状態
    表(面)乾(燥飽水)状態
    湿潤状態
    吸水率
    表面水率
    有効吸水率
    骨材の密度
    真密度
    見掛け密度
    絶乾密度
    表乾密度
    実積率
    砂のふくらみ
    すりへり減量
    コンクリート用砕石
    砕砂
    スラグ骨材
    海砂
    軽量骨材
    重量骨材
    アスファルト混合物用骨材
    フィラー
    ロックフィルダムの堤体材料用岩石
    フィルロック
    ベントナイト
    膨潤
    チクソトロビー
    泥水
6. 鉄鋼 43
   6.1 概要 43
    鉄金属
    炭素鋼
    合金鋼
    低合金鋼
    ステンレス鋼
    高炭素鋼
    特殊鋼
    高炉
    銑鉄
    高炉スラグ
    転炉
    電気炉
    製鋼炉
    鋼
    連続鋳造法
    鋼片
    鋼材
    圧延
    鍛造
    鋳造
    圧延鋼材
    熱間圧延
    冷間圧延
    条鋼
    形鋼
    シートパイル
    レール
    棒鋼
    線材
    連続圧延方式
    熱間押出し方法
    鋼板
    鋼帯
    鋼管
    継目無鋼管
    溶接鋼管
    特殊鋼の用途
    二次加工品
    表面処理鋼板
    軽量形鋼
    線材製品
    ピアノ線材
    鋳鉄
    ねずみ鋳鉄
    球状黒鉛鋳鉄
    ダクタイル鋳鉄
    可鍛鋳鉄
    鋳鋼
    炭素鋼鋳鋼
    構造用低合金鋼鋳鋼
    鍛鋼
    鍛錬成形比
   6.2 性質 51
    炭素含有量と変態
    熱処理
    強さ
    伸び率
    構造用鋼材の機械的性質
    圧延破壊
    一様伸び
    局部伸び
    脆性破壊
    シャルピー衝撃試験
    遷移温度
    靱性
    切欠き脆性
    疲労限
    高温脆性
    青熱脆性
    赤熱脆性
    耐候性鋼
    耐摩耗性
    表面硬化
    高力ボルト
    溶接
    溶接性
    溶接割れ
    溶接技術検定
    溶接継手部
    欠陥
    割れ
    溶接金属
    熱影響部
    溶接入熱量
    入熱量
    炭素当量
    溶接割れ感受性
    割れ感受性指数
    高温割れ
    水素脆性
    大型試験片
    寸法効果
    溶接構造用高張力鋼
    非調質型
    焼ならし
    調質型
    焼入れ
    焼戻し
    合金元素の影響
   6.3 用途 60
    橋梁
    橋床
    鉄道施設
    道路施設
7. セメント 61
   7.1 概要 61
    セメント
    水硬性セメント
    ポルトランドセメント
    普通ポルトランドセメント
    早強ポルトランドセメント
    超早強ポルトランドセメント
    中庸熱ポルトランドセメント
    低熱ポルトランドセメント
    耐硫酸塩ポルトランドセメント
    白色ポルトランドセメント
    混合(ポルトランド)セメント
    高炉セメント
    シリカセメント
    フライアッシュセメント
    特殊セメント
    アルミナセメント
    膨脹セメント
    超速硬セメント
    コロイドセメント
    マイクロセメント
    油井セメント
    ポルトランドセメントの製造方式
    乾式
    湿式
    新焼成方式キルン
    サスペンションプレヒーター付きキルン
    セメントクリンカー
    石こう
    ポルトランドセメントの主な化合物
    珪酸三カルシウム
    珪酸二カルシウム
    アルミン酸三カルシウム
    鉄アルミン酸四カルシウム
    JIS化されたセメントの規格値
   7.2 性質 65
    ポルトランドセメントの主成分
    水和
    トベルモライト
    凝結
    始発
    終結
    結合水
    ゲル水
    水素結合
    化学的結合
    水和熟
    マスコンクリート
    風化
    偽凝結
    毛細間隙
    乾燥収縮
    水密性
    凍結
    エトリンガイト
   7.3 用途 70
8. 混和材料 71
   8.1 一般 71
   8.2 コンクリート用混和材料 71
    混和材料
    混和材
    混和剤
    塩化物イオン量
    ポゾラン
    ポゾラン反応
    フライアッシュ
    高炉スラグ微粉末
    潜在水硬性
    微粉末効果
    膨張材
    AE剤
    エントレインエア
    エントラップトエア
    減水剤
    AE減水剤
    (硬化)促進剤
    電食
    コールドジョイント
    急結剤
    凝結遅延剤
    発泡剤
    防水剤
    高性能減水剤
    流動化剤
    高性能AE減水剤
    水中不分離性混和剤
9. コンクリート 79
   9.1 概要 79
    コンクリート
    モルタル
    セメントペースト
    フレッシュコンクリート
    硬化コンクリート
    鉄筋コンクリート
    プレストレストコンクリート
    無筋コンクリート
    レディーミクストコンクリート
    プレキャストコンクリート
    コンクリートの長所
   9.2 性質 80
    9.2.1 フレッシュコンクリートの性質 80
     コンシステンシー
     材料の分離
     ブリーディング
     ワーカビリティー
     ワーカブル
     プラスティシティー
     プラスティック
     フィニッシャビリティー
     ポンパビリティー
     レイタンス
     豆板
     ジャンカ
     エントレインドエア
     プロクター
     振動限界
     沈下収縮ひび割れ
     プラスティック収縮ひび割れ
     再仕上げ
    9.2.2 硬化コンクリートの性質 87
     コンクリートの質量
     圧縮強度
     標準養生
     促進養生
     セメント水比法則
     セメント空隙比法則
     積算温度
     初期凍害
     前置時間
     ホットコンクリート
     高温高圧養生
     引張強度
     曲げ(引張)強度
     割裂引張強度
     ヤング係数
     体積変化
     収縮ひずみ
     ひび割れ
     耐久性
     気象作用
     耐凍害性
     酸・硫酸塩(海水を含む)等の作用
     損食作用
     電食作用
     アルカリ骨材反応
     アルカリシリカ反応
     化学的安定性の試験
     物理的安定性
     透水係数
     水密性
   9.3 配合設計 103
    コンクリートの配合
    配合設計
    試し練り
    割増し係数
    示方配合
    現場配合
   9.4 各種コンクリート 107
    9.4.1 レディーミクストコンクリート(生コン) 107
     長所
     短所
     荷卸し
     品質管理
     管理限界
     管理図
     呼び強度
    9.4.2 プレキャストコンクリート 111
     コンクリート工場製品
     継手
     陸路用コンクリート製品
     水路用コンクリート製品
     上部構造用製品
     土構造用製品
    9.4.3 補強されたコンクリート 114
     鉄筋コンクリート
     プレストレストコンクリート
     プレストレスト
     繊維(補強・混入)コンクリート
     ガラス繊維
     GFRC
     炭素繊維
     CFRC
     鋼繊維
     FRC
     鉄網モルタル
     フェロセメント
    9.4.4 軽量骨材コンクリート 115
    9.4.5 寒中コンクリート,暑中コンクリート 116
    9.4.6 水中コンクリート 118
     トレミー
     水中不分離性コンクリート
    9.4.7 その他 120
     海洋コンクリート
     有害な化学作用を受けるコンクリート
     電流の作用を受けるコンクリート
     火災の作用を受けるおそれのあるコンクリート
     放射能遮蔽コンクリート
     水密(的な)コンクリート
     ポーラスコンクリート
     プレパックドコンクリート
     真空(処理)コンクリート
     吹付けコンクリート
     ポリマー含浸コンクリート
     舗装コンクリート
     単位粗骨材容積
     ダムコンクリート
10. 歴青 125
   10.1 概要 125
    歴青
    タール
    アスファルト
    石油アスファルト
    ストレートアスファルト
    ブローンアスファルト
    蒸留法
    セミブローイング法
    ブレンド法
    脱水素
    重縮合
    アスファルトコンパウンド
    カットバックアスファルト
    アスファルト乳剤
   10.2 性質 127
    アスファルテン
    レジン
    オイル
    ゾル型
    ゲル型
    ゾルゲル型
    水中油滴型
    油中水滴型
    カチオン
    アニオン
    ノニオン
    SC
    MC
    RC
    コンシステンシー
    針入度試験器
    軟火点
    針入度指数
    伸度
    引火点
    燃焼点
    セイボルトフロール秒試験
    エングラー度試験
    改質アスファルト
    ゴム入りアスファルト
    ゴム化アスファルト
    ゴム入りアスファルト乳剤
    熱硬化性樹脂を用いたアスファルト
    触媒アスファルト
   10.3 用途 132
11. アスファルト混合物 133
   11.1 概要 133
    加熱アスファルト混合物
    常温アスファルト混合物
    アスファルトコンクリート
    マスチックアスファルト
    アスファルト安定処理混合物
   11.2 性質 133
    安定性
    たわみ性
    耐候性
    耐薬品(抵抗)性
    すべり抵抗性
   11.3 配合設計 134
    設計アスファルト量
    マーシャル安定度試験
12. 合成高分子 137
   12.1 概要 137
    高分子材料
    合成有機高分子材料
    合成樹脂
    モノマー
    重合反応
    ポリマー
    プラスチックス
    熱可塑性樹脂
    熱硬化性樹脂
    架橋
    自消性
    合成ゴム
    ゴム弾性
    加硫
    添加材料
    添加剤
    充填材
    補強材
    繊維材料
    粒子材料
   12.2 性質 141
    合成ゴムの性質
    接着剤の可使時間
   12.3 用途 144
    管
    工業用接着剤
    エポキシ注入法
    塗料
    レジンコンクリート
    止水板
    目地材
    遮水膜
    防砂膜
    フィルム
    地盤注入用グラウト
    橋梁支承
    膜養生剤
    型枠
    EPS工法
13. レジンコンクリート 149
   13.1 概要 149
   13.2 性質 150
14. 複合グラウト 153
   14.1 概要 153
   14.2 セメント薬液(ケミカル)同時注入用グラウト 153
    セメント注入
    薬液注入
    セメント薬液同時注入用グラウト
    セメント水ガラスグラウト
   14.3 セメントアスファルト(CA)グラウト 157
参考文献 159
付録
   付録 1 SI単位について 163
   付録 2 付図,付表 165
索引 213
<概論>
1. 建設材料概論 3
   1.1 建設材料の役割 3
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
野口貴文 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 彰国社, 2010.4  177p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
序 建築材料と何か 6
素材から建築へ
   1. スチール [越後松之山]「森の学校」キョロロ 13
   2. ステンレス 東京カテドラル聖マリア大聖堂 14
   3. アルミニウム ウォーカー・アート・センター増築 15
   4. チタン ビルバオ・グッゲンハイム美術館 16
   5. 石 佐川美術館 樂吉左衛門館 17
   6. 土 マリ共和国ジェンネの泥のモスク 18
   7. コンクリート ブルーダー・クラウス・フィールド・チャペル 19
   8. セメント系材料 まつもと市民芸術館 20
   9. れんが 世界平和記念聖堂 21
   10. タイル 武庫川女子大学 甲子園会館(旧甲子園ホテル) 22
   11. ガラス ウィーン郵便貯金局 23
   12. 石膏 日本生命日比谷ビル 24
   13. 木 旧イタリア大使館夏期別荘 25
   14. 木質材料 牧野富太郎記念館 26
   15. 和紙とカヤ 高柳町 陽の楽家 27
   16. プラスチック系 北京国家遊泳中心(水立方) 28
メタル素材
   メタル素材とは 30
   1. スチール 31
   2. ステンレス 43
   3. アルミニウム 47
   4. 銅・チタン・亜鉛 53
    [銅] 53
    [チタン] 56
    [亜鉛] 57
セラミック素材
   セラミック素材とは 60
   5. 石 61
   6. 土 69
   7. コンクリート 75
   8. セメント系材料 87
    [ALC] 87
    [繊維強化セメント系パネル] 90
   9. れんが・瓦 97
    [れんが] 97
    [瓦] 100
   10. タイル 105
   11. ガラス 113
   12. 石膏・漆喰 121
    [石膏] 121
    [漆喰] 124
高分子素材
   高分子素材とは 128
   13. 木材 129
   14. 木質材料 141
   15. 植物材料 149
    [カヤ・ワラ] 149
    [イグサ] 151
    [竹] 154
    [紙] 157
   16. プラスチック系材料 161
索引 175
COLUMN
   金属の変形と応力 42
   不動態皮膜 46
   環境性能とアルミニウム 52
   異なる金属を重ねるとどうなるか 58
   石と宝石とその色 68
   土壁は呼吸する 74
   摩天楼の構造材料 86
   石綿の功と罪 96
   れんがとモデュール 104
   タイルの落ちるメカニズム 112
   ガラスはなぜ透明か 120
   カーボン・ニュートラル 126
   木造と耐火性能 140
   木材・木質材料はなぜ水に弱いか 148
   茶室と自然素材 160
   化学結合と結晶構造 174
はじめに 3
序 建築材料と何か 6
素材から建築へ
7.

図書

図書
西林新蔵編著 ; 阪田憲次, 矢村潔, 井上正一著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.4  viii, 147p ; 21cm
シリーズ名: エース土木工学シリーズ
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松本進著
出版情報: 京都 : 学芸出版社, 2007.11  159p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
01 建築材料の概要 8
   1 建築材料の歴史 8
   2 建築材料と規格 12
   3 建築材料と環境 13
   4 建築材料の分類 15
   5 建築材料と性能 17
02 木材 18
   1 日本建築と木材 18
   2 木材の種類 20
   3 木材の特徴 21
   4 木材の強度 22
   5 木材の構造 23
   6 木材と水分 26
   7 木取り、規格、等級 30
   8 エンジニアリングウッド 34
03 コンクリート 38
   1 コンクリートとは 38
   2 セメント 41
   3 骨材 43
   4 水 46
   5 混和材料 47
   6 コンクリートの性質 48
   7 コンクリートの調合設計 54
   8 コンクリートの種類 55
   9 コンクリートの製品 56
04 鋼材 62
   1 鉄の歴史 62
   2 鋼材とは 66
   3 製鋼の工程 66
   4 鋼材の特徴 67
   5 鉄鋼の種類 69
   6 鋼材の性質 70
   7 鋼材の腐食と防食 74
   8 鋼材の規格 76
   9 非鉄金属 79
05 焼成品 84
   1 焼製品は焼き物 84
   2 タイル 85
   3 れんが 88
   4 瓦 90
   5 衛生陶器 94
06 ガラスと石 96
   1 ガラスとは 96
   2 ガラスの歴史 96
   3 ガラスの特徴 100
   4 ガラスの種類 101
   5 石材とは 106
   6 石材の特徴 109
   7 石の分類 110
07 左官材料・ボード類 114
   1 左官とは 114
   2 左官の起源と定義 115
   3 左官の特徴 116
   4 近年の左官仕事 117
   5 左官の種類 118
   6 ボード類 122
08 その他の材料 126
   1 プラスチック材料 126
   2 塗料 130
   3 接着剤 133
09 部位別・性能別材料 136
   1 はじめに 136
   2 床仕上材 137
   3 壁仕上材 143
   4 天井仕上材 146
   5 防水材料 149
   6 防火材料 151
   7 耐火材料 152
   8 断熱材料 153
   9 防音・吸音材料 154
索引 156
参考文献 159
はじめに 3
01 建築材料の概要 8
   1 建築材料の歴史 8
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 三松株式会社出版事業部 , 東京 : 丸善株式会社出版事業部 (発売), 2007.10  296p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序説 3
第1部
第1章 電波吸収体の現状と今後の展望 13
   1.1 電波吸収体の現状 13
   1.1.1 電波吸収体の発展経緯 13
   1.1.2 電波吸収体の分類 17
   1.1.3 今後の展望 19
第2章 電波吸収体の設計 23
   2.1 電波吸収体の設計概要 23
   2.1.1 電波吸収性能 23
   2.1.2 電波吸収体の実用化要素 24
   2.1.3 電波吸収体の実用化 25
   2.2 電波吸収体の設計 26
   2.2.1 狭帯域電波吸収体(単層型電波吸収体) 26
   2.2.2 狭帯域電波吸収体(λ/4型電波吸収体) 27
   2.2.3 広帯域電波吸収体(2層型電波吸収体) 28
   2.2.4 超広帯域電波吸収体(多層型電波吸収体) 30
   2.3 各種電波吸収体の設計例 32
   2.3.1 磁性損失材料を用いた単層型電波吸収体 32
   2.3.2 誘電損失材料を用いた単層型電波吸収体 35
   2.3.3 抵抗皮膜を用いた電波吸収体 39
   2.3.4 容量性を有する抵抗皮膜を用いた電波吸収体 41
   2.4 むすび 46
第3章 材料定数の測定法 49
   3.1 共振器法 49
   3.1.1 測定概要 49
   3.1.2 摂動係数の導出 52
   3.1.3 測定例 55
   3.2 自由空間法 58
   3.2.1 測定概要 58
   3.2.2 測定原理 61
   3.2.3 測定例 66
   3.3 反射・伝送法、Sパラメータ法 69
   3.3.1 測定概要 69
   3.3.2 測定原理 69
   3.3.3 計算モデルの種類 75
   3.3.4 計算モデルによる計算結果の差異 79
   3.3.5 その他の反射波法(非破壊測定法) 79
   3.3.6 不確かさ要因と対策 81
   3.3.7 測定の最適化 86
   3.4 自由空間法 90
   3.4.1 自由空間法の特徴 90
   3.4.2 送受信アンテナとフィクスチャ 90
   3.4.3 フリースペース法の校正法-TRL校正とGRL校正 92
   3.4.4 複素誘電率、複素透磁率の計算例 94
第4章 電波吸収体の測定 99
   4.1 MHz帯及びGHz帯における測定方法 99
   4.1.1 各種測定方法概要 99
   4.1.2 MHz帯(10MHz~1000MHz)における測定 100
   4.1.3 GHz帯(1GHz~30GHz)における測定 105
   4.2 ミリ波帯における測定方法 107
   4.2.1 ミリ波帯(30GHz~110GHz)における測定 107
   4.2.2 ホーンアンテナを使用する方法 108
   4.2.3 誘電体レンズを使用する方法 113
   4.3 近傍界における電波吸収体の評価 118
   4.3.1 概要 118
   4.3.2 近傍における測定概要 120
   4.3.3 デカップリング評価用アンテナ 121
   4.3.4 インターデカップリング効果 123
   4.3.5 イントラデカップリング効果 124
   4.3.6 伝導ノイズ抑制効果 125
   4.3.7 放射ノイズ抑制効果 127
   4.4 機器の放射ノイズ対策 128
第2部
第5章 屋内空間における電磁シールド・電波吸収技術 135
   5.1 建築空間における電磁環境 135
   5.2 電磁シールド技術 138
   5.2.1 計画 139
   5.2.2 設計 141
   5.2.3 測定 146
   5.2.4 通信環境としての電磁シールドルーム 149
   5.3 無線LANにおける電波吸収体技術 149
   5.3.1 無線LAN 150
   5.3.2 無線LAN用電波吸収体 152
   5.3.3 提案されている無線LAN用電波吸収体 153
   5.3.4 無線LAN用建材型電波吸収体 154
   5.3.5 無線LAN通信環境における電波吸収体の設置効果 159
   5.3.6 むすび 172
第6章 高層ビルにおける電波吸収技術 175
   6.1 高層ビルによるTVゴースト障害 175
   6.2 電波吸収外壁によるゴースト対策 175
   6.2.1 電波吸収体の作動原理 176
   6.3 TVゴースト対策用電波吸収体 177
   6.3.1 フェライトタイル方式の電波吸収外壁 178
   6.3.2 フェライトコンクリート方式の電波吸収外壁 180
   6.3.3 抵抗膜を利用した電波吸収外壁 181
   6.3.4 テレビ電波吸収外壁の効果及び施工例 182
   6.4 最近開発された電波吸収外壁 184
   6.4.1 誘電体とフェライトタイルを使用した電波吸収外壁 184
   6.4.2 施釉フェライトタイルを使用した電波吸収外壁 184
   6.5 むすび 185
第7章 橋梁における電波吸収技術 189
   7.1 大型ハンガーロープによるTVゴースト障害 189
   7.2 円筒状電波吸収体による対策 190
   7.2.1 2次元無限円筒による計算モデル 190
   7.2.2 級数解による1層円筒電波吸収体の理論計算 191
   7.2.3 GMT法による組み合わせ円筒電波吸収体の理論計算 193
   7.3 金属円柱からの散乱抑制の言+算ルル 197
   7.3.1 円筒ゴムフェライトによる反射の抑制 198
   7.3.2 円筒無損失誘電体を用いた散乱抑制 199
   7.3.3 組合せ形吸収体を用いた場合 200
   7.3.4 120°方向付近の散乱波を抑制する設計 202
第8章 ETCにおける電波吸収技術 205
   8.1 ETCシステムと通信環境 205
   8.1.1 路車間通信 205
   8.1.2 ETC車載器の受信特性 206
   8.1.3 構造物下におけるETC車載器の受信電力 207
   8.1.4 高架道路下における受信電力 208
   8.2 料金所構造物の多重反射防止用電波吸収体 210
   8.2.1 電波吸収体に要求される性能 210
   8.2.2 電波吸収体の設計 210
   8.2.3 電波吸収体の評価 212
   8.2.4 電波吸収体の実用化 213
   8.2.5 多重反射防止の効果検証 215
   8.3 ETCレーン間干渉防止透明電波吸収体 218
   8.3.1 大型車がETCレーンに存在する場合の隣接レーンにおける受信電力 218
   8.3.2 透明電波吸収体の構造 220
   8.3.3 透明電波吸収体の設計 221
   8.3.4 透明電波吸収体の製作・評価 223
   8.3.5 多重反射防止の効果検証 228
   8.4 ETCレーン間干渉防止用損失磁性被覆円筒棒列 229
   8.4.1 被覆円筒棒列 230
   8.4.2 解析 231
   8.4.3 解析方法 231
   8.4.4 解析結果 232
   8.4.5 測定 233
   8.4.6 測定結果 235
   8.4.7 円偏波に対する評価 237
   8.4.8 測定結果 238
   8.5 電磁波吸収舗装 239
   8.5.1 舗装材の電気的特性 240
   8.5.2 電磁波吸収舗装の吸収原理 240
   8.5.3 電磁波吸収舗装の設計 241
   8.5.4 電磁波吸収性能の理論式 242
   8.5.5 電気的特性の試験方法 242
   8.5.6 舗装材としての力学的特性試験 243
   8.5.7 電磁波吸収性能の設計(入射角一吸収性能) 243
   8.5.8 施工事例(ETC料金所) 246
   8.5.9 対策効果の確認 248
   8.6 むすび 251
第9章 ITSにおける電波吸収技術 255
   9.1 ITS 255
   9.2 ETC 256
   9.2.1 ETCレーンの電波吸収体 256
   9.3 DSRCビーコン 259
   9.3.1 高速道路上における電波吸収体 259
   9.3.2 電波吸収舗装 261
   9.3.3 電波吸収遮音壁 261
   9.4 実証実験 262
   9.4.1 測定系 262
   9.4.2 測定場所 263
   9.4.3 測定範囲 264
   9.4.4 測定結果 264
   9.4.5 考察 266
   9.5 トンネル内における電波環境 266
   9.5.1 実環境実験 266
   9.5.2 測定系及び測定範囲 268
   9.5.3 測定結果及び考察 268
   9.6 今後の研究動向 269
第10章 電波暗室における電波吸収技術 271
   10.1 電波暗室 271
   10.1.1 電波暗室の動向 271
   10.1.2 EMC電波暗室 272
   10.1.3 EMC試験用電波暗室に求められる性能 273
   10.2 EMC電波暗室用複合電波吸収体 274
   10.2.1 フェライトタイル 274
   10.2.2 誘電損失体 275
   10.2.3 誘電損失複合電波吸収体 276
   10.2.4 10m法電波暗室への適用例 280
   10.3 アンテナ評価電波暗室用電波吸収体 283
   10.3.1 アンテナ評価電波暗室 283
   10.3.2 マイクロ波・ミリ波用電波暗室の基本的な設計 284
   10.3.3 マイクロ波ミリ波用超広帯域電波吸収体 287
   10.4 むすび 293
序説 3
第1部
第1章 電波吸収体の現状と今後の展望 13
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本建築学会編集
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善 (発売), 2006.3  135p, 図版 [2] p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 建築材料の分類 1
[素材を中心として分類される建築材料]
 2章 木質系材料 3
 3章 鉄鋼材料 19
 4章 コンクリート 25
 5章 石材 58
 6章 無機質系材料 61
 7章 金属系材料 66
 8章 高分子材料およびアスファルト 73
[形態を中心として分類される建築材料]
 9章 左官・塗り材料 76
 10章 ボード状材料 88
 11章 シート状材料 94
 12章 建具類 98
[機能を中心として分類される建築材料]
 13章 防・耐火材料 101
 14章 防水・防湿材料 105
 15章 採光材料 110
 16章 断熱材料 114
 17章 音響材料 117
 18章 電磁制御材料 122
 19章 免震・制振材料 124
 20章 接合・補強材料 126
引用文献 132
1章 建築材料の分類 1
[素材を中心として分類される建築材料]
 2章 木質系材料 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼