close
1.

図書

図書
OECD著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2002.10  194p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
本山幸彦著
出版情報: 京都 : 思文閣出版, 1998.7  viii, 376, xviip ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
堤清二, 橋爪大三郎編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1999.12  xvii, 194, xvp ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序にかえて
財団法人 社会経済生産性本部
社会政策特別委員会・教育改革に関する報告書
選択・責任・連帯の教育改革
学校の機能回復をめざして
   第I部 教育を育む哲学と価値の創造
   1 教育改革の基本姿勢 4
   2 教育をはぐくむ哲学 7
   2-1 学校の歴史を踏まえて 7
   2-2 教育の哲学をもとめて 9
   2-3 価値の教育をめぐって 11
   3 教育の課題 13
   3-1 時代認識 13
   3-2 教育の基本目標 16
   3-3 教育の満たすべき条件 18
   第II部 学校の機能回復をめざして
   1 改革の基本的な考え方 22
   2 小・中学校の改革 26
   2-1 学区制の廃止 26
2-1-1 なぜ、学区制の廃止なのか
2-1-2 入学者はこうやって決める
2-1-3 人数がばらついたらどうする
   2-2 学校経営権を、校長に 31
2-2-1 学校のリーダーシップを、校長に
2-2-2 競争原理は、子どもにやさしい
2-2-3 教師の人事権を、校長に
2-2-4 学校の予算権を、校長に
   2-3 学校理事会をもうけよう 35
2-3-1 校長は、学校理事会に責任をもつ
2-3-2 学校理事会を、こうして選出する
2-3-3 学校理事会は、学校評議員とここが違う
   2-4 校長にふさわしい人材を発掘しよう 41
   2-5 教師の主体的な取り組みを支援しよう 44
2-5-1 学校を、教師が誇りの持てる場に
2-5-2 チャーター・スクールに学ぶ
2-5-3 教師の「異動の自由」を確保しよう
2-5-4 教師に、新たな身分保証を
   2-6 教育のなかみの改革 52
2-6-1 成績の相対評価をやめ、絶対評価に
2-6-2 外部機関の到達度テストを活用しよう
2-6-3 クラス編成を自由に
2-6-4 個人にあわせたカリキュラムを
2-6-5 学習指導要領をなくし、現場の創意工夫を
2-6-6 午前に基礎科目を集中、午後は学校を地域に開放
   2-7 不必要な会議・研究授業・事務書類を廃止する 61
   2-8 義務教育の見直し 62
   3 高等学校の改革 64
   3-1 高校の経営権を、校長に 64
   3-2 高校入学は無試験に 68
   3-3 高校の学力認定のため、統一試験(高検)を取り入れよう 71
   3-4 高検のなかみについて、具体的な提案 74
   3-5 高検を、高卒資格にかえる 77
   3-6 高校カリキュラムの多様化を 79
   4 大学の改革 82
   4-1 学生定員を廃止して、入試をなくそう 82
   4-2 入学者を、こうして決めよう 85
   4-3 奨学ローン、奨学金を充実させよう 89
   4-4 企業も、大学改革を支援しよう 96
   4-5 大学の流動性、機動性を高めよう 98
   4-6 研究費を、公正な競争にもとづいて柔軟に配分しよう 100
   4-7 国立大学の整理統合と、大学設置基準の自由化を 102
   5 教育行政の新しい役割 105
   5-1 文部省の役割 105
   5-2 中央教育審議会などの方針について 107
   5-3 教育委員会の整理縮小 111
   第III部 選択と責任の主体としての家庭
   1 家庭教育を考える基本的視点 116
   1-1 提案の基本的視点 116
   1-2 家庭教育の現状 118
   2 家庭の責任 120
   2-1 学校の選択 120
   2-2 親の教育義務 121
   2-3 学校経営と教育内容に対する最終責任 122
   3 学校の説明義務と家庭の主体的選択 123
   3-1 「インフォームド・コンセント」 123
   3-2 効能 124
   4 親の学校教育への参加 126
   4-1 ボランティア 126
   4-2 共同性の触媒 128
   5 いわゆる「学級崩壊」現象について 130
   5-1 「学級崩壊」の原因 130
   5-2 先立つ提案より 132
   5-3 暫定的な追加提案 133
   6 就学前教育について 135
   6-1 幼保一元化 135
   6-2 一元化の効果 136
鼎談 知らない人とでも社会が作れるための教育を
大澤真幸・堤清二・橋爪大三郎 一九九九年八月二四日
   社会学者の切り口
   歴史的使命を終えた義務教育
   リアリズム 社会制度は変えられる
   戦後民主主義を選び直す
   戦後日本は何を選択してきたのか
   「アメリカ」の再認識
   知らない人と社会をつくる能力を育てること
   コミュニティを選択しつづけていくことの意義
   選択の過剰と日本の困難
参考資料
   大学奨学ローン・奨学金の考え方と試算例
   鼎談出席者紹介(50音順)
   序にかえて
財団法人 社会経済生産性本部
社会政策特別委員会・教育改革に関する報告書
4.

図書

図書
小松茂久著
出版情報: 京都 : 人文書院, 2006.8  410p ; 22cm
シリーズ名: 神戸学院大学人文学部人間文化研究叢書
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
山内乾史, 原清治編著
出版情報: 東京 : 日本図書センター, 2006.11  vii, 393p ; 22cm
シリーズ名: リーディングス日本の教育と社会 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
なぜ、今「ゆとり教育」なのか / 寺脇研著
日本の大学生の数学力 / 戸瀬信之, 西村和雄著
不平等問題のダブルスタンダードと「能力主義的差別」 / 苅谷剛彦著
「学力」を超える / 汐見稔幸著
「学力低下論」への反論 / 浅沼茂,奈須正裕, 市川伸一著
学力低下批判のポリティックス分析 / 長尾彰夫著
小学校の授業経験と中学校時の学力 / 清水睦美著
低学力克服への戦略 / 志水宏吉著
若者の就業機会の減少と学力低下問題 / 太田聰一著
ゆとり教育下における私立中学生の親の態度と行動分析 / 西村幹子著
習熟とは何か / 松下佳代著
学力評価研究の最前線 / 田中耕治著
国家のためでもなく企業のためでもなく / 斎藤貴男著
加速する能力主義と進む管理 / 北村小夜著
個性という強迫 / 小浜逸郎著
楽しい授業・学校論の系譜学 / 松下良平著
日本の教育改革が進むべき方向 / 諏訪哲郎著
教育改革を読む / 小谷敏, 関曠野著
なぜ、今「ゆとり教育」なのか / 寺脇研著
日本の大学生の数学力 / 戸瀬信之, 西村和雄著
不平等問題のダブルスタンダードと「能力主義的差別」 / 苅谷剛彦著
6.

図書

図書
近藤孝弘著
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2001.1  ix, 231, 19p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
小林雅之著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2009.3  vii, 263p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
遠山敦子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2004.3  268p ; 20cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
高梨昌著
出版情報: 東京 : エイデル研究所, 1987.7  218p ; 19cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
ぎょうせい
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 1987.5  312p ; 21cm
シリーズ名: 臨教審と教育改革 / ぎょうせい編 ; 第4集
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼