close
1.

図書

図書
HRS総合研究所編著
出版情報: 東京 : すばる舎, 2009.6  207p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
中川和明著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2018.10  ix, 169p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 読みにくい文書とはこんなものだ : 文書は執筆者からのメッセージだ
技術者が書く文書の種類 ほか
第2章 執筆前に文書の出来の7割が決まる : 文書の基本設計
文書を執筆する難易度 ほか
第3章 執筆前に考える文書別テクニック : 週報を執筆するコツ
議事録・出張報告書を執筆するコツ ほか
第4章 読みやすくするために執筆を始めてからすべきこと : まずは恥をかかないための注意
格調を高くするためのテクニック ほか
第5章 査読をお願いするときに心がけること : 査読者の分析
査読者と付き合うコツ ほか
付録 : 査読を頼まれたときに心がけること
第1章 読みにくい文書とはこんなものだ : 文書は執筆者からのメッセージだ
技術者が書く文書の種類 ほか
第2章 執筆前に文書の出来の7割が決まる : 文書の基本設計
概要: 文章が上手でなくても伝わる文書にできる!!学校では教えてくれない社内の技術文書。週報、議事録、出張報告書、技術報告書、顧客向け提案書、開発提案書、予算計画書、プレスリリースなどの作成のコツを解説!部下の文書指導に悩む技術者向けに「査読の心構 えと手順」を収録。 続きを見る
3.

図書

図書
照屋華子著
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2006.4  xii, 195p ; 22cm
シリーズ名: Best solution
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
原田泰著
出版情報: 東京 : 日本能率協会マネジメントセンター, 2012.3  198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
篠田義明著
出版情報: 東京 : 南雲堂, 2019.4  vii, 172p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 知っておきたい不可欠の要素 : 用語の種類と選択
気を配りたい論理構成 ほか
2章 わかりやすい文章に欠かせない言葉の選択 : 具体的な名詞を使う
専門用語は取り扱いに注意する ほか
3章 ちょっとした手抜きが文章全体をダメにする : 書いたら、かならず読み返す習慣をつける
「もの」や「こと」は明確な語に置き換える ほか
4章 文章のわかりやすさは構成法で決まる—実用文の最大のポイント : 一文は40字前後にする
各段落をつなぐときは「繰り返し方式」を使う ほか
5章 明確な文章を書くための8つの基本公式 : 報知のパターン
説得のパターン
実用文のチェックポイント10
1章 知っておきたい不可欠の要素 : 用語の種類と選択
気を配りたい論理構成 ほか
2章 わかりやすい文章に欠かせない言葉の選択 : 具体的な名詞を使う
概要: 私たちは、書きたくなくても、書かなければならず、話したくなくても、話さなければならない時代を過ごしているので、書き方、話し方に迷うことに、しばしば遭遇する。そこで、苦しまないで、わかりやすく書けないだろうか、話せないだろうか、というジレンマ に陥る。このジレンマを解決。 続きを見る
6.

図書

図書
高橋慈子著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2018.11  219p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ロジカルライティング×テクニカルライティング活用の基礎知識
第2章 : わかりやすく、簡潔な文章を書くテクニック
第3章 : 読み手に伝わる文章を書くテクニック
第4章 : 読みやすさを高める文書フォーマット—表現・表記のルール
第5章 実践編 : ユーザーマニュアル・取扱説明書
第6章 実践編 : 提案書
第7章 実践編 : 障害報告書
第8章 実践編 : 社外メール文
第1章 : ロジカルライティング×テクニカルライティング活用の基礎知識
第2章 : わかりやすく、簡潔な文章を書くテクニック
第3章 : 読み手に伝わる文章を書くテクニック
概要: 生産性が向上し、相手に伝わる論理的な技術文書の書き方。
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田村仁著
出版情報: 東京 : 講談社, 2012.1  174p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1755
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
必ずお読みください 2
はじめに 3
第1章 なぜメールに振り回されるのか
   1 頻繁なメールチエックは時間を無駄にする 12
   2 「すべてをメールで」と考えない 17
   3 最大の原因はあなたのメールにある 21
第2章 振り回されないメール文の原則
   1 メール文の3原則① 相手のメールをじっくり読む 28
   2 メール文の3原則② 相手が読みたいことを書く 51
   3 メール文の3原則③ 自分の意見は簡潔に書く 34
   4 結論を先に書く 41
   5 1つのメールに1つの結論 44
   6 相手に快く納得してもらえる「理由」を書く 47
   7 読み手が返信しやすいように書く 50
   8 情報を絞る 54
   9 見た目を読みやすくする 57
   10 相手のメールの引用で、さらに読みやすくする 64
   11 入り組んだ話を簡単にまとめる「結起承」 70
第3章 振り回されないメールの形式
   1 「件名」は具体的なほどいい 74
   2 意外に重要な「送信者名」 77
   3 相手が協力したくなる「依頼メール」の書き方 81
   4 相手に嫌な思いをさせない「お断りメール」の書き方 89
   5 相手がすぐ対応したくなる「クレームや催促メール」の書き方 93
   6 報告しにくい「トラブルを伝えるメール」の書き方 102
   7 相手の心に響く「感謝メール」の書き方 105
   8 その他のメールの形式 110
第4章メールマナーで振り回されない
   1 おろそかにできない「アドレス帳」 116
   2 CCとBCCの使い方を確認 121
   3 メールは「テキスト形式」に 125
   4 機種依存文字に注意 130
   5 転送は事前に承諾を得てから 154
   6 署名は必要な情報をシンプルに見せる 135
   7 これだけは押さえておきたい添付文書のマナー 138
   8 「開封確認設定」や「重要度設定」は嫌われる 143
   9 携帯電話で送信せざるを得ない場合 145
第5章このまま使える「メール慣用句」小辞典
   1 書き始めの挨拶文慣用句 148
   2 結びの挨拶文慣用句 154
   3 報告や連絡で使える慣用句 158
   4 依頼で使える慣用句 159
   5 問い合わせや確認で使える慣用句 160
   6 承諾や了解で使える慣用句 162
   7 断るときに使える慣用句 163
   8 クレームや催促で使える慣用句 166
   9 お詫びに使える慣用句 167
   10 感謝に使える慣用句 168
   11 お祝いに使える慣用句 169
   12 お見舞いやお悔やみで使える慣用句 170
付記 特に間違いやすい敬語とメール慣用句 171
必ずお読みください 2
はじめに 3
第1章 なぜメールに振り回されるのか
8.

図書

図書
山崎康司著
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2011.4  166p ; 21cm
シリーズ名: 入門考える技術・書く技術 / 山崎康司著 ; [入門編]
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
吉澤準特著
出版情報: 東京 : 日本能率協会マネジメントセンター, 2014.8  278p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 スケルトン作成—中身を練る : ねらいを決めて資料フォーマットを選ぶ
目次構成を決めて論点を書き出す
2章 ドラフト作成 : 文・表)—読んで分かる資料を作る(資料テンプレートを決める
コンテンツの書式と配置を整える ほか
3章 ドラフト作成 : 図)—見て分かる資料を作る(分かりやすい図表を選ぶ
図形と線の使い方にルールを定める ほか
4章 フィックス作成—魅せる資料に仕上げる : コンテンツの説得力を強化する
印刷時の見栄えを最適化する ほか
付録 参考情報—外資系コンサルが実践している資料作成のサンプル : 実際に本書サマリーを作成する
クイックアクセスツールバーを使いこなす ほか
1章 スケルトン作成—中身を練る : ねらいを決めて資料フォーマットを選ぶ
目次構成を決めて論点を書き出す
2章 ドラフト作成 : 文・表)—読んで分かる資料を作る(資料テンプレートを決める
概要: 過剰品質、ぶっつけパワーポイント、体裁バラバラ...プロが“あたりまえ”に使いこなすスキル・テクニックを一挙に紹介。
10.

図書

図書
山崎康司著
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2011.4-2016.11  2冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : スライド作成の誤解—スライド作成にありがちな誤解とは何か?
1章 : スライド・レポートとは何か?—「スライド・レポート」と「プレゼン資料」の違いを知る
2章 : スライド・メッセージの鉄則—一瞬で自分の考えが伝わるようにする
3章 : サポート・データの要点—図表/グラフで読み手(聴衆)を引きつける
4章 : スライド・レポートの構成—「表紙」から「結び」まで基本フォーマットを知る
5章 : ストーリーラインの完成—ロジックを壊さず読み手を引き込むように展開させる
終章 : 事例研究—「A社買収ケース」事例に学ぶ
巻末資料 : ピラミッド・レビュー
序章 : スライド作成の誤解—スライド作成にありがちな誤解とは何か?
1章 : スライド・レポートとは何か?—「スライド・レポート」と「プレゼン資料」の違いを知る
2章 : スライド・メッセージの鉄則—一瞬で自分の考えが伝わるようにする
概要: プレゼンの場のみならず、報告書として通用するプロフェッショナルのスライド/パワポ作成法。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼