close
1.

図書

図書
高橋哲哉著
出版情報: 東京 : 講談社, 1999.12  258p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジョー・オダネル写真 ; ジェニファー・オルドリッチ聞き書き ; 平岡豊子訳
出版情報: 東京 : 小学館, 1995.6  115p ; 28cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
21世紀構想懇談会編
出版情報: 東京 : 日本経済新聞出版社, 2015.8  iii, 290p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 戦後70年談話の論点
1 : 20世紀の世界と日本の歩みをどう考えるか。私たちが20世紀の経験から汲むべき教訓は何か。
2 : 日本は戦後70年間、20世紀の教訓をふまえてどのような道を歩んできたか。特に戦後日本の平和主義、経済発展、国際貢献をどのように評価するか。
3 : 米国、豪州、欧州との和解の70年
4 : 中国、韓国をはじめとするアジアの国々との和解の70年
5 : 20世紀の教訓をふまえて、21世紀のアジアと世界のビジョンをどう描くか。日本はどのような貢献をするべきか。戦後70周年に当たって我が国が取るべき具体的施策はどのようなものか。
序章 : 戦後70年談話の論点
1 : 20世紀の世界と日本の歩みをどう考えるか。私たちが20世紀の経験から汲むべき教訓は何か。
2 : 日本は戦後70年間、20世紀の教訓をふまえてどのような道を歩んできたか。特に戦後日本の平和主義、経済発展、国際貢献をどのように評価するか。
概要: 歴史認識の座標軸。第一級の識者が一堂に会し、日本の軌跡を直視。
4.

図書

図書
皆村武一著
出版情報: 東京 : 日本経済評論社, 1995.10  xiv, 533p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
ジョン・W.ダワー著 ; 外岡秀俊訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.8  xvi, 343, 6p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : E.H.ノーマン、日本、歴史のもちいかた
第2章 : 二つの文化における人種、言語、戦争—アジアにおける第二次世界大戦
第3章 : 日本の美しい近代戦
第4章 : 「愛されない能力」—日本における戦争と記憶
第5章 : 被爆者—日本人の記憶のなかの広島と長崎
第6章 : 広島の医師の日記、五〇年後
第7章 : 真の民主主義は過去をどう祝うべきか
第8章 : 二つのシステムにおける平和と民主主義—対外政策と国内対立
第9章 : 惨めさをわらう—敗戦国日本の草の根の諷刺
第10章 : 戦争直後の日本からの教訓
第11章 : 日本のもうひとつの占領
第1章 : E.H.ノーマン、日本、歴史のもちいかた
第2章 : 二つの文化における人種、言語、戦争—アジアにおける第二次世界大戦
第3章 : 日本の美しい近代戦
概要: 冷戦の終焉、戦後五〇年という節目において、またイラクやアフガニスタンでの新しい戦争が進行するなかで、日本とアメリカは、アジア太平洋戦争の記憶をどう呼びおこし、何を忘却してきたのか—。ポスターや着物に描かれた戦争宣伝や修辞、ヒロシマ・ナガサキ の語られかた、戦後体制のなかで変容する「平和と民主主義」、E.H.ノーマンの再評価など...。過去をひもとき、いまと対置することで「政治化」された歴史に多様性を取りもどす、ダワーの研究のエッセンスが凝縮された、最新の論集。一九九三年以降に発表したエッセイ・評論に、著者自身による書き下ろしの解題をつける。 続きを見る
6.

図書

図書
稲垣武著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1994.8  375p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ジェームス・M・バーダマン著
出版情報: 東京 : DHC, 2018.8  199p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 1945〜1949年:戦後のはじまり : マッカーサー来日
天皇の「人間宣言」
東京裁判
戦後最初の総選挙
日本国憲法公布
食糧難の時代
湯川秀樹、ノーベル賞を受賞
第2章 1950〜1959年:国際社会への復帰 : 警察予備隊発足
サンフランシスコ平和条約
日米安保条約
公害の時代
日ソ国交回復
東京タワー完成
第3章 1960〜1964年:「もはや戦後ではない」 : 池田内閣の誕生と「所得倍増計画」
60年安保
東京オリンピック
経済大国を目指して
第1章 1945〜1949年:戦後のはじまり : マッカーサー来日
天皇の「人間宣言」
東京裁判
概要: 早稲田大学名誉教授・バーダマン先生が現代の日本人に本気で教える、英語で語りたい戦後の日本史!日英対訳で読む→昭和史を語るための350語を習得→昭和の事件を3文に要約。日本の戦後のあゆみを、英語で世界へ伝える力が身につく!
8.

図書

図書
福井紳一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.11  301p ; 19cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
佐々木毅 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 三省堂, 1991.3  30, 1143p, 図版 [56] p ; 27cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
小熊英二著
出版情報: 東京 : 新曜社, 2002.10  966p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
モラルの焦土 : 戦争と社会状況
総力戦と民主主義 : 丸山眞男・大塚久雄
忠誠と反逆 : 敗戦直後の天皇論
憲法愛国主義 : 第九条とナショナリズム
左翼の「民族」、保守の「個人」 : 共産党・保守系知識人
「民族」と「市民」 : 「政治と文学」論争
貧しさと「単一民族」 : 一九五〇年代のナショナリズム
国民的歴史学運動 : 石母田正・井上清・網野善彦ほか
戦後教育と「民族」 : 教育学者・日教組
「血ぬられた民族主義」の記憶 : 竹内好
「自主独立」と「非武装中立」 : 講和問題から五五年体制まで
六〇年安保闘争 : 「戦後」の分岐点
大衆社会とナショナリズム : 一九六〇年代と全共闘
「公」の解体 : 吉本隆明
「屍臭」への憧憬 : 江藤淳
死者の越境 : 鶴見俊輔・小田実
結論
モラルの焦土 : 戦争と社会状況
総力戦と民主主義 : 丸山眞男・大塚久雄
忠誠と反逆 : 敗戦直後の天皇論
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼