close
1.

図書

図書
古谷勝則 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2019.3  v, 153p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 風景計画の理念
第1章 : 風景地および風景の把握と課題抽出
第2章 : 目標像の共有
第3章 : 目標像を実現させるための手法
第4章 : 持続的な風景の実現
第5章 : 事例紹介
序章 : 風景計画の理念
第1章 : 風景地および風景の把握と課題抽出
第2章 : 目標像の共有
2.

図書

図書
チャールズ・ウォルドハイム編著 ; 岡昌史訳
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 2010.12  303p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
テラ・フルクサス / ジェイムズ・コーナー著
アーバニズムとしてのランドスケープ / チャールズ・ウォルドハイム著
ランドスケープ・アーバニズムの出現 / グラハム・シェーン著
アートと手段 / リチャード・ウェラー著
動くビジョン / クリストフ・ジロ著
ランドスケープ・アーバニズムを振り返る / ジュリア・チェルニアク著
構築された地面 / リンダ・ポラック著
理論から抵抗へ / ケリー・シャノン著
都市インフラと一体化したランドスケープ / エリザベス・モソップ著
都市幹線道路と進まない公共事業 / ジャクリーン・テイトム著
ドロススケープ / アラン・バーガー著
交換のランドスケープ / クレア・ライスター著
統合的なサーフェス / ピエール・ベランジェ著
公共事業におけるデザイン実践 / クリス・リード著
テラ・フルクサス / ジェイムズ・コーナー著
アーバニズムとしてのランドスケープ / チャールズ・ウォルドハイム著
ランドスケープ・アーバニズムの出現 / グラハム・シェーン著
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宇杉和夫著
出版情報: 東京 : 古今書院, 2008.7  vii, 277p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに-環境・空間・景観の成長と継承- i
序章 1
   序-1 20世紀の空間と21世紀の空間の目標 1
   序-2 総合開発・国土利用から原風景を尊重した国土保全形成論へ 5
   序-3 近代化の中の空間計画・建設の枠組に対する批評 10
   序-4 需要の計画学から公共総合学としての計画学へ 14
   序-5 地域原風景再生・空間の場所性再生の社会的枠組 22
   序-6 場所性と公共空間形成,グランドデザインの転換 26
   序-7 公私の空間軸と多様なコモンスペース再編成の時代 33
第1章 環境 : 環境と社会のシステム・場所の発生と建築 45
   1-1 自然環境と建築-空間・場所・制御- 45
   1-2 社会環境と人間-環境システム・社会システム・空間システム- 53
   1-3 人間の空間の構想力と自然-身体・自然認識・空間イメージ- 62
   1-4 地域の景観と原風景-地域の風景・個人の原風景・建築と風景- 68
   1-5 空間形成システムの経過と展望-日本空間システム・近代空間システム・空間の展示- 77
第2章 居住 : 生活空間のイメージ・システムと建築 87
   2-1 生活空間の意味・場所性-イメージ・地形・空間形成システム- 87
   2-2 生活領域としての風土-風土論・伝播論・建築文化- 98
   2-3 生活空間・同心円空間の課題-イメージと空間概念・中心をもつ階層世界・均質空間の誕生- 113
   2-4 文化により異なる生活空間の構造-同心円空間都市・隣接円空間都市・山と海の空間軸- 132
   2-5 生活空間の認識・景観と場所-世界の空間認識・反復的空間・空間軸と定位- 143
第3章 都市 : 風土・文化と都市・建築の形成・形式 153
   3-1 風土のコスモスと居住空間-気候と文化・空間概念・比較対置的理解- 153
   3-2 都市と国土のコスモロジー-都市と風土・都のイデア・国土の景観- 162
   3-3 地域空間の認識・再編成と都市-中世近世都市・景観と空間の継承性・地域継承システム- 175
   3-4 公共空間の構成・道と場所、広場-世界の空間認識・反復的空間・空間軸と定位- 185
   3-5 日本型地域空間認識と建築空間形成の可能性-日本の空間システム・空間概念・継承再生- 201
終章 245
   終-1 近代に継承された空間システムとしての自然認識 245
   終-2 地域継承空間システムを構築する枠組 249
   終-3 地域空間の祭祀と空間計画 253
   終-4 地域空間と場所のデザインと空間計画 258
主要参考文献 263
はじめに-環境・空間・景観の成長と継承- i
序章 1
   序-1 20世紀の空間と21世紀の空間の目標 1
4.

図書

図書
中村良夫編著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1999.3  vii, 282p ; 19cm
シリーズ名: 研ぎすませ風景感覚 / 中村良夫編著 ; 1
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
中村良夫編著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1999.3  viii, 272p ; 19cm
シリーズ名: 研ぎすませ風景感覚 / 中村良夫編著 ; 2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
田路貴浩, 齋藤潮, 山口敬太編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 2015.2  v, 430p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
生きられる風景とヴィジョン
古代祭祀の場—ヒモロキ・サカキ・イワサカ
古代の都城—計画都市とランドスケープの狭間で
古代の浄土と建築—宇治の風景と平等院の造営
中世禅院の山水と夢窓疎石—西芳寺と瑞泉寺
近世の離宮—修学院離宮における相伝の風景
近世の都市巡礼—京と江戸における札所巡り
近世の神社景観—三輪明神本社山「禁足地」の成立
近世‐近代の野と名所—嵯峨野の風景の生成と持続
近代の都市河川—「山紫水明」の風致と鴨川の整備
戦後の国土と都市—丹下健三による「見える化」の技法
住まいと故郷—現在を生きる「わたし」の場所
風景論の展開—構造と反構造のダイナミズム
生きられる風景とヴィジョン
古代祭祀の場—ヒモロキ・サカキ・イワサカ
古代の都城—計画都市とランドスケープの狭間で
概要: 日本人は自然に何を見てきたのか。どのような“ヴィジョン”にもとづき、いかなる“風景”を獲得してきたのか。“ヴィジョン”を手がかりに日本の“風景”を俯瞰する。
7.

図書

図書
宮脇勝著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2013.3  v, 142p, 図版 [4] p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ランドスケープとは何か : ランドスケープの学際性
ランドスケープの定義
ランドスケープを支える人々のビジョン
第2章 ランドスケープの特性と知覚 : ランドスケープの時代特性
ランドスケープの分析把握
ランドスケープの評価
第3章 風景計画 : ランドスケープ・プラン—広域の風景計画
アーバン・ランドスケープ・プラン—都市の風景計画
歴史的ランドスケープの評価と危機
第4章 都市デザイン : パブリックスペースの再生
中心商業地区の都市再生
工業地区の都市再生
住宅地の都市デザイン
第5章 ランドスケープのための制度と課題 : 保存の仕組み
形成の仕組み
ランドスケープ・マネジメントの課題
第1章 ランドスケープとは何か : ランドスケープの学際性
ランドスケープの定義
ランドスケープを支える人々のビジョン
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼