close
1.

図書

図書
シェリー・ケーガン著 ; 柴田裕之訳
出版情報: 東京 : 文響社, 2019.7  742, viiip ; 22cm
所蔵情報: loading…
概要: 世界最高峰イェール大学の伝説の講義、待望の全訳完全版!
2.

図書

図書
山折哲雄著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2012.5  173p ; 20cm
シリーズ名: 新潮選書
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
養老孟司著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2014.5  175p, 図版 [47] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ハプスブルク家の心臓埋葬—ヨーロッパの長い歴史は、無数の死者と共にある
第2章 : 心臓信仰—日本人には見えない、ヨーロッパの古層
第3章 : ヨーロッパの骸骨—チェコ、4万体の人骨で装飾された納骨堂
第4章 : 内なるユダヤ人—埋葬儀礼はヒト特有のもの
第5章 : ウィーンと治療ニヒリズム—脳化社会と身体の喪失、その問題の萌芽を探す
第6章 : 自己と社会と—身体と表裏一体に存在する、意識と脳についての考察
第7章 : 墓場めぐり—死を受け入れた身体の扱われ方に表象する死生観
第8章 : お墓が中心—名もない死体が目の前に流れ着いたとき、あなたは
第1章 : ハプスブルク家の心臓埋葬—ヨーロッパの長い歴史は、無数の死者と共にある
第2章 : 心臓信仰—日本人には見えない、ヨーロッパの古層
第3章 : ヨーロッパの骸骨—チェコ、4万体の人骨で装飾された納骨堂
概要: 向き合った死体、3000。人体を長年観察してきた解剖学者が歩く—埋葬に見るヨーロッパの“裏側”。
4.

図書

図書
シェリー・ケーガン著 ; 柴田裕之訳
出版情報: 東京 : 文響社, 2018.10  382p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1講 : 「死」について考える
第2講 : 死の本質
第3講 : 当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張
第4講 : 死はなぜ悪いのか
第5講 : 不死—可能だとしたら、あなたは「不死」を手に入れたいか?
第6講 : 死が教える「人生の価値」の測り方
第7講 : 私たちが死ぬまでに考えておくべき、「死」にまつわる6つの問題
第8講 : 死に直面しながら生きる
第9講 : 自殺
第1講 : 「死」について考える
第2講 : 死の本質
第3講 : 当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張
概要: イェール大学で23年連続の人気講義が、ついに日本上陸!人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼