close
1.

図書

図書
新田昌弘著
出版情報: 岡山 : 西日本法規出版 , 東京 : 星雲社 (発売), 2002.4  131p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
宮崎利夫総編集 ; 後藤良宣, 渋谷皓編集 ; 瀬高守夫 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.3  ix, 231p ; 27cm
シリーズ名: 現代薬学シリーズ ; 9
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
枝元一之著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2011.12  vii, 172p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 長谷川美貴共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.5  ix, 196p ; 21cm
シリーズ名: わかる×わかった!
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 物理化学とは 1
   序1 物理化学を学ぶ意義 2
   序2 量子化学と原子構造 4
   序3 化学結合と分子構造 6
   序4 化学反応と溶液の性質 8
   序5 反応とエネルギー 12
   演習問題 12
第I部 量子論は宇宙を支配する
 第1章 量子論で見た物質 15
   1.1 不確定性原理 16
   1.2 存在確率 18
   1.3 粒子と波動 20
   1.4 量子化 22
   1.5 シュレディンガー方程式 24
   演習問題 26
 第2章 原子は何からできているか 27
   2.1 原子を作るもの 28
   2.2 原子核を作るもの 30
   2.3 電子殻とエネルギー 32
   2.4 軌道と形 34
   2.5 軌道関数 36
   2.6 電子密度 38
   演習問題 40
 第3章 電子は原子を支配する 41
   3.1 電子配置 42
   3.2 電子配置の不規則性 45
   3.3 周期表 47
   3.4 電子遷移 50
   3.5 周期性 52
   演習問題 55
第II部 物質は分子からできている
 第4章 原子を結合する力 59
   4.1 イオン結合 60
   4.2 金属結合 62
   4.3 共有結合 65
   4.4 σ結合とπ結合 67
   4.5 配位結合 70
   4.6 分子間力 72
   演習問題 75
 第5章 分子はどんな形か 77
   5.1 混成軌道 78
   5.2 sp^3混成軌道 80
   5.3 sp^2混成軌道 82
   5.4 sp混成軌道 84
   5.5 配位結合分子 86
   演習問題 88
 第6章 固体・液体・気体 89
   6.1 物質の三態 90
   6.2 状態図 92
   6.3 気体の性質 95
   6.4 液体・固体の性質 98
   6.5 三態以外の状態 101
   演習問題 104
第III部 反応は溶液で起こる
 第7章 溶液とは何か 107
   7.1 溶解とは 108
    コラム コロイド 111
   7.2 溶解のエネルギー 112
   7.3 蒸気圧 114
   7.4 沸点上昇と凝固点降下 116
   7.5 浸透圧 118
   演習問題 120
 第8章 酸・塩基と酸性・塩基性 121
   8.1 酸・塩基の定義 122
   8.2 酸性・塩基性 124
   8.3 酸・塩基解離定数 126
   8.4 中和 128
   8.5 塩の性質 130
   演習問題 132
 第9章 酸化数と酸化・還元 133
   9.1 酸化数 134
   9.2 酸化・還元 136
    コラム 太陽電池 139
   9.3 イオン化傾向-化学電池 140
   9.4 ボルタ電池 142
   9.5 起電力 144
   9.6 標準電極電位 146
   演習問題 148
第IV部 反応速度とエネルギー
 第10章 反応はどのように進むのか 151
   10.1 反応速度式 152
   10.2 遷移状態と活性化エネルギー 155
   10.3 逐次反応 157
   10.4 平衡反応 160
   10.5 アレニウスの式 162
   演習問題 165
 第11章 エントロピーとエンタルピー 167
   11.1 熱・仕事・エネルギー 168
   11.2 熱力学第一法則 170
   11.3 変化の種類 172
   11.4 エンタルピー 174
   11.5 ヘスの法則 176
   演習問題 178
 第12章 反応を支配するもの 179
   12.1 エントロピー 180
   12.2 ギブズエネルギー 182
   12.3 変化の方向とギブズエネルギー 184
   12.4 平衡とギブズエネルギー 186
   12.5 化学ポテンシャル 188
   演習問題 190
参考文献 191
索引 192
序章 物理化学とは 1
   序1 物理化学を学ぶ意義 2
   序2 量子化学と原子構造 4
5.

図書

図書
Paul G.Hewitt, John Suchocki, Leslie A.Hewitt著 ; 吉田義久訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.6  vi, 142p ; 21cm
シリーズ名: 物理科学のコンセプト / Paul G. Hewitt, John Suchocki, Leslie A. Hewitt著 ; 6
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
青島均, 右田たい子著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2000.12  vii, 157p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渋谷皓編集 ; 上田晴久 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2008.8  x, 378p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 物理量と単位 (高橋央宜) 1
   1.1 物理量と単位 1
   1.2 物理量の次元 2
   1.3 国際単位系(SI) 3
   1.4 記号に関する約束 5
   1.5 基本物理定数 6
   1.6 ギリシア文字 7
第2章 分子の構造 (高橋央宜,湯浅洋子) 9
   2.1 序論 : ミクロの世界 9
   2.2 原子軌道と原子の電子配置 11
   2.3 混成軌道 16
   2.4 分子軌道 21
   2.5 化学結合 24
   2.6 配位化合物の結合 34
   2.7 電磁波と分子のエネルギー 46
   2.8 分子の振動,回転,電子遷移 49
   2.9 核磁気共鳴スペクトル 59
   2.10 質量スペクトル 65
   2.11 光学活性物質の旋光度 68
   練習問題 73
第3章 分子間相互作用 (渋谷皓) 75
   3.1 分子の電気的性質 76
   3.2 モル分極とモル屈折 80
   3.3 分子間相互作用 84
   練習問題 94
第4章 気体の性質 (渋谷皓) 97
   4.1 気体の性質 98
   4.2 ジュール・トムソン効果 103
   練習問題 109
第5章 平衡とエネルギー変化(米澤頼信) 111
   5.1 系の状態と状態量 112
   5.2 熱力学第一法則 113
   5.3 熱容量 119
   5.4 エンタルピー 121
   5.5 エントロピーと熱力学第二法則 125
   5.6 ギブズ自由エネルギー 133
   5.7 相平衡 148
   5.8 分配平衡 155
   練習問題 157
第6章 相平衡と相変化(米澤頼信) 159
   6.1 ギブズの相律 160
   6.2 一成分系の相平衡 160
   6.3 多形 162
   6.4 二成分系の相平衡 165
   6.5 三成分系の相平衡 178
   練習問題 181
第7章 混合物と溶液の性質 (高橋央宜) 183
   7.1 溶液の組成 183
   7.2 理想溶液 : ラウールの法則 185
   7.3 ヘンリーの法則と理想希薄溶液 189
   7.4 非混合溶媒間への溶質の分配 191
   7.5 希薄溶液の束一的性質 193
   7.6 浸透圧 196
   7.7 非理想溶液の活量 198
   練習問題 200
第8章 化学反応速度 (横松力) 203
   8.1 反応速度と速度定数 204
   8.2 基本的な反応速度式 206
   8.3 反応次数の決定法 213
   8.4 複合反応の反応速度 213
   8.5 反応速度の温度依存性 218
   8.6 反応速度の衝突理論と遷移状態理論 220
   8.7 光化学反応 225
   8.8 連鎖反応 227
   8.9 反応速度と溶媒効果 228
   8.10 触媒 229
   8.11 吸着等温式 233
   8.12 酵素反応 235
   8.13 拡散 244
   8.14 固体の溶解速度 246
   練習問題 248
第9章 電解質と化学電池(渋谷皓,湯浅洋子) 251
   9.1 電解質 251
   9.2 電気伝導 253
   9.3 イオン独立移動の法則 257
   9.4 輸率とイオンの移動度 258
   9.5 イオンの活動度 262
   9.6 弱電解質と解離平衡 264
   9.7 緩衝液 267
   9.8 酸化還元反応と電池の起電力 268
   9.9 濃淡電池とpHメータ 274
   9.10 生体系における酸化還元電位過程 276
   9.11 輸送のある濃淡電池と膜電位 277
   練習問題 281
第10章 界面化学 (上田晴久) 233
   10.1 界面と界面化学 283
   10.2 界面の性質 284
   10.3 表面張力の測定法 286
   10.4 ぬれ(拡張係数) 288
   10.5 吸着と吸着等温式 290
   10.6 界面活性剤 295
   10.7 ミセル 298
   10.8 膜 301
   練習問題 305
第11章 コロイド分散系 (遠藤朋宏) 307
   11.1 コロイドの性質と分類 307
   11.2 コロイドの製法 309
   11.3 光学的性質とブラウン運動 310
   11.4 コロイドの電気的性質(電気二重層/ζ電位と界面動現象) 311
   11.5 コロイド分散系の安定性(疎水コロイドの安定性/親水コロイドの安定性) 313
   11.6 懸濁液(サスペンション) 316
   11.7 乳濁液(エマルション) 317
   練習問題 320
第12章 レオロジー (上田晴久) 323
   12.1 レオロジーとは 323
   12.2 応力 324
   12.3 弾性率 324
   12.4 ずり(せん断) 326
   12.5 流動 327
   12.6 粘弾性 330
   12.7 流動における特異な現象 334
   12.8 レオロジー的性質の測定 336
   練習問題 341
付録 (上田晴久)343
   付録1 数学のおさらい 343
   付録2 物理量と単位 359
索引 367
第1章 物理量と単位 (高橋央宜) 1
   1.1 物理量と単位 1
   1.2 物理量の次元 2
8.

図書

図書
Ellis, Arthur B., 1951- ; 藤嶋, 昭
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.8  xi, 127p ; 21cm
シリーズ名: 固体化学 / Arthur B. Ellis [ほか] 著 ; 藤嶋昭 [ほか] 共訳 ; 2
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
P.W. Atkins
出版情報: Tokyo : 東京化学同人, 1997  576 p. ; 21 cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
尾崎裕, 末岡一生, 宮前博著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2003.4  vii, 179p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼