close
1.

図書

図書
林一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.3  v, 174p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
D. Allan Bromley
出版情報: New York ; Berlin : Springer, c2002  x, 114 p. ; 26 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
An Historical Overview, 1900-1949 / Part I:
Introduction
What Is Physics?
The Early Twentieth Century
Activities in the Cambridge Cavendish Laboratory
The Development of Quantum Mechanics
1932--Annus Mirabilis
The Discovery of Nuclear Fission
The Manhattan Project
The MIT Radiation Laboratory
The Merger of Natural Philosophy and Invention
Physics in the 1930s
The Immediate Postwar Period
The Explosive Growth of Postwar Physics, 1950-1999 / Part II:
Materials Science
Superconductivity
Buckyballs and Nanotubes
Surface Science
Fluid Physics
Self-Similarity
Development of the Transistor
The Evolution of Computers
Breakthroughs in Communications
Computational Chemistry
Folding of Proteins
Photon Probes
Improved Resolution and Higher Precision
Trapping and Cooling of Elementary Particles and Atoms
Bose-Einstein Condensates
Frontiers of Nuclear Structure Physics
The Phase Diagram for Nuclear Matter
Atomic and Nuclear Technology in Biology and Medicine
The Merging of Elementary Particle Physics and Cosmology
The Standard Model
The Building Blocks of Nature
String Theory
Plasma Physics
Plate Tectonics in Geophysics
The Structure of Supernovae
Gravitational Radiation
The Evolution of Our Universe
The COBE Measurements on the CMB
The Inflationary Universe
The Structure of the Milky Way Galaxy
The Gross Structure of Our Universe
Gravitational Lensing
Concluding Remarks
Preface
An Historical Overview, 1900-1949 / Part I:
Introduction
3.

図書

図書
潮秀樹, 上村洸共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2003.2  viii, 229p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
御法川幸雄著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2003.2  v, 236p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0.物理量の記述
   0.1 単位系と次元 1
   0.2 ベクトル(vector)とスカラー(scalar) 5
1.運動の表し方
   1.1 質点 10
   1.2 位置と座標系 10
   1.3 ベクトルと座標系 13
   1.4 速度(velocity) 19
   1.5 加速度(acceleration) 21
   1.6 速度と加速度の接線成分と法線成分 23
   1.7 2次元(平面)の極座標系 27
   1.8 円運動 30
   1.9 面積速度 31
2.運動の法則
   2.1 運動の法則 34
   2.2 慣性質量と重力質量 37
   2.3 運動方程式の2次元極座標系による表現 43
3.振動
   3.1 単振動 45
   3.2 減衰振動 53
   3.3 強制振動と共振 56
4.束縛運動
   4.1 束縛運動と束縛カ 59
   4.2 斜面をすべる物体の運動 61
   4.3 単振り子 62
5.仕事とエネルギー
   5.1 仕事 66
   5.2 保存力とポテンシャル 69
   5.3 運動エネルギーと仕事の関係 73
   5.4 力学的エネルギー保存の法則 75
   5.5 一般的なエネルギー保存の法則 76
   5.6 いろいろなポテンシャル 77
6.石有引力と惑星の運動
   6.1 惑星の運動 91
   6.2 人工衛星 96
7.見かけの力(慣性力)
   7.1 見かけの力 102
   7.2 並進座標系 102
   7.3 回転座標系 102
8.質点系(2体系)の力学
   8.1 運動量保存の法則 108
   8.2 力積 110
   8.3 衝突の問題─弾性衝突と非弾性衝突 111
   8.4 角運動量と力のモーメント 115
   8.5 力のモーメントの幾何学的計算法 118
   8.6 2質点系(2体系)の角運動量 119
9.質点系の力学
   9.1 質点系の運動量・運動量保存の法則・重心 120
   9.2 質点系の角運動量・角運動量保存の法則 125
10.剛体の運動
   10.1 固定軸のまわりの剛体の運動 126
   10.2 剛体のつりあい 128
   10.3 重心の運動と重心に相対的な運動 131
   10.4 剛体の平面運動 133
11.静電場
   11.1 静電気力(クーロンカ)と重力 139
   11.2 電場と電位 144
   11.3 電流と電力 149
   11.4 電気抵抗の接続 152
   11.5 キルヒホッフの法則 154
   11.6 連続的に分布する電荷がつくる電場 155
   11.7 電場と重力場 158
   11.8 ガウスの法則 159
   11.9 ガウスの法則の応用 161
   11.10 微分形のガウスの法則 166
   11.11 連続的に分布する電荷がつくる電位 168
12.導体と静電場
   12.1 導体と静電誘導 170
   12.2 静電場中の導体 171
   12.3 導体板と電場 171
   12.4 平行板コンデンサーとその電荷分布 173
   12.5 平行板コンデンサーの電気容量 174
   12.6 平行板コンデンサーの静電エネルギー 175
   12.7 コンデンサーの充電と放電 177
13.静磁場
   13.1 磁石と静磁場 181
   13.2 ローレンツ力 182
   13.3 電流の流れる導線にはたらく磁気力 183
   13.4 運動している電荷による磁場 184
   13.5 ビオーサヴァールの法則 185
   13.6 平行な直線電流の間にはたらく磁気力 188
   13.7 アンペールの法則 189
14.電磁誘導
   14.1 誘導起電力と誘導電流 193
   14.2 運動する回路に生じる起電力 197
   演習問題 200
付録
   A.1 ベクトル 204
   A.2 数学公式 205
   A.3 簡単な線積分 221
   A.4 保存力とポテンシャル 222
   A.5 力がポテンシャルから導かれるときの運動方程式 223
   A.6 回転座標系での運動方程式 224
   A.7 ギリシャ文字 226
演習問題の解答 227
索引 235
0.物理量の記述
   0.1 単位系と次元 1
   0.2 ベクトル(vector)とスカラー(scalar) 5
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
原康夫著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2004.10  vi, 357p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第0章 序
   0.1 物理学とは
   a.物理学の発展の道筋 3
   b.物理学の学び方 4
   C.物理学の諸分野 5
   0.2物理量の表し方-単位 6
   a.物理量は「数値」×「単位」という形をしている 6
   b.国際単位系 7
   C.大きな量と小さな量の表し方(指数,接頭語) 8
   d.有効数字 8
   e.次元 9
第1章 運動
   1.1直線運動の速度,加速度と微分 11
   1.2位置 14
   1.3速度 14
   1.4加速度 16
   1.5等速円運動 17
   演習問題1 19
第2章 運動の法則と力の法則
   2.1運動の第1法則 23
   2.2運動の第2法則 23
   2.3運動の第3法則 26
   2.4いろいろな力と力の法則 26
   演習問題2 29
第3章 力と運動
   3.1微分方程式 31
   3.2積分 31
   3.3簡単な微分方程式の解.1 33
   3.4簡単な微分方程式の解.2 36
   3.5摩擦力と垂直抗力 39
   3.6運動量と力積 41
   演習問題3 42
第4章 振動
   4.1単振動 45
   4.2単振り子 49
   4.3減衰振動 50
   4.4強制振動と共振 52
   演習問題4 54
第5章 仕事とエネルギー
   5.1仕事と仕事率 57
   5.2仕事とエネルギー 59
   5.3保存力と位置エネルギー 60
   5.4エネルギー保存則 63
   演習問題5 67
第6章 質点の角運動量と回転運動の法則
   6.1質点の回転運動-平面運動の場合 71
   6.2中心力と角運動量保存則 72
   6.3惑星,衛星の運動とケプラーの法則 74
   6.4質点の回転運動-ベクトル積で表した回転運動の法則 75
   演習問題6 76
第7章 質点系の重心,運動量と角運動量
   7.1剛体の重心 79
   7.2質点系の重心の運動方程式 81
   7.3質点系の運動量 82
   7.42体問題(2質点系) 83
   7.5質点系の角運動量 84
   演習問題7 86
第8章 剛体の力学
   8.1剛体の運動方程式 89
   8.2剛体のつり合い 90
   8.3国定軸のまわりの剛体の回転運動と慣性モーメント 92
   8.4剛体の平面運動 96
   演習問題8 100
第9章 見かけの力
   9.1非慣性系と見かけの力 103
   9.2遠心力 104
   9.3コリオリの力 105
   演習問題9 107
第10章 弾性体の力学
   10.1応力 109
   10.2弾性定数 110
   演習問題10 113
第11章 流体の力学
   11.1静止流体中の圧力 115
   11.2完全流体の運動 117
   11.3揚力 119
   11.4粘性 120
   11.5粘性抵抗と慣性抵抗 121
   演習問題11 123
第12章 波動
   12.1波の性質 125
   12.2波動方程式と波の速さ* 128
   12.3波の重ね合わせの原理と干渉 131
   12.4波の反射と屈折 132
   12.5弦の固有振動 136
   12.6音波 137
   12.7分散と群速度 141
   演習問題12 143
第13章 光
   13.1光 145
   13.2光波の回折と干渉 146
   演習問題13 147
第14章 熱
   14.1熱と温度 149
   14.2熱の移動 152
   14.3気体の分子運動論 155
   14.4ファン・デル・ワールスの状態方程式 161
   演習問題14 162
第15章 熱力学
   15.1熱力学の第1法則 165
   15.2いろいろな変化 166
   15.3理想気体の比熱 168
   15.4熱機関と熱力学の第2法則 171
   15.5カルノー・サイクルと熱機関の効率の限界 174
   15.6エントロピー増大の原理 179
   15.7熱力学的現象の進む方向-等温過程と自由エネルギー 182
   演習問題15 184
第16章 真空中の静電場
   16.1電荷と電荷保存則 187
   16.2クーロンの法則 188
   16.3電場 191
   16.4電気力線束と電場のガウスの法則 193
   16.5電場のガウスの法則の応用 195
   16.6電位 197
   演習問題16 201
第17章 導体と静電場
   17.1導体と電場 205
   17.2キャパシター 207
   17.3電場のエネルギー 210
   演習問題17 211
第18章 誘電体と静電場
   18.1誘電体 215
   18.2分極 216
   演習問題18 219
第19章 電流
   19.1電流と起電力 221
   19.2オームの法則 222
   19.3直流回路 226
   19.4電流と仕事 227
   19.5CR回路 228
   演習問題19 230
第20章 電流と磁場
   20.1磁石と磁場 233
   20.2電流のつくる磁場1-長い直線電流のつくる磁場の様子 234
   20.3荷電粒子に働く力(ローレンツ力) 235
   20.4電流に働く力 237
   20.5電流の間に働く力 240
   20.6電流のつくる磁場2-ビオーサバールの法則 241
   20.7磁束と磁場のガウスの法則 244
   20.8アンペールの法則 244
   20.9磁性体がある場合の磁場 246
   20.10磁場H 247
   20.11強磁性体 249
   20.12ホール効果 252
   演習問題20 253
第21章 電磁誘導
   21.1電磁誘導の発見 257
   21.2電磁誘導の法則 259
   21.3回路は静止していて磁場が変化する場合の電磁誘導 261
   21.4磁場は変化せずコイルが運動する場合の電磁誘導 262
   21.5自己誘導 264
   21.6磁場のエネルギー 266
   21.7相互誘導 267
   21.8交流 268
   21.9RLC回路 268
   21.10変圧器 271
   演習問題21 272
第22章 マクスウェル方程式と電磁波
   22.1マクスウェル方程式 275
   22.2光は電磁波である 278
   22.3電磁波の速さ 280
   22.4ヘルツの実験 281
   22.5電磁波のエネルギーと運動量 282
   22.6電場と磁場の実体は何か 283
   演習問題22 284
第23章 相対性理論
   23.1マイケルソン-モーリーの実験 287
   23.2アインシュタインの相対性原理 288
   23.3動いている時計の遅れと動いている棒の収縮 289
   23.4ローレンツ変換 291
   23.5質量はエネルギーの一形態である 292
   23.6電磁場と座標系 293
   演習問題23 294
第24章 原子物理学
   24.1光の二重性 297
   24.2電子の二重性 299
   24.3不確定性原理 301
   24.4原子の定常状態と光の線スペクトル 302
   24.5元素の周期律 303
   24.6導体,絶縁体,半導体 304
   24.7半導体の応用 307
   24.8レーザー 309
   演習問題24 311
第25章 原子核と素粒子
   25.1ラザフォードの原子模型 313
   25.2原子核の構成 314
   25.3核力 315
   25.4原子核の結合エネルギー 316
   25.5原子核の崩壊 3147
   25.6核エネルギー 319
   25.7放射線 321
   25.8素粒子 321
   演習問題25 324
付録 数学公式集
   A.1三角関数の性質 326
   A.2指数関数 327
   A.3自然対数(eを底とする対数logex)logexの性質 327
   A.4原始関数と導関数 327
   A.5ベクトルの公式 328
コラム
   物理学の創始者ガリレオ(1564-1642年) 21
   人間は筋力で1日にどのくらいの仕事ができるか? 69
   太陽の引力圏からの脱出速度 77
   プランクの法則の発見と現代物理学の誕生 163
   電磁気の基礎を築いたフランクリンとファラデー 255
   放射光 285
   朝永振一郎博士と湯川秀樹博士 295
   トンネル効果とエサキダイオード 311
   小柴昌俊博士とニュートリノ天体物理学 325
   問,演習問題の答 329
   Photo Credits 348
   索引 351
第0章 序
   0.1 物理学とは
   a.物理学の発展の道筋 3
6.

図書

図書
鹿児島誠一著
出版情報: 東京 : 丸善, 2011.1  vi, 134p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大槻東巳著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2011.10  iv, 185p ; 26cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
岸野正剛, 小林光一共著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2011.12  ix, 176p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
志村史夫著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2011.10  viii, 165p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
津江保彦著
出版情報: 高知 : 飛鳥出版室, 2010.7  79p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼