close
1.

図書

図書
森谷常生著
出版情報: 東京 : 培風館, 2001.4  vi, 135p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石原勝敏, 末光隆志総編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2010.9  ix, 542p, 図版8p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
中村運著
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.10  iv, 153p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
石原勝敏 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.7  iv, 185p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
辻井弘忠, 南峰夫, 大政正武編
出版情報: 東京 : 川島書店, 2000.11  vii, 169p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
丸山工作著
出版情報: 東京 : 培風館, 2000.2  iv, 161p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
小田隆治著
出版情報: 東京 : 培風館, 2013.6  x, 226p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 科学的生命観の起源 : 科学とは
神と目的論の中世 ほか
第2章 生物のしくみ : 生物を構成する分子
機能分子としてのタンパク質 ほか
第3章 生物の歴史 : 生命の起源
原核細胞から真核細胞への進化 ほか
第4章 現代の生命観 : 現代の進化論
生物的世界像 ほか
第1章 科学的生命観の起源 : 科学とは
神と目的論の中世 ほか
第2章 生物のしくみ : 生物を構成する分子
概要: 大学の文科系、理科系を問わずすべての学生を対象にした、教養教育のための生物学のテキストである。本書の目的のひとつは、学習を通して「生命」という概念について主体的に問いかけ考えられるようになることである。生物学が発展してきた経緯と基本概念とな る科学的生命観について科学史や科学論から説き明かす。そしてDNAの構造と機能からみた生物のしくみ、進化のプロセス、ダーウィンの進化論からドーキンスの利己的遺伝子までを現代生物学の知見をもとに解説する。近年、注目を浴びているiPS細胞に至る研究の歴史と意義についての興味深い解説、さらに生物と環境のあり方について学際的視点にたって論じるなど、新しい時代の生物学を概観している。 続きを見る
8.

図書

図書
「科学」編集部編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1987.10  vi, 253p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
山岸高旺, 白戸一士, 斎藤英三〔著〕
出版情報: 川崎 : 弘学出版, 1976.8  223p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
長野敬, 内海耕慥編
出版情報: 東京 : 理工学社, 1988.6  xii, 344p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼