close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2005.2  x, 184, 図版8p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 vii
要約
   1. はじめに 1
   2. 排出量 2
   3. 環境動態 3
    3.1 分解 3
    3.2 生物濃縮 4
    3.3 分配 4
   4. 環境媒体中濃度モニタリング結果 4
   5. 暴露評価 6
   6. 有害性評価 7
    6.1 非発がん影響について 7
    6.2 発がん影響について 8
    6.3 定量的有害性評価の考え方 9
   7. リスク評価 9
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 11
   2. 物性 13
   3. 生産方法,生産量,輸出/輸入 14
    3.1 生産方法 14
    3.2 生産量 14
    3.3 輸出/輸入 15
   4. 主たる用途 15
   5. 既往リスク評価のレビュー 15
    5.1 既往リスク評価のまとめ 16
    5.2 各リスク評価のレビュー 19
     5.2.1 ECB 19
     5.2.2 NICNAS 22
     5.2.3 化学物質評価研究機構 23
     5.2.4 環境省 24
   6. 関連法規など 25
第Ⅱ章 排出量
   1. はじめに 27
   2. PRTR集計結果による排出 27
    2.1 対象業種届出事業所からの排出量 27
     2.1.1 業種別排出量・移動量 31
     2.1.2 地域別排出量・移動量 32
    2.2 対象業種届出外事業所からの排出量 33
   3. 界面活性剤排出に付随する1,4-ジオキサンの排出 33
    3.1 界面活性剤生産における1,4-ジオキサンの副生成機構 34
    3.2 既存文献における副生成の評価 34
    3.3 1,4-ジオキサン副生成量の試算 35
   4. 廃棄物埋立処分場からの排出 37
   5. 本章の要約 38
第Ⅲ章 環境動態
   1. はじめに 39
   2. 水中での分解 39
    2.1 加水分解 39
    2.2 微生物分解 39
    2.3 オゾンによる分解 40
   3. 大気中での分解 40
    3.1 光分解 40
    3.2 光酸化 41
   4. 生物濃縮性 41
   5. 環境中での分配 42
    5.1 へンリー則定数42
    5.2 オクタノール/水分配係数 42
    5.3 土壌吸着係数 42
    5.4 フガシティモデルによる定常状態での環境中分配の予測 43
   6. 本章の要約 43
第Ⅳ章 環境媒体中濃度モニタリング結果
   1. はじめに 45
   2. 大気環境中濃度 45
   3. 水環境中濃度 46
    3.1 河川 47
    3.2 地下水 50
    3.3 事業所排水 51
    3.4 下水処理場および事業所における水処理施設 54
     3.4.1 下水処理場 54
     3.4.2 事業所における水処理施設 58
    3.5 水道原水と浄水 59
    3.6 海外の飲料水中濃度 60
    3.7 廃棄物最終処分場からの浸出水 61
   4. 食品中濃度 62
   5. 消費者製品中濃度 62
    5.1 国内既存測定データ 63
    5.2 海外既存測定データ 63
    5.3 現在わが国で市販されている消費者製品中1,4-ジオキサン濃度の測定結果 65
   6. 暴露評価への含意 68
   7. 本章の要約 69
第Ⅴ章 暴露評価
   1. はじめに 71
   2. 大気中濃度の推定 72
    2.1 AIST-ADMERによる濃度予測 72
    2.2 METI-LISによる濃度予測 82
   3. 一般の集団に対する暴露量の推定 90
   4. 本章の要約 96
第Ⅵ章 有害性評価
   1. はじめに 97
   2. 有害性プロファイル(概要) 98
    2.1 非発がん影響 98
     2.1.1 急性毒性 98
     2.1.2 刺激性および感作性 98
     2.1.3 反復投与毒性 98
    2.2 発がん性 99
     2.2.1 ヒトデータ 99
     2.2.2 動物試験データ 99
    2.3 発がん性メカニズム 100
     2.3.1 遺伝毒性 100
     2.3.2 イニシエーション活性/プロモーション活性 100
     2.3.3 細胞障害性/細胞増殖性 100
    2.4 体内動態および代謝 101
   3. 有害性評価の状況 102
    3.1 WHO飲料水中基準値(案)(WHO,2003) 102
     3.1.1 非発がん影響評価 102
     3.1.2 発がん性評価 103
     3.1.3 発がん性に関する定量的評価 103
    3.2 環境省 104
     3.2.1 非発がん影響評価(環境省,2003b) 104
     3.2.2 発がん性評価(中央環境審議会水環境部会環境基準健康項目専門委員会,2004) 104
    3.3 厚生科学審議会生活環境水道部会水質管理専門委員会(2003) 104
     3.3.1 非発がん影響評価 104
     3.3.2 発がん性評価 104
    3.4 欧州連合(ECB,2002) 105
     3.4.1 非発がん影響評価 105
     3.4.2 発がん性評価 105
     3.4.3 発がんメカニズムに関する見解 105
    3.5 オーストラリア(NICNAS,1998) 106
     3.5.1 非発がん影響評価 106
     3.5.2 発がん性評価 107
     3.5.3 発がんメカニズムに関する見解 107
    3.6 アメリカ(ATSDR,1996) 109
     3.6.1 非発がん影響評価 109
     3.6.2 発がん性評価 109
     3.6.3 発がんメカニズムに関する見解 109
     3.6.4 発がん性に関する定量的評価 110
    3.7 ドイツ化学会(BUA,1991) 110
     3.7.1 非発がん影響評価 110
     3.7.2 発がん性評価 110
     3.7.3 発がんメカニズムに関する見解 111
    3.8 その他の機関による発がん性評価 112
     3.8.1 アメリカNIH/NIEHS/EHP(NIH/NIEHS/EHP,2002) 112
     3.8.2 アメリカEPA(IRIS,1997) 112
     3.8.3 ドイツ連邦労働衛生研究所(BAA,2001) 113
     3.8.4 WHO/IARC(1999) 114
    3.9 定量的発がん性評価に関する公表論文 115
     3.9.1 Stickney,et al.(2003)による評価 115
     3.9.2 Leung&Paustenbach(1990)による評価 115
     3.9.3 Reitz,et al.(1990)による評価 115
   4. 発がん性評価における論点 116
    4.1 発がん性子 116
    4.2 代謝 116
    4.3 遺伝毒性 117
    4.4 発がんメカニズム 117
    4.5 定量的発がん性評価の比較 118
   5. CRMの見解 121
    5.1 非発がん影響について 121
    5.2 発がん影響について 121
    5.3 定量的発がん性評価の考え方 123
第Ⅶ章 リスク評価
   1. はじめに 125
   2. 一般の集団 126
   3. 高暴露群 126
    3.1 事業所A近傍 126
    3.2 事業所B近傍 127
第Ⅷ章 レビューアーの意見書と筆者らの対応
   森澤眞輔レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 全文) 130
   浅見真理レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 全文) 137
   松尾昌季レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 143
   三森国敏レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 147
   今井田克巳レビューアーの意見書と筆者らの対応(対象 : 第Ⅵ章 有害性評価) 150
付録A 1,4-ジオキサンの有害性プロファイル
   1. 体内動態および代謝 153
   2. 非発がん影響 155
    2.1 ヒトデータ 155
    2.2 動物試験データ 156
     2.2.1 急性毒性 156
     2.2.2 刺激性,感作性 156
     2.2.3 反復投与毒性/長期毒性 157
     2.2.4 生殖発生毒性 158
     2.2.5 免疫毒性 159
     2.2.6 神経毒性 159
   3. 発がん性 160
    3.1 ヒトデータ 160
    3.2 動物試験データ 160
    3.3 遺伝毒性 161
   4. 発がんメカニズム 162
    4.1 イニシエーション活性/プロモーション活性 162
    4.2 細胞障害性/細胞増殖性 163
    4.3 その他 165
付録B 1,4-ジオキサンの下水処理場における除去率について
   1. はじめに 167
   2. 調査内容 167
    2.1 調査対象処理場の概要 167
    2.2 サンプリング 168
    2.3 分析方法 169
     2.3.1 水試料 169
     2.3.2 大気試料 169
     2.3.3 汚泥試料 169
    2.4 物質収支および除去率の推定 169
   3. 結果 170
    3.1 測定結果 170
    3.2 物質収支の評価 171
     3.2.1 流入量(図B.1のI) 172
     3.2.2 大気への揮散量(V,V) 171
     3.2.3 放流量(Ef) 171
     3.2.4 汚泥の引抜きに伴う移動量(Ex,R)および脱水ケーキに伴う系外への移動量(Dc) 171
     3.2.5 濃縮槽・脱水機からエアレーション沈砂池への還流水に伴う負荷量(R)および返送汚泥に伴う負荷量(R) 172
    3.3 物質収支および除去率 172
   4. 考察 173
    4.1 物質収支および除去率について 173
    4.2 流入下水中濃度の変化と除去率 173
参考文献 175
あとがき 183
略語集 vii
要約
   1. はじめに 1
2.

図書

図書
永田親義著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.12  258, vp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1581
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 篠崎裕哉, 米澤義堯共著 ; NEDO技術開発機構, 産業技術総合研究所化学物質リスク管理研究センター共編
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.8  xiv, 248p, 図版7p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語表 xiii
要約
   1. はじめに 1
   2. 発生源の推定 2
   3. 環境中濃度の測定結果の概要 2
   4. 暴露濃度の推定 3
   5. 有害性評価 4
   6. リスク評価 5
   7. 自主管理計画の評価 6
   8. 結論 8
第Ⅰ章 はじめに
   1. 目的と範囲 9
    1.1 評価対象物質 9
    1.2 選択理由 10
    1.3 評価の目的 10
    1.4 評価の対象 10
    1.5 評価における文献,データの検索範囲 10
   2. 歴 史 11
   3. 基本的な情報 12
    3.1 同定情報と物理化学的性質 12
    3.2 環境動態に関する情報 13
     3.2.1 大気中における分解 13
     3.2.2 水域における分解 14
     3.2.3 土壌における分解 14
     3.2.4 生物による分解 14
     3.2.5 生物濃縮 14
    3.3 環境分布 14
   4. 塩化ビニルモノマーに関連した国内の統計情報 15
    4.1 対象とする統計情報 15
    4.2 生産量 15
    4.3 用途 17
     4.3.1 塩化ビニルモノマー 17
     4.3.2 塩化ビニル樹脂 18
    4.4 国内生産能力 18
   5. 国内の法規制 19
   6. 塩化ビニルモノマーを対象とした有害性,またはリスク評価書 21
    6.1 発生源,環境動態,暴露経路 21
    6.2 体内動態・代謝経路 21
    6.3 ヒトに対する発がん影響 28
    6.4 ヒトに対する有害性の定量的評価 28
    6.5 既存評価書のまとめ 29
第Ⅱ章 発生源
   1. 国内での排出量の調査結果 31
    1.1 化学物質排出把握管理促進法に基づく排出量の届出情報 31
    1.2 PRTR届出データ以外の排出量調査の結果の概要 38
   2. 塩化ビニルモノマーの製造・使用に関する発生源 39
    2.1 塩化ビニルモノマー・塩化ビニル樹脂(コポリマーを含む)の製造 40
     2.1.1 製造方法 40
     2.1.2 排出量 43
    2.2 塩化ビニル樹脂の成形・加工 47
     2.2.1 成形・加工法 47
     2.2.2 排出量 48
    2.3 塩化ビニルモノマーを原料とした化学物質の生産 49
     2.3.1 塩化ビニリデン樹脂 49
     2.3.2 香料,農薬(中間体を含む)等 51
    2.4 輸送・貯蔵 53
    2.5 製品に残留する塩化ビニルモノマー 54
     2.5.1 食品容器 55
     2.5.2 水道管 56
     2.5.3 壁紙等の室内塩化ビニル樹脂製品 57
    2.6 焼却,火災 57
    2.7 埋立処分 57
   3. 塩化ビニルモノマーの製造・使用に関連しない発生源 57
    3.1 化学工業における副生成 58
    3.2 焼却,火災 59
    3.3 タバコ 60
    3.4 微生物による有機塩素系化合物の分解 61
     3.4.1 地下水 61
     3.4.2 廃棄物処分場 62
    3.5 自然発生源(海洋・火山・土壌) 62
    3.6 水道 65
   4. 排出量・放出量のまとめ 66
第Ⅲ章 環境中濃度の測定結果
   1. 大気 67
    1.1 分析方法 67
    1.2 全国の状況 68
    1.3 経年変化 73
    1.4 連続測定データ 73
   2. 水域 74
    2.1 分析方法 74
    2.2 測定結果 75
    2.3 検出理由の解析 77
     2.3.1 名古屋市荒子川ポンプ所 77
     2.3.2 大阪市寝屋川京橋 77
     2.3.3 検出理由のまとめ 78
   3. 地下水 78
    3.1 分析方法 78
    3.2 測定結果 78
    3.3 検出理由の検討 80
     3.3.1 干葉市稲毛区長沼原町 80
     3.3.2 伊丹市昆陽北 80
     3.3.3 防府市新田 81
     3.3.4 検出理由のまとめ 81
第Ⅳ章 暴露評価
   1. 暴露シナリオ 83
    1.1 経口経路 83
    1.2 吸入経路 84
    1.3 経皮経路 84
    1.4 暴露シナリオの設定 84
   2. モニタリングによる年平均値データの検討 84
    2.1 代表性の検討方法 85
     2.1.1 モニタリングデータ 85
     2.1.2 試料採取頻度 85
     2.1.3 比較方法 85
    2.2 代表性の検討結果 85
   3. 暴露濃度の推定 86
    3.1 AIST-ADMERを用いた大気中濃度の推定 87
     3.1.1 大気拡散モデル 87
     3.1.2 発生源 88
     3.1.3 大気中濃度の推定範囲 89
     3.1.4 推定結果と測定値との比較 89
     3.1.5 大気中濃度推定方法の改善点 91
     3.1.6 全国を対象とした大気中濃度の推定結果 92
    3.2 METI-LISによる固定発生源周辺地区を対象とした大気中濃度の推定 96
     3.2.1 大気拡散モデル 96
     3.2.2 対象領域 97
     3.2.3 発生源 97
     3.2.4 計算条件 97
     3.2.5 推定結果と測定値の比較 98
     3.2.6 大気中濃度の推定結果 102
   4. 室内 107
    4.1 室内濃度 107
    4.2 暴露に対する室内寄与分の検討 108
   5. 暴露評価のまとめ 109
第Ⅴ章 ヒトに対する有害性影響
   1. はじめに 111
   2. 非発がん影響の概要 112
    2.1 ヒト 112
     2.1.1 急性暴露による影響 112
     2.1.2 長期暴露による影響 112
    2.2 動物試験 114
     2.2.1 経口暴露影響 114
     2.2.2 吸入暴露影響 114
   3. 発がん影響 114
    3.1 疫学調査の概略 115
     3.1.1 各国の概要 115
     3.1.2 疫学調査データの妥当性 120
    3.2 標的臓器 120
     3.2.1 肝職 120
     3.2.2 脳(神経系) 123
     3.2.3 肺(呼吸器系) 126
     3.2.4 血液・造血系 128
     3.2.5 皮膚 128
     3.2.6 その他 129
    3.3 労働環境濃度 130
   4. 体内動態 131
    4.1 吸収 131
     4.1.1 経口暴露 131
     4.1.2 吸入暴露 131
     4.1.3 経皮暴露 132
    4.2 体内分布 132
     4.2.1 経口暴露 132
     4.2.2 吸入暴露 132
     4.2.3 経皮暴露 132
    4.3 代謝経路 132
    4.4 排泄 134
     4.4.1 経口暴露 134
     4.4.2 吸入暴露 134
     4.4.3 経皮暴露 134
    4.5 生理学的薬物動態(PBPK)モデル 134
   5. 発がんメカニズム 135
    5.1 遺伝毒性 135
     5.1.1 in vitro試験 135
     5.1.2 in vivo試験 136
     5.1.3 ヒトヘの影響 136
    5.2 塩化ビニルモノマーの代謝体の遺伝毒性 136
     5.2.1 2-クロロエチレンオキシド(CEO) 136
     5.2.2 2-クロロアセトアルデヒド(CAA) 137
     5.2.3 2-クロロ酢酸 137
    5.3 DNA付加体の形成 137
    5.4 塩化ビニルモノマー暴露による分子マーカーの検出 139
     5.4.1 遺伝子変異の検出 139
     5.4.2 変異タンパク質の検出 141
     5.4.3 その他 143
     5.4.4 分子生物学的手法を用いた個人差にかかわる調査結果の概要 143
    5.5 発がん性評価に関する課題 146
     5.5.1 肝がん 146
     5.5.2 皮膚がん 147
     5.5.3 まとめ 148
    5.6 発がんメカニズムのまとめ 148
   6. 既存の定量的評価 149
    6.1 既存評価書における定量的評価 149
     6.1.1 世界保健機関ヨーロッパ地域事務局(WHO-ROE) 149
     6.1.2 アメリカ環境保護庁(EPA) 150
     6.1.3 オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM) 150
     6.1.4 中環審(今後の有害大気汚染物質対策のあり方について(第七次答申)) 150
    6.2 生理学的薬物動態(PBPK)モデルを用いた定量的評価 151
   7. 本評価書の見解 152
    7.1 エンドポイント 152
     7.1.1 発がん性 152
     7.1.2 標的部位 153
     7.1.3 エンドポイントの設定 153
    7.2 ユニットリスク 153
第Ⅵ章 リスク評価
   1. 暴露人口の推定 157
    1.1 暴露人口の推定方法 157
    1.2 AIST-ADMERによる暴露人口の推定結果 158
    1.3 METI-LISによる固定発生源周辺地区を対象とした暴露人口の推定結果 158
    1.4 国内の暴露人口の評価 160
   2. 生涯過剰発がんリスクの推定 161
   3. 発がん件数の推定 162
   4. リスクの評価 163
第Ⅶ章 自主管理計画の事後評価
   1. 塩化ビニルモノマー・塩化ビニル樹脂製造事業所における排出削減 165
    1.1 排出量の削減 165
     1.1.1 塩化ビニルモノマー製造工程 165
     1.1.2 塩化ビニル樹脂製造工程 165
    1.2 業界団体の取組 167
     1.2.1 排出管理基準の策定以前 167
     1.2.2 排出管理基準の策定(1980年) 167
     1.2.3 排出管理基準の改訂(1990年) 168
     1.2.4 排出管理基準の改訂(2000年) 168
     1.2.5 敷地境界の自主基準(努力目標) 168
   2. 自主管理計画 168
    2.1 自主管理計画の概要 168
    2.2 自主管理計画に関する費用 169
     2.2.1 「有害大気汚染物質対策の経済性評価」の評価対象物質 170
     2.2.2 「有害大気汚染物質対策の経済性評価」の調査範囲と調査内容 170
     2.2.3 「有害大気汚染物質対策の経済性評価」の調査結果 170
    2.3 リスク削減効果の推定 172
     2.3.1 排出量推定 172
     2.3.2 排出量の推定結果 173
     2.3.3 モデルによる大気中濃度の推定条件と暴露人口の推定方法 173
     2.3.4 暴露人口の推定結果 174
     2.3.5 発がん件数の推定 174
    2.4 発がんl件削減当たりの費用の推定 175
   3. リスク削減の費用対効果 176
第Ⅷ章 結論
   1. ヒトに対する有害性評価 179
   2. 暴露評価 180
   3. リスク評価 181
   4. 自主管理計画の事後評価 182
   5. 結論 183
第Ⅸ章 外部レビュアーの意見書と著者らの対応
   市川陽一レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 全体) 186
   今井田克己レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 有害性評価) 192
   鈴木規之レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 全体) 196
   武林亨レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 全体) 199
   長縄肇志レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 全体) 203
   福島昭治レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 全体) 212
   松尾昌季レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 有害性評価) 218
   三森国敏レビュアーの意見書と著者らの対応(対象 : 有害性評価) 221
参考文献 231
索引 245
略語表 xiii
要約
   1. はじめに 1
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中西準子, 小倉勇共著 ; NEDO技術開発機構, 産総研化学物質リスク管理研究センター共編
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.3  xviii, 321p ; 27cm
シリーズ名: 詳細リスク評価書シリーズ ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
略語集 xiii
要約
   1. 序論(第Ⅰ章) 1
   2. 基本情報(第Ⅱ章)1
   3. 発生源・排出量(第Ⅲ章) 2
    3.1 発生源情報の積み上げによる排出量の推定 2
    3.2 環境データからの発生源解析 3
   4. 暴露量(第Ⅳ章) 4
   5. 体内動態・体内濃度(第V章) 5
   6. 有害性評価(第Ⅵ章) 7
   7. ヒト健康リスクの算出(第Ⅶ章) 8
   8. 生態リスク評価(第Ⅷ章) 9
   9. 結論(第Ⅸ章)10
第Ⅰ章 序論
   1. はじめに 13
    1.1 ポリ塩化ビフェニル問題の社会的背景 13
    1.2 PCBやダイオキシン類とコプラナーPCBの関係 14
    1.3 本評価書作成の目的 15
   2. 本評価書の特徴と構成 15
    2.1 本評価書の特徴 15
    2.2 本評価書の構成 17
第Ⅱ章 基本情報
   1. はじめに 19
   2. 種類,構造,物性 19
    2.1 種類と構造 19
    2.2 物性等 22
    2.3 毒性等価係数,毒性等量 24
   3. PCB製品の生産,使用,保管,廃棄,処理 28
    3.1 用途 28
    3.2 生産量,輸出量,輸入量,使用量,出荷量 29
     3.2.1 生産量,輸出量,輸入量,使用量 29
     3.2.2 用途別および製品別PCB使用量 31
     3.2.3 都道府県別の出荷量 32
     3.2.4 都道府県別の使用工場(磯野1975) 32
    3.3 PCB含有製品の使用・保管状況および紛失量 33
    3.4 PCB廃棄物の処理 38
    3.5 製品の種類と各PCBおよびダイオキシン類等の含有量 40
   4. 環境中濃度実測値 42
    4.1 近年の環境中Co-PCB濃度 42
    4.2 環境中Co-PCB濃度の推移 44
   5. 食品経由1日暴露量・食品中濃度実測値 48
    5.1 近年のCo-PCBの食品経由1日暴露量 48
    5.2 Co-PCBの食品経由1日暴露量の推移 51
    5.3 個別食品中のCo-PCB濃度 51
    5.4 TotalPCBの食品経由1日暴露量や食品中濃度 54
   6. 体内濃度実測値 56
    6.1 近年の血液中Co-PCB濃度 57
    6.2 近年の臍帯中Co-PCB濃度 59
    6.3 近年の母乳中Co-PCB濃度 59
    6.4 Co-PCBの体内濃度の推移 62
    6.5 母乳中TotalPCB濃度 62
    6.6 各組織中TotalPCB濃度 64
   7. 各種規準等 66
第Ⅲ章 発生源・排出量
   1. はじめに 71
   2. 発生源情報の積み上げによる排出量の推定 71
    2.1 PCB製品由来の排出量の推定 71
     2.1.1 製造・使用されたPCBの収支や排出に関する情報 71
     2.1.2 PCB製品由来の底質汚染 78
     2.1.3 PCB製品由来のCo-PCB排出量の推定 80
    2.2 燃焼系発生源およびPCBを使用しない産業系発生源からの排出量の推定 83
     2.2.1 燃焼に伴うCo-PCBの生成 83
     2.2.2 近年の燃焼系発生源および産業系発生源からの排出量 84
     2.2.3 燃焼系発生源および産業系発生源から大気への排出量の経年変化 85
    2.3 その他の発生源 93
     2.3.1 農薬 93
     2.3.2 PCB製品以外の工業製品 94
    2.4 各発生源からのCo-PCB排出量の相対比較 94
   3. 大気中Co-PCBの濃度変動因子の解析による発生源寄与推定 97
    3.1 対象 99
    3.2 各コンジェナーの大気中濃度変動の相違 99
    3.3 大気中濃度の変動因子 100
    3.4 各発生源の寄与 101
    3.5 まとめ 104
   4. 多変量解析手法による底質中Co-PCBの発生源寄与推定 105
    4.1 方法 105
     4.1.1 因子分析法による発生源解析 105
     4.1.2 CMB法による発生源解析 107
     4.1.3 対象化合物 108
     4.1.4 対象環境データ 109
     4.1.5 発生源データ 109
    4.2 結果と考察 111
     4.2.1 因子分析法による底質コアサンプルの解析 111
     4.2.2 CMB法による底質コアサンプルの解析 112
     4.2.3 因子分析法による全国底質表層サンプルの解析 114
     4.2.4 CMB法による全国底質表層サンプルの解析 115
     4.2.5 因子分析法とCMB法の結果の比較および各手法の限界や誤差 117
     4.2.6 魚中Co-PCB濃度に対する各発生源の寄与の推定 117
    4.3 まとめ 118
   5. 第Ⅲ章のまとめ 118
   第Ⅳ章 暴露量
   1. はじめに 121
   2. 経路別・食品種別の暴露量および国内環境と国外環境の寄与 121
    2.1 大気,土壌,食品経由の暴露量の比較 121
    2.2 食品種別の暴露量および国内環境と国外環境の寄与 122
   3. 過去の食品経由暴露量 127
   4. 暴露量の地域差・個人差 128
    4.1 地域差 128
    4.2 個人差 129
   5. 第Ⅳ章のまとめ 133
第Ⅴ章 体内動態・体内濃度
   1. はじめに 135
   2. 体内動態に関する既存の情報 135
    2.1 体内分布 135
     2.1.1 体内各部位の脂肪重量当たりの濃度の比 135
     2.1.2 体内各部位への分配 136
    2.2 吸収と排泄 137
     2.2.1 消化管吸収 137
     2.2.2 糞中への排泄 138
     2.2.3 尿中への排泄 140
     2.2.4 皮脂の分泌に伴う排泄 140
     2.2.5 代謝 141
     2.2.6 胎盤から胎児への移行 142
     2.2.7 授乳に伴う体外への排出 143
     2.2.8 体内半減期 144
   3. 体内動態予測モデル 149
    3.1 モデルの基本構造 149
    3.2 排泄速度の成長に伴う変化 150
    3.3 各種パラメータ 151
   4. 体内動態予測モデルによる体内半減期の推定 153
   5. 体内蓄積係数の算出 156
   6. 体内濃度予測モデルによる体内濃度の推定 158
    6.1 生年別体内濃度の経年変化 158
    6.2 乳児の体内濃度と母乳授乳の影響 159
    6.3 将来の25~34歳女性の体内濃度 160
   7. 体内濃度の地域差・個人差 161
    7.1 地域差 161
    7.2 個人差(地域差含む) 162
   8. 第Ⅴ章のまとめ 163
第Ⅵ章 有害性評価
   1. はじめに 165
   2. 各国・機関における有害性評価・耐容摂取量算出 166
    2.1 WHO-IPCS専門家会合(1998年) 166
    2.2 日本(1999年) 167
    2.3 欧州委員会・食品科学委員会(SCF)(2000,2001年) 170
    2.4 FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)(2001年) 172
    2.5 英国食品基準局食品・消費者製品・環境化学物質毒性委員会(UK COT)(2001年) 174
    2.6 米国環境保護庁(US EPA)(2003年) 175
    2.7 まとめ 177
   3. 疫学データ 178
    3.1 発がん性 178
    3.2 塩素瘡 179
    3.3 循環器系への影響 179
    3.4 糖尿病との関係 180
    3.5 生殖発生影響 180
    3.6 子どもの発達および歯への影響 181
    3.7 甲状腺への影響 182
    3.8 免疫系への影響 182
    3.9 まとめ 183
   4. 動物試験データ 184
    4.1 生殖発生毒性 191
    4.2 免疫毒性 195
    4.3 発がん性 197
   5. リスク評価に用いる指標濃度の決定 198
    5.1 発がん以外の影響について 198
    5.2 発がん性について 200
    5.3 リスク評価に用いる指標濃度 201
第Ⅶ章 ヒト健康リスクの算出
   1. はじめに 207
   2. 過去および近年のヒト健康リスク 207
   3. 将来のヒト健康リスク 210
   4. 高暴露者の健康リスク 212
   5. 者察 214
第Ⅷ章 生態リスク評価
   1. はじめに 215
   2. 野生生物の汚染状況と鳥類に対する毒性影響の知見の整理 216
    2.1 野生生物の汚染状況 216
    2.2 鳥類に対する毒性影響 220
     2.2.1 鳥類に対するTEF 220
     2.2.2 鳥類に対する毒性影響 221
   3. 生態リスク評価の枠組み 228
    3.1 評価対象生物 228
    3.2 評価エンドポイント 228
    3.3 リスク評価方法 228
    3.4 評価対象種および地域 230
   4. 暴露評価 231
    4.1 卵中濃度の実測データ 231
    4.2 卵中濃度の経験的モデルによる推定 232
    4.3 リスク評価に用いる卵中濃度 234
   5. 有害性評価 235
    5.1 段階Ⅰの評価で用いる毒性参照値(TRV) 235
    5.2 段階Ⅱおよび段階Ⅲの評価で用いる用量-反応関係 236
   6. リスクの算出 239
    6.1 段階Ⅰのリスク判定(ハザード比評価) 239
    6.2 段階Ⅱのリスク判定(卵死亡リスク評価) 241
    6.3 段階Ⅲのリスク判定(個体群リスク評価) 242
    6.4 考察 246
     6.4.1 用量-反応関係について 246
     6.4.2 卵死亡率とλの減少率の関係 247
     6.4.3 ひなの奇形や成長の遅れ等の個体群動態への影響 248
   7. 第Ⅷ章のまとめ 248
第Ⅸ章 結論
   l. 暴露評価のまとめ(第Ⅱ章~第Ⅴ章) 249
   2. 有害性評価およびヒト健康リスク評価のまとめ(第Ⅵ章~第Ⅶ章) 250
   3. 生態リスク評価のまとめ(第Ⅷ章) 251
   4. 本評価書の解析の限界 251
   5. 今後の展望と課題 252
第Ⅹ章 外部レビュアーのコメントと筆者らの対応
   石塚真由美レビュアーのコメントと筆者らの対応 258
   江馬眞レビュアーのコメントと筆者らの対応 263
   平井康宏レビュアーのコメントと筆者らの対応 267
   増田義人レビュアーのコメントと筆者らの対応 273
   米元純三レビュアーのコメントと筆者らの対応 277
参考文献 285
索引 317
以下の参考資料は,インターネット上でhttp://unit.aist.go.jp/crm/mainmenu/1.htmlから閲覧することができる.
参考資料A 補足の図表等
参考資料B コプラナーPCBの環境動態の予測
参考資料C PCBおよびPCB含有製品の製造,使用,保管,廃棄に伴うPCBおよびコプラナーPCBの排出量の推定
参考資料D 飼料中のコプラナーPCBに対する国産飼料(原料)と輸入飼料(原料)の寄与
参考資料E ダイオキシン類の毒性影響
参考資料F 魚介類に対するダイオキシン類の有害性
略語集 xiii
要約
   1. 序論(第Ⅰ章) 1
5.

図書

図書
永田親義著
出版情報: 東京 : 講談社, 1987  329,6p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-684
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
杉村隆責任編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 1979.7  x, 287p ; 27cm
シリーズ名: 癌の科学 / 太田邦夫 [ほか] 編集 ; 第2巻
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
半田節子著
出版情報: 東京 : 五月書房, 1988.3  267p ; 19cm
シリーズ名: 健康生命科学シリーズ ; 活性酸素第1弾
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
Richard Doll, Richard Peto著 ; 青木国雄, 大野良之訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 1991.11  xi,306p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
酒井弥著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2001.9  ii, ii, ii, 147p, 図版1枚 ; 19cm
シリーズ名: はなしシリーズ
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
小田嶋成和, 橋本嘉幸編著
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1978.7  xiii, 413p ; 27cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼