close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
和田純夫著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2005.9  215p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ 若きアインシュタイン 10
   (1)誕生から大学卒業まで 10
   (2)卒業後の生活 14
   (3)ラブレターから 15
   (4)1905年のアインシュタイン 24
第Ⅰ部 ブラウン運動の理論-原子に実体はあるのか
第1章 前史-原子・分子概念の歴史 30
   (1)古代ギリシャから古代ローマヘ 31
   (2)原子論の復活 33
   (3)化学的原子論 34
   (4)物理的原子論とアボガドロ粒 36
   (5)熱学から統計力学ヘ 39
第2章 ブラウン運動とアインシュタインの理論 41
   (1)ブラウン運動研究の歴史 41
   (2)アインシュタインの論文 43
   (3)第1の柱 フラウン運動とランタム・ウォーク 45
   (4)第2 の柱 核数と核数係数 50
    拡散の速さを表す拡散係粒 53
    拡散とフラウン運動 55
   (5)第3 の柱 微粒子の流れのハランス 57
    重カによる下向きの流れ 8
    ・拡散による上向きの流れとのバランス 61
   (6)第4の柱 力のハランス 63
    地表上の空気の分布 63
    侵透圧 70
    侵透圧の差による力のハランス 73
   (7)最終結論 アインシュタインの関係式 75
第3章 その後の展開 79
   (1)ぺランの実験 79
    ・微粒子の分布 80
    微粒子の流れ 82
    ・ブラウン運動 83
   (2)アインシュタインの理論の発展 84
第Ⅱ部 光量子仮説―光とは何か
第1章 前史―光の放射の不思議 88
   (1)光は粒子か波か 88
   (2)黒体放射(空洞放射)‐-キルヒホッフの問題提起 90
   (3)ウィーンの公式 94
   (4)レイリーの公式 97
第2章 量子論の誕生に向けてープランクとアインシュタイン 100
   (1)プランクの提案 100
   (2)プランクの解釈-量子の登場 102
    ・エントロピ 103
    ・プランクの量子仮説 106
   (3)アインシュタインの1905年の論文 111
   (4)1906年の2つの論文 117
   (5)ストークスの規則、光電効果、分子の電離 119
第3章 その後の展開 122
   (1)光量子から光子へ 123
   (2)量子カ学の構築 127
   (3)アインシュタインの抵抗 132
   (4)光とは何か-量子電磁気学ヘ 134
第Ⅲ部 特殊相対論-時間と空間の問題
第1章 前史ーエーテルはあるのか 138
   (1)エーテル説の起源 139
   (2)エーテルの動き 141
第2章 相対性理論の登場 145
   (1)1905年6月の論文の第1部 145
    ・相対性原理の主張 146
    ・同時刻であるということ 152
    ・座標の時刻と変換 155
    ・同時刻の線 162
    ・変換公式の応用 163
   (2)1905年6月の論文の第2部 168
   (3)E=mc2という関係に関する1905年の論文 171
   (4)ローレンツとポアンカレ 176
第3章 その後の展開 178
   (1)実験との比較 178
   (2)ミンコフスキーの貢献 179
   (3)一般相対論 182
   エピローグ その後のアインシュタイン 186
   (1)1905年~1925年 186
   (2)社会的存在になったアインシュタイン 189
   (3)プリンストンでの生活と核兵器 196
   (4)アインシュタインと20世紀の物理学 199
   文献 203
   アインシュタインの年譜 206
   索引 210
プロローグ 若きアインシュタイン 10
   (1)誕生から大学卒業まで 10
   (2)卒業後の生活 14
2.

図書

図書
竹内薫著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2004.9  236p ; 18cm
シリーズ名: ちくま新書 ; 493
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小笠英志著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2011.1  205p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
スティーヴン・L・マンリー著 ; スティーヴン・フォーニア絵 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.10  189p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1746
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
村山斉監修
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2011.11  143p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
ニュートン別冊
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
ブライアン・コックス, ジェフ・フォーショー [著] ; 柴田裕之訳
出版情報: 東京 : 紀伊國屋書店, 2011.9  329p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
川村康文著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2011.4  279p ; 21cm
シリーズ名: 確実に身につく基礎物理学 ; 下
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
福島肇著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.7  234p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1561
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
二間瀬敏史著
出版情報: 東京 : ナツメ社, 2005.11  229p ; 19cm
シリーズ名: 図解雑学 : 絵と文章でわかりやすい!
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Chapter1 奇跡の年1905年
   当時のアインシュタイン 特許局3等技官アインシュタイン 10
   当事の時代背景 ビスマルク政権下のドイツ 12
   相対論以前の物理学先覚者 ボルツマンとファラデー 14
   1905年3月:光量子論 プランクの発見 16
   1905年4月:ブラウン運動 ジグザク運動の正体は 18
   1905年6月:特殊相対性理論 革命的すぎた論文 20
   1905年9月:質量=エネルギー 質量はエネルギーに変わる 22
   アインシュタインの生い立ち 並の人とはやはり違う 24
   若き日のアインシュタイン 大学受験に失敗 26
   大学時代のアインシュタイン 一夜潰の試験勉強 28
   コラム アインシュタインとプランクを取り持った日本人 30
Chapter2 特殊相対性理論へいたる長い道のり
   ガリレオ以前の自然観アリストテレスの天動説 32
   ガリレオの自然観止まっているのはどっち? 34
   慣性系、相対性原理運動を観測する道具立て 36
   天才ニュートンの登場運動の3法則 38
   ニュートンの絶対空間と絶対時間ガリレオ変換が結ぶ慣性系 40
   ニュートンのバケツとマッハの批判絶対空間はある?ない? 42
   絶対静止系を求めて①ファラデーの推論 44
   絶対静止系を求めて②マクスウェルの推論 46
   絶対静止系を求めて③エーテルの不思議な性質 48
   絶対静止系を求めて④光行差 50
   若きアインシュタインの悩み 光を光速度で追いかけたら、どう見えるか? 52
   マイケルソン・モーレーの実験①干渉計とは 54
   マイケルソン・モーレーの実験②町中の交通を止めて実験する 56
   ローレンツ・フィッツジェラルド収縮 運動している物体は縮む? 58
   ボアンカレ 特殊相対論の栄光は誰に? 60
   現代版光速度不変の原理の実験 ほとんど光速度で運動するパイ中間子からの光 62
   光速度不変の原理の天文学的な証拠 運星の運動を眺めてみると 64
   コラム 光の速さを測ろうとしたガリレオ 66
Chapter3 特殊相対性理論とその帰結
   光速度不変の原理と相対性原理 2つの色で描かれている特殊相対論 68
   同時の相対性 観測する人によって変わる時間の順序 70
   同時の定義 真空中の光が決める 72
   同時についてもう一度 時計によって、到着時間が違う! 74
   運動する時計は遅れる① 光時計 76
   運動する時計は遅れる② どちらから見てもゆっくり進む?! 78
   運動する時計は遅れる③ 比べる時計が違う! 80
   時間の遅れの実験 寿命が延びるミューオン 82
   運動する物体は縮む ミューオンの立場から考えてみると 84
   ローレンツ変換 慣性系から別の慣性系への変換 86
   速度の合成 1+1=1 88
   動くと重たくなる 質量は変化する 90
   3次元と4次元の世界 3次元ベクトルとは 92
   4次元の世界 時間+空間=時空 94
   ミンコフスキー時空 慣性系が変わっても光速は一緒 96
   不思議な4次元長さ 長さの2乗がマイナス? 98
   ベクトルの固有長さ 時間の遅れと物体の縮み 100
   光円錐 過去と未来の円錐 102
   相対論の未来・過去・現在 砂時計のどこにいる? 104
   超光速運動 タキオンとタイムマシン 106
   相対論と反粒子 なぜ反粒子があるのか? 108
   時間の矢 過去から未来へ 110
   コラム 超光速運動? 112
Chapter4 特殊相対性理論のパラドックスと誤解
   パラドックスとは ゼノンのパラドックスと嘘つきのクレタ人 114
   同時のパラドックス 同時に着くはずではなかったの? 116
   ガレージのパラドックス 車は出るの、入るの? 118
   双子のパラドックス 歳を取るのは弟、兄? 120
   双子のパラドックスの解法① 慣性系を乗り換えたのはどっち? 122
   双子のパラドックスの解法② 実際の信号を受け取ってみよう 124
   双子のパラドックスの解法③ 加速度運動による説明 126
   特殊相対論にまつわる誤解 加速度運動と特殊相対論 128
   加速度運動とブラックホール 光も追いつけない! 130
   コラム アインシュタインの最初の子供 132
Chapter5 特殊から一般への長い道のり
   何が特殊なのか、何が不満なのか 重力の相対論とは? 134
   破綻の兆し 新惑星バルカン探し 136
   ガリレオとピサの斜塔 鉄の玉と木の玉を落としてみると 138
   性質量と重力質量 質量には2種類ある 140
   スペースシャトルは落下している 生涯最良の考え 142
   スペースコロニー 遠心力で重カをつくる 144
   重力と時間 重力によって時間が遅れる 146
   重力赤方偏移の実験 重力は波長を引き伸ばす 148
   重力によって曲がる光 重力は光を曲げる 150
   エトベッシュの実験 1兆分の1の精度の精密実験 152
   月を使った落下実験 強い等価原理 154
   再びスペースシャトルに乗って 本当に重力は消えるのか? 156
   重力は時空の曲がり カが働かないのに近づくのはなぜ? 158
   非ユークリッド幾何学 三角形の内角の和は? 160
   リーマン幾何学とグロスマン 曲線座標系と加速度 162
   アインシュタインを取り巻く状況 ナチスの影が忍び寄る 164
   コラム アインシュタインの誤算 166
Chapter6 一般相対性理論とその帰結
   一般相対論の完成 アインシュタイン方程式 168
   再び光の曲がり 空間の曲がりも考慮すると 170
   日食観測 一躍、有名人に 172
   水星の近日点移動太陽の内部は? 174
   シャピロの時間の遅れ 空間の曲がりをレーダーで検証? 176
   重力にも羽がはえた 重力の波 178
   確認された重力波 連星パルサー 180
   引きずられる空間 マッハは正しかった 182
   チャンドラセカールの限界質量 もっと重たくなると、どうなるか? 184
   ブラックホール 光も逃げ出せない時空の領域 186
   コラム ブラックホールは本当にあるのか? 188
Chapter7 相対性理論の応用
   カーナビと相対論① GPS 190
   カーナビと相対論② 光速度不変の原理が前提 192
   カーナビと相対論③ 車で相対論を検証 194
   原子力発電 ウラン1グラムで石油何リットル? 196
   暗黒物質と一般相対論 重カレンズ 198
   暗黒エネルギーと一般相対論 宇宙膨張を加速させるエネルギー 200
   暗黒エネルギーと超新星 暗く見える超新星 202
   重力波で測るブラックホール 太鼓としてのブラックホール 204
   ブラックホール発電 エネルギー問題の解決法 206
   コラム アインシュタインの日本訪問 208
Chapter8 その後のアインシュタイン
   第一次世界大戦後のドイツ ユダヤ人アインシュタイン 210
   統一場理論への挑戦 カルツァとクラインの考え 212
   量子力学との格闘 確率的なことは気に入らない 214
   原子爆弾とアインシュタイン 大統領への手紙 216
   マンハッタン計画 2つの無限なもの 218
   晩年のアインシュタイン 近所の女の子に算数を教える 220
   一般相対論の再興 天体現象の解明、そしてこれから 222
   コラム 特殊相対論の破綻か 224
Chapter1 奇跡の年1905年
   当時のアインシュタイン 特許局3等技官アインシュタイン 10
   当事の時代背景 ビスマルク政権下のドイツ 12
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
二間瀬敏史著
出版情報: 東京 : NTT出版, 2008.10  iv, 197p ; 20cm
シリーズ名: やりなおしサイエンス講座 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : MC[2]の[2]は上つき文字
   
まえがき iii
第1章 カーナビと相対性理論 1
   もしも相対性理論がなかったら 2
   間違いの原因 7
   相対論ダイジェスト 10
   COLUMN1 ガリレオ・ガリレイ 13
第2章 鏡よ鏡、世界で一番速いものは何? 17
   アインシュタイン少年の疑問 : 光は止まるのか 18
   疑問の答え : 光は止まらない 19
   なぜ「特殊」か、なぜ「相対性」なのか? 23
   マイケルソン・モーレーの実験 26
   時間の遅れ、空間の収縮 32
   SFから物理へ―四次元ミンコフスキー時空 42
   不幸な帰結―E=MC[2] 45
   COLUMN2 アイザック・ニュートン 50
第3章 もう一つの相対性理論へ 53
   アインシュタインの不満 54
   ガリレオの実験と等価原理 56
   生涯最良のアイデア 58
   遅れる時間 61
   曲がった空間とは 65
   世紀の科学ショーと偶像アインシュタインの誕生 71
   水星が証明した一般相対性理論 76
   重力にも羽がはえた―重力波の予言と発見 79
   COLUMN3 マックス・プランク 82
第4章 双子のパラドックスと宇宙旅行 85
   双子のパラドックスとは 86
   兄の立場からの説明 87
   実際に映像を見てみると 90
   等価原理からの説明 92
   宇宙旅行 93
   ワームホールは可能か 95
   COLUMN4 ジェームス・クラーク・マクスウェル 98
第5章 ブラックホール 101
   シリウスの伴星の謎―白色矮星 102
   チャンドラセカールの悩み 105
   中性子星の予言と発見 107
   アインシュタインとオッペンハイマー 112
   恒星の最後とコンパクト星 114
   ブラックホールの表面で何が起こっているのか―止まる光、凍る時間 118
   日の目を見たブラックホール―クェーサーの発見 122
   銀河中心の巨大ブラックホール 125
   回転するブラックホール 129
   ブラックホール発電所 131
   ミニブラックホールとその蒸発 133
   高次元ブラックホール 137
   COLUMN5 アルバート・アインシュタイン 139
第6章 アインシュタインの失敗 145
   宇宙よ、止まれ! 146
   偉大な失敗、宇宙定数 148
   宇宙定数の復活 153
   アインシュタインの量子力学アレルギー 155
   もっとも引用されている論文は?―もつれた関係 159
   アインシュタインの夢、統一理論 162
   現代の統一理論―最終理論に向けて 165
補章 中学数学でわかる特殊相対論の数式 173
   ガリレオ変換からローレンツ変換へ 174
   時間の遅れとローレンツ・フィッツジラルド収縮 182
   ミンコフスキー時空 185
読書案内 193
索引 197
   注 : MC[2]の[2]は上つき文字
   
まえがき iii
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼