close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
多田英之著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.3  x, 169p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき
第1章 日本という国土における建築 1
   耐震と免震 3
   基準法の改正 13
   構造設計とは 16
   私の憂鬱 19
   設計と価格 24
   設計とは決断である 32
第2章 建設というシステム 41
   設計と施工と監理 43
   検査と確認 47
   監理にルーチンはない 53
   確認こそが品質を支える 57
   馬鹿タンクの話 59
   入札と談合 64
   性能確認と検収体制 66
   ドキュメント1 システムの悪用 68
第3章 設計者と責任 85
   「個」の力 87
   設計事務所の倫理 89
   再び、設計とは決断である 95
   設計者とは 99
   ドキュメント2 設計者倫理と企業倫理の現実 100
   集団組織の判断力の限界 131
第4章 建築基準法と構造設計界 139
   悪法 建築基準法 141
   建築基準法のさらなる改悪 148
   いまこと反対運動を 151
   建築文化と行政 155
   検査機関の幻想 158
   建築と秩序 162
あとがき 167
まえがき
第1章 日本という国土における建築 1
   耐震と免震 3
2.

図書

図書
鎌谷秀男本文 ; 三枝省三写真
出版情報: 大阪 : 修成学園出版局 , 東京 : コロナ社 (発売), 2001.6  99p, 図版50p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
棈木紀男, 高島英幸編著 ; 渡部洋 [ほか著]
出版情報: 横浜 : 関東学院大学出版会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2011.2  vi, 194p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
五十嵐俊一著
出版情報: [東京] : 構造品質保証研究所, 2010.7  259p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第一部 設計指針
 第1章 13
   1.1 適用範囲 13
   1.2 用語 14
 第2章 材料 16
   2.1 使用材料 16
   2.2 設計値 18
   2.3 応力ひずみ関係 19
 第3章 補強構造 20
   3.1 構成 20
   3.1.1 拘束型補強 23
    3.1.2 亀裂復元力 24
    3.1.3 断面欠損のある高延性材の亀裂復元力 37
    3.1.4 段差復元力 41
    3.1.5 拘束圧 47
   3.2 強度 48
    3.2.1 曲げ変形とせん断変形 48
    3.2.2 軸圧縮変形 59
    3.2.3 架構の変形 62
    3.2.4 引張りの材料強度と許容応力度 66
   3.3 定着 68
    3.3.1 高延性材の設置と定着の種類 68
    3.3.2 接着層の設計強度 70
    3.3.3 下地材の必要強度 72
    3.3.4 隅角部の定着長さ 73
    3.3.5 入り隅部の引き剥がし力 74
    3.3.6 連結材の設計張力 75
    3.3.7 機械的定着の必要強度 76
    3.3.8 機械的定着の下地材および躯体の必要強度 77
   3.4 補強の種類と範囲 78
 第4章 補強計画 83
   4.1 目標性能 83
   4.2 性能評価 84
    4.2.1 評価方法 84
    4.2.2 倒壊危険度 86
    4.2.3 軸破壊危険度 94
    4.2.4 損傷度 96
 第5章 コンクリート部材の強度と変形性能の評価 114
   5.1 基本方針 114
   5.2 曲げ強度 116
   5.3 せん断強度 117
    5.3.1 鉄筋コンクリート柱および梁 117
    5.3.2 鉄骨鉄筋コンクリート柱および梁 127
    5.3.3 両側柱付きコンクリート壁 130
   5.4 軸耐力 146
    5.4.1 鉄筋コンクリート柱の軸耐力 146
    5.4.2 鉄骨鉄筋コンクリート柱の軸耐力 149
   5.5 終局変形角 151
    5.5.1 鉄筋コンクリート柱の終局時層間変形角 151
    5.5.2 鉄骨鉄筋コンクリート柱の終局時層間変形角 163
    5.5.3 壁の靭性指標 168
   5.6 履歴特性 173
 第6章 木造各部の耐力評価 182
   6.1 基本方針 182
    6.1.1 補強の種類と呼称 183
   6.2 接合部の許容引張耐力 186
   6.3 壁の許容せん断耐力、壁基準耐力、壁強さ倍率及び剛性 196
    6.3.1 際貼り増し打ち合板壁 196
    6.3.2 筋交い流し補強した軸組み 209
   6.4 基礎補強 221
 第7章 崩落防止補強 226
   7.1 基本方針 226
   7.2 補強形式 227
   7.3 補強計算 230
    7.3.1 高延性材の設置範囲と設置方法 230
    7.3.2 復元力の照査 231
    7.3.3 定着部の照査 238
 第8章 応急補強 239
   8.1 基本方針 239
   8.2 拘束型補強した柱の軸耐力 240
第二部 施工指針
 第1章 一般 243
 第2章 施工 245
   2.1 施工手順 245
   2.2 準備工 248
   2.3 高延性材設置工 251
   2.4 仕上げ工 252
 第3章 施工時の品質管理 254
 第4章 安全管理 259
第一部 設計指針
 第1章 13
   1.1 適用範囲 13
5.

図書

図書
出版情報: 東京 : 建築知識, 1999.11  178p ; 30cm
シリーズ名: 建築知識スーパームック
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
鎌谷秀男本文 ; 三枝省三写真
出版情報: 大阪 : 修成学園出版局 , 東京 : コロナ社(発売), 1997.11  103p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大成建設株式会社土木本部土木設計部編
出版情報: 東京 : 山海堂, 2007.5  vii, 269p, 図版vip ; 22cm
シリーズ名: 考え方と設計がよくわかる実務シリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
日本建築学会東北支部, 日本建築士事務所協会東北ブロック, 建築研究振興協会東北耐震診断改修委員会編
出版情報: 東京 : 相模書房, 2000.11  277p ; 31cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
日本電設工業協会, 電気設備学会編集
出版情報: 東京 : 日本電設工業協会 , 東京 : オーム社 (発売), 1999.6  278p ; 30cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
山田善一編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 1997.9  xiv, 420p, 図版4枚 ; 23cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼