close
1.

図書

図書
徳丸吉彦, 青山昌文編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2006.3  208p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1550900-1-0611
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジャン=フランソワ・リオタール著 ; 今村仁司, 塚原史, 下川茂訳
出版情報: 東京 : 国文社, 1987.9  381p ; 20cm
シリーズ名: ポリロゴス叢書
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
谷川, 徹三(1895-1989) ; 佐々木, 基一(1914-1993) ; 島崎, 敏樹(1912-1975) ; 矢内原, 伊作(1918-1989) ; 中橋, 一夫(1911-1957) ; 青木, 雄造(1917-1982) ; 木下, 順二(1914-2006) ; 桑原, 武夫(1904-1988) ; 中島, 健蔵(1903-1979) ; 荒, 正人(1913-1979) ; 中野, 好夫(1903-1985) ; 伊藤, 整(1905-1969) ; 杉浦, 明平(1913-2001) ; 生田, 勉(1912-1980) ; 吉田, 秀和(1913-2012) ; 入野, 義朗(1921-1980) ; 富永, 惣一(1902-1980) ; 滝口, 修造(1903-1979) ; 岩崎, 昶(1903-1981)
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1957.6  iv, 378p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座現代思想 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
二十世紀芸術 / 谷川徹三 [執筆]
マルクス主義の芸術観 / 佐々木基一 [執筆]
芸術と深層心理 / 島崎敏樹 [執筆]
実存主義と芸術 / 矢内原伊作 [執筆]
プラグマティズムと芸術 / 中橋一夫 [執筆]
伝統主義と文学 / 青木雄造 [執筆]
民族意識と伝統 / 木下順二 [執筆]
芸術の社会的効果 / 桑原武夫 [執筆]
諸芸術の相互関連 / 中島健蔵 [執筆]
芸術と大衆 / 荒正人 [執筆]
現代芸術の精神的基盤 / 中野好夫 [執筆]
社会主義リアリズム / 佐々木基一 [執筆]
心理主義の文学 / 伊藤整 [執筆]
記録主義の精神 / 杉浦明平 [執筆]
機能主義と芸術 / 生田勉 [執筆]
現代の音楽 / 吉田秀和, 入野義郎 [執筆]
モダン・アート / 富永惣一 [執筆]
新芸術の可能性と限界 / 滝口修造 [執筆]
二十世紀芸術としての映画 / 岩崎昶 [執筆]
二十世紀芸術 / 谷川徹三 [執筆]
マルクス主義の芸術観 / 佐々木基一 [執筆]
芸術と深層心理 / 島崎敏樹 [執筆]
4.

図書

図書
山本正男監修
出版情報: 町田 : 玉川大学出版部, 1987.12  245p, 図版2枚 ; 22cm
シリーズ名: 芸術学研究双書
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
加藤周一著
出版情報: 東京 : 平凡社, 1978.11-1979.8  2冊 ; 19cm
シリーズ名: 加藤周一著作集 / 加藤周一著 ; 11-12
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
佐々木敦著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2013.12  285p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 失語に抗って
第2章 : フィクションの臨界点
第3章 : 当事者とは誰か?
第4章 : 被災地で、海外で,
第5章 : 「以後」の小説
第6章 : 「言葉」たち
第7章 : 何が出来るのか?
第1章 : 失語に抗って
第2章 : フィクションの臨界点
第3章 : 当事者とは誰か?
概要: 「何が出来るのか」ではなく、「何をしないではいられないのか」。3.11後の表現者たちの活動を凝視する真摯な批評集。
7.

図書

図書
トニ・ネグリ著 ; 廣瀬純, 榊原達哉, 立木康介訳
出版情報: 調布 : 月曜社, 2007.5  235p ; 17cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
竹中平蔵, 南條史生編著
出版情報: 東京 : 東京書籍, 2016.4  199p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 アートと社会 : アートの力と文化の役割
アジア経済とアート
共感の時代の建築へ
パトロネージの歴史—作品の大きさに見るアートと社会
江戸期の浮世絵と、その享受
第2部 社会とアート : 国際関係とアート
オペラが国際化に果たす役割
邦楽の魅力と音楽の力
テクノロジーとアート—一九九〇年代末ころの日本のメディア・アート状況から、現在へ
政治とアート—「戦争と芸術」
ソーシャル・インクルージョンとアート—横浜・寿町における心の貧困を包摂するアート活動の取り組み
第1部 アートと社会 : アートの力と文化の役割
アジア経済とアート
共感の時代の建築へ
概要: アート×政治・経済・まちづくり。絵画、音楽、建築など12名の識者がアートと社会を語る慶應義塾大学の人気講座。
9.

図書

図書
鍛治哲郎, 竹峰義和編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2014.6  281p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 陶酔のテクノロジー : 機械の陶酔のなかで
「おまえはカリガリにならなければならない!」—ヴァイマール映画における陶酔と越境の契機をめぐる一考察
陶酔と制御—アルフレート・デーブリーン『山と海と巨人』における技術
第2部 陶酔のディスクール : 海の誘惑 身体の夢—G・ベンとS・フェレンツィにおける生物学と陶酔
エルンスト・ブロッホ『この時代の遺産』における陶酔の弁証法
陶酔のなかで共に生きる—ベンヤミンの麻薬実験と恍惚の集団性
陶酔と無調—奏でられ、歌われ、酔われる四重奏に向けて
第3部 陶酔の演出 : 第一次世界大戦中のパウル・ベッカーの思想と「世界観音楽」の終焉
アビ・ヴァールブルクにおける陶酔とメランコリーの認識法—ニンフとアトラスをめぐる「ムネモシュネ・アトラス」拡張の試み
技術と陶酔、演劇と祝祭—マックス・ラインハルトの場合
方法としての陶酔、材料としての人間、芸術家としての総統—ヴァイマール共和国における国家社会主義と「政治の美学化」
第1部 陶酔のテクノロジー : 機械の陶酔のなかで
「おまえはカリガリにならなければならない!」—ヴァイマール映画における陶酔と越境の契機をめぐる一考察
陶酔と制御—アルフレート・デーブリーン『山と海と巨人』における技術
概要: 新たな技術・メディアが驚異的な発展を遂げた19世紀末から20世紀初頭まで、文学や芸術だけでなく、音楽や建築文化、映像メディアなどがドイツの人々に圧倒的に支持されていた。冷めた合理性に裏打ちされる新たな技術と祝祭性を伴う熱狂の狭間で揺れ動いた ドイツの芸術文化の特異性を、当時の社会思想や社会状況も織り交ぜながらあぶり出す。 続きを見る
10.

図書

図書
平田オリザ著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.10  xiv, 248p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 芸術そのものの役割
第2章 : コミュニティの維持、再生のための芸術の役割
第3章 : 新しい広場を作る—文化による社会包摂
第4章 : 文化の自己決定能力
第5章 : 憲法について
第6章 : 社会における劇場の役割
第7章 : 劇場法と、その先へ
第8章 : stateになるために
第1章 : 芸術そのものの役割
第2章 : コミュニティの維持、再生のための芸術の役割
第3章 : 新しい広場を作る—文化による社会包摂
概要: すべての地域に文化の自己決定能力を。社会に重層性と活力を生み出すための拠点を構想する実践的文化論。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼