close
1.

図書

図書
小高知宏著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2006.2  vii, 160p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
デージーネット著
出版情報: 東京 : 秀和システム, 2007.11  xvi, 343p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Chris Sanders著 ; 一瀬小夜訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2008.1  xxi, 176p ; 24cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
鈴木滋彦監修 ; NTTアドバンステクノロジ株式会社ネットワークテクノロジセンタ編著
出版情報: 東京 : 電気通信協会 , 東京 : オーム社 (発売), 2009.6  525p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
Eric Lawrence著 ; 長尾高弘訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2013.5  xii, 305p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : イントロダクション
2章 : Fiddlerを探検しよう
3章 : テクニックと概念
4章 : Fiddlerとクライアントの設定
5章 : インスペクタ
6章 : エクステンション
7章 : トラフィックの保存、インポート、エキスポート
8章 : FiddlerScript
9章 : .NETコードでFiddlerを拡張する
10章 : FiddlerCore
1章 : イントロダクション
2章 : Fiddlerを探検しよう
3章 : テクニックと概念
概要: FiddlerはHTTPに特化したフリーのネットワークキャプチャツールです。ネットワークとアプリケーションの間でプロキシとして動作し、ネットワークパケットの監視はもちろんのこと、パケット内のデータの変更やセッションに対してのブレークポイント の設定なども行えます。また、クライアント側だけでなく、ウェブサーバー側にFiddlerを配置してクライアントからリクエストを調査するのにも使用できます。本書は、Fiddlerの基本的な操作からFiddlerScriptや拡張(プラグイン)による実践的な活用方法までを、Fiddlerの開発者自らが詳しく解説しています。ウェブデザイナーやウェブアプリケーション開発者、ウェブサーバーの管理者など、HTTPにかかわるすべての技術者に役立つFiddler解説書の決定版。 続きを見る
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Silvia Hagen著 ; 市原英也監訳 ; 豊沢聡訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2007.6  xxiv, 517p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
監訳者まえがき v
まえがき vii
1章 IPv6とは何か 1
   1.1 IPv6に至るまでの経緯 4
   1.2 IPv6の機能 5
   1.3 IPv6は本当に必要なのか 6
   1.4 よくある思い違い 9
   1.5 IPv6にはいつ移行すべきか 12
   1.6 世界のIPv6状況 13
    1.6.1 アジア 14
    1.6.2 ヨーロッパ 16
    1.6.3 合衆国 17
   1.7 IPv6の現状とベンダーのサポート 17
   1.8 参考文献 18
    1.8.1 RFC 18
2章 IPv6プロトコル 21
   2.1 ヘッダ構造 21
   2.2 IPv6ヘッダの各フィールド 23
    2.2.1 バージョン 23
    2.2.2 トラフィッククラス 23
    2.2.3 フローラべル 24
    2.2.4 ペイロード長 24
    2.2.5 次ヘッダ 25
    2.2.6 ホップ制限 26
    2.2.7 送信元アドレス 26
    2.2.8 宛先アドレス 26
   2.3 拡張ヘッダ 27
    2.3.1 ホップバイホップオプションヘッダ 30
    2.3.2 経路制御ヘッダ 32
    2.3.3 フラグメントヘッダ 36
    2.3.4 宛先オプションヘッダ 39
   2.4 参考文献 40
    2.4.1 RFC 41
3章 IPv6アドレス 43
   3.1 IPv6アドレス空間 43
   3.2 アドレス形式 44
    3.2.1 ユニキャスト、マルチキャスト、エニーキャスト 44
    3.2.2 全般的なルール 45
   3.3 アドレス表記 46
   3.4 プレフィックス表記 47
   3.5  グローバルルーティングプレフィックス 48
   3.6 グローバルユニキャストアドレス 49
    3.6.1 レジストリサービスと現在のアドレス割り当て 50
    3.6.2 プレフィックス 51
    3.6.3 インタフェースID 52
    3.6.4 アドレスのプライバシー保護 53
   3.7 特殊アドレス 54
    3.7.1 IPv4アドレス埋め込みIPv6アドレス 55
    3.7.2 6to4アドレス 55
    3.7.3 ISATAPアドレス 57
    3.7.4 Teredoアドレス 58
   3.8 リンクローカルアドレスとサイトローカルアドレス 59
   3.9 エニーキャストアドレス 61
   3.10 マルチキャストアドレス 63
    3.10.1 ウェルノウンマルチキャストアドレス 65
    3.10.2 要請ノードマルチキャストアドレス 67
    3.10.3 マルチキャストアドレスの動的割り当て 68
   3.11 ノードに必須のアドレス 70
   3.12 IPv6アドレス選択におけるデフォルト動作 70
   3.13 参考文献 72
    3.13.1 RFC 72
    3.13.2 インターネットドラフト 73
4章 ICMPv6 75
   4.1 ICMPv6メッセージフォーマット 76
    4.1.1 メッセージ種別 77
    4.1.2 コード 77
    4.1.3 チェックサム 77
    4.1.4 メッセージボディ 77
   4.2 ICMPエラーメッセージ 80
    4.2.1 宛先到達不能 80
    4.2.2 パケット過大 82
    4.2.3 有効期間超過 82
    4.2.4 パラメータ異常 84
   4.3 ICMP情報メッセージ 85
    4.3.1 エコー要求 86
    4.3.2 エコー応答 86
   4.4 処理規則 87
   4.5 ICMPv6ヘッダ例 88
   4.6 近隣探索 90
    4.6.1 ルータ要請/ルータ広告 92
    4.6.2 近隣要請/近隣広告 95
    4.6.3 ICMPリダイレクト 98
    4.6.4 逆近隣探索 99
    4.6.5 近隣探索オプション 100
    4.6.6 セキュア近隣探索 100
    4.6.7 近隣探索の使用例 102
    4.6.8 リンク層アドレス解決 104
    4.6.9 近隣到達不能検出(NUD) 105
    4.6.10 近隣キャッシュと宛先キャッシュ 105
   4.7 自動設定機能 107
   4.8 ネットワークのアドレス変更 112
   4.9 パスMTU探索 113
   4.10 マルチキャストリスナー探索(MLD) 114
    4.10.1  MLDv1 116
    4.10.2 MLDv2 118
   4.11 マルチキャストルータ探索(MRD) 121
   4.12 参考文献 122
    4.12.1 RFC 122
    4.12.2 インターネットドラフト 123
5章 IPv6のセキュリティ 125
   5.1 セキュリティの考え方 125
   5.2 セキュリティの方法 126
   5.3 IPSecの基本 128
    5.3.1 セキュリティアソシエーション 129
    5.3.2 鍵管理 129
    5.3.3 IPsecデータベース 133
    5.3.4 IPsecの性能 134
   5.4 IPv6のセキュリティ構成要素 134
    5.4.1 認証ヘッダ 135
    5.4.2 カプセル化セキュリティペイロードヘッダ 138
    5.4.3 AHとESPの組み合わせ 142
   5.5 IPsec関連の新規RFCの概要 142
   5.6 IPv6の諸要素とIPsecとの関連 142
   5.7 IPv6のセキュリティ上の問題 144
    5.7.1 ネイティブIPv6における問題 145
    5.7.2 移行メカニズムとトンネリングの問題 149
   5.8 企業におけるIPv6のセキュリティモデル 151
    5.8.1 これからのモデル 152
    5.8.2 IPv6におけるファイアウォールのフィルタリングルール 153
   5.9 参考文献 154
    5.9.1 RFC 154
    5.9.2 インターネットドラフト 156
6章 サービス品質 159
   6.1 QoSの基本 159
    6.1.1 統合サービス 160
    6.1.2 差別化サービス 161
   6.2 IPv6のQoS 162
    6.2.1 IPv6ヘッダ 162
    6.2.2 IPv6拡張ヘッダ 166
    6.2.3 IPv6ラベルスイッチアーキテクチャ(6LSA) 167
   6.3 QoSの利用方法 167
   6.4 参考文献 168
    6.4.1 RFC 168
7章 物理ネットワーク 171
   7.1 IPv6のレイヤ2サポート 171
    7.1.1 イーサネット(RFC 2464) 172
    7.1.2 FDDI(RFC 2467) 174
    7.1.3 トークンリング(RFC 2470) 176
    7.1.4 PPP(RFC 2472) 178
    7.1.5 ATM(RFC 2492) 179
    7.1.6 フレームリレー(RFC 2590) 180
   7.2 ネットワーク接続検出(DNA) 181
   7.3 参考文献 182
    7.3.1 RFC 182
    7.3.2 インターネットドラフト 182
8章 経路制御プロトコル 185
   8.1 ルーティングテーブル 186
    8.1.1 ルーティングテーブルの検索と内容 186
    8.1.2 デフォルト経路 188
   8.2 RIPng 189
    8.2.1 RIPngの距離ベクトルアルゴリズム 190
    8.2.2 RIPngの制約 192
    8.2.3 トポロジーの変更と不安定さの防止 192
    8.2.4 RIPngメッセージフォーマット 195
    8.2.5 次ホップ情報 196
    8.2.6 タイマー 197
    8.2.7 パケット処理 198
    8.2.8 制御機能とセキュリティ 202
   8.3 OSPFv3 203
    8.3.1 OSPFv3の概略 203
    8.3.2 OSPFのエリアと外部経路 207
    8.3.3 OSPFv3メッセージフォーマット 213
    8.3.4 隣接関係の構成 226
    8.3.5 リンクステートデータベース 241
    8.3.6 OSPFルーティングテーブルの計算 245
    8.3.7 LSAフラッディング 246
   8.4 IPv6対応BGP-4 249
    8.4.1 BGP-4の概略 250
    8.4.2 BGPメッセージヘッダ 254
    8.4.3 OPENメッセージ 255
    8.4.4 UPDATEメッセージ 258
    8.4.5 BGPパス属性 259
    8.4.6 NOTIFICATIONメッセージとKEEPALIVEメッセージ 260
    8.4.7 BGPのマルチプロトコル拡張 262
   8.5 IPv6で利用できるその他の経路制御プロトコル 265
    8.5.1 IS-ISを用いたIPv6経路制御 266
    8.5.2 EIGRPv6 268
    8.5.3 IPv6におけるマルチキャスト経路制御 274
   8.6 参考文献 275
    8.6.1 RFC 275
    8.6.2 インターネットドラフト 277
9章 上位層プロトコル 279
   9.1 UDPとTCP 279
   9.2 DHCP 281
    9.2.1 DHCPで用いられる用語と番号 283
    9.2.2  DHCPv6ヘッダフォーマット 286
    9.2.3 リレーエージェントメッセージとサーバメッセージ 290
    9.2.4 DUID 291
    9.2.5 アイデンティティアソシエーション 291
    9.2.6 DHCPの通信処理 292
    9.2.7 セキュリティについて 298
    9.2.8 DNSの動的更新 299
    9.2.9 ステートレスDHCP 300
   9.3 DNS 300
    9.3.1 AAAAレコード 301
    9.3.2 DNSサーバ 302
    9.3.3 DNSリゾルバ 302
    9.3.4 DNSによる名前解決 304
    9.3.5 DNSの問題 306
   9.4 SLP 307
   9.5 FTP 309
   9.6 TELNET 310
   9.7 Webサーバ 311
    9.7.1 ブラウザのサポート 312
    9.7.2 プロキシのサポートとその利用方法 312
   9.8 参考文献 313
    9.8.1 RFC 313
    9.8.2 インターネットドラフト 315
10章 IPv4との相互運用 317
   10.1 デュアル・スタック方式 317
   10.2 トンネリング方式 319
    10.2.1  トンネリングの動作 320
    10.2.2 自動トンネリング 324
    10.2.3 設定トンネリング 324
    10.2.4 IPv6カプセル化 325
    10.2.5 移行メカニズム 328
   10.3 ネットワークアドレス変換とプロトコル変換 345
    10.3.1 ステートレスIP/ICMP変換 346
    10.3.2 ネットワークアドレス/プロトコル変換 348
    10.3.3 制限事項 350
    10.3.4 その他の変換技術 351
   10.4 比較検討 352
    10.4.1 デュアル・スタック 352
    10.4.2 トンネリング 353
    10.4.3 NAT-PT 354
    10.4.4 移行のタイミング 354
   10.5 導入の手法 355
    10.5.1 一般のネットワーク 355
    10.5.2 ISPのネットワーク 356
   10.6 事例集 358
    10.6.1 NTTコミュニケーションズ(ISP) 358
    10.6.2 Porto大学 362
    10.6.3 Strasbourg大学 366
    10.6.4 本書はIPv6で書かれた 368
    10.6.5 Moonv6(最大規模のIPv6試験ネットワーク) 370
   10.7 その他の注意点 374
    10.7.1 IPv6経路制御 374
    10.7.2 デュアル・スタックノードのプロトコル選択 374
    10.7.3 IPv6によるマルチホーム 374
    10.7.4 DNS 376
    10.7.5 ネットワーク管理 376
    10.7.6 IPv4への依存性 377
   10.8 セキュリティについて 377
   10.9 アプリケーション 377
   10.10 導入コスト 379
    10.10.1 ハードウェアとオペレーティングシステム 379
    10.10.2 ソフトウェア 379
    10.10.3 教育 380
    10.10.4 計画立案 381
    10.10.5 その他のコスト 381
   10.11 ベンダーのサポート 382
    10.11.1 オペレーティングシステム 382
    10.11.2 ルータ 382
    10.11.3 IPアドレス管理 383
    10.11.4 ファイアウォール 383
   10.12 参考文献 384
    10.12.1 RFC 384
    10.12.2 インターネットドラフト 386
11章 モバイルIPv6 389
   11.1 概論 390
    11.1.1  モバイルIPv6関連用語 390
    11.1.2 モバイルIPv6の動作 392
   11.2 モバイルIPv6プロトコル 394
    11.2.1 モビリティヘッダとモビリティメッセージ 394
    11.2.2 バインディング更新メッセージ 397
    11.2.3 バインディング確認 398
    11.2.4  モビリティオプション 400
    11.2.5 経路制御ヘッダタイプ2 402
   11.3 ICMPv6とモバイルIPv6 403
    11.3.1  ホームエージェントアドレス探索 403
    11.3.2 モバイルプレフィックス要請 405
    11.3.3 近隣探索の変更点 406
   11.4 モバイルIPv6の通信処理 407
    11.4.1 バインディングキャッシュ 408
    11.4.2 バインディング更新リスト 408
    11.4.3 往復経路確認手順 409
    11.4.4 ホームエージェントの処理 4140
    11.4.5 移動ノードの処理 412
   11.5 セキュリティ 416
   11.6 モバイルIPv6の拡張機能 417
    11.6.1 NEMO 417
    11.6.2 階層化モバイルIPv6 418
    11.6.3 高速ハンドオーバー 419
   11.7 参考文献 420
    11.7.1 RFC 420
    11.7.2 インターネットドラフト 420
12章 実践してみよう 423
   12.1 Linux 423
    12.1.1 Linuxの入手先 423
    12.1.2 インストール 424
    12.1.3  ユーティリティ 424
   12.2 BSD 426
    12.2.1  インストール 427
    12.2.2 ユーティリティ 428
    12.2.3 KAMEプロジェクト 429
   12.3 Sun Solaris 429
    12.3.1 IPv6の有効化 430
    12.3.2 ユーティリティ 430
   12.4 Macintosh 431
   12.5 Microsoft 434
    12.5.1 Windows Server 2003 434
    12.5.2 Windows XP 435
    12.5.3 Microsoftのロードマップ 438
   12.6 Ciscoルータ 438
   12.7 アプリケーション 443
   12.8 試験手順 444
    12.8.1 IPv6 pingの実行 444
    12.8.2 IPv4ネットワーク経由で6Boneにpingを実行 445
    12.8.3 IPv6 tracerouteの実行 446
    12.8.4 IPv6 Webへのアクセス 447
付録A RFC 449
   A.1 RFCについて 449
   A.2 インターネットドラフト文書 451
   A.3 IPv6関連のRFC 452
    A.3.1 IPv6全般についてのRFC 452
    A.3.2 IPv6の接続形態についてのRFC 462
付録B IPv6関連情報 463
   B.1 イーサタイプ 463
   B.2 次ヘッダフィールド値 467
   B.3 予約済みエニーキャストID 471
   B.4 マルチキャストスコープフィールド値 472
   B.5 ウェルノウンマルチキャストグループアドレス 472
   B.6 ICMPv6メッセージ種別とコード値 475
   B.7 IPv6のQoS 480
   B.8 マルチキャストグループアドレスとトークンリング機能アドレス 481
   B.9 OSPFv3メッセージとリンクステートデータベース 481
   B.10 BGP-4メッセージタイプとパラメータ 484
   B.11 DHCPv6とIPv6 SLPのマルチキャストアドレス 486
   B.12 モバイルIPv6 489
付録C 参考文献 493
索引 495
監訳者まえがき v
まえがき vii
1章 IPv6とは何か 1
7.

図書

図書
村山公保著
出版情報: 東京 : オーム社, 2001.8  xxii, 388p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
井関文一, 金武完, 森口一郎共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2010.6  vi, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 ネットワークと標準化
   1.1 標準化 1
    1.1.1 デファクトスタンダードとISO
    1.1.2 その他の標準化組織
   1.2 RFC 3
   1.3 OSI参照モデルとTCP/IP 4
    1.3.1 OSI参照モデルの簡単な説明
    1.3.2 OSI参照モデルと郵便との対比
    1.3.3 カプセル化とカプセル化の解除
   1.4 ネットワーク上の中継器 9
    1.4.1 物理層での中継器
    1.4.2 データリンク層での中継器
    1.4.3 ネットワーク層での中継器
    1.4.4 アプリケーション層での中継器
2章 メディア(ケーブル)と物理層
   2.1 物理層の機能 11
   2.2 LANにおけるメディアのトポロジー(形状) 11
    2.2.1 バス型
    2.2.2 リング(ループ)型
    2.2.3 スター型
   2.3 中継器(リピータハブ) 14
   2.4 物理層のプロトコル 15
3章 データリンク層
   3.1 データリンク層の機能 16
    3.1.1 LLC副層の機能
    3.1.2 MAC副層の機能
   3.2 MACアドレス 18
   3.3 メディアアクセス方式 20
    3.3.1 CSMA/CD
    3.3.2 トークンリング
   3.4 中継器(スイッチングハブ) 22
    3.4.1 コリジョンドメインの分割
    3.4.2 半二重と全二重通信
    3.4.3 スパニングツリープロトコル【中級】
    3.4.4 ポートトランキング【中級】
    3.4.5 スイッチングハブによるフロー制御【中級】
    3.4.6 ポートミラーリング【中級】
   3.5 データリンク層のプロトコル 27
    3.5.1 HDLC
    3.5.2 PPP
   3.6 イーサネット 29
    3.6.1 イーサネットの概要
    3.6.2 DIXイーサネットとIEEE802.3
    3.6.3 イーサネットフレームのスイッチング
   3.7 誤り検出 33
    3.7.1 パリティチェック
    3.7.2 チェックサム
    3.7.3 巡回冗長検査
   3.8 VLAN【中級】 35
    3.8.1 ポートVLANとVLANタギング
    3.8.2 VLAN環境でのルーティング
   3.9 無線LAN【中級】 37
    3.9.1 無線LANの概要
    3.9.2 無線LAN規格(IEEE802.11 シリーズ)
    3.9.3 衝突検出
    3.9.4 ESS-ID(SS-ID)
    3.9.5 無線LANの通信モード
    3.9.6 無線LANのセキュリティ
4章 ネットワーク層
   4.1 ネットワーク層(インターネット層)の機能 47
   4.2 IPアドレス 48
    4.2.1 IPアドレスの構造とサブネットマスク
    4.2.2 ネットワークアドレスとブロードキャストアドレス
    4.2.3 IPアドレスの分類
    4.2.4 サブネットマスクの再定義
    4.2.5 ARP
   4.3 IPパケットの構造【中級】 57
   4.4 CIDRを使用した場合のIPアドレスの計算【中級】 58
    4.4.1 CIDRとプレフィックス長表記
    4.4.2 CIDR例題
   4.5 マルチキャスト通信【中級】 62
   4.6 ICMP 64
    4.6.1 pingコマンド
    4.6.2 traceroute(tracert)コマンド
   4.7 ネットワークコマンドの操作【中級】 67
    4.7.1 MACアドレスとIPアドレスの表示
    4.7.2 pingコマンド
    4.7.3 traceroute(tracert)コマンド
    4.7.4 ARPテーブルの表示
   4.8 ルーティング 72
    4.8.1 ルーティングプロトコルの分類
    4.8.2 代表的なルーティングプロトコル
    4.8.3 小規模ネットワークでの設定例【中級】
    4.8.4 経路情報の集約【中級】
    4.8.5 論理ネットワークの定義とルータの役割
   4.9 VPN 85
    4.9.1 VPNとは
    4.9.2 トンネリング技術
    4.9.3 レイヤ2VPNとレイヤ3VPN
    4.9.4 VPNの問題点
    4.9.5 代表的なVPNとその基本プロトコル
   4.10 IPv6 92
    4.10.1 IPv4の問題点
    4.10.2 IPv6のアドレス表記と構造
    4.10.3 IPv6のアドレスの割り当て【中級】
    4.10.4 ルーティングアドレスの集約【中級】
    4.10.5 Plug and Play【中級】
    4.10.6 IPsec【中級】
    4.10.7 QoS
    4.10.8 IPv6パケットの構造【中級】
    4.10.9 IPv4からIPv6への移行
5章 トランスポート層(TCPとUDP)
   5.1 トランスポート層の機能 104
   5.2 TCP 105
    5.2.1 TCPにおけるコネクションの確立
    5.2.2 TCPにおけるコネクションの終了【中級】
    5.2.3 TCPセグメントの構造【中級】
   5.3 UDP 110
    5.3.1 UDPのコネクションレス指向通信
    5.3.2 UDPセグメントの構造【中級】
   5.4 ポート番号 111
    5.4.1 ポート番号によるプロセスの識別
    5.4.2 ポート番号の割り当て
    5.4.3 クライアント・サーバ(C/S)モデルでのポート番号
   5.5 ポートスキャン 114
    5.5.1 ポートスキャナ
    5.5.2 telnetコマンドによる手動TCPポートスキャン【中級】
   5.6 NAPT 117
    5.6.1 NATとNAPT
    5.6.2 NAPTによるアドレス・ポート番号変換【中級】
    5.6.3 NAT(NAPT)越えの問題【中級】
6章 アプリケーション層のプロトコル
   6.1 サーバプロセス 124
    6.1.1 クライアント・サーバ(C/S)モデル
    6.1.2 デーモン
   6.2 DNS 125
    6.2.1 FQDN
    6.2.2 FQDNの形式
    6.2.3 DNSの階層構造
    6.2.4 再帰モードと非再帰モード【中級】
    6.2.5 DNSレコード【中級】
    6.2.6 nslookupコマンド【中級】
    6.2.7 digコマンド【中級】
   6.3 SMTPとPOP3 135
    6.3.1 SMTP
    6.3.2 エンベロープ【中級】
    6.3.3 MIME【中級】
    6.3.4 OP25B【中級】
    6.3.5 POP3
   6.4 HTTPとHTTPS 141
    6.4.1 HTTP
    6.4.2 HTTPS
   6.5 TELNETとSSH 142
    6.5.1 TELNET
    6.5.2 SSH
   6.6 その他のネットワークアプリケーション 143
    6.6.1 FTP
    6.6.2 DHCP
    6.6.3 SIP
    6.6.4 RTP,RTCP
    6.6.5 NFS
    6.6.6 SAMBA
    6.6.7 LDAP
    6.6.8 NTP
    6.6.9 Proxyサーバ
    6.6.10 スーパーデーモン
   6.7 パケットアナライズ 151
7章 Webとメール
   7.1 HTTP 152
    7.1.1 HTTPの基本
    7.1.2 動的Webページ
    7.1.3 Cookie
   7.2 Webサービス 168
    7.2.1 Webサービスの構成
    7.2.2 Webサービスの技術
   7.3 メール : SMTP,POP3 176
    7.3.1 1対1コミュニケーションツールとしての電子メール
    7.3.2 SMTP
    7.3.3 POP3
   7.4 電子メールシステムの問題点と対策 183
8章 P2Pとグリッド
   8.1 P2Pネットワーク 186
    8.1.1 P2Pネットワークの特徴
    8.1.2 ファイルの共有・交換サービス
   8.2 グリッド 191
    8.2.1 グリッドコンピューティング
    8.2.2 グリッドミドルウェア
    8.2.3 AD-POWERsを用いたPCグリッド
9章 リアルタイムアプリケーション
   9.1 ストリーミング 195
    9.1.1 ストリーミングの基本構成
    9.1.2 情報圧縮技術
    9.1.3 リアルタイム通信技術
   9.2 IP電話 205
    9.2.1 回線交換技術による電話サービス
    9.2.2 IP電話の基本構成
    9.2.3 シグナリング用プロトコルH.323
    9.2.4 音声品質
   9.3 SIP 213
    9.3.1 SIPの基本
    9.3.2 SIPを用いたアプリケーションの実現
索引 220
1章 ネットワークと標準化
   1.1 標準化 1
    1.1.1 デファクトスタンダードとISO
9.

図書

図書
星紀明著
出版情報: 東京 : マイナビ, 2015.4  191p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : ネットワークは身の回りにある当たり前の存在
第1章 : 「インターネット」という巨大なネットワーク
第2章 : ネットワークを理解するための予備知識
第3章 : TCP/IPが実現してくれる通信サービス
第4章 : IPプロトコルとIPアドレスによる配送のしくみ
第5章 : “信用第一”または“スピード重視”の運送屋さん
第6章 : データは「0」と「1」の羅列になって旅立つ
第7章 : TCP/IPのことをもう少し深く知っておこう
序章 : ネットワークは身の回りにある当たり前の存在
第1章 : 「インターネット」という巨大なネットワーク
第2章 : ネットワークを理解するための予備知識
概要: なぜつながるの?身近にある電話や手紙などに置きかえて考えればいい。難解なネットワークのしくみに迫る!最初に読みたい入門書。
10.

図書

図書
後藤ゆき著
出版情報: 東京 : リックテレコム, 2018.12  x, 165p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : WebとHTTP
第3章 : HTTP
第4章 : HTTP/2を体験する
第5章 : HTTP/2の中身
第6章 : 発展
付録 : HTTP/2関連のリファレンス
第1章 : はじめに
第2章 : WebとHTTP
第3章 : HTTP
概要: 現在では、天気予報やニュース、晩ご飯のレシピまで、スマホやPCからすぐに閲覧できます。そして、その裏側ではインターネットを通して通信が行われています。本書ではその通信部分に焦点を当て、Webページを表示する上で重要なHTTP/2という通信の 仕組みを解説しました。ネットと接続するのが当たり前となった現代において、様々な分野で活躍するITエンジニア必読の一冊です。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼